East of R134 元(仮)
<< 201708||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
Index[Diary]ニュース(2017) 【F1】プールサイドリーグ2017開幕・其の2 

【F1】プールサイドリーグ2017開幕・其の2

JUGEMテーマ:F1
さてさて、今季でフェラーリとの複数年契約が切れるセブ。
ドイツ人ドライバーが欲しいメルセデスが待ち構えている中、早々に「内定」発表してきたフェラーリ。
3年契約で1億2000万ユーロ(≒15,473,009,400円)だとか。セブはお父様の教えで、自分は特別じゃないという信念の基、こういう契約交渉は、よくある代理人を立ててではなく、相変わらず自分で行っているわけで……これ3年契約なので、3で割るとレートの関係もあるが、今の契約と同等(実際は下がる)なのでフェラーリが出した金額に頷いただけじゃないだろうか。
ただ、別の部分で交渉していて、来季の相棒もキミがいい、と。
もうセブレベルになると、金額じゃない、相棒なわけだ。

ただそのキミは1年契約で500万ユーロ(≒644,708,725円)。チャンピョン経験者を雇う金額では断じてない。
レートの関係を鑑みても、今年よりダウン。
ただマルキオンネはキミのこと切りたいっていう報道を以前からよく見るんだよなぁ……だから、安いのか。
キミのほうから契約更新しないって方向に持ってって、セブを納得させようとしているのか。どう考えてもチャンピョン経験者を雇う金額ではない。

ただでさえ近代F1は政治色が濃い。そんな中で一層濃いのがフェラーリ。未だに1stドライバー、2ndドライバーと役割を厳密に求めると明言しているようなチームだ。
そんな中で、セブ+キミというコンビは上手く回っている。だからこそセブは相棒にキミを求めるわけだが。正直、このコンビ以外、上手くいく気がしない。これが別のチームならまた話は別になるのだが。

セブが相方になってから、キミがデレてるのは気のせいか……気のせいじゃない。何より、ファンサが増えたし、彼女(現奥様)とパパラッチされたような表情をそのファンサで見せたりもする。
いや、もっと言ってしまえば相方がアロンソだった頃は義務で最低限しか出なかったイベントも回数が増えたし、滞在時間も延びている。
セブが喋ってる横で(キミにしては)愛想を振りまいて、ヒトコト喋ればいいと解ったからか、滞在時間が増えている。
対外的なバランスよくなったよ、フェラーリ。

だからもうすこしキミの契約金値上げしてください。いくらフェラーリは契約金+出来高ボーナスの契約形態だと言っても、チャンピョン経験者を雇う金額ではない。

フェラーリ、セバスチャン・ベッテルに150億円の新契約をオファー
フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長は、セバスチャン・ベッテルに新たに1億1200万ユーロ(約154億円)の3年契約をオファーしたと Hebdo が報じた。

セバスチャン・ベッテルの現在のフェラーリとの契約は今シーズン末で期限を迎える。

先週末のオーストリアで、セルジオ・マルキオンネは、フェラーリとのセバスチャン・ベッテルの将来は彼自身の手に委ねられていると述べていた。

報じられたところによると、セバスチャン・ベッテルは2018年の交渉の一部として、フェラーリにキミ・ライコネンとの契約延長を要求しているという。

セルジオ・マルキオンネは、その供給を受け入れ、キミ・ライコネンに500万ユー(約6億4500万円)の1年契約をオファー。しかし、ライコネンはまだ受け入れていないという。

フェラーリは、モンツァまでにドライバーとの契約をまとめて2018年のドライバーラインナップを発表することを目指している。

セバスチャン・ベッテルは、メルセデスへの移籍が噂されているが、それは2019年までは実現しないと多くの人が考えている。メルセデスのチーム代表トト・ヴォルフは、セバスチャン・ベッテルにフェラーリと1年だけの契約を結ぶことを奨励しているとされる。
(F1-Gate.com)-2017年7月17日
コダミタカ * Category of [Diary]ニュース(2017)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Diary]ニュース(2017) 【F1】プールサイドリーグ2017開幕・其の1 

【F1】プールサイドリーグ2017開幕・其の1

JUGEMテーマ:F1
本当はもうとっくに決まってなきゃいけない来季のPUが決まっていないチームもある中(白紙に戻したのも含む)、遂にドライバーたちが動き出しました、と。
まぁ、先々週フェラーリ移籍が噂されたマックス君に対し、先週RBRがはっきりと「手放すつもりはない」と宣言した時点で噂レベルではない、プールサイドリーグが開幕したわけですがね。
セブのときも同じように移籍はないと言っていたし、実際1年契約が残っていたけどオプションを使ってセブは出て行きましたがね、RBRを。

セブは今季でフェラーリとの契約が切れるので、こちらも盛り上がるわけですが、先に悪い意味で盛り上がったのがサインツ。先週末チームメイトにぶつけられていいことなしだったサインツ。
パーマー君の代わりに次戦ハンガリーからルノーに乗るのでは、という噂が出た。
事の発端は先述したマックス君のフェラーリ移籍問題。
マックス君がフェラーリに移籍したいと言っているというのを、サインツの関係者がメディアにないことないこと吹き込んだため、RBRが怒って拗れているとかなんとか。そこにサインツがSTRでの将来を望んでいないということも加わって、RBR的にはサインツ許せない状態なんだろう。
サインツサイドとしてはマックス君がフェラーリに行けばそこに昇格の可能性があるわけで、そうなって欲しいからないことないこと吹き込んだんだろうけど。流石にこれはやりすぎ。
でもって、RBRとしてはもうしばらく(=年単位で)はダニエル君+マックス君体制で続けたいと言っている割に、姉妹チームであるSTRのことは放ったらかしで、傍目に見れば、サインツもクビアトも飼い殺しにされているようにしか見えない。

降格して以降のクビアトは一時期持ち直したものの、やっぱりいいところなしで、先週末なんてチームメイトであるサインツを巻き込んで、結果サインツがリタイアというバカな結果を出したりもしているが、サインツもクビアトも悪いドライバーではないし、コンスタントにポイントを獲れるドライバーなんだけどなぁ。
それが飼い殺しにされている現状。ならば他チームと交渉の機会を得てもいいのではないか。
ただ今回のような結果喧嘩別れみたいになるのはどうかと思うが。
それにしたって、RBRはルノーに800万ドル(≒899,685,112円)支払えば移籍させるよと言っているのだとか。飼い殺しにする気満々。
ルノーに800万ドル支払う余裕があるのかどうか、怪しい。

カルロス・サインツ、次戦F1ハンガリーGPからルノーのドライバーに?
カルロス・サインツがレッドブルと決別し、次戦F1ハンガリーGPからルノーに移籍してジョリオン・パーマーの後任を務めるとの噂がなされている。

Auto Bild が報じたところによると、トロ・ロッソでの将来を望んでいないとしたカルロス・サインツのコメントがレッドブルを激怒され、レッドブルはサインツをラインナップから外すことを決定したという。

レッドブルは、ルノーがカルロス・サインツ獲得のために800万ドル(約9億円)を支払えば、移籍を容認するという。

レッドブルのヘルムート・マルコとルノーF1のシリル・アビテブールはすでに契約の合意にむけて交渉を行っており、成立した場合はF1ハンガリーGPでカルロス・サインツがジョリオン・パーマーのシートに収まり、空席となったトロ・ロッソのシートにはピエール・ガスリーが座るという。

カルロス・サインツは、ルノーのアドバイザーを務めるアラン・プロストの長年のお気に入りであり、ルノーは2017年にもサインツの獲得を試みている。また、2018年のドライバーリストの最上位にカルロス・サインツの名前があるとされている。

また、レッドブルの怒りは、カルロス・サインツの家族が故意にメディアを操作した可能性によるものだとの見方もある。

報道によると、カルロス・サインツの家族は、マックス・フェルスタッペンがフェラーリへの移籍を望んでいるとの情報をスペインのメディアに流したという。フェルスタッペンがレッドブルを離れれば、そのシートにサインツが昇格する可能性が開けるからだ。

だが、マックス・フェルスタッペン陣営は、そのストーリーを否定し、2018年もレッドブルにコミットしていることを確かめている。

カルロス・サインツ陣営が彼らの利益のために本当に“フェイクニュース”を流したとすれば、レッドブルが我慢の限界に達したとみても不思議ではない。

レッドブルのオーナーであるディートリッヒ・マテシッツは「ドライバーが愛情を失い、いたいと思わないのであれば、契約書を押し付けることはできないし、出ていかせるべきだろう」と Auto Bild に述べた。

F1イギリスGPの決勝でカルロス・サインツは、チームメイトのダニール・クビアトとの同士討ちの末、オープニングラップでリタイアしている。
(F1-Gate.com)-2017年7月17日
コダミタカ * Category of [Diary]ニュース(2017)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Diary]ニュース(2017) 【F1】2017年季イス取り合戦終結 

【F1】2017年季イス取り合戦終結

JUGEMテーマ:F1
ウェーレインのザウバー加入が正式発表され、残すはメルセデスとウィリアムズの正式発表を待つのみとなったところでTwitterに動きがあり、あれよあれよという間に埋まりました、と。
ウェーレインの日本語記事ではあと数日先の発表とかなっていたのにね、ということばは飲みこみます。

正直言って、まっさんの1年限りという限定ではあるものの復帰は嬉しい。
2017年季からレギュレーションが変わって、2000年代前半の頃のようなドライバーのフィジカルも重要視されるマシンになる。それを経験しているドライバーの走りが見たかった。もうね、このまっさんのツイ見たとき、いくら噂というかほぼ確定情報として流れていたと言っても小躍りしたね。
まぁ、FEの契約破棄したという時点で99.9%決定だとは思ってましたが。因みにクリスマス休暇のツイで95%くらいはもう決定だと思ってましたが。

さて、この夜中に上がったテンションどうしましょう。

メルセデス
 44:ルイス・ハミルトン
 77:バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)

RBR(ルノー※名称ダグ・ホイヤー継続)
 *3:ダニエル・リカルド
 33:マックス・フェルスタッペン

フェラーリ
 *5:セバスチャン・フェテル
 *7:キミ・ライコネン

Fインディア(メルセデス)
 11:セルジオ・ペレス
 31:エステバン・オコン(マノー)

ウィリアムズ(メルセデス)
 19:フェリペ・マッサ
 18:ランス・ストロール(ルーキー)

マクラーレン(ホンダ)
 14:フェルナド・アロンソ
 47:ストフェル・バンドーン

STR(フェラーリ→ルノー)
 26:ダニール・クビアト
 55:カルロス・サインツ

ハース(フェラーリ)
 *8:ロマン・グロージャン
 20:ケビン・マグヌッセン(ルノー)

ルノー
 27:ニコ・ヒュルケンベルグ(Fインディア)
 30:ジョリオン・パーマー

ザウバー(2016年型フェラーリ)
 *9:マーカス・エリクソン
 94:パスカル・ウェーレイン(マノー)

マノー(メルセデス)
 ※チーム売却後決定※売却失敗し、チーム消滅ほぼ確定。


 12:フェリペ・ナッセ(ザウバー)※メインスポンサーであるブラジルの銀行からの出資終了に伴いキャリアに暗雲
 21:エステバン・グティエレス(ハース→フォーミュラE)

F1引退
 *6:ニコ・ロズベルグ(メルセデス→俳優メルセデスアンバサダー)
 22:ジェンソン・バトン(マクラーレン→マクラーレンアンバサダーand他カテゴリ/SGTが候補か?)※鈴鹿1000kmに興味をお持ちのようで、リップサービスでSFで走りたいと言ったときとは違うトーンではあった。
コダミタカ * Category of [Diary]ニュース(2017)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
About
元 (仮) 2007.01.01改名。
読了の書籍メモ(2004.03〜+α)⇒946冊。
JUGEM改造は[Web]JUGEM/Blogから。
海外ドラマメモ有り。※本国放送ネタ有り⇒ネタバレ有り。
書籍メモにBL(BoysLove)的内容を含むものもあります。苦手な方、ご注意下さい。
2008.11.04から写真の表示方法変更に伴い携帯電話からの写真閲覧ができない場合がありますが、表示させる方向を考えてはいません。

過去のはこちらから
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング