East of R134 元(仮)
<< 201801||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
Index[Diary]ドラマ・映画 アンナチュラル #002 

アンナチュラル #002

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
Unnatural Death #2 死にたがりの手紙
ミコト(石原さとみ)らUDIメンバーは警察の依頼により、集団練炭自殺の現場に出向く。
そこには4人の遺体があり、刑事の毛利(大倉孝二)は事件性がないと主張するが、ミコトは解剖することを決める。
解剖の結果、3人は一酸化炭素中毒で自殺と断定された。ところが、ひとりの少女の死因は“凍死”であることが判明。さらにその少女の胃の中から、解読不可能なダイイングメッセージが発見される。間違いなく事件であると確信したミコト、六郎(窪田正孝)らUDIメンバーは、所長の神倉(松重豊)に止められながらも、身元不明の少女が残したメッセージの意味を必死で解読しようとする。そんな中、ある理由から突然ミコトは六郎を温泉に誘う。温泉地へと向かったミコトと六郎は、驚くべき事実を突き止める。

だが、そんな2人を絶対絶命のピンチが襲う!!
集団自殺に見せかけた事件の真相とは一体?

キャスト

三澄ミコト:石原さとみ
中堂系:井浦新 / 久部六郎:窪田正孝
東海林夕子:市川実日子 / 神倉保夫:松重豊
三澄夏代:薬師丸ひろ子
末次康介:池田鉄洋 / 三澄秋彦:小笠原海 / 坂本誠:飯尾和樹
木林南雲:竜星涼 / 関谷聡史:福士誠治 / 宍戸理一:北村有起哉
毛利忠治:大倉孝二 / 向島進:吉田ウーロン太

ゲスト

松倉 花:松村沙友理(乃木坂46) / ミケ:菅野莉央 / 大沼 悟:栄信

スタッフ

脚本:野木亜紀子 / 演出:塚原あゆ子

今回はテレ朝推しに持ってかれた。
序盤「臨場の内野さん」に「沢口靖子は忙しいの」はぶっ込みすぎ。
役名じゃなく、役者名だから無問題だとか、セーフだとかという話でもないような気がしないでもないが、とにかく「沢口靖子は忙しいの」には持ってかれた。まぁ、忙しいよなぁ……マリコさん演って、ルヴァンパーティやって忙しいよなぁ。

今回の事件は一家心中に見せかけて、集団自殺を隠蔽に使った他殺。
キーワードは練炭自殺(一酸化炭素中毒)と冷凍による凍死。
そして雨宮家一家無理心中事件。

「『無理心中』なんてことばを使うのは日本だけで"murder-suicide"殺人とそれに伴う犯人の自殺」とちょっと早口で言うミコトが、自身の過去を押し込めようとしているように見えて痛々しかったが。
まぁ、無理心中とか一家心中とか巻きこまれた側は殺人の被害者でたまったもんじゃないもんなぁ。このセリフには自身の母親(not薬師丸ひろ子)に対する怒りだろう。
自分の事件を論文にすることは一種の消化行為なんだろうが、ストレスによる記憶の捏造が行われている可能性も無きにしも非ず。とは言え、六郎が論文から導き出したストーリーは美談すぎて現実味がないが。

そんな六郎。実はタブロイド系の子飼い。初回友人として登場した末次が飼い主だが、末次もその同僚宍戸も下種い。
果たして本当に六郎は三浪の上三流医大に入った医学生なのかどうか。第1話からの知識でいけば三浪の上三流医大に入った医学生というには無理があるが、いくら創設2年に満たないUDIラボとは言え、尚且つ応募者が六郎しか居なかったとは言っても医学生という条件で募集しているのだから、そこは確認しているだろう。ということはやっぱり医学生なのか。もしくはそこまで大物には見えないが末次は身分証を偽造したりするほうにも頑張っちゃってる人なのか。
今回の事件終了後の末次との電話のやり取りからは末次としては自分が飼っているつもりだが、六郎は六郎でナニカを抱えていて、UDIラボにバイトとして入り、六郎にとって末次は情報屋であり、自分の目的のために相手から情報を引き出しつつ、末次に情報や記事を渡すのはついでの小遣い稼ぎという感覚なのかもしれない。
果たして六郎は何を抱えているのだろう。

前回比で活躍だったのは中堂さん。ただ中堂さんの抱えているナニカに対して進展はなかったが。
前回はちょっとヒントを出すポジションで、解剖の仕事シーンはなかったが、今回は縫合シーン有。でもってしっかり警察と喧嘩をしたり。あとはなんだかんだ言いつつ、ミコト(と六郎)の命を助けたり。
まぁ、相変わらず一匹狼ポジを貫いてはいるが。
ただ、六郎に対してはそこまで邪見にはしていないのは本能か嗅覚かで、六郎がナニカを抱えていると気づいているからかもしれない。

物語は呼び出されたUDIラボメンバーのミコト、東海林、六郎が徒歩移動中。東海林がミコトにスマホに変えたら、地図ナビもあるし、トークアプリもあるし、便利だよと言っているが、ミコトは頻繁に連絡を取り合う相手も居ないし、ガラケーでも地図のメモで現場にたどり着けたからスマホは必要ないと言っているところから始まる。

刑事の毛利は面倒くさいから最初は一家心中で片付けたかったが、発見された身分証を持った部下の向島によって赤の他人の集まりだと告げられ、そこから無理心中を押す。そして自殺サイトで知り合ったメンバーによる集団自殺で片付けようとする。
しかし、その中の一人名無しのナナコ(こういう時米ドラだとJane Doeがあって便利なんだけど、日本は名無しの権兵衛はあっても女性を表す表現はないんだよなぁ)は練炭による一酸化中毒死ではなく、凍死だと判明。
また胃の中には消化物の他に自分で書いた「ユキオトコイ タスケテ花」というメモを飲み込んでおり、それが見つかる。
当初、ナナコが花かと思われたが、花は失踪届が出されており、身元確認に来た両親によって、ナナコは花ではないと解る。
取り乱した母親が花を心配を通り越し、所有からくる勘違い発言をし、父親と揉め始める。そこ巻き込まれるのが止めに入った所長。ミコトは子どもを所有物扱いする母親を嫌悪する発言をする。

主犯とみられる家主がナナコを凍死させて連れ帰り、三人で練炭自殺をしたという方向で調べるが、無理がある。調べていくと部屋の容量に対して警察が踏み込んだときの一酸化炭素濃度が低く、且つその濃度では死ぬことは不可能だし、死んだことから部屋の容量いっぱいに一酸化炭素は充満していたことは明確で、そうなるとナナコの死亡時刻と三人の死亡時刻、また死ぬために部屋いっぱいに一酸化炭素が充満する時間に矛盾が生じる。
そこで死亡時と警察が踏み込んだ時間の間に目張りされた部屋が一回開けられたのではないか。その時に凍死したナナコが運び込まれ、偽装されたのではないかと考えたミコト、東海林、六郎。
第三者の存在が浮上。その第三者は一酸化炭素中毒死で肌がサーモンピンクになること、凍死でも肌がサーモンピンクになること両方の知識を持ち合わせている。
これらを毛利に報告書として提出するが、所長から事件は家主の山田を被疑者死亡で書類送検して終わると告げられる。

生きているとき助けられないで、死んでからも助けられないなんて、と憤るミコトだが、所長にあたっても仕方ないと自分でもわかっている。
六郎がバイクで来ていると知ると温泉に行こうと誘う。動揺する六郎をよそに計画を進めるミコト。
着いた先は足湯。動揺は期待の表れなのでがっかり感半端ない六郎。しかし、ミコトはただ癒されに足湯に来たわけではなく、胃の内容物等から足湯近辺の名産が最後の晩餐だったのではないかと推測し、確認するためだった。
道の駅を回って探す二人。見つけたが、胃の内容量からしてみつけた売り物は多すぎる。そこで次に冷凍車両を持つ運送業者を当たり始めるが、道の駅でみかけたカレンダーの業者ははずれ。
その業者に行くまでに見かけた冷凍車両が気になったミコトは六郎にそこに戻るように頼む。

冷凍車両を家探しよろしく捜索していた二人だったが、犯人が気づき、格闘の末閉じ込められてしまう。
ナナコことミケのメモはこの冷凍車両の中で寒さの中かじかんだ手で書いたものであり、そのため飲み込んだメモに収まりきらず、本来は「ユキ オトコ イエ タスケテ 花 イル」というものだった。また警察が自殺サイトを運営していた男を急に閉鎖したことから怪しんで捜査していて、突き止めた際、閉鎖したのは集団自殺を知ったのと、ユキというネカマが出て荒らされていたから。

冷凍車両が移動し、ミコトのケータイがつながるようになる。六郎のスマホはバイクに置いたまま。
この日は東海林は早めに退社し、所長も自由な東海林に文句を言いつつも退社。残っているのは住んでいる中堂だけだが、オフィスはもぬけの殻でなかなか電話に出てもらえず。
出た中堂は早々に切ろうとするが「切ったら恨みます」と止める。そしてスマホの位置情報で探そうとする中堂に手元にあるのはガラケーと大まかな場所だけ。バカだと周囲を馬鹿にできるくらい偉いなら見つけ出してくださいと挑発するが、犯人は冷凍車両を貯水池に沈めようとしているため時間がない。
水の成分と、六郎が犯人の名前を見つけ、その名前は中堂に伝わるが花がその家に居るという情報は伝わらないまま電波が途切れる。

ミコトと六郎は無事助け出され、犯人は逮捕され、花も救出される。

次回はミコトが裁判の証言台に立つ。
99.9%有罪の刑事事件。だがここでも0.1%側。果たして99.9とのコラボはあるのだろうか。直接はなくてもネタでは出そうだなぁ……「フカヤマ」とかさ。
コダミタカ * Category of [Diary]ドラマ・映画*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]Twitter 2018年01月19日のつぶやき 

2018年01月19日のつぶやき

00:31
☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ #ChicagoPD にMekhi Phiferが出る って日本での放送何時だよ…… https://t.co/pEYNzbneAO
22:03
[#アンナチュラル 002] 六郎は今日も絶好調に空気読んでないわ、隠せてないわ。 表情がくるくる変わる窪田正孝氏がかわええ。
22:07
[#アンナチュラル 002] 東海林さん、おいしいキャラだわぁwww 三澄さんの止め方も「警察居るから止めようか」っていう止め方もどうよwww
22:10
[#アンナチュラル 002] 東海林「沢口靖子は忙しいの」 って他局だけどいいのか?www
22:14
[#アンナチュラル 002] 母(叔母)の軽さには慣れない……薬師丸ひろ子だから浮かないけど、他の女優さんだと浮きそうなくらい軽さ。
22:17
[#アンナチュラル 002] 今回はミコトの過去との対比が凄まじいなぁ。 メインキャラの過去って終盤まで引っ張るドラマが多いけど、そこまで引っ張らない構成なのかね。
22:24
[#アンナチュラル 002] 所長は辛い立場だよなぁ……所長だけど、中間管理職がピッタリな状態。 所長が各所との調整を上手くしているから、仕事できるってミコトも解っているからこれ以上言えないんだよなぁ。
22:25
[#アンナチュラル 002] ミコトに温泉に誘われてドキドキしている六郎が可愛い。 窪田正孝氏ってこういう純情な役が合うよなぁ。
22:29
[#アンナチュラル 002] 今週もまたどっちを羨ましがればいいのか解らん 石原さとみ嬢に引っ付かれる窪田正孝氏を羨ましがればいいのか 窪田正孝氏に引っ付けれる石原さとみ嬢を羨ましがればいいのか
22:40
[#アンナチュラル 002] 前回見せ場がちょっとしかなかった中堂さんが今回は結構シーンあって嬉しい?
22:46
[#アンナチュラル 002] 六郎の、ストレートに見せかけて直接は訊かない姿勢が好き。 天然でこれってモテるだろう、本当は。 六郎の恋愛関係は語られてないけど。
22:50
[#アンナチュラル 002] やべぇ……可愛すぎる、石原さとみ嬢。
22:54
[#アンナチュラル 002] あー六郎、タブロイド系のネズミなのか…… いくら人手がないと言っても民間で、あれだけの規模で記録係ってことは三浪した三流医大学生の設定は有りなのか? で、バイトでタブロイド系の子飼い? いやー次週も楽しみ。
23:47
RT @fukumon29: 2人のお嬢様からのメッセージに動揺する羽生さん。 一瞬、素敵な父親の顔に。 「言葉は人をつくる。だからこそ、口に出す言葉はよく考えて大切に」 本当に素敵な言葉だ。 #羽生善治 https://t.co/1DKTOgdqp4

コダミタカ * Category of [Diary]Twitter*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]Twitter 2018年01月16日のつぶやき 

2018年01月16日のつぶやき

00:39
RT @sportstoyo: 記事をアップしました。[陸上競技]第94回箱根駅伝報告会が行われましたhttps://t.co/PCEvcxN2iq
00:59
[WJ201807HQ285] 今回は田中パイセンがメインの回。相変わらずノヤっさんはカッコいいし、個人的にはすべてを掻っ攫ったのは結局及川さんだけど、やっぱり田中パイセンがカッコよすぎる。その田中パイセンをカッコよくさせてるのは影山。
00:59
影山(静)と田中パイセン(動)のメリハリと、決して影山を引き立て役にしていないセッターズのコマ。一本のトスを見つめる会場の研磨、配信観戦組の矢巾、白布。そのトスから田中パイセンが決めるまでの流れを見ていたロード中の及川さん。 ここに赤葦さんがどう見たかも欲しかったけどね。
00:59
田中パイセンが決めて、相変わらず崖っぷちだが、喜ぶメンバーとは対照的に静かに指を、手を合わせてさっきのトスを確認する影山の喜び方がもう、カッコよすぎて……早く単行本でまとめ読みしたい。

コダミタカ * Category of [Diary]Twitter*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]ドラマ・映画 99.9-刑事専門弁護士- #201 

99.9-刑事専門弁護士- #201

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
あらすじ
深山大翔(松本潤)は、99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する刑事専門弁護士。そんな超型破りな弁護士・深山に振り回されて、刑事事件専門ルームの室長はなかなか定着せず、所長・斑目春彦(岸部一徳)は頭を抱えていた。
そこで、斑目から白羽の矢が立ったのは、民事の仕事に戻っていた敏腕弁護士・佐田篤弘(香川照之)。
所長の打診に全身全霊で抵抗する佐田だったが、刑事事件専門ルームの後任を探すまでの兼務ということと、後任が見つかったら、マネージングパートナーを譲るということを条件に渋々承諾。
こうして、再び深山と佐田の名コンビが復活する。
そんな中、とある殺人事件の弁護依頼が舞い込む。依頼人は、加害者・鈴木二郎の娘・加代。
鈴木が借金をしていた沢村ファイナンスの社長が殺害され、鈴木は、その事件の容疑者として逮捕・起訴されていた。そして、依頼人・加代の親友で、付き添いとしてやってきたのは、元裁判官・尾崎舞子(木村文乃)だった。舞子はエリート裁判官として、順調にそのキャリアを重ねていたが、ある事件がきっかけで裁判官を退官。司法の世界から距離を置いていた矢先に、加代に相談されて、やって来たのだ。
しかし、舞子が、深山たちに求めたのは、加代の父親の無実を証明することではなく、情状酌量だった。舞子は裁判官時代の経験から、調書を見る限り加代の父親の犯行であることは明らかだと考えていた。
そのため、状況証拠から有罪は免れない事件でも0.1%の事実を追求する深山と、真っ向から対立する。一方、舞子の優秀な経歴を知った佐田は、あることを画策する――。
調書だけを見れば、有罪は確実。裁判で覆すことは困難に見えるこの殺人事件…果たして深山たちは事実を明らかにすることができるのか?

キャスト

深山大翔:松本 潤 / 佐田篤弘:香川照之 / 尾崎舞子:木村文乃

丸川貴久:青木崇高 / 明石達也:片桐 仁 / 藤野宏樹:マギー
中塚美麗:馬場園梓 / 落合陽平:馬場 徹 / 佐田由紀子:映美くらら
坂東健太:池田貴史 / 加奈子:岸井ゆきの / 戸川奈津子:渡辺真起子
志賀 誠:藤本隆宏 / 深山大介:首藤康之 / 謎の男:佐藤勝利

大友修一:奥田瑛二 / 川上憲一郎:笑福亭鶴瓶 / 斑目春彦:岸部一徳

ゲスト

阿部充:長塚圭史 / 鈴木加代:谷村美月 / 鈴木二郎:半海一晃 / 伊藤亜紀:新妻聖子

スタッフ

脚本:宇田 学 / 演出:木村☺︎ひさし

戸川さんまでoutしているとは思わなかった。志賀さんと結婚して寿退社って……共働きでいいじゃん。

新たなパラリーガル・中塚さんは趣味が立花で、深山の速記解読能力が明石さんというスーパーウーマン。ノリも良く、明石さん、藤野さんと共に検証ではノリノリ。てか初日に既に明石さん、藤野さんと共に深山の常識(は他人の非常識)をすんなり受け入れている超人。むしろそこに乗っかってる。

てか志賀さん独立してたのね。ということは旧姓戸川さんはレッツなんとかっていう志賀さんの法律事務所で夫婦二人三脚なのかね。旧姓戸川さんのキャラ好きだったんだけどなぁ。

それにしても佐田センセーは深山はもとより、班目所長にも振り回され、自分で雇った尾崎にも振り回され……振り回されてこそ佐田センセーだよね。
佐田センセーは雑に扱われてこそ佐田センセー。今回は奥さん出てこなかったのが残念。

そして今季も深山父の事件をちょっとずつ出すのね。
まぁ、S1のアレで終わりなのは中途半端というか、中途半端ではないか、あれはあれで一応の区切りはつけたんだろうけど、スッキリしない、後味の悪い終わり方だったわけで……そう考えると出てこないほうが不自然で。
班目所長もかなり気にしていて、金沢から深山がかけた電話で新展開があることに期待している声色だった。
岸部一徳氏が演じるというだけで胡散臭くなるのだけれども、深山の父親の事件に関しては深山の絶対的な味方かな? 班目所長が真犯人でない限り。流石にこの説はないと思いたいけど。


事件としては依頼人は父親の無罪を信じていて、信じるその理由が殺人を犯したとされる夜、帰宅後風呂上りに寒いオヤジギャグを飛ばしていたから。人を殺めたあと平然とオヤジギャグなんて言えるものだろうかと訴える。これに同意するのが佐田センセー。相変わらず笑いの沸点が低い。

依頼人を連れて来た友人尾崎は元裁判官だが、現在は辞めている。
尾崎は裁判資料から有罪だと思っていて、無罪を勝ち取るのではなく、このままでは無期懲役になるのを有期刑にしたい考え。だが、その考えを友人である加代には言っていない。
頃合いを見て自分から打ち明けるとも言う。

正直、この段階の尾崎は傲慢で不信に値する。自分では弁護できないのに、自分の思い通りである有期刑への説得に方向を勝手に決めるし、また自分の思い通りにならないと知るや、依頼をなかったことにしようとするし。
ヤメケン弁護士より元裁判官の弁護士のほうが更に面倒くさそうというか、決めつけ率高そうでこれから深山だけじゃなく、佐田も苦労しそうなポジションではある。

結局事件は社員たちの証言が偽証だったことを深山が証明して、無罪になる。


尾崎は抱えている過去があって、深山の信念や次回の自分の父親の事件を未だ調べていることとにすべてがその過去を暴かれるんじゃないかという恐怖があるんじゃないかなぁ。
尾崎自身の過ちか、誰かに巧みに誘導された結果犯した過ちか、誰かに濡れ衣を着せられたのか。
コダミタカ * Category of [Diary]ドラマ・映画*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]Twitter 2018年01月14日のつぶやき 

2018年01月14日のつぶやき

21:09
[99.9 S2Ep.01] 戸川さんまで居なくなってるなんて(ノД`)シクシク しかも寿退社(ノД`)シクシク てか共働きでいいじゃん…… #999tbs

コダミタカ * Category of [Diary]Twitter*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング