East of R134 元(仮)
<< 201710||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
Index[Diary]音楽 【2cellos】NTVスッキリ20150120 

【2cellos】NTVスッキリ20150120

本日めでたく、4周年の2cellos。日本で本日1月20日が「2cellosの日」と認定されたとか。
そして当方はようやく本日の「スッキリ」を観了。と言っても2cellosのところだけだけど。

まずは日本ということでNTT DoCoMoのCM曲だった「影武者」を。
※YoutubeのオフィシャルにMVはなく、音源しかないので、その動画を。

そして、明日21日発売の3rdアルバムの中からはAviciiの「Wake Me Up」
あの前振りでMVがバックのモニターで流れるのかと期待したんだけど、そういうこともなく。あの「歴史」って前振りの仕方は紛らわしいわ。
因みにこのMVの初見の感想は「ヅラが残念なことになる原因解ったわ。これは終わった後隙間できる。そしてステファンは足腰しっかりしててルカ様車いすなのね」というもの。
というのも、MVより先にインタビュー映像見ちゃって、それでルカ様のヅラが残念なことになっていたのが気になったと呟いたから。そのインタビュー動画は以下。
これの0:05あたり。俯いていたルカ様が顔を上げるとき、ヅラ右側と頭の空間が顕著になるのですよ。これだけ作り込んだメイクなのに、ヅラが浮くなんて初歩的なミス有り得ない、とインタビュー動画を見た率直な感想を抱き、呟いたことを受けての感想なので、曲の感想はないという。

でもって、以下が原曲(Avicii)のMV。

以下、番組中にチラッと流れたMV。
Smooth Crimina-Michael Jackson
Thunderstruck -AC/DC
コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 ラブフリとラブフリ 

ラブフリとラブフリ

トリプルで。そしてリーダーと礼央さんのシンクロっぷりもすごいことが改めて解った動画。

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 生活LIFEと生活LIFE 

生活LIFEと生活LIFE

今までの中で一番好きかもしれない。

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 tea time loverとtea time lover 

tea time loverとtea time lover

じゅんこさんの高音がステキですが、それ以上に礼央さんのシンクロっぷりがステキです。

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 knock!knock!とknock!knock! 

knock!knock!とknock!knock!

ズボは「扉」RAGは「Magical Music Train」に。
礼央さんが怖い。この安定性は恐ろしい。

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 朝散歩と朝散歩 

朝散歩と朝散歩

神業というか、20代の礼央さんと30代の礼央さん。声のトーンがあまり変わらないという素晴らしさ。少し歌い方が変わったのかな? と思わないでもないが、素晴らしい……。

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 第8回青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ 

第8回青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ

90点以上というのは歌が上手いというだけではなく、審査員の好みの問題だと実感した。
そして高校生が更に減った。
青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリー
【Aブロック】
大阪府「ダイナモ」(大学生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
広島県「θ(シータ)」(高校生/♂6=LV.1,C4(Tenor2/Baritone2),Ba1,VP0)
東京都「ジュブナイル」(大学生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
東京都「サークス」(大学生/♂2+♀4=LV.1,C3,Ba.1,VP1)※ジュブナイルの後輩
兵庫県「おてん」(大学生/♂3+♀3=LV.2,C2,Ba1,VP1)※デュエット
京都府「オプティーズ」(大学生/♂2+♀4=LV.1,C3,Ba.1,VP1)

【Bブロック】
茨城県「とろけるちーず」(大学生/♂4+♀2=LV.1,C3,Ba.1,VP1)※男性ボーカル
東京都「ウタツグミ」(大学生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
兵庫県「μミュー」(大学生/♀7=LV.1,C6,Ba.0,VP0/Soprano2/Mezzo3/Alto2)
埼玉県「もののふ」(大学生/♂3+♀3=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
宮城県「なつメロ」(大学生/♂4+♀1=LV.1,C3,Ba.1,VP0)
京都府「A-Z」(大学生/♂3+♀3=LV.1,C,Ba.,VP)※男性ボーカル

【Cブロック】
愛知県「演パクト」(大学生/♂3+♀2=LV.1,C2,Ba.1,VP1)
東京都「どうぶつ」(大学生/♀6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
大阪府「ちゅララ♪」(高校生/♂2+♀4=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
大阪府「AS★KNOW」(大学生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
埼玉県「The Company」(大学生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
東京都「腹筋学園」(専学生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)

【Aブロック】
大阪府「ダイナモ」(「ガッツだぜ!!」ウルフルズ)90点
広島県「θ(シータ)」(「キセキ」GReeeeN)87点
東京都「ジュブナイル」(「カブトムシ」aiko)96点
東京都「サークス」(「KISSして」KOH+)84点
兵庫県「おてん」(「男と女のラブゲーム」日野美歌&葵司郎)91点
京都府「オプティーズ」(「This Love」アンジェラ・アキ)88点

【Bブロック】
茨城県「とろけるちーず」(「ハリケーン」シャネルズ)87点
東京都「ウタツグミ」(「もう恋なんてしない」槇原敬之)95点
兵庫県「μミュー」(「真夏の果実」サザン・オールスターズ)92点
埼玉県「もののふ」(「ultra soul」B'z)86点
宮城県「なつメロ」(「さよなら」オフコース)90点
京都府「A-Z」(「First Love」宇多田ヒカル)99点

【Cブロック】
愛知県「演パクト」(「天城越え」石川さゆり)88点
東京都「どうぶつ」(「ジョバイロ」ポルノグラフティ)87点
大阪府「ちゅララ♪」(「夏祭り」JITTERIN'JINN)88点
大阪府「AS★KNOW」(「POP STAR」平井堅)93点
埼玉県「The Company」(「フレンジャー」大塚愛)88点
東京都「腹筋学園」(「SORA」COLOR)91点

雑感

【Aブロック】
妥当な感じではあった。

【Bブロック】
とろけるちーずはノリがRAGっぽいな、と。ああいうはじける感じは好きだ。
このブロックは前回出場者が3組とかたまり、なんというかこれってどうよというブロック。4点の差はあるものの、この4点はやはり審査員の好みであってウタツグミだって充分に聴かせる魅力があった。
99点というのはやはり驚異の点数だけど。

【Cブロック】
初出場ブロックとでも言ったほうが良いだろうか。
ちゅララ♪はとても可愛かった。特にリンボーダンス。そしてちゅララ♪に対してリーダーのコメントも笑った。今のRAGがちゅララ♪のノリで「夏祭り」歌ったら、それはそれで8年前、23歳にして学ランを着て高校生のふりしてたおっくん以上に退くこと間違いなしですが。
The Companyのダンスは素晴らしかったが、ボイパのコは可哀想だった。
【Aブロック】東京都「ジュブナイル」(「会いたい」沢田知可子)
【Bブロック】京都府「A-Z」(「ハナミズキ」一青窈)
【Cブロック】大阪府「AS★KNOW」(「Best Friend」Kiroro)

雑感

ジュブナイルの「会いたい」はよかった。泣けた。ここまでのレベルなると本当に審査員の好みで決まるような気が。


関連

第7回青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ(2009.04.21)
青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ20080923(2008.09.23)
青春アカペラ甲子園全国ハモネプリーグ(2008.04.08)
青春アカペラ甲子園全国ハモネプLEAGUE(2007.09.18)
コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 第7回青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ 

第7回青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ

以前にも増して高校生が減った。
しかし、その分レベルが上がった。高校生でも充分に安心して聴けるグループばかり。ただそうなると以前のような素人臭さ溢れるヒトたちが居なくて寂しくなるのも贅沢か。
小学生が居るのに中学生が居ないというのは……。
青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリー
【Aブロック】
東京都「ちょこ6」(早大生/♂5+♀1=Lv.1,C3,Ba.1,VP1)※女性VP
大阪府「Deco」(高校生/♀5=Lv.1,C3,Ba.0,VP1)※一人大学生
東京都「Bam B Crew」(大学生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
東京都「ジュニアボーイズ」(高校生/♂6=LV.1,C5,Ba.0,VP0)※インターナショナルスクール生
大阪府「キャメル」(専門生/♂3+♀2=LV.2,C1,VP0)
東京都「Hearty-vox」(大学生/♂5=LV.1,C2,Ba.1,VP1)
【Bブロック】
東京都「ウタツグミ」(大学生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
北海道「札幌スッピカーズ」(高校生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
東京都「ジュブナイル」(大学生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
山口県「ネジPOM!」(大学生/♂2+♀4=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
兵庫県「μミュー」(大学生/♀8=LV.1,C7,Ba.0,VP0)
埼玉県「アンティーク」(学生/♂3+♀3=LV.1,C3,Ba.1,VP1)※幼馴染
【Cブロック】
東京都「おすばん」(慶應大/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
京都府「A-Z」(大学生/♂3+♀3=LV.1,C,Ba.,VP)※男性ボーカル
愛知県「ネコ男爵♪」(高校生/♂3+♀3=LV.,C,Ba.,VP0)
東京都「タートルズ」(大学生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
大阪府「やきそば☆SOUL」(小学生/♂3+♀3=LV.1,C4,Ba.0,VP1)
東京都「DAD'S」(慶應大/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)

【Aブロック】
東京都「ちょこ6」(「Love so sweet」嵐)79点
大阪府「Deco」(「未来予想図II」Dreams Comes True)80点
東京都「Bam B Crew」(「Love is over」欧陽菲菲)93点
東京都「ジュニアボーイズ」(「The Longest Time」Billy Joel)88点
大阪府「キャメル」(「LA LA LA Love Song」久保田利伸Withナオミ・キャンベル)86点
東京都「Hearty-vox」(「粉雪」レミオロメン)78点

【Bブロック】
東京都「ウタツグミ」(「GREEN DAYS」槇原敬之)87点
北海道「札幌スッピカーズ」(「ゲレンデがとけるほど恋したい」広瀬香美)85点
東京都「ジュブナイル」(「時の流れに身をまかせ」テレサ・テン)91点
山口県「ネジPOM!」(「ヤッターマンの歌」山本正之、少年少女合唱団みずうみ)86点
兵庫県「μミュー」(「Jupiter」平原綾香)92点
埼玉県「アンティーク」(「真夏の夜の夢」松任谷由実)84点

【Cブロック】
東京都「おすばん」(「GOLD FINGER'99」郷ひろみ)89点
京都府「A-Z」(「STORY」AI)97点
愛知県「ネコ男爵♪」(「あなた」小坂明子)87点
東京都「タートルズ」(「摩訶不思議アドベンチャー」高橋洋樹)91点
大阪府「やきそば☆SOUL」(「WON'T BE LONG」バブルガム・ブラザーズ)93点
東京都「DAD'S」(「WEEK END」X'JAPAN)94点

雑感

【Aブロック】
Bam B Crewも確かに良かった。良かったけど、ジュニアボーイズのほうが良かったと思うけど……高校生には聞こえなかったなぁ。クオリティ高い。でも審査員はアレンジ不足とか言ってたっけ。歌唱力よりアレンジ力のほうが重要視さえるのかと思った瞬間。
「粉雪」も良かった。でも点数低すぎ。もっと高くても良いのでは? 私の感覚がおかしいのか?

【Bブロック】
このブロックは妥当。個人的にはジュブナイルのほうが好きだけど、μの選曲勝利かもしれない。

【Cブロック】
ここも妥当。だけど似たようなバラード、スローテンポな選曲をするグループばかりが集まったような印象。そういう意味ではDAD'Sが良かったか。しかし2組目で97点なんて高得点を出したら見てるほうはあとは消化試合以下、自主規制。
タートルズの「あともう1回決勝で歌うんで」というのにはっとさせられた会場だが、あの空気からももう消化試合自主規制感が出ていたわけで。

【Aブロック】東京都「Bam B Crew」(「さよならの向う側」山口百恵)
【Bブロック】兵庫県「μミュー」(「月光」鬼束ちひろ)
【Cブロック】京都府「A-Z」(「Everything」MISIA)
なんか出来レースっぽく感じた。ずっと出続けていたBam B Crewが最後だから……みたいな。確かにあの「さよならの向う側」は秀逸だった。でもA-Zの「Everything」も良かった。
いやそれ以前なんだけど。まぁあのやーさんの笑顔がステキだったので良いのではないですか?

全体的に昔みたいにブロックごとに出場枠を制限したほうが良いのでは? なんか見事に「東京都」ばかりが集まっていて……。もっと京都や大阪の大学にも良いグループ居るのに。
前回のような失礼なダイジェストではなく、余分な時間を削って全グループを放送してくれたという点では安心して見られたが。

関連

青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ20080923(2008.09.23)
青春アカペラ甲子園全国ハモネプリーグ(2008.04.08)
青春アカペラ甲子園全国ハモネプLEAGUE(2007.09.18)
コダミタカ * Category of [Diary]音楽*1 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ20080923 

青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ20080923

第6回を迎えたハモネプ。
今回も条件は「学生」
前回と違い、大学生の参加が増え、レベルが上がった。
青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリー
【Aブロック】
(1)島根県「男男」(高校生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
(2)東京都「Link the Light」(大学生/♂2+♀3=LV.1,C2,Ba.1,VP1)
(3)東京都「ソルブ」(大学生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
(4)福岡県「ビッグ☆ぱふぇ」(専学生/♂3+♀3=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
(5)埼玉県「The Company」(大学生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
(6)大阪府「大阪ナタデココ」(高校生/♀5=LV.1,C2,Ba.1,VP1)
【Bブロック】
(1)岡山県「Bam B Crew」(大学生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
(2)大阪府「やきそば☆SOUL」(小学生/♂3+♀3=LV.1,C4,Ba.0,VP1)
(3)東京都「スパークル」(大学生/♂5+♀1=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
(4)愛知県「ドクター☆mini」(大学生/♂1+♀4=LV.1,C3,Ba.1,VP0)
(5)山梨県「ばんばんドドンパン」(大学生/♀5=LV.1,C4,Ba.,VP0)
(6)東京都「ジュブナイル」(大学生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
【Cブロック】
(1)東京都「どんぐり」(大学生/♂3+♀2=LV.1,C3,Ba.1,VP0)
(2)福岡県「よかろうもん」(高校生/♂5=LV.1,C2,Ba.1,VP1)
(3)福岡県「チャラーズ」(大学生/♂5=LV.1,C2,Ba.1,VP1)
(4)東京都「スウィーチノ」(高校生/♀6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
(5)埼玉県「Bell」(大学生/♂3+♀3=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
(6)東京都「タートルズ」(大学生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)


【Aブロック】
(1)島根県「男男」(♪「涙のリクエスト」チェッカーズ)83点
(2)東京都「Link the Light」(♪「Dreamland」BENNIE K)87点
(3)東京都「ソルブ」(♪「誘惑」GLAY)83点
(4)福岡県「ビッグ☆ぱふぇ」(♪「青い珊瑚礁」松田聖子)78点
(5)埼玉県「The Company」(♪「勝手にシンドバット」サザンオールスターズ)80点
(6)大阪府「大阪ナタデココ」(♪「世界中の誰よりきっと」中山美穂withWANDS)86点
【Bブロック】
(1)岡山県「Bam B Crew」(♪「M」プリンセスプリンセス)92点
(2)大阪府「やきそば☆SOUL」(♪「今夜はブギーバック BOOGIE BACK」小沢健二 feauturing スチャダラパー)89点
(3)東京都「スパークル」(♪「気分上々↑↑」mihimaru GT)89点
(4)愛知県「ドクター☆mini」(♪「元気を出して」竹内まりや)83点
(5)山梨県「ばんばんドドンパン」(♪「バンザイ〜君を好きでよかった〜」ウルフルズ)75点
(6)東京都「ジュブナイル」(♪「恋におちて -Fall in love-」小林明子)95点
【Cブロック】
(1)東京都「どんぐり」(♪「崖の上のポニョ」藤岡藤巻と大橋のぞみ)93点
(2)福岡県「よかろうもん」(♪「ダイナマイト」SMAP)88点
(3)福岡県「チャラーズ」(♪「ギャランドゥ」西城秀樹)80点
(4)東京都「スウィーチノ」(♪「亜麻色の髪の乙女」島谷ひとみ)82点
(5)埼玉県「Bell」(♪「三日月」絢香)87点
(6)東京都「タートルズ」(♪「銀河鉄道999」ゴダイゴ)90点

雑感

【Aブロック】
高校生が頑張ったという印象だが、結果は大学生のほうに軍配があがった。「男男」は1番手じゃなければもっと点が伸びたように思える。
【Bブロック】
正直「Bam B Crew」が決勝に行くかと思っていた。しかし、いきなりダイジェストとは。端折るくらいなら前回まで同様1ブロック5チームで良かったのではないか。
小学生グループ、あれはTV用だよね? 夏休みだからああいう髪型なんだよね? それともあの格好で学校に行っていいのか、最近の小学校は。
【Cブロック】
かなりレベルが高いと思ったのだが、3チームがダイジェスト。「よかろうもん」のVPだいち君。口の中に小人さんが居そうな感じです。が、バランスが……やっぱり高校生だな、と。

決勝
【Aブロック】(1)東京都「Link the Light」(♪「卒業写真」荒井由実)
【Bブロック】(2)東京都「ジュブナイル」(♪「TSUNAMI」サザンオールスターズ)
【Cブロック】(3)東京都「どんぐり」(♪「もののけ姫」米良美一)

雑感

やっぱりというか、大学生で占められた決勝。前回のように高校生を混じらせて、浮くよりいいな、と。しかし、見事に東京都だけが揃ったな、と。これなら以前のように地区ブロックごとにしたほうがいいんじゃないかな、と。
優勝は「どんぐり」。どこが優勝してもおかしくなかったな、と。

関連

青春アカペラ甲子園全国ハモネプリーグ(2008.04.08)
青春アカペラ甲子園全国ハモネプLEAGUE(2007.09.18)

余談

Aグループの「ソルブ」が出した「円周率が3.05より大きいことを証明せよ」という問題はどこかで聞いたことがあると思ったら5年前(平成15年度)前期の入試問題で有名な問題だった。
コダミタカ * Category of [Diary]音楽*2 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 青春アカペラ甲子園全国ハモネプリーグ 

青春アカペラ甲子園全国ハモネプリーグ

第5回を迎えたハモネプ。
今回も「学生」が条件。
全体的に、バラエティーの気軽さというよりもオーディションというか、コンクールというか、以前のような気軽さと緊張感の絶妙なバランスがないように思えた。ふざけすぎるのもどうかと思うが、今回は緊張感のほうが勝っていた気がする。
青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ
(1)大阪府「トゥクムー」(美大生/♂3+♀3=LV1,C3,Ba.1,VP1)
(2)群馬県「ブラックローズ」(高校生/♂7=LV.1,C4,Ba.1,VP1)
(3)山口県「コンパーニョ」(高校生/♀5=LV.1,C3,Ba.0,VP1)
(4)東京都「オトコダケ」(大学生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
(5)岡山県「L.A.6」(専学生/♂6=LV.1,C3,Ba.0,VP2)
【Bブロック】
(1)大阪府「大阪ナタデココ」(高校生/♀5=LV.1,C2,Ba.1,Vo1)
(2)愛知県「魂よしこ」(大学生/♂5=LV.1,C2,Ba1,VP1)
(3)奈良県「うさ★ばん」(高校生/♂3+♀2=LV.1,C2,Ba.1,VP1)
(4)東京都「スパークル」(大学生/♂5+♀1=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
(5)北海道「じゃ〜んずΩ」(専学生/♂5=LV.1,C2,Ba.1,VP1)
【Cブロック】
(1)岡山県「きゃら☆みる」(小学生/♀3+中学生/♀1+高校生/♀1=LV.1,C4,Ba.0,VP0)
(2)岡山県「Bam B Crew」(大学生/♂6=LV.1,C3,Ba.1,VP1)
(3)滋賀県「クリアカラーズ」(医大生/♂2+♀3=LV.1,C2,Ba.1,VP1)
(4)静岡県「Vivid Re:mix」(高校生/♂2+♀2=LV.1,C2,Ba.0,VP1)
(5)東京都「ちょこ6」(大学生/♂5+♀1=LV.2,C2,Ba.1,VP1)

【Aブロック】
(1)大阪府「トゥクムー」(♪「真赤な太陽」美空ひばり)80点
(2)群馬県「ブラックローズ」(♪「TOMORROW」岡本真夜)83点
(3)山口県「コンパーニョ」(♪「LOVEマシン」モーニング娘。)81点
(4)東京都「オトコダケ」(♪「津軽海峡冬景色」石川さゆり)88点
(5)岡山県「L.A.6」(♪「I believe」EXILE)93点
【Bブロック】
(1)大阪府「大阪ナタデココ」(♪「チェリー」スピッツ)88点
(2)愛知県「魂よしこ」(♪「キン肉マン GO FIGHT!」串田アキラ)85点
(3)奈良県「うさ★ばん」(♪「フレンズ」レベッカ)75点
(4)東京都「スパークル」(♪「異邦人」久保田早紀)84点
(5)北海道「じゃ〜んずΩ」(♪「あなただけ見つめてる」大黒摩季)93点
【Cブロック】
(1)岡山県「きゃら☆みる」(♪「明日晴れるかな」桑田佳祐)84点
(2)東京都「Bam B Crew」(♪「愛のメモリー」松崎しげる)90点
(3)滋賀県「クリアカラーズ」(♪「愛唄」GReeeeN)80点
(4)静岡県「vivid Re:mix」(♪「時の描片〜トキノカケラ〜」EXILE)83点
(5)東京都「ちょこ6」(♪「Real Face」KAT-TUN)85点

 雑感
【Aブロック】
点数のつけ方が厳しいな、とすぐに感じた。
オトコダケの演歌を選択したというのは面白い試みではあったが、決勝を決定付けるような印象強さにまは至らなかった。
【Bブロック】
うさ★ばんに対する点数は厳しかった。
個人的には魂よしこも結構いいと思うのですが。
大阪ナタデココは審査員特別枠で決勝進出。
【Cブロック】
医大生クリアカラーズは歯科医大生のGReeeeNを選ぶというのは、あからさまに狙っているなと感じてしまった。
Vivid Re:mixの3重奏ボイパに目がキラキラしているおっくん。どうしてこうもすごいVPの人がいるとテンション上がって、解説者という立場を忘れて、可愛くなるんでしょうか。

CブロックのVivid Re:mixとちょこ6を除くと、男女混合グループは女性ヴォーカルがお決まりなようだ。女性メンバー全員をコーラスに持ってくるという考えはVivid Re:mixを除いて持っていないらしい。

以下は決勝。
【Aブロック】岡山県「L.A.6」(♪「蕾」コブクロ)
【Bブロック】大阪府「大阪ナタデココ」(♪「WOMAN」アン・ルイス)
【Bブロック】北海道「じゃ〜んずΩ」(♪「Missing」久保田利伸)
【Cブロック】東京都「Bam B Crew」(♪「あの鐘を鳴らすのはあなた」和田アキ子)

 雑感
申し訳ないけど、ナタデココを除いては拮抗している印象だった。それぞれのグループが、自分たちの持ち味を生かしていた。
その中で、引き出しの多かった、一枚上手だったじゃ〜んずΩが優勝。

 関連
青春アカペラ甲子園全国ハモネプLEAGUE
コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 1 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】6周年 

【RAGFAIR】6周年

明日からは7年目突入のRAGFAIR。
今年はデビューした2001年と同じ水曜日。
当時私は学生でした。講義を抜け出して友人とデビューライブに行きました。講義をサボったことを悪いと微塵も思わず、ただただ夢の時間を過ごした。
あの会場で聴いた「Start」は今でも特別なもので、タイトルどおり、スタートを新しく切ったなという感慨深い曲で、毎年12月19日は「Start」「青空」「ラブフリ」の3曲だけは絶対聴くようにしている。
ちなみに去年のエントリでも引用したが以下が当日のプログラム。
OP(CDのOPジングルを披露)
01.Magical Mystery Tour(多分…虚覚え…)
MC
02.ラブラブなカップルフリフリでチュー
03.夜空のムコウ
04.fallin'RAG(ジングル…多分これ…実は虚覚え)
MC
05.Start
06.Hound Dog
MC
07.クリスマスソングメドレー
08.燃えよヒーロー
09.どうにもとまらない
10.りんごのうた(いとしのエリーアレンジVer.)
MC(メンバー紹介)
11.青空
MC
12.ダンス天国
ED〜19:40頃終了。
〜INSPiのライブ〜20:30頃終了
ゴーゴゴーの中継が入るため、スタッフの方からその説明。&相川アナ中心のトーク
〜テレビ生中継開始〜
RAG→Start
INSPi→Cicada's Love Song
RAG & INSPi→イッショウケンメイ
〜テレビ中継終了
〜アンコール〜
01.You Go Your Way(RAG FAIR)
02.真っ赤な太陽(INSPi)
MC
03.上を向いて歩こう(RAG & INSPi)
ED〜約21:00終了
7年目のRAGFAIRは年明け早々にマキシシングル「早春ラプソディ」が、1月下旬にはアルバム「カラーズ」と同時発売のDVD「VTRag-3」などリリースが相次ぐ。今から楽しみ。

今年の記念日のおっくんはリハだそうで⇒明日は7年と1日です。<おっくんの「HAPPY☆LUCKYの見つけかた」

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 青春アカペラ甲子園全国ハモネプLEAGUE 

青春アカペラ甲子園全国ハモネプLEAGUE

5年ぶりのハモネプ。
正直、もっとレベルが高くなっているのかと思いきやそうでもない。大学のアカペラサークルの姿が少なかったことも一因かな? と。
条件が「学生」だから正直5-6年前に出ていた人が出る確率は低いと思っていたが、その中でL.A.6とうりんず娘には当時出場したメンバーも居て、ちょっと驚いた。が、そういえばチン☆パラに憧れていた小学生とかも居たな、と思い出して出ても不思議じゃないのか、と一人で納得。
青春アカペラ甲子園全国ハモネプLEAGUE
【Aブロック】
(1)神奈川県「でめきん」(♪「千の風になって」/秋川雅史)
(2)神奈川県「G☆S(ゴス)」(♪「ボーイフレンド」/aiko)
(3)群馬県「ブラックローズ」(♪「スシ食いねェ!」/シブがき隊)
(4)岡山県「L.A.6」(♪「Choo Choo TRAIN」/EXILE)
(5)東京都「スパークル」(♪「A Perfect Sky」BONNIE PINK)
【Bブロック】
(1)愛知県「魂よしこ」(♪「愛をとりもどせ!」/クリスタルキング)
(2)大阪府「大阪ナタデココ」(♪「さくらんぼ」/大塚愛)
(3)東京都「Soft Voice」(♪「リンゴの唄〜銀座カンカン娘メドレー」/並木路子ほか)
(4)滋賀県「ハウスダスト」(♪「EYE OF THE TIGER」〜「ロッキー3のテーマ」〜/SURVIVOR)
(5)愛知県「野々宮家」(♪「GLAMOROUS SKY」/NANA starring MIKA NAKASHIMA)
【Cブロック】
(1)沖縄県「うりずん娘」(♪「涙そうそう」/夏川りみ)
(2)大阪府「シンクロトンプソンズ」(♪「WINDING ROAD」/絢香×コブクロ)
(3)静岡県「ミスティック」(♪「Automatic」/宇多田ヒカル)
(4)神奈川県「高木ブーとキャンプ」(♪「Romanticが止まらない」/C-C-B)
(5)東京都「GIFT」(♪「Everything」/Misia)

青春アカペラ甲子園全国ハモネプLEAGUE
【Aブロック】
神奈川県「でめきん」(♪「千の風になって」/秋川雅史)84点
群馬県「ブラックローズ」(♪「スシ食いねェ!」/シブがき隊)92点
神奈川県「G☆S(ゴス)」(♪「ボーイフレンド」/aiko)84点
岡山県「L.A.6」(♪「Choo Choo TRAIN」/EXILE)92点
東京都「スパークル」(♪「A Perfect Sky」BONNIE PINK)88点
【Bブロック】
愛知県「魂よしこ」(♪「愛をとりもどせ!」/クリスタルキング)88点
大阪府「大阪ナタデココ」(♪「さくらんぼ」/大塚愛)84点
東京都「Soft Voice」(♪「リンゴの唄〜銀座カンカン娘メドレー」/並木路子ほか)96点
愛知県「野々宮家」(♪「GLAMOROUS SKY」/NANA starring MIKA NAKASHIMA)87点
滋賀県「ハウスダスト」(♪「EYE OF THE TIGER」〜「ロッキー3のテーマ」〜/SURVIVOR)91点
【Cブロック】
沖縄県「うりずん娘」(♪「涙そうそう」/夏川りみ)85点
大阪府「シンクロトンプソンズ」(♪「WINDING ROAD」/絢香×コブクロ)97点
東京都「GIFT」(♪「Everything」/Misia)91点
静岡県「ミスティック」(♪「Automatic」/宇多田ヒカル)85点
神奈川県「高木ブーとキャンプ」(♪「Romanticが止まらない」/C-C-B)84点
犬飼さんも復活かと思っていたのに、犬飼さんのポジションにおっくんが。あとネプ3人の扮装がなかったのが、残念。
印象的なのは、スパクールが全員ボイパできるということで演っているときにおっくんが自分も混ざりたそうな、かわいらしい表情をしていたこと。あとときたま映る審査員席で、礼央さんがポカンとした表情をしていたこと。相変わらず、RAGメンを見てしまう。

Aブロックは2組。L.A.6とブラックローズは92点で同点。審議の結果、L.A.6が勝者として決勝へ。ブラックローズは審査員特別枠として。
BブロックのSoft Voiceは女性4人ながらも存在感もあり、王道だな、と。
Cブロックのシンクロトンプソンズは阪大の、INSPiが立ち上げたアカペラサークル在籍のメンバー。97点で圧倒的な強さで決勝へ。

アカペラサークル在籍者と、ハモネプ出場のためにアカペラを演る者の大きな違いは、コーラスの技術の差。歌が上手いというのは当たり前だが、コーラスの音量、存在が決してリードボーカルを食わないのである。
元々音楽を演っていてもアカペラを長年やっていなければコーラスがリードボーカルを食っているのである。そこの差がある。

決勝は以下。
【Cブロック】シンクロトンプソンズ「何度でも」(Dreams Come True)
【Aブロック】BLACK ROSE「残酷な天使のテーゼ」(高橋洋子)
【Aブロック】L.A.6「言葉にできない」(オフコース)
【Bブロック】Soft Voice「さくら」(森山直太郎)
シンクロトンプソンズとL.A.6の一騎打ちになるかと思っていたのだが、結果は女性4人組。
コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 6 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】祝。5周年 

【RAGFAIR】祝。5周年

本日、めでたくデビュー5周年を迎えたRAGFAIR。ということで2001年のデビューライブから個人的に振り返ってみたいと思う。

よく、データが残っていたなという2001年12月19日の日記。ライブ該当部分。
ライブ…チケットの番号的にはかなりいいところだったのに、フタを開けてみれば後ろの方。でも、席的にはいい感じ。真中よりちょっと前のほうで、左端。左…つまり、おっくんの立ち位置がよくある方向。で、内容は…

OP(CDのOPジングルを披露)
01.Magical Mystery Tour(多分…虚覚え…)
MC
02.ラブラブなカップルフリフリでチュー
03.夜空のムコウ
04.fallin'RAG(ジングル…多分これ…実は虚覚え)
MC
05.Start
06.Hound Dog
MC
07.クリスマスソングメドレー
08.燃えよヒーロー
09.どうにもとまらない
10.りんごのうた(いとしのエリーアレンジVer.)
MC(メンバー紹介)
11.青空
MC
12.ダンス天国
ED〜19:40頃終了。
〜INSPiのライブ〜20:30頃終了
ゴーゴゴーの中継が入るため、スタッフの方からその説明。&相川アナ中心のトーク
〜テレビ生中継開始〜
RAG→Start
INSPi→Cicada's Love Song
RAG & INSPi→イッショウケンメイ
〜テレビ中継終了
〜アンコール〜
01.You Go Your Way(RAG FAIR)
02.真っ赤な太陽(INSPi)
MC
03.上を向いて歩こう(RAG & INSPi)
ED〜約21:00終了

一応、こんなかんじかな? トークは短くてもすべてMCと書いてみた。で、曲目(特に前半)は自信がない。というか、ライブは一種の夢心地だから…印象に残ったトークとかしか覚えてないので…そんな違法なテレコ使用は行ってないので…行かれた方で、間違いに気付いた方はこっそり、メールしてくだされば、幸いです。
詳細は…気が向けば明日にでも…。
一周年の2002年12月にRAGFAIRについて触れた記事はなし。(※2002年12月の日記データは残っている)
二周年の2003年12月は個人的にドタバタ(主に眼)していて記事はなし。
三周年の2004年12月にはもうこのブログに移動してきていたので記事の転載ではなく、リンクを⇒RAGFAIR&INSPi 三周年シークレットライブ。
四周年はアカペラバンド初の武道館。ということでこちらを⇒【RAGFAIR】ストリートライブin武道館
因みに四周年の2005年12月19日のエントリはこちら⇒【RAGFAIR】4周年

昨年四周年のエントリを書いた際、デビューライブの構成を転載していたようで。
三周年と四周年は「これ」と言ったけじめのライブがあったが、今年はない。今年は久々にINSPiと同じステージに立つディナーショーがそれなのだろうか。
別に毎年「これ」と言ったけじめのライブをして欲しいわけではないが、否、できればやって欲しいし、ネット中継もして欲しいが、毎年この日に「何か」ができればいいと思う。それは別に一箇所に大勢の人が集まるという形ではなくても、それこそライブに行けない人でもできる12月19日のイベントが何かあってもいいんじゃなかな。例えば何時ってスタート時間を決めてデビューから今までのRAGFAIRの楽曲をずっとリリースされた順番に聴くとかさ。
って、それは今日自分がやっていたことです。
でもこれって時間によっては在宅業じゃないと無理だからダメか。結構な時間数になりました。

TB送信:改めて、みんなにありがとう。(おっくんの「面白きこと…だらけ!」/別窓)

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】ミュージックステーション20060623 

【RAGFAIR】ミュージックステーション20060623

1年4ヶ月ぶりのMステ。(ミュージックステーション20050225/同窓)

本日の衣装は以下。
けんいち…白(ジャケット)+藤(Tシャツ)+黒
かとう…黒+グレー+デニム
れお…黒(ジャケット)+赤(Tシャツ)+デニム
よーすけ…白(ジャケット)+白(Tシャツ)+デニム
かのう…白(帽子)+グレー(ジャケット)+白(Tシャツ)+デニム
おっくん…白(Tシャツ)+黒
礼央さんのサングラス姿は久しぶりな感じ。

コーナー:Mトピ
カバー曲特集でキャプテン翼の「燃えてヒーロー」の映像。

順番は最後。必然的にトークはなし。曲は「降りそうな幾億の星の夜」テレビ用なので短い。
エンディングで少しトーク。堂アナに「どうでした?」とふられてよーすけさんが答えた程度。

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】歌笑HOT HIT10 20060312 

【RAGFAIR】歌笑HOT HIT10 20060312

本日のRAGFAIRの衣装。黒のジャケット+黒のスラックス。

第4位「太陽の下」レミオロメン
ふかわりょう氏がピアノ伴奏で参加。
早朝集合のロケじゃなくてよかったですね。トークはほとんどなく、礼央さんが少し喋ったくらいで、弄られているのはふかわさん。久しぶりのウタワラなのに。DVDの宣伝もなく。
この番組って歌ゲストをたてない「音楽番組」だな、と。

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】英語でしゃべらナイト20060123 

【RAGFAIR】英語でしゃべらナイト20060123

再放送があるので助かったというか……デッキの調子が悪く、先週の「高校講座<地学>」も録れていなかったりとか。「高校講座<地学>」は再放送がされていない。三学期分は春休み期間にピックアップされたものが再放送される仕組み。先週の放映分は再放送されるのだろうか。「英語でしゃべらナイト」は再放送されるのでなんとかなりそうだけど。

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】4周年 

【RAGFAIR】4周年

4年前の今日RAGFAIRは新しい一歩をZEPP TOKYOでINSPiと共に踏み出した。
この日当方は非常に真面目な学生であったため、教授が学生たちに背を向けた隙に脱走を謀り、講義のない友人と待ち合わせていた学食へと彼女を迎えに行き、また預けてあった荷物をひきとり、二人で早々と引き上げたのである。実はこのあとにも講義はあったのだが、当然欠席。脱走を謀った講義は、講義が始まると同時に名簿が回され、出席の印をつけることになっていた。それを無事すませたあとのことだった。欠席をした講義は出席カードなるものが配られ、それに自筆で記入し、提出するようになっている。この出席カードにはいくつかのカラーがあり、どれが配布されるか出席しないと解らない仕組みになっついる。しかし全カラーをコレクターしていた当方はそのうちの何種類かに講義名・日付・担当講師名・学籍番号・所属学部学科学年・氏名を記入し、友人に託し、逃走したのである。今となればいい思い出であり、若かりし頃の恥ずかしい過ちである。

長年使いつづけているPCのためデータを探せば出てくる4年前の日記。そこから構成をアップ。今でも覚えているのは相川アナが「イッショウケンメイ」を「イッテラッシャイ」と言ったことだろうか。TV中継が始まった頃は既にできあがり、会場全体がイっちゃてる状態で名倉サンの突っ込みもワンテンポ以上遅れての反応だった。あれから4年である。ちなみに下記曲順は4年前書いたものをそのまま転載した。またRAGFAIRでいっぱいいっぱいでINSPiの曲順はなし。
4年前の日記を読んでいるとどうやら別ファイル(=別サイト)でライブレポを書こう(書いた?)としていたらしいが、これは多分残っていない。

関連:RAGFAIR&INSPi三周年シークレットライブ。
TB送信:おっくんの「面白きこと…だらけ!」|次はどうしようかな〜。

OP(CDのOPジングルを披露)
01.Magical Mystery Tour(多分…虚覚え…)
MC
02.ラブラブなカップルフリフリでチュー
03.夜空ノムコウ
04.fallin'RAG(ジングル…多分これ…実は虚覚え)
MC
05.Start
06.Hound Dog
MC
07.クリスマスソングメドレー
08.燃えよヒーロー
09.どうにもとまらない
10.りんごのうた(いとしのエリーアレンジVer.)
MC(メンバー紹介)
11.青空
MC
12.ダンス天国
ED〜19:40頃終了。
〜INSPiのライブ〜20:30頃終了
ゴーゴゴーの中継が入るため、スタッフの方からその説明。&相川アナ中心のトーク
〜テレビ生中継開始〜
RAG→Start
INSPi→Cicada's Love Song
RAG & INSPi→イッショウケンメイ
〜テレビ中継終了
〜アンコール〜
01.You Go Your Way(RAG FAIR)
02.真っ赤な太陽(INSPi)
MC
03.上を向いて歩こう(RAG & INSPi)
ED〜約21:00終了

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】ストリートライブin武道館 

【RAGFAIR】ストリートライブin武道館

ネット配信ということでパソの前で大人しく待つ。
18:00〜だということだが18:00を過ぎても映像が変らず。18:05ようやく変る。ライブ開始前の武道館内。開演までジャズがかかっている。会場内は女性が圧倒的に多いようだ。18:10開演アナウンス。そのアナウンスから9分後暗転。
BGMは街の喧騒。照明が灯りおっくん、かのうさん、よーすけさん、かとうさん、礼央さん、健一さんの順で入り口から登場。舞台ではなく、アリーナの中央で止まり、所持していた台に乗り、ストリートっぽくチューニング、発声から始める。

オープニングが終り、おっくんのボイパでつなぎ、舞台へ。ラブフリのツアーを思い出させる構成。懐かしいダンス天国に礼央さんのファー、おっくんの長いマフラー。舞台バックが時計になっていて針が逆回転しているのも憎い。次はキャプテン翼の「燃えてヒーロー」「Hound Dog」へと続き、ようやく一息のトーク。よーすけさんが武道館への思いをトーク中に礼央さんがカットイン。ファーが生えたとか、暑いとかなんとか、自分が来たライブの話とか。そして今までのライブの3倍(濃縮)宣言。夫婦漫才トーク絶好調。

アレンジからすぐに何の曲かは解らなかった「あさってはSunday」。「ヨーヨー・マン〜気づけばそこに雪が降る〜」はボイパとベースの聴かせどころがある。

トークでは皆それぞれの「ありがとう」を「個性の主張しすぎ」とつっこむ礼央さん。久々のメンバー紹介をする「ショウカイシチャウゾウ」さんと大変身。初期のライブに行っていた身としては嬉しい限り。今回はこの7年で学んだ格言。隣の健一さんからいくと見せかけ、おっくんとじゃんけんで決めさせようとするが礼央さんの独断でおっくんから。健一さんをラストにしたいだけというお茶目な礼央さん。おっくん紹介でミスり、もう一度。聞こえてないよ、と言うよーすけさんにやり直す礼央さん。おっくんの格言は「ボイパでいい。否、ボイパがいい」と言う。頭を使わなくてよくて、目立つし友達が増えたと言うおっくん。しかし噛んでしまう。可愛い。そんなおっくんをRAGFAIRの外交官と称する礼央さん。
次はRAGFAIRの低音担当加納さん。彼の格言は「柱抜くよりまず土台」あまりにもタイムリーであくまでも「音楽」を主張する笑っている礼央さん。よーすけさんも「音楽」を押し、当然加納さんも「音楽」を押す。「土台(=基本/base)」と「ベース(bass)」を掛けている。
リーダーよーすけさん。早速「武道館とかけまして……」と暴走するが止められ「能ある鷹は爪を出す」と格言を言う。どういうことだとなり「爪を隠してたらいけない。オレがオレが……でいかないと」と言うよーすけさんに同意する礼央さん。強力なのがいるとおっくんを二人して指差し、話は自分もボイパができると言うよーすけさん。そして舌打ちをする。みごとに落とす。「能ある引地洋輔でした」としめる礼央さん。
ハイトーン。天井で(RAGFAIRを)支えているかとうさん。彼の格言は「凡人より変人になれ」。個性を伸ばせと力説する。真面目かと思えば礼央さんならもっとタレ目をタレさせればいいと言い出す。「両親も来ているのに」と言う礼央さんに「最後は釣り目になる」と言う。納得というか満足する礼央さん。自分は職人タイプだから自分を極めると言ってしめるかとうさん。
ちっちゃな、こまかい、繊細な名前はアライの荒井健一氏と紹介され勝手に話そうとする健一さん。彼を止め、格言を訊くと「解ったことは何もない」と答え、演説を始める。ある意味オチだがこれが真実。あるべき姿とか色々おっしゃっていましたが、お客さんに「元気ですか〜」と呼びかける健一さん。「二階席、一階席、アリーナ」と呼びかけるのはいつものこと。しかし武道館は紛らわしく二階席を「三階席」と言いかける。
以上としめようとするが、礼央さんの解りきったつっこみ。自分で自分を「土屋さん」と話し掛けて紹介。一人二役で早口で進めていく。格言は「団結力」今日はそれを確かめたいと切り出し、ためにためて「ウェーブが見たい」と言ってウェーブの説明。チームRAGFAIRのウェーブを開始。キレイです。楽しそうです。ちょっとジェラシー。そして曲へ。

洋楽を混ぜたらどうなるか。かのうさんメインボーカルで「りんご追分」開始。そこに「Misson Impossible」が加わり、[Misson Impossible」のメロディで「りんご追分」が歌われる。これがなかなかいい感じ。
次は誰もが知っている洋楽をアレンジ(だったかな? テーマは)健一さんメインボーカルでQUEEN。譜面どおりに歌っていたかと思うと急にテンポが変ったり曲調をアレンジしたり。QUEENなのか? と思わされる一面有り。そして暗転。

「ラグフェア通信」の映像。礼央さんのナレーションで武道館の歴史と昭和の歴史の説明。映像では東京オリンピックの柔道のパロ。かのうさんvs.おっくん。おっくんがエリを絞められて負けている。次にBEATLESの武道館公演についての映像。あの有名なタラップを降りてくるパロ。ポールを健一さん、ジョンをかとうさん、リンゴはおっくん、ジョージをよーすけさん。次にBEATLESに群がるファンの映像。それを押さえる警備員・かのうさん。オノ・ヨーコ役に礼央さん。BEATLESの前座をやったドリフターズのパロをよーすけさんが仲本工事役。そしてBEATLESメドレーへ。衣装もそれまでのストライプのジャケット+ジーンズだったのが黒のスーツへ。「Help!」の最中イヤホンを直すよーすけさん。

「昼寝」ではアリーナに下りるかとうさん。他のメンバーはステージ上で、照明は暗めである。そのままアリーナから「Sheサイド ストーリー」へ。曲中ステージに戻る。礼央さんがメインで歌っている時健一さんがイヤホンを直す。

「恋のマイレージ」が終り、またウェーブ。皆さん元気。よーすけさんが振り返った話をしてすこししみじみ。かと思えばこれからの抱負(?)を話し始め、だんだん笑いに暴走し始める。会場に笑いが。しかしリーダー。しめるところはきっちりしめ、スターズオンRAGFAIRへ。握手をし、水分補給もし、敬礼へ。

「Help!」で一度全員倒れ皆「Help!」と言い、「Mission Impossible」を口ずさむ。しかし健一さんだけ復活せず。5人がバックモニターを見るとそこには「Mission KENICHIをフッカツさせろ」と有り、必死に復活させようとする。「Come on」をBEATLESの節で歌うが復活せず。かとうさんがボソッと「5人でよくね?」とつっこむ。「6人じゃなきゃ駄目だ」と必死な礼央さんとよーすけさん。「6人でRAGFAIR」一人一文字ずつ(だったかな?)と言い出す。指折り指差し数えるかのうさん。RAGFAIRは7文字。よーすけさんも技とらしく7文字と気づき、RAGFAIRは7人、最後の一人は「客」と、引き入れ「Come on」コール。復活した健一さん「大都会」を熱唱。「君でなければ」へ。途中おっくんのボイパソロ。舞台が競りあがり、足踏みとスティック。ストリートミュージックを感じさせる。そして「ハレルヤコーラス〜ハレルヤ」へ。最後の「R・A・G・F・A・I・R」の部分では鳥肌が立ち、涙が出てくる。

完全熱唱かと思えば忘れてはいけない「ラブフリ」こと「ラブラブなカップル フリフリでチュー」へ。

Tシャツ+ジーンズに着替えアンコールへ。Tシャツはツアーグッズ。アンコール一曲目後ネット配信のことを告げるよーすけさん。やっぱり暴走するよーすけさんと礼央さん。恒例のグッズ説明をし、クリスマスの話題。贈り物として二曲目。雪の演出が憎い。三曲目を歌い上げ挨拶。しみじみとしてしまう。
恒例のマイクなし、肉声の挨拶。今回は曲と「ありがとう」。そして終幕。「ありがとう」の曲はどこかで聴いたことがあるのだが、思い出せない。答えが解る日は来るのだろうか。

RAGメンの皆様、お疲れさまでした。そして楽しい時間をありがとうございました。これでしばらく頑張れそうです。できればDVDを発売して欲しいものです。勿論トーク部分のカットなしで。完全版として。

曲順は以下。空白部分は洋楽。タイトルが思い出せず。思い出せば追加。BEATLESの曲目は微妙。歌えてもタイトルが思い出せなかったり一致しなかったり。「Twist And Shout」と「Drive My Car」は自信なし。

<!--追記・20051212-->
訂正。ヘンデルの「ハレルヤコーラス」をベートーベンの「第九」と表記していました。訂正し、お詫びいたします。
<!--追記・20051212-->

関連:歌笑HOT HIT10 20051204(2005/12/04)
   RAGッSTORY(2005/12/01)
TB送信:おっくんの「面白きこと…だらけ!」|週末企画!メッセージプリーズ!

<!-- /追記/ -->
武道館の感動をもう一度。
※3時間ほどの公演に対し収録は2時間ほど。
メンバーによる解説つき。

<!-- /追記/ -->

[00]OP
[01]ダンス天国(Land Of 1000 Dances/J.Geils Band)
[02]燃えてヒーロー(アニメ『キャプテン翼』主題歌/沖田浩之)
[03]Hound Dog(Elvis Presley)
  (MC)
[04]Summer Smile
[05]あさってはSunday
[06]半熟ラプソディ
[07]ヨーヨー・マン〜気づけばそこに雪が降る〜
  (MC)
[08]りんご追分(美空ひばり)+Mission Impossible(映画『Mission Impossible』テーマ)
[09]Bohemian Rhapsody(QUEEN)
  (MC&Movie)
[10]BEATLESメドレー
  ├ Help!
  ├ A hard day's night
  ├ Twist And Shout
  ├ Drive My Car
  ├ She loves you
  └ Hey Judo
[11]Old Fashioned Love Song
[12]昼寝
[13]Sheサイド ストーリー
[14]恋のマイレージ
  (MC)
[15]スターズオンRAGFAIR
  ├ START
  ├ あさってはSunday
  ├ START
  ├ ラブラブなカップル フリフリでチュー
  ├ Dip! Dip! Dip!
  ├ tea time lover
  ├ START
  ├ ダンス天国
  ├ 燃えてヒーロー
  ├ Hound Dog
  | (ミニコント)
  ├ Help!
  ├ Mission Impossible
  ├ 君でなければ
  ├ 青空
  ├ 七転び八起き
  ├ 半熟ラプソディ
  ├ マジカル恋のパワー
  ├ She loves you
  ├ Drive My Car
  ├ ボイパソロ
  ├ ハレルヤコーラス(Oratorio Messiah CHOR.Hallelujah!/G.F.Handel)
  ├ ハレルヤ
  ├ ヨーヨー・マン〜気づけばそこに雪が降る〜
  ├ 恋のマイレージ
  ├ Summer Smile
  ├ Sheサイド ストーリー
  ├ 空がきれい
  ├ ハレルヤコーラス(Oratorio Messiah CHOR.Hallelujah!/G.F.Handel)
  └ HANA
  (MC)
[16]ラブラブなカップル フリフリでチュー

アンコール
[17]fallin' LOVE
  (MC)
[18]白い天使が降りてくる
[19]ハレルヤ

[20]ED
コダミタカ * Category of [Diary]音楽*12 Comments * 1 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】歌笑HOT HIT10 20051204 

【RAGFAIR】歌笑HOT HIT10 20051204

本日の衣装・基本黒のスーツタイプ。

8位「スターズオンRAGFAIR」
CD収録バージョンよりはるかに短い仕上がり。原宿・池袋(HMV前/サンシャイン60通)・芝公園(東京タワー前)・巣鴨(とげ抜き地蔵)・九段下(日本武道館)の計五ケ所。HMVとサンシャイン60通り……ただ数歩移動しただけに見えるのは気のせいだろうか。曲順は以下のとおり。CD収録との比較はこちらから。
Start
あさってはSunday
ラブラブなカップル フリフリでチュー
恋のマイレージ
Sheサイド ストーリー
HANA
Start

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*1 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】RAGッSTORY 

【RAGFAIR】RAGッSTORY

初回限定のジャケットはファーストマキシシングル「ラブラブなカップル フリフリでチュー」の初回限定盤ジャケットを思い出させる「初回限定生産ぐるぐる回る特製ジャケット」仕様になっている。ラブフリでは「初回限定生産 く・る・く・るまわる特製フリフリジャケット」と銘打たれている。「フリフリジャケ」とは「ラブラブなカップル フリフリでチュー」にかけたれていたのだろうが、今回のツッコミどころは「く・る・く・る」ではなく「ぐるぐる」と表現されている点。
面白いもので人間「くるくる」より「ぐるぐる」のほうがよく回る印象を受ける。辞書で意味を引けばいいのだろうが、音の印象でそう思えてしまう。
実際回してみた。……「く・る・く・る」「ぐるぐる」も大してい変らない。

■fallin'LOVE
2001年12月19日発売のデビューミニアルバム「I RAG YOU」収録の「fallin'RAG」の歌詞をつけなおし、ジングルではなく「曲」として仕上げたもの。テーマは「RAG」ではなく「LOVE」。「I RAG YOU」は言葉遊びとして「LOVE」を「RAG」として歌詞が作られていた。四年後、元の意味に戻された。結構「LOVE」と「RAG」をかけた遊び心は好きだったので少し寂しい気もするが。

■スターズオンRAG FAIR
圧巻。歌詞カードを見たときはよくつなぎ目を捜し、あわせたなという感じで、曲としてどう纏め上げるのだろうかと思っていた。「Start」の一節で繋ぎ合わせていくのかとも思った。しかし実際はただ曲を繋ぎ合わせた作品ではなかった。
世代的にこの「スターズオン」の意図するものが解りかねる世代(リアルタイムでスターズオン的音楽に嵌った世代ではない)なのでただのメドレー程度に思っていたというのもある。
再生させ、曲の中には原曲のテンポやアレンジが変っているものもあり、遊び心が入っている部分もあり、原曲を知っている者にも知らない者にも楽しめるようになっている。メドレーであって、メドレーじゃない、まったく新しい曲という印象。これを今月10日の日本武道館公演では収録時間以上の構成で演るという。武道館に行けないのが悔しいと思わされた。それくらい高いクオリティで、間違いなくこの四年間の集大成だ。
構成曲はベスト版を聴けば半分以上解るようになっていて、このベスト版からRAGFAIRを聴く初心者にも楽しめるつくりになっている。しかしまったくの初心者向けというわけではなく、2001年12月19日発売のデビューミニアルバムの頃からRAG音楽を聴き続けている者を楽しませることを忘れていないし、礼央さんのオールナイトニッポンを聴いてRAG音楽を聴くようになった者にも楽しめる遊び心がちりばめられている。
またPCで再生させると2005年10月01日に原宿で行ったストリートライブの映像を見ることができる。「スターズオンRAG FAIR」を歌っているのだが、CDに収録されているものと多少違っている。歌詞の順番は変っていないのだが、一部を削ったり、アドリブを入れたりして違った一面を見させて(聞かさせて)くれる。

2005年という年はRAGFAIRにとって原点に帰り、そこから再出発するということを徹底的にやった年だったように思える。他ミュージシャンとコラボをしたり、新しい試みをしてきた中で、「ハレルヤ」は原点である「声」を重ね、RAGFAIRの原点であるポップス調に仕上がっている。そのカップリング曲だった「半熟ラプソディ」は「ハレルヤ」以上にRAGFAIRらしい歌詞になっていた。夏に出した「SummerSmile」はCMタイアップ曲ということもあり、また「夏」という関連からか「恋のマイレージ」を思い出させてくれた。
アカペラというのは技法であってジャンルではない。今までアカペラと言えば静かなバラードというイメージが強かったが、クラシックからロックまで表現しようと思えばできるということを証明している。残念なことにロッカペラ(=ロック・アカペラ)を売りにしていたチン☆パラは芸能界を引退しているが、ロッカペラがなくなったわけではない。是非、ロッカペラにも挑戦して欲しいし、クラシック音楽にも挑戦して欲しい。
可能性としては古今のクラブミュージックっぽいものも聴いてみたいと思う。果たして2006年、どんなRAGFAIRが見られるのだろう。

スターズオンRAG FAIRの曲順は以下のとおり。ネタバレなので反転させてください。尚*印はRAGッSTORY未収録曲。

Start*
あさってはSunday
Start*
ラブフリ
Dip! Dip! Dip!
tea time lover*
Start(オールナイト・ニッポン)
白い天使が降りてくる
ハレルヤ
ヨーヨー・マン〜気づけばそこに雪が降る〜*
恋のマイレージ
SummerSmile
Sheサイド ストーリー
空がきれい
のほほん*
Old Fashioned Love Song
君でなければ
青空
半熟ラプソディ
七転び八起き
HANA
Start

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】歌笑HOT HIT10 20051030 

【RAGFAIR】歌笑HOT HIT10 20051030

本日のRAGの衣装
けんいちサン=ブラウン(ジャケット)+白(Tシャツ)+黒
加藤さん=赤(ジャケット)+白(Tシャツ)+黒
礼央さん=黒(ジャケット)+ブルーグレー(Tシャツ)+黒(パンツ)
よーすけさん=ブラウン・黒(チェック・シャツ)+黒(Tシャツ)+ブルージーンズ
加納さん=ブラウン(スカジャン)+白(Tシャツ)+黒
おっくん=赤(カーデガン)+白(Tシャツ)+白・黒(パンツ)

1位「Orange」V6
前回より30分入りが遅くなり、3:30入り。ただ夜明けが遅くなっただけの都合だと思うのだが。

ミンテレの頃からあったおっくんとKAT-TUNの中丸サンのコラボ。ようやく実現。
中丸サンのボイパは確かに派手で、華やかだから上手いように聞こえる。昔は「やって」と言われれば中丸サンのように派手なものをやっていたのに、今日のおっくんは基本を披露。充分に聴きごたえのあるもの。
しかし「やれ」と言っておいて、終わっていないのにぶった切るのはどういうことなんだろう。失礼に値すると思うのだが。

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】ウタワラ20051016 

【RAGFAIR】ウタワラ20051016

RAGFAIRの出演はなし。
レギュラーではないようで、RAGのオフィシャル情報では10/30に出演予定。

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】ミンナのテレビ20050928 

【RAGFAIR】ミンナのテレビ20050928

今日のRAGの衣装
健一さん=黒(シャツ)+白・オレンジ(白生地のシャツ)+ブルージーンズ(濃)
おっくん=黒・白(黒生地のシャツ)+ピンク・黒(ピンク生地のシャツ)+ブラックジーンズ
よーすけさん=白・黒(キャップ)+白・黒(ボーダーTシャツ)+ブルージーンズ(濃)
礼央さん=グレー(シャツ)+ダークブラウン(タンクトップ)+グレー(スラックス)
かとうさん=アイボリー(ジャケット)+黒(シャツ)+ブルージーンズ(濃)
加納さん=蛍光オレンジ(ハット)+黄(カーデガン)+白(シャツ)+ブルージーンズ(薄)

コーナー:2005年上半期トップ20
2位「.and I love you/未来」Mr.Children
池袋(東池袋・サンシャイン通り)で早朝(5時)撮影。

1位「サクラ」ケツメイシ
最後は出演者全員で歌う。
ミンテレ初回はRAGFAIRが単独で歌った曲で、なんか不思議な気持ちになった。

やっぱりミンテレは今回で最終回。
10月16日(日)からは「歌笑HOT HIT 10」として番組は続く。はたしてRAGはレギュラーなんだろうか。RAGFAIRのオフィシャルサイトには記載がなかったのだが。

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】ミンナのテレビ20050914 

【RAGFAIR】ミンナのテレビ20050914

今日のRAGの衣装
健一さん:黒(ジャケット)+白(柄有りTシャツ)+黒(パンツ)
よーすけさん:白/黒(ボーダーシャツ)+ピンク(ネクタイ)+ネイビー(パンツ)
礼央さん:白/黒(ストライブジャケット)+白(シャツ)+黒(パンツ)
かとうさん:グレー(ジャケット)+白(シャツ)+グレー(パンツ)
加納さん:赤(キャップ)+グレー(Tシャツ)+カーキ(パンツ)
おっくん:オレンジ(Tシャツ)+黒(パンツ)

コーナー:イマウタHIT10
9位「恋のマイアヒ(邦題)」O-ZONE
プロモ再現仕立て。さすがに牛に米酒を飲ませることはしていなかったが、かなり忠実に再現していた。再現PVということでのまネコの着ぐるみでも着るのかと思っていたのだが、さすがにそこまではしてくれなかった。

次回は再来週9月28日2時間スペシャル。テロップだけだったが、最終回になるのだろうか。「サルヂエ」は10月よりゴールデン進出。曜日を移動にならない限り、再来週が最終回。

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*2 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】ミンナのテレビ20050907 

【RAGFAIR】ミンナのテレビ20050907

本日のRAGの衣装。紫(個々に微妙に違うデザインのシャツ)+黒(パンツ)

本日、歌なし。トークなし。
次回は来週9月24日。ゲストはT.M.Revolution。



コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】ミンナのテレビ20050824 

【RAGFAIR】ミンナのテレビ20050824

本日のRAGの衣装。
健一さん=ブラウン(ベスト)+白(Yシャツ)・白地に黒模様(ネクタイ)+ベージュ(パンツ)
よーすけさん=青緑(ジャケット)+青・水・赤・黄・白(ボーダーのTシャツ)+赤(パンツ)+黄(指無し手袋・右手)
礼央さん=白(ジャケット)+ピンク(Tシャツ)+オレンジ(ジャケット)+黄(指無し手袋・左手)
加藤さん=水(ジャケット)+赤(Yシャツ)・黄(ネクタイ)+水(パンツ)
加納さん=青(ジャケット? もしくはツナギ)+黒・白(ボーダータンクトップ)+青(パンツ? もしくはツナギ)+ピンク(指無し手袋・左手)+ピンク(ハチマキ)
おっくん=白(Tシャツ・柄有り)+サーモンピンク(パンツ)+ピンク(指無し手袋・右手)+ホワイトバンド

コーナー名:ナツウタHOTHIT10(1985年/昭和60年=RAGメン小学1〜3年)
8位「Romanticが止まらない」C-C-B
衣装はカラフル、個人個人でバラバラ。コンセプトは80年代。髪型はCCB風。礼央さんの髪型(笠浩二さん風)と加納さんの全体的なバランスは、あれでいいのだろうか。70年代生まれで、80年代を知っているはずなのに、なんか浮いている。否、浮いているようで妙に嵌っている。
衣装が派手なのはよーすけさんなんだけど、おとめ座左利きの二人のパンチが効いていて、印象が薄くなる。全体的に綺麗なのは加藤さんと健一さんの衣装。80年代というより加藤さんはホスト。健一さんはレトロな雰囲気の衣装。おっくんは80年代というよりも普通。
この曲はたしか「毎度おさわがせします」(TBS/中山美穂主演)の主題歌だったと思う。ちょっと(?)エロイ、コメディドラマだったように記憶している(本放送は見ていないが、再放送は見た。が、小学生だったので記憶は遠い)。
RAGメンは当時小学生。健一さんが1年。加藤さん、よーすけさん、おっくんが2年。礼央さん、加納さんが3年生。

次回は野球中継が入るため再来週9月7日。
9月からあの枠に「サルヂエ」が来るというのは噂だったのか?

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】ミンナのテレビ20050817 

【RAGFAIR】ミンナのテレビ20050817

今日のRAGの衣装。ダークグレー系のジャケット+Tシャツなど。おっくんは茶色系のジャケット+黄色系のタンクトップ。

コーナー:今だから言える恥ずかしいひと夏の体験♥大告白。
礼央さんの告白「命がけのずる休み」。卓球部の夏の合宿を休むため、自分で鼻を殴り、鼻血を出して休んだというもの。
命がけというより、よく鼻の形が変らなかったな、と。そして妙なことを考えるな、と。
卓球部を馬鹿にされたと感じムキになる礼央さんがかわいい。

次回は来週8月24日。牡蠣に中ったおっくん。病院に行ったらしく、ちゃんと番組に参加できていてよかった。
しかし、ここ最近、無駄な時間がない運びで、どうもすべてLIVEだとは思えない。今日の放送でどれだけの時間が生放送だったんだろう。すべて収録だったりして。嘘です。ただ想像であって、そう感じてるだけです。いや、コント部分は収録だろうけどさ。

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】ミンナのテレビ20050803 

【RAGFAIR】ミンナのテレビ20050803

今日のRAGの衣装はブラウンのジャケット+ダークグレー系のシャツ。

コーナー(?):ジングル。
生でジングル。なりきりアルフィーもご一緒に。

コーナー:リズム感判定ゲーム「リズムでニャンテレ」
礼央さん、張り切っていたのにあっさり外され、次は自分じゃないというフリであっさり礼央さん。
礼央さんの「ニャ」は可愛かった。負けた時の「ニャハ」さえも。しかし「空気で負け」って何さ、本当に。
邪な願望を出せばおっくんの「ニャ」が見たかった。テレながらやるであろうかとうさんの「ニャ」が見たかった。ノリノリの洋輔さんも、低音で渋くor強面で高音「ニャ」の加納さんも、どう見ても小動物であろう健一サンの「ニャ」も見たかった。

コーナー:歌ってミンテレ「RAGFAIR夜空のファンタジーライブ」
ディズニー映画「アラジン」より「A Whole New World」
加藤さんと加納さんがリード。コーラスは健一サンに礼央さん。ベースに洋輔さん、ボイパにおっくん。
終り、マイクを置いて我先にと帰る洋輔さんが可愛かった。

コーナー:スペシャルライブ
メインはやっぱりディズニーキャラ。
RAGはあまり前に出ず。おっくんがドナルドの帽子を被っているのは可愛かったが、あまり映らなかったのが残念。ようやく映ったかと思っても前に居て、おっくんは被ってて見えないし。

来週は野球ナイター中継のためお休み。
はたしてあと何回の放送なんだろう。九月からは「サルヂエ」がこの枠に入ることになっている。

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】うたばん20050714 

【RAGFAIR】うたばん20050714

昭和時代のアイドルメインの「昭和ばん」

RAGはラッツ・アンド・スターの「め組の人」をカバー。あとはアコムのCMタイアップの新曲「Summer Smile」を披露。
実はまだ手元に届いていないCDとDVD。かなり早くから予約していたんですけど、Amazonさん。13〜15日発送予定になっているので明日発送メールが来ても怒らないですけど、すでに24時間ない発送にサイトはなってるのに、まだ発送メールさえも来ないとはどういうことなんでしょう。全然「うたばん」の内容じゃない今日のエントリ。

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]音楽 【RAGFAIR】ミンナのテレビ20050706 

【RAGFAIR】ミンナのテレビ20050706

今日のRAGはダークグレー+白の衣装。

コーナー:ユーミンリクエストメドレー
3位「あの日に帰りたい」1位「DESTINY」
「あの日に帰りたい」はメイン。「DESTINY」はあややメインで、バックコーラス。
トーク有り。よーすけサンがバイト時代の話を少しした程度。けどRAGのトークがあるのは珍しい。

コーナー:みんなの願いかなえて星〜い
「KAT-TUNのサインもらえますように」と加納サン。奥さん思いですね。ほほえましいととればいいのだろうか、公共の電波を使ってやるべきことなのかと疑問をもてばいいのか、イマイチ解らない。とりあえず、微妙な気持ちになったのは事実。

次回は再来週7月20日。

コダミタカ * Category of [Diary]音楽*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。

過去のはこちらから
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング