East of R134 元(仮)
<< 201710||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
Index[Diary]ニュース(2017) 【F1】イス取り合戦2017・秋の陣 

【F1】イス取り合戦2017・秋の陣

JUGEMテーマ:F1

サインツはまだ正式発表がなされていないので、今回はぼっさんのみ。
サインツは早ければマレーシアGPからルノーへということなので今週末もしくは週明け正式発表なのだろう。
サインツのルノー行きによって、トロロッソ-ホンダや、マクラーレン-ルノーになることばかり取り沙汰されている中、ぼっさんが来季もメルセデスで走ることが発表された。
成績的に言って問題はなしい、寧ろぼっさん以外誰が乗るんだ、という状況でもある。
しかし、トップチームとして珍しく複数年契約なのか、一年契約なのかには触れらえていないのがちょっと気掛かり。

メルセデス(メルセデス)
 44:ルイス・ハミルトン(2018年季末)
 77:バルテリ・ボッタス(2018年季末?迄更新)

フェラーリ(フェラーリ)
 *5:セバスチャン・フェテル(2020年季末迄更新)
 *7:キミ・ライコネン(2018年季末迄更新)

レッドブル-ダグ・ホイヤー(ルノー)
 *3:ダニエル・リカルド(2018年季末)
 33:マックス・フェルスタッペン(2019年季末)

フォースインディア-メルセデス
 11:セルジオ・ペレス(2017年季末)
 31:エステバン・オコン(2017年季末)

ウィリアムズ-メルセデス
 19:フェリペ・マッサ(2017年季末)
 18:ランス・ストロール(2017年季末)

STR-ルノー→ホンダ
 26:ダニール・クビアト(2017年季末)
 55:カルロス・サインツ(2018年季末)→ルノー(予定)

ハース-フェラーリ
 *8:ロマン・グロージャン(2017年季末)
 20:ケビン・マグヌッセン(2017年季末)

ルノー(ルノー)
 27:ニコ・ヒュルケンベルグ(2017年季末)
 30:ジョリオン・パーマー(2017年季末)

マクラーレン-ホンダ→ルノー
 14:フェルナド・アロンソ(2017年季末)
 47:ストフェル・バンドーン(2017年季末)

ザウバー-フェラーリ
 *9:マーカス・エリクソン(2017年季末)
 94:パスカル・ウェーレイン(2017年季末)

メルセデス、バルテリ・ボッタスの2018年のチーム残留を正式発表
メルセデスは、バルテリ・ボッタスが2018年の新たな契約を結んだことを発表した。

昨年末、ワールドチャンピオンを獲得したニコ・ロズベルグが電撃引退。バルテリ・ボッタスはウィリアムズとの契約を有していたが、契約を解消して今年からメルセデスに加入した。

だが、バルテリ・ボッタスの契約は1年のみの契約であったことから、メルセデスの2018年のドライバーラインナップは憶測を呼んでいた。

しかし、メルセデスは13日(水)、バルテリ・ボッタスと2018年の契約を結び、2018年もチームに残留することを正式発表した。

今年、バルテリ・ボッタスは、第3戦バーレーンGPでF1初ポールポジションを獲得。第4戦ロシアGPではF1初優勝。これまで2勝を挙げ、ドライバーズ選手権で3位につけている。

バルテリ・ボッタス
「2018年もメルセデスAMG ペトロナス モータースポーツと仕事をし、メルセデス・ファミリーの一員であることを光栄に思う。僕たちは一丸となって日々より強く成長を続けているし、ハードワークを続けることによって可能性は無限大だと信じている。1月にチームに加入して以来、僕毎日彼らとの仕事を楽しんできた。全チームメンバーとファンのみんなから歓迎とサポートは非常に貴重なものだった。ドライバーとして学び、大きく成長することができたし、今シーズンすでに忘れることができない本当に良い瞬間を味わっている。このチームが持つエンタリティ、コミットメント、チームスピリットにとても感銘を受けてきた。ルイスとのペアも本当にうまくいっている。僕たちはお互いにリスペクトしているし、このチームを前進させるこを楽しんでいる。チームが2017年シーズンに僕を雇ったとき、彼らは僕のスキルを信頼してくれた。2018年のこの新しい契約は、僕が信頼を得られたことを示している。シルバーアローで僕の初勝利を祝えたことを嬉しく思っている。でも、改善の余地は常にあるし、まだ自分のポテンシャルをフルに発揮できていない。引き続き、僕のドライビングをさらに改善させて、さらに良い結果を出し、彼らの僕への信頼が正しい決断であることを示すためにトラック内外で懸命に仕事をしていく。全ての役員、レースチーム、ブラックリーとブリックスワースのファクトリーの人々、ファンのみんなのサポートと信頼に感謝したい。それは僕にとって大きな意味がある」

トト・ヴォルフ (メルセデス・ベンツ モータースポーツ責任者)
「我々は今年、バルテリに11時間でチームに加入し、F1の最前線に立ち、サポーツでベストなトライバーとチームメイトとして組むという大きな挑戦を与えた。そのことを念頭に置けば、彼のリザルトはさらに印象的なものだったかもしれない。アップダウンはあったが、ロシアとオーストリアでの2勝のような素晴らしいハイライトもあり、ダウンよりもアップの方が多かった。全体的に彼のパフォーマンスと上向きの軌道のバランスは、2018年に彼と継続することに頭を悩ませる必要はなかった」
(F1-Gate. com)-2017年9月13日


ホンダ、マクラーレンとの決別とトロ・ロッソへの供給を決断との報道
ホンダが、マクラーレンに対して、今シーズン限りでの契約解消に合意し、2018年にトロ・ロッソにF1パワーユニットを供給することを伝えたと Marca が報じている。

2015年にマクラーレンのワークスパートナーとしてF1復帰したホンダだが、3シーズン目を迎えた今年もマクラーレンが望んだF1パワーユニットを届けることができておらず、マクラーレンはホンダとの契約を解消し、2018年からルノーに変更すると報じられている。

F1イタリアGPでは、マクラーレン、ホンダ、ルノー、トロ・ロッソ&ルノーによる交渉が行われた。その後、ホンダはマクラーレンとの契約を解消することに合意し、2018年からトロ・ロッソにパワーユニットを供給することを決断。マクラーレンにその旨を伝えたという。

発表は、F1シンガポールGPの舞台となるマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットに主役たちが集まる水曜日もしくは木曜日になされると同紙は伝えた。その後、早ければF1シンガポール週末中にマクラーレンとルノーの契約が発表され、来季の『マクラーレン・ルノー』『トロ・ロッソ・ホンダ』の誕生が明らかになるという。

この動きを皮切りに、ドライバー側にもいくつか動きが出てくるとみられている。

ホンダがトロ・ロッソへのF1パワーユニット供給を発表した時点で、すでに報じられているカルロス・サインツのルノー移籍が有効になる。ルノーは、トロ・ロッソとの契約解消の見返りとしてカルロス・サインツを獲得することになる。すでにカルロス・サインツはルノーでシート合わせを実施したとも報じられており、早ければ、それは今月末のF1マレーシアGPで実現する可能性もある。それはジョリオン・パーマーのシート喪失を意味する。

カルロス・サインツのトロ・ロッソの後任は、レッドブルのジュニアドライバーであるピエール・ガスリーが務めるとされている。今年日本でスーパーフォーミュラに参戦中のピエール・ガスリーは「この2〜3日で動きがあると思う。何かニュースがあるかもしれないね。次戦まで日にちはないけど、マレーシアで走ることができたらいいね」とオートポリスのレース後に述べていたが、後にF1マレーシアGPでのF1デビューについては「近いうちにトロ・ロッソで走れればいいとは言ったけど、マレーシアだとは言っていない。僕の言葉が歪められて伝わっている」と訂正している。

マクラーレンとルノーの契約が発表されれば、フェルナンド・アロンソのチーム残留への交渉が進展することになる。ただし、マクラーレンはドライバーのサラリーの削減に動いており、ホンダからの1億ドル(約109億円)の財政支援を失ったことで、F1でもトップクラスの4000万ドル(約45億4100万円)の年俸を稼いでいるアロンソとの交渉は難航する可能性も報じられている。

また、カルロス・サインツのルノー移籍が確定した場合、2018年にルノーでのF1復帰を目指していたロバート・クビサは他チームに機会を求めることになる。すでにクビサはルノーとの短期契約を解消したと報じられており、フェリペ・マッサとの契約をまだ発表していないウィリアムズ、もしくはザウバーとの交渉を進めていくとされている。

また、ホンダのドライバー育成の一環としてマクラーレン・ホンダの開発ドライバーを務めていた松下信治はチームを離れることになり、トロ・ロッソ・ホンダでフリー走行の機会を得ることになるという。小林可夢偉以来となる日本人ドライバー誕生に期待がかかる松下信治だが、F1デビューに必要なスーパーライセンスポイントを獲得するには今年F2で3位以内に入る必要があり、2018年のレギュラーシート獲得は厳しいとみられている。
(F1-Gate. com)-2017年9月13日

マクラーレン、ホンダとの契約解消とルノーとの3年契約に合意との報道
マクラーレンは、ホンダとのパートナーシップを解消し、2018年からルノーにパワーユニットを切り替えることで合意に至ったと Autosport が報じている。

ホンダがF1復帰し、新生マクラーレン・ホンダとして船出を切って以降、マクラーレンはホンダのF1パワーユニットの信頼性問題とパフォーマンス不足により不遇のシーズンを過ごしてきた。

特に2017年シーズンはホンダの復帰初年度を下回る成績となっており、マクラーレンとホンダの決別の可能性が強く報じられており、マクラーレンの唯一の現実的な代替案としてルノーが浮上していた。

情報源によると、マクラーレンはルノーと3年契約に合意したという。ちょうど現在のF1エンジンレギュレーションのサイクルは2020年で終わりを迎える。

マクラーレンは、ワークスルノーとカスタマーであるレッドブルと同等のパワーユニット仕様を受けるとみられている。

また、マクラーレンへの供給枠を空けるためにトロ・ロッソがルノーからホンダに切り替える契約もサインされたと考えられている。

マクラーレン・ルノーの契約により、今年で3年契約が期限を迎えるフェルナンド・アロンソの契約延長が近づいたと考えられている。

先週、トロ・ロッソとルノーの契約の早期終了のための一環として、トロ・ロッソのカルロス・サインツのルノー移籍が合意されたと報じられていた。

カルロス・サインツは、今シーズンが終了する前、早ければ第15戦マレーシアGPにもルノーに移籍すると噂されているが、トロ・ロッソはコンストラクターズ選手権のためにカルロス・サインツがシーズン末まで走ることを望んでいるとされている。
(F1-Gate. com)-2017年9月13日
コダミタカ * Category of [Diary]ニュース(2017)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]ニュース(2017) 【F1】イス取り合戦2017・夏の陣その弐 

【F1】イス取り合戦2017・夏の陣その弐

JUGEMテーマ:F1
キミに続き、セブが複数年(3年)契約での契約更新を発表。
散々メルセデス移籍で騒がれたが、結局落ち着くところに落ち着いたセブ。
イタリアGP後まで発表はないとか言ってたのにね。

今最も勝てる車を作っているのは間違いなくメルセデスだが、今移籍するとなると、ラインナップとしてはハミ-セブになるわけで、両者にとって幸せとは言い切れない状況になること間違いなし。
互いに絶対的優先権が欲しいタイプで、たまにのサポートならいいけど、常にサポートに回されるのは許せないってタイプ。あと5年もすればいい感じになるかもしれないけど、ならないかもしれない。

メルセデス
 44:ルイス・ハミルトン(複数年契約・2018年季末)
 77::バルテリ・ボッタス(2017年季末)

フェラーリ
 *5:セバスチャン・フェテル(2020年季末迄更新)
 *7:キミ・ライコネン(2018年季末迄更新)

レッドブル-ダグ・ホイヤー
 *3:ダニエル・リカルド(2018年季末)
 33:マックス・フェルスタッペン(2019年季末)

フォースインディア-メルセデス
 11:セルジオ・ペレス(2017年季末)
 31:エステバン・オコン(2017年季末)

ウィリアムズ-メルセデス
 19:フェリペ・マッサ(2017年季末)
 18:ランス・ストロール(2017年季末)

STR-ルノー
 26:ダニール・クビアト(2017年季末)
 55:カルロス・サインツ(2017年季末)

ハース-フェラーリ
 *8:ロマン・グロージャン(2017年季末)
 20:ケビン・マグヌッセン(2017年季末)

ルノー
 27:ニコ・ヒュルケンベルグ(2017年季末)
 30:ジョリオン・パーマー(2017年季末)

マクラーレン-ホンダ
 14:フェルナド・アロンソ(2017年季末)
 47:ストフェル・バンドーン(2017年季末)

ザウバー-フェラーリ
 *9:マーカス・エリクソン(2017年季末)
 94:パスカル・ウェーレイン(2017年季末)

セバスチャン・ベッテル、フェラーリとの契約を2020年まで延長
フェラーリは、セバスチャン・ベッテルとの契約を2020年まで延長したことを発表した。

セバスチャン・ベッテルとフェラーリとの現行契約は今シーズン末で期限を迎えることになっていたが、フェラーリは26日(土)にセバスチャン・ベッテルとの契約を2020年まで延長したことを正式発表した。

セバスチャン・ベッテルは、母国ドイツのメーカーであるメルセデスへの移籍が噂されていたが、今回の契約延長でその噂に終止符が打たれることになった。

「フェラーリは、スクーデリア・フェラーリがセバスチャン・ベッテルとのF1世界選手権の2018年、2019年、2020年のレースシーズンに関する技術およびレース契約を更新したことを発表する」とフェラーリは声明で述べた。

フェラーリは今週、キミ・ライコネンとの契約を1年延長したことを発表しており、2018年も今シーズンと同じドライバーラインナップで戦う。
(F1-Gate. com)-2017年8月26日

Vettel signs three-year extension with Ferrari
Ferrari have announced that Sebastian Vettel has signed a three-year contract extension with the team, ending months of speculation about his future.

The new deal, which follows the news of team mate Kimi Raikkonen’s one-year deal for 2018 earlier this week, means that Vettel will race for the Italian squad until the end of the 2020 season.

The four-time world champion’s contract had been due to expire at the end of the season, with paddock speculation suggesting Mercedes were interested in acquiring his services.

However, having previously indicated his happiness at Maranello, Vettel - who leads this year’s drivers’ championship by 14 points from Lewis Hamilton - will now look to build on a relationship that has so far yielded seven wins and 28 podiums since the start of 2015.

The news also means that Ferrari will field an unchanged driver line-up for a fourth consecutive season next year.
(formula1. com)-26 Aug 2017
コダミタカ * Category of [Diary]ニュース(2017)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]ニュース(2017) 【F1】椅子取り合戦2017・夏の陣 

【F1】椅子取り合戦2017・夏の陣

JUGEMテーマ:F1
チームの母国GPであるイタリアGP weekである来週末に2018年季の体制を発表すると言っていたフェラーリ。
だが、フライングでキミの残留を発表。

まぁ、夏休みに入る前に既に来季の体制は決まっていて、それをチーム母国GPであるイタリアGPで発表すると言われていただけであって、既に決まっていて暗黙の了解状態で、一種の様式美だったわけだが、それを無視して前倒しでの発表に何があるのか。ちょっと、不思議。


フェラーリ、キミ・ライコネンの2018年の残留を正式発表
フェラーリは、キミ・ライコネンとの契約を2018年まで延長したことを発表した。

フェラーリは22日(火)に短い声明を発表。「フェラーリは、スクーデリア・フェラーリがキミ・ライコネンとの技術およびレース契約を更新したことを発表する」と述べた。

「したがって、フィンランド人ドライバーは2018年F1世界選手権でマラネロのチームでレースをする」

キミ・ライコネンは2007年にフェラーリに加入し、初年度でチャンピオンを獲得。2009年末にシートを失ったが、2014年に復帰。新契約により、キミ・ライコネンは2018年にフェラーリと8年目を過ごすことになる。
(F1-Gate . com)-2017年8月22日
Raikkonen retained by Ferrari for 2018
Ferrari have announced that Kimi Raikkonen is to remain with the team for another year, and will race for them until the end of the 2018 FIA Formula One World Championship.

It will be Raikkonen’s fifth consecutive season with the Italian squad, whom he rejoined for their 2014 campaign, having previously raced for them between 2007 and 2009, winning the world title in his first year with the Scuderia.

It means the Finn’s driver partnership with Sebastian Vettel will continue for a fourth season, assuming Vettel also stays on with Ferrari for 2018 – something considered highly likely, especially in light of Raikkonen being retained.

The pair have formed a strong bond at Maranello, and though it is Vettel currently leading the drivers’ championship, Raikkonen has also been very much on form of late, finishing on the podium at the last two rounds.

Despite his recent upswing in performance, however, Raikkonen has not won for Ferrari during his current stint with the team, his last victory in red coming at the 2009 Belgian Grand Prix.

In total, nine of his 20 F1 career victories have been with Ferrari. He won another nine with McLaren early in his career, and two with Lotus in 2012-13.

Raikkonen's 122 starts for the Prancing Horse, meanwhile, place him third on the team's all-time list, behind only Michael Schumacher (179) and Felipe Massa (139).
コダミタカ * Category of [Diary]ニュース(2017)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]ニュース(2017) 【F1】プールサイドリーグ2017開幕・其の2 

【F1】プールサイドリーグ2017開幕・其の2

JUGEMテーマ:F1
さてさて、今季でフェラーリとの複数年契約が切れるセブ。
ドイツ人ドライバーが欲しいメルセデスが待ち構えている中、早々に「内定」発表してきたフェラーリ。
3年契約で1億2000万ユーロ(≒15,473,009,400円)だとか。セブはお父様の教えで、自分は特別じゃないという信念の基、こういう契約交渉は、よくある代理人を立ててではなく、相変わらず自分で行っているわけで……これ3年契約なので、3で割るとレートの関係もあるが、今の契約と同等(実際は下がる)なのでフェラーリが出した金額に頷いただけじゃないだろうか。
ただ、別の部分で交渉していて、来季の相棒もキミがいい、と。
もうセブレベルになると、金額じゃない、相棒なわけだ。

ただそのキミは1年契約で500万ユーロ(≒644,708,725円)。チャンピョン経験者を雇う金額では断じてない。
レートの関係を鑑みても、今年よりダウン。
ただマルキオンネはキミのこと切りたいっていう報道を以前からよく見るんだよなぁ……だから、安いのか。
キミのほうから契約更新しないって方向に持ってって、セブを納得させようとしているのか。どう考えてもチャンピョン経験者を雇う金額ではない。

ただでさえ近代F1は政治色が濃い。そんな中で一層濃いのがフェラーリ。未だに1stドライバー、2ndドライバーと役割を厳密に求めると明言しているようなチームだ。
そんな中で、セブ+キミというコンビは上手く回っている。だからこそセブは相棒にキミを求めるわけだが。正直、このコンビ以外、上手くいく気がしない。これが別のチームならまた話は別になるのだが。

セブが相方になってから、キミがデレてるのは気のせいか……気のせいじゃない。何より、ファンサが増えたし、彼女(現奥様)とパパラッチされたような表情をそのファンサで見せたりもする。
いや、もっと言ってしまえば相方がアロンソだった頃は義務で最低限しか出なかったイベントも回数が増えたし、滞在時間も延びている。
セブが喋ってる横で(キミにしては)愛想を振りまいて、ヒトコト喋ればいいと解ったからか、滞在時間が増えている。
対外的なバランスよくなったよ、フェラーリ。

だからもうすこしキミの契約金値上げしてください。いくらフェラーリは契約金+出来高ボーナスの契約形態だと言っても、チャンピョン経験者を雇う金額ではない。

フェラーリ、セバスチャン・ベッテルに150億円の新契約をオファー
フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長は、セバスチャン・ベッテルに新たに1億1200万ユーロ(約154億円)の3年契約をオファーしたと Hebdo が報じた。

セバスチャン・ベッテルの現在のフェラーリとの契約は今シーズン末で期限を迎える。

先週末のオーストリアで、セルジオ・マルキオンネは、フェラーリとのセバスチャン・ベッテルの将来は彼自身の手に委ねられていると述べていた。

報じられたところによると、セバスチャン・ベッテルは2018年の交渉の一部として、フェラーリにキミ・ライコネンとの契約延長を要求しているという。

セルジオ・マルキオンネは、その供給を受け入れ、キミ・ライコネンに500万ユー(約6億4500万円)の1年契約をオファー。しかし、ライコネンはまだ受け入れていないという。

フェラーリは、モンツァまでにドライバーとの契約をまとめて2018年のドライバーラインナップを発表することを目指している。

セバスチャン・ベッテルは、メルセデスへの移籍が噂されているが、それは2019年までは実現しないと多くの人が考えている。メルセデスのチーム代表トト・ヴォルフは、セバスチャン・ベッテルにフェラーリと1年だけの契約を結ぶことを奨励しているとされる。
(F1-Gate.com)-2017年7月17日
コダミタカ * Category of [Diary]ニュース(2017)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]ニュース(2017) 【F1】プールサイドリーグ2017開幕・其の1 

【F1】プールサイドリーグ2017開幕・其の1

JUGEMテーマ:F1
本当はもうとっくに決まってなきゃいけない来季のPUが決まっていないチームもある中(白紙に戻したのも含む)、遂にドライバーたちが動き出しました、と。
まぁ、先々週フェラーリ移籍が噂されたマックス君に対し、先週RBRがはっきりと「手放すつもりはない」と宣言した時点で噂レベルではない、プールサイドリーグが開幕したわけですがね。
セブのときも同じように移籍はないと言っていたし、実際1年契約が残っていたけどオプションを使ってセブは出て行きましたがね、RBRを。

セブは今季でフェラーリとの契約が切れるので、こちらも盛り上がるわけですが、先に悪い意味で盛り上がったのがサインツ。先週末チームメイトにぶつけられていいことなしだったサインツ。
パーマー君の代わりに次戦ハンガリーからルノーに乗るのでは、という噂が出た。
事の発端は先述したマックス君のフェラーリ移籍問題。
マックス君がフェラーリに移籍したいと言っているというのを、サインツの関係者がメディアにないことないこと吹き込んだため、RBRが怒って拗れているとかなんとか。そこにサインツがSTRでの将来を望んでいないということも加わって、RBR的にはサインツ許せない状態なんだろう。
サインツサイドとしてはマックス君がフェラーリに行けばそこに昇格の可能性があるわけで、そうなって欲しいからないことないこと吹き込んだんだろうけど。流石にこれはやりすぎ。
でもって、RBRとしてはもうしばらく(=年単位で)はダニエル君+マックス君体制で続けたいと言っている割に、姉妹チームであるSTRのことは放ったらかしで、傍目に見れば、サインツもクビアトも飼い殺しにされているようにしか見えない。

降格して以降のクビアトは一時期持ち直したものの、やっぱりいいところなしで、先週末なんてチームメイトであるサインツを巻き込んで、結果サインツがリタイアというバカな結果を出したりもしているが、サインツもクビアトも悪いドライバーではないし、コンスタントにポイントを獲れるドライバーなんだけどなぁ。
それが飼い殺しにされている現状。ならば他チームと交渉の機会を得てもいいのではないか。
ただ今回のような結果喧嘩別れみたいになるのはどうかと思うが。
それにしたって、RBRはルノーに800万ドル(≒899,685,112円)支払えば移籍させるよと言っているのだとか。飼い殺しにする気満々。
ルノーに800万ドル支払う余裕があるのかどうか、怪しい。

カルロス・サインツ、次戦F1ハンガリーGPからルノーのドライバーに?
カルロス・サインツがレッドブルと決別し、次戦F1ハンガリーGPからルノーに移籍してジョリオン・パーマーの後任を務めるとの噂がなされている。

Auto Bild が報じたところによると、トロ・ロッソでの将来を望んでいないとしたカルロス・サインツのコメントがレッドブルを激怒され、レッドブルはサインツをラインナップから外すことを決定したという。

レッドブルは、ルノーがカルロス・サインツ獲得のために800万ドル(約9億円)を支払えば、移籍を容認するという。

レッドブルのヘルムート・マルコとルノーF1のシリル・アビテブールはすでに契約の合意にむけて交渉を行っており、成立した場合はF1ハンガリーGPでカルロス・サインツがジョリオン・パーマーのシートに収まり、空席となったトロ・ロッソのシートにはピエール・ガスリーが座るという。

カルロス・サインツは、ルノーのアドバイザーを務めるアラン・プロストの長年のお気に入りであり、ルノーは2017年にもサインツの獲得を試みている。また、2018年のドライバーリストの最上位にカルロス・サインツの名前があるとされている。

また、レッドブルの怒りは、カルロス・サインツの家族が故意にメディアを操作した可能性によるものだとの見方もある。

報道によると、カルロス・サインツの家族は、マックス・フェルスタッペンがフェラーリへの移籍を望んでいるとの情報をスペインのメディアに流したという。フェルスタッペンがレッドブルを離れれば、そのシートにサインツが昇格する可能性が開けるからだ。

だが、マックス・フェルスタッペン陣営は、そのストーリーを否定し、2018年もレッドブルにコミットしていることを確かめている。

カルロス・サインツ陣営が彼らの利益のために本当に“フェイクニュース”を流したとすれば、レッドブルが我慢の限界に達したとみても不思議ではない。

レッドブルのオーナーであるディートリッヒ・マテシッツは「ドライバーが愛情を失い、いたいと思わないのであれば、契約書を押し付けることはできないし、出ていかせるべきだろう」と Auto Bild に述べた。

F1イギリスGPの決勝でカルロス・サインツは、チームメイトのダニール・クビアトとの同士討ちの末、オープニングラップでリタイアしている。
(F1-Gate.com)-2017年7月17日
コダミタカ * Category of [Diary]ニュース(2017)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]ニュース(2017) 【F1】2017年季イス取り合戦終結 

【F1】2017年季イス取り合戦終結

JUGEMテーマ:F1
ウェーレインのザウバー加入が正式発表され、残すはメルセデスとウィリアムズの正式発表を待つのみとなったところでTwitterに動きがあり、あれよあれよという間に埋まりました、と。
ウェーレインの日本語記事ではあと数日先の発表とかなっていたのにね、ということばは飲みこみます。

正直言って、まっさんの1年限りという限定ではあるものの復帰は嬉しい。
2017年季からレギュレーションが変わって、2000年代前半の頃のようなドライバーのフィジカルも重要視されるマシンになる。それを経験しているドライバーの走りが見たかった。もうね、このまっさんのツイ見たとき、いくら噂というかほぼ確定情報として流れていたと言っても小躍りしたね。
まぁ、FEの契約破棄したという時点で99.9%決定だとは思ってましたが。因みにクリスマス休暇のツイで95%くらいはもう決定だと思ってましたが。

さて、この夜中に上がったテンションどうしましょう。

メルセデス
 44:ルイス・ハミルトン
 77:バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)

RBR(ルノー※名称ダグ・ホイヤー継続)
 *3:ダニエル・リカルド
 33:マックス・フェルスタッペン

フェラーリ
 *5:セバスチャン・フェテル
 *7:キミ・ライコネン

Fインディア(メルセデス)
 11:セルジオ・ペレス
 31:エステバン・オコン(マノー)

ウィリアムズ(メルセデス)
 19:フェリペ・マッサ
 18:ランス・ストロール(ルーキー)

マクラーレン(ホンダ)
 14:フェルナド・アロンソ
 47:ストフェル・バンドーン

STR(フェラーリ→ルノー)
 26:ダニール・クビアト
 55:カルロス・サインツ

ハース(フェラーリ)
 *8:ロマン・グロージャン
 20:ケビン・マグヌッセン(ルノー)

ルノー
 27:ニコ・ヒュルケンベルグ(Fインディア)
 30:ジョリオン・パーマー

ザウバー(2016年型フェラーリ)
 *9:マーカス・エリクソン
 94:パスカル・ウェーレイン(マノー)

マノー(メルセデス)
 ※チーム売却後決定※売却失敗し、チーム消滅ほぼ確定。


 12:フェリペ・ナッセ(ザウバー)※メインスポンサーであるブラジルの銀行からの出資終了に伴いキャリアに暗雲
 21:エステバン・グティエレス(ハース→フォーミュラE)

F1引退
 *6:ニコ・ロズベルグ(メルセデス→俳優メルセデスアンバサダー)
 22:ジェンソン・バトン(マクラーレン→マクラーレンアンバサダーand他カテゴリ/SGTが候補か?)※鈴鹿1000kmに興味をお持ちのようで、リップサービスでSFで走りたいと言ったときとは違うトーンではあった。
コダミタカ * Category of [Diary]ニュース(2017)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。

過去のはこちらから
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング