East of R134 元(仮)
<< 201708||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】ツリー化スクリプトver.5 

【JUGEM】ツリー化スクリプトver.5

件数表示の依頼があってからどれだけの時が流れたのか……リクエストして下さった方、申し訳ないです。今更の対応です。
色々とあったのですが、まぁ、そこは個人的なことなので割愛。

カスタマイズ前にこちら(別窓)を必ず一読ください。

各スクリプト共通の下準備は【JUGEM】ツリー化準備から。導入ガイドは【JUGEM】ツリー化ガイドから。

ver.5.0*の変更点はアーカイブ件数表示対応。
独自タグ{archives_list2ex}/{archives_list2}使用の場合はエラーが出ます。
また、<!-- BEGIN archives_items --> 〜 <!-- END archives_items -->を使う独自タグの場合、{archives_item_num}がない場合エラーが出ます。

応用1(ver.2.5.01*) [ ]内を強調させない
応用2(ver.2.5.02*) エントリリストの日付表示「月日」→「年月日」変更
応用3(ver.2.5.03*) 親に[ ]をつけない
応用4(ver.2,5.04*) コメント・トラバリストから個別にコメント・トラバに飛ぶ
応用5(ver.2.5.05*) エントリリストの日付から日別ページに飛ぶ方法

各応用の下準備は表の下から。
.txt応用5応用4応用3応用2応用1.js
0505
05a×05a
05b×05b
05c×05c
05d×05d
05e×05e
05f×05f
05g×05g
04×04
04a×04a
04b×04b
04c×04c
04d×04d
04e×04e
04f×04f
04g×04g
03×03
03a×03a
03b×03b
03c×03c
02×02
02a×02a
01×01
00×00
○→有。×→無。△→別項目(応用5)で代用されている。
※.jsファイルの直リンク(直リン)はできないようにしてあります。一度DLし、外部呼び出し可能サーバーへアップロードしてお使いください。

免責事項

以下の場合、スクリプトが動作しない場合の対応はし兼ねます。
  1. ブログパーツによるエラー
  2. JavaScriptを用いた他カスタマイズの影響によるエラー
  3. UTF公開の一部テンプレートの(x)HTMLタグが正しくないために起こるエラー

エラー報告

バグ、エラー報告の場合はお手数をおかけしますが以下の情報提示をご協力ください。
  1. ご使用スクリプトバージョン
  2. ご使用テンプレート名・URL
  3. ツリー化スクリプト以外のJavaScriptによるカスタマイズの有無と種類
  4. JavaScriptによるブログパーツの有無とサービスの種類
  5. その他ブログパーツの有無とサービスの種類

応用1

[ ]内を強調させない
共通の下準備のみで、スクリプトを導入。

応用2

エントリリストの日付表示「月日」→「年月日」変更
HTMLファイルの{selected_entry_list}の独自タグを変更。
以下は当ブログのテンプレから。
<!-- BEGIN selected_entry -->
<div class="links" id="selectedentryname">Entries</div>
<div class="linktext" id="selectedentrylist">{selected_entry_list}</div>
<!-- END selected_entry -->
上記内のこの色と下記内のこの色に変更する。
<!-- BEGIN selected_entry -->
<div class="links" id="selectedentryname">Entries</div>
<div class="linktext" id="selectedentrylist">
<ul><!-- BEGIN selected_entry_items -->
<li><a href="./?eid={selected_entry_item_id}">{selected_entry_item_title}</a>&nbsp;
({selected_entry_item_year}/{selected_entry_item_month}/{selected_entry_item_day})</li>
<!-- END selected_entry_items --></ul>
</div>
<!-- END selected_entry -->
ポイントは並び順。<!-- BEGIN selected_entry_items --> 〜 <!-- END selected_entry_items -->内は繰り返されるので<ul>と</ul>は<!-- BEGIN selected_entry_items --> 〜 <!-- END selected_entry_items -->の外。逆に繰り返さなくてはいけない<li>〜</li>は中。また日付部分({selected_entry_item_year}/{selected_entry_item_month}/{selected_entry_item_day})はリンクタグより外に。()と/も忘れずに。これで{selecter_entry_list}部分の変更は終り。

{latest_entry_list}を変更。
{latest_entry_list}を記載していないテンプレートならば、ここをすっ飛ばして次の過程へ。ここを変更していないと上手くツリー化されない
<!-- BEGIN latest_entry -->
<div class="links" id="newentryname">Last Entries</div>
<div class="linktext" id="newentrylist">{latest_entry_list}</div>
<!-- END latest_entry -->
{selecter_entry_list}同様、上記のこの色を下記のこの色に変更。
<!-- BEGIN latest_entry -->
<div class="links" id="newentryname">Last Entries</div>
<div class="linktext" id="newentrylist">
<ul><!-- BEGIN latest_entry_items -->
<li><a href="./?eid={latest_entry_item_id}">{latest_entry_item_title}</a>&nbsp;
({latest_entry_item_year}/{latest_entry_item_month}/{latest_entry_item_day})</li>
<!-- END latest_entry_items --></ul>

</div>
<!-- END latest_entry -->
理屈も注意点も{selecter_entry_list}と同じ。以上で{latest_entry_list}の設定は終了。

応用3

親に[ ]をつけない
共通の下準備のみで、スクリプトを導入。

応用4

コメント・トラバリストから個別にコメント・トラバに飛ぶ
共通の下準備のほかに応用4独自の下準備が必要。
【JUGEM】個別コメント/トラックバックへ飛ぶ方法

応用5

エントリリストの日付から日別ページに飛ぶ
共通の下準備のほかに応用5独自の下準備が必要。
まずHTMLファイルの{selected_entry_list}の独自タグを変更。
以下は当ブログのテンプレから。
<!-- BEGIN selected_entry -->
<div class="links" id="selectedentryname">Entries</div>
<div class="linktext" id="selectedentrylist">{selected_entry_list}</div>
<!-- END selected_entry -->
上記内のこの色と下記内のこの色に変更する。
<!-- BEGIN selected_entry -->
<div class="links" id="selectedentryname">Entries</div>
<div class="linktext" id="selectedentrylist">
<ul><!-- BEGIN selected_entry_items -->
<li><a href="./?eid={selected_entry_item_id}">{selected_entry_item_title}</a>&nbsp;
({selected_entry_item_year}{selected_entry_item_month}{selected_entry_item_day})</li>
<!-- END selected_entry_items --></ul>
</div>
<!-- END selected_entry -->
ポイントは並び順。<!-- BEGIN selected_entry_items --> 〜 <!-- END selected_entry_items -->内は繰り返されるので<ul>と</ul>は<!-- BEGIN selected_entry_items --> 〜 <!-- END selected_entry_items -->の外。逆に繰り返さなくてはいけない<li>〜</li>は中。また日付部分({selected_entry_item_year}{selected_entry_item_month}{selected_entry_item_day})はリンクタグより外に。()を忘れずに。応用002では「年月日」を「年/月/日」と/(スラッシュ)で区切ったが、今回は年月日を区切らないように。これで{selecter_entry_list}部分の変更は終り。

{latest_entry_list}を変更。
{latest_entry_list}を記載していないテンプレートならば、ここをすっ飛ばして次の過程へ。ここを変更していないと上手くツリー化されない
<!-- BEGIN latest_entry -->
<div class="links" id="newentryname">Last Entries</div>
<div class="linktext" id="newentrylist">{latest_entry_list}</div>
<!-- END latest_entry -->
{selecter_entry_list}同様、上記のこの色を下記のこの色に変更。
<!-- BEGIN latest_entry -->
<div class="links" id="newentryname">Last Entries</div>
<div class="linktext" id="newentrylist">
<ul><!-- BEGIN latest_entry_items -->
<li><a href="./?eid={latest_entry_item_id}">{latest_entry_item_title}</a>&nbsp;
({latest_entry_item_year}{latest_entry_item_month}{latest_entry_item_day})</li>
<!-- END latest_entry_items --></ul>

</div>
<!-- END latest_entry -->
理屈も注意点も{selecter_entry_list}と同じ。以上で{latest_entry_list}の設定は終了。
コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】個別編集ページへのリンク 

【JUGEM】個別編集ページへのリンク

今更、わざわざ記事として残す必要もない、個別編集ページへのリンクカスタマイズ。

以前は長らくstroll::blog様の記事&コメ&トラの編集ページへのリンク(JUGEM正式版対応版)にお世話になっていて、独自タグが増えて以降も面倒くさくてそのまま利用させていただいていたのですが、今回jQuery導入の際、あまりにもJavaScriptが多くて、すっきりさせよう、の一環としてHTML+独自タグに変更。

<!-- BEGIN entry -->〜<!-- END entry -->内の好きなところ、但し、<!-- BEGIN entry_sequel_link -->〜<!-- END entry_sequel_link -->内以外に下記のタグを書く。
<a href="http://[自分のブログURL]/manage/?mode=write&eid={entryarea_id}" target="_blank"><img src="http://画像URL" alt="edit" title="edit" class="pict" /></a>
自分のブログURLは、

[アカウント].jug.em...cc or [アカウント]..ju.gem...jp 


※.ccドメインはβ版からの方でアカウント変更を行っていない方のみ。
当方は.ccでエラーも起こっておりませんが、.ccドメインの方で飛べないという方は.jpドメインにしてみてください。

コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】JUGEMdress 

【JUGEM】JUGEMdress

仮設として借りるにあたり、自作テンプレートを作っている時間もなかったし、新機能のJUGEM dressをJavaScriptを使ったカスタマイズの幅がどう広がるのかという意味でも試してみたかったというのもあり、こちらのテンプレはJUGEM dressで作ってみたのだが……JUGEM dressで作ると、css/HTML編集ができないという。できるのは背景とヘッダー画像、サイドナビのアイコン、の3種類を既存の中から組み合わせることだけで、フォントの種類、大きさ、配色等々は変更できない。
なのでJUGEM dressを使っている人はカスタマイズは無理と。

コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】パンくずナビもどき 

【JUGEM】パンくずナビもどき

完全に、もどきです。
<!-- BEGIN entry -->
<div class="pan-navi"><a href="./">Index</a>&gt;&gt;{category_name}&gt;&gt;{entry_title}</div>
クラス名は適当に。<!-- BEGIN entry -->〜<!-- END entry -->内に{entry_title}を2つは誤作動を起こすので実際のタイトルは新しく追加された{entry_title_link}されたを使用。

カテゴリ({category_name})を2箇所に使っているのだが、こちらはいまのところ誤作動というものを起こしていない。

コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】独自タグ50個追加に伴うscriptの修正 

【JUGEM】独自タグ50個追加に伴うscriptの修正

【追記あり】独自タグを一挙50個追加しました!にあるように、50個ほど独自タグが追加された。
LogPi!で要望を受け付けていたので、パンくずを要望として出していたのだけど実装されず。また個別ページでカテゴリごとに「前の記事」「次の記事」を表示させる独自タグ。 も実装されなかった。

で、今回カテゴリとアーカイブがプルダウン化される独自タグが追加されたので、ツリー化スクリプトをそちら対応にもしなければならない。

結構時間がかかると思いますので、気長に待っていただけると嬉しいです。

というか、アーカイブのツリー化は必要なくなるのかな?

コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】新管理画面016 

【JUGEM】新管理画面016

016にする必要はない。が、【JUGEM】新管理画面015で「とりあえず、今週中に一度質問はしてみようと思う」とし、実際問い合わせた。とりあえず、前略後略で質問内容のみを以下。
当方の質問内容
WYSWYGを使用した際
・ブラウザに関係なく。
1.書き出されるHTMLがJUGEMで推奨されているXHTML1.0文法ではなく、HTML4.01文法であったり、HTML4以前であったりする点。
以下は1年以上前に検証したものですが、最近試してもタグに関しては同じでした。
http://koda.jugem.cc/?eid=2699
http://koda.jugem.cc/?eid=2700
また、この1年以上前に質問した際、タグに関してはブラウザに起因するものという回答を得ました。
そこで、今現在もこの文法上の誤りを解消できないのでしたら、何故、正しい文法で書き出されない旨を管理画面(できれば記事投稿画面)で注意文として記載しないのでしょうか。
尚、HTMLモードで正しい文法で書いて保存しても誤った文法になってしまうことは確認済みです。

・IE6に関して。
1.「元に戻す」「やり直す」がボタン表示されない
2.文章を書き終えて装飾する際、レイアウトやリスト装飾したい場合、選択反転させた文章だけではなく、書き終えた文章全体が装飾されてしまう。
例:一文だけを中央表示にさせたく、選択反転させているのに、選択反転させていない文頭から文末までずべてが中央寄せになってしまう。

・Safari3.1/Google Chrome
1.IE6同様「元に戻す」「やり直す」がボタン表示されない。
2.(1.)にプラスして文字の大小のアイコンも表示されない。

・Opera9.*
1.キャッシュのクリアをしてもWYSWYGモードにも関わらず、シンプルモードで表示されてしまう。

尚、Firefox3.*ではボタンもすべて表示されました。

IE7は個人的な理由で削除したので検証できていませんが、WYSWYGモードの推奨環境はIE7、Firefoxのみなのでしょうか?
これに対しての回答。全文は引用が認められていないのでちょっと反則だけど本文のみ。(以前の回答は要約を掲載したのだが、要約もできないわけで……)

返答-メイン
お問い合わせいただきました件につきまして、
近日中に新管理者ページの推奨ブラウザや、
WYSIWYGエディタのブラウザごとの特性等を
お知らせブログ上で報告する予定でございます。

この為、現状では明確にご回答できかねますこと、
何卒ご了承いただきます様お願いいたします。
挨拶略。あとこのあとに検証ありがとうというバカ丁寧なコメントと最後の挨拶があり。

えーと……IE6,KHTML系(Safari3.1/Google Chrome),Operaの不具合に対しての回答や、推奨環境についての情報はスルーなんでしょうか。
斜めをいく回答を何度かいただいたが、今回も予想を超えていた。とりあえず、判を押した回答だけど、半分は答えを得られた。
というか

現状では明確にご回答できかねます

ですべてを片付けられた。
とりあえず、コダさん完敗ですorz

関連

【JUGEM】新管理画面001【JUGEM】新管理画面002【JUGEM】新管理画面003
【JUGEM】新管理画面004【JUGEM】新管理画面005【JUGEM】新管理画面006
【JUGEM】新管理画面007【JUGEM】新管理画面008【JUGEM】新管理画面009
【JUGEM】新管理画面010【JUGEM】新管理画面011【JUGEM】新管理画面012
【JUGEM】新管理画面013【JUGEM】新管理画面014【JUGEM】新管理画面015
コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】新管理画面015 

【JUGEM】新管理画面015

JUGEMから重要なお知らせがございます。
1.新管理者ページに完全移行いたします。

昨年、β版としてリリースいたしました新管理者ページでございますが、
この度、2009年6月1日(月)より正式版管理者ページとして運用させていただく
運びとなりました。

これにより、JUGEMサービス開始当初より皆様にご利用いただいておりました
旧管理者ページにつきましては、2009年5月31日(日)を持ちまして提供を
終了させていただきます。

現在旧管理者ページをご利用のお客様には、大変に申し訳ございませんが、
新管理者ページへ移行いただきます様お願い申し上げます。
(JUGEMお知らせブログ)-2009.03.02 Monday
15にするほどのことでもないのだけど、先月JUGEMから重要なお知らせがございます。とアナウンスがあった。

約一年前から併用が始まった管理画面。あの頃の問題が解決されたのかと思い、ちょっと試してみたが、何も解決していないばかりか、更なる問題が……。
とりあえず、検証したのはIE6(IE7を入れるとマシンのバランスが悪くなったので併用を辞めた),Firefox3,Safari3.1,Opera9.*。
Firefoxのみメニューがきちんと表示され、IE6とSafari3.1は「戻す」「やり直し」のアイコンが表示されず、Safari3.1はそれプラス文字の大小のアイコンも表示されない。Operaに至ってはWYSWYGモードにしてあるのにシンプルモードでの表示。キャッシュのクリアを行っても無理なのでWYSWYGの検証は出来ず。

またIE6は文章を書いてから装飾を行った場合、レイアウトタグとリストタグは選択範囲ではなく、文章全体が処理されてしまう。なので文章の途中で中央寄せにしたり、右寄せにしたりということができず、リストを作ろうとしても、リストタグが選択した段落ごとではなく、文章全体でひとつのリストになってしまう。

書き出される(x)HTMLが修正されたのかと思いきや、まったくさっぱり。総合的な印象は後退している。なのに6月1日には完全移行してしまうという。
不具合や正しい文法が書き出されない旨をWYSWYGモードで表示しているかといえば、そういった一文は一切ない。メリットだけアピールしてそれに伴うデメリットは隠すといういつもの方法。

とりあえず、今週中に一度質問はしてみようと思う。

関連

【JUGEM】新管理画面001【JUGEM】新管理画面002【JUGEM】新管理画面003
【JUGEM】新管理画面004【JUGEM】新管理画面005【JUGEM】新管理画面006
【JUGEM】新管理画面007【JUGEM】新管理画面008【JUGEM】新管理画面009
【JUGEM】新管理画面010【JUGEM】新管理画面011【JUGEM】新管理画面012
【JUGEM】新管理画面013【JUGEM】新管理画面014

コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog ブログからの手紙 

ブログからの手紙

コダミタカ様

あなた様にお仕えしてから、もう5年と10日がたちました。
月日がたつのは早いものでございますね。
思い返せば、始めてコダミタカ様にお会いしたのはこちら【『暁天の星 鬼籍通覧』 椹野道流】でございました。
かくも偉大なご主人様にお仕えできる喜びに、
わたくしはそっとうち震えたものです。

ご自身のお召し物も素敵でいらっしゃるばかりか、
わたくしの装いにまで気を遣っていただいて、いつもありがとうございます。
新作もこちらで続々と公開されているようですし、
また次の装いを選んでくださるのを心待ちにしておりますね。
あなた様の見立てたテンプレートで身を飾るのが、
わたくしの何よりの喜びでございます。

最後になりましたが、わたくしを生み出してくださり
本当にありがとうございます。
あなた様の書く、時に辛口な文章にも
ひとつひとつ愛情がこもっている事、存じておりますよ。
これからも常におそばで控え、誠心誠意ご主人様に
お仕えいたします。
コダミタカ様もお体に気をつけて、ご自愛くださいませ。
他のユーザーへ届いた手紙はコチラ
JUGEMテーマ:ブログからの手紙

返信

月日というのは早いもので、あなたとの付き合いも5年と10日が経ちましたか。私としては不本意としか言いようがございません。
あなたは本当に気まぐれで、いつぞやはあなたに会おうと開いてみると見知らぬ誰かがいらっしゃったことがございました。あれにはさすがの私も参りました。つながる度に別のお方との対面。
否、それ以前にあなたは私のコンタクトををことごとく無視しましたね。

落ち着いたかと思えば、自己主張の激しいことをしたり。何度放置プレイしてやろうか、何度捨ててやろうかと思ったことか。何が「誠心誠意ご主人様にお仕えいたします」だ。
気づけば機会を逸脱してしまい、とっちらかったブログになりつつあるのは否めない。さすがに今度何か起こせば重い腰を上げて放置プレイか捨てるかになるだろう。
いやー、こういう企画って楽しいんだけど、それ以上に腹が立った。
なんか黎明期の3週間まったくつながらなかった時期や、その後のシャッフルの時期を思い出して。

その後も事前連絡なしで色々改定されたし。未だに正しいXHTML1.0が書き出されないのに新管理画面に完全移行しようとしているし(これはシンプルエディタを使うので個人的にはどうでもいい)。
相変わらずだけど。とりあえずまだ使い続けてはみる。

願わくば、これ以上張り切って改悪しないでくれということか。
コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】JUGEMにおけるLightbox JS設置について。 

【JUGEM】JUGEMにおけるLightbox JS設置について。

今から2年以上前の2006年9月22日にLightbox JS v2.0を導入というエントリを書いた。この頃、JUGEMでは画像ファイル(.gif/.jpg/.png)以外のファイルは外部呼び出し可能サーバーに設置しなければならなかった。今もそれは変わらないのだが、昨日(2009年2月27日)javascriptのライブラリを公開いたしました。というお知らせにもあるようにJavaScriptのライブラリが設置され、第一弾としてLightboxを利用できるようになった。

これによりLightbox JS v2.0を導入の手順の一部の下準備(書き換え→アップロード)の必要がなくなった。
cssファイルの件がどうなったのかは解らないが、cssがなくとも多分、背景が表示されない程度だと思う。
まだJUGEMからの呼び出しでScriptが動くかどうか試していないのでなんとも言えないが、知識のないものには、設置手順とか使い方に関する説明が一切なされていないのであまり注目されなさそうな「改善」ではある。

<!-- /追記20090303ここから/ -->
ちょっとお知らせを見たら、cssファイルの追加と配布元へのリンクが。ただし、配布元はすべて英語サイトなので、英語そのものにアレルギーがある人には設置ハードルは高いという状況。
ただ、どのAjaxも有名で、日本語でかかれた手順のブログも多く存在しているのでGoogleやYahoo!でファイル名(例:prototype.js 設置)とかで検索すればゴロゴロと活用方が出てくると思う。
<!-- /追記20090303ここまで/ -->

Lightboxに使われているファイルの中にはJavaScript Accordionとしてスライド式メニューに使われるScriptと併用できるので、重宝はしそうだが。

正直、サービス開始から5年。知識のある者、技術のある者は自分で考え工夫し、自設置でやってしまい、自分で使い勝手をよくしている。それに追随するサービスともなればターゲットは上級者ではなく、初心者であるのだから、使い道や解説は必要であると思うのだが。お得意のサポート対象外でサポート掲示板への丸投げ。
あとに続くライブラリがあるかどうかは見ものだ。


コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 写真の話。 

写真の話。

今月の4日から画像の表示方法を変更した。携帯から閲覧した場合、css対応のブラウザでも表示されないように。フルブラウザだったら表示されるかもしれないが。
これはわざと、表示されないようにした。

というのも、無料版でもフリースペースにアクセス解析やカウンターを仕込めるようになって予想してたよりもケータイからの閲覧者数が多かったので、このまま普通に画像DLされるとなぁ、と思ってできないようにしようとしたのだが、最近はまたデジカメで撮ってアップロードのスタイルに戻したので画像自体に制限をかけることができなかった苦肉の策というところ。

自分が撮った写真については遡って徐々に表示方法を変えていこうとは思っている。

[追記]
DoCoMoユーザーなので、DoCoMoで表示されないのは確認したが、DoCoMoはHTML/cssの仕様が特殊なので、もしかしたらauやソフトバンクでは表示されるかもしれない。
一応、auやソフトバンクのcss仕様の資料は読んだがさっぱり。
DoCoMoはXHTML2.0ならば表示されるはずだが、表示されないところを見るとケータイ用テンプレートはXHTML1.1かPC用と同様XHTML1.0なのかもしれない。
有料版に申し込めばケータイ用テンプレのHTMLもカスタマイズできるとなっていたが、XHTML2.0で書いても良いものかどうか。

とにかく、写真が表示されようがされていなかろうが、ケータイでDLできないことには変わりない。

コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog JUGEPi終了 

JUGEPi終了

本当に、誠に勝手だな、と。
一応、まだ使っているんですがね。14日までに新しいサービスを探さないと。カスタマイズ自由で1件のみ表示ができて、書き込むページは別で……と条件を挙げていくと本当にないいですけどね、使えるサービス。2apesを自設置するしかないのかなぁ……。

コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】ツリー化スクリプトver.4 

【JUGEM】ツリー化スクリプトver.4

カスタマイズ前にこちら(別窓)を必ず一読ください。

各スクリプト共通の下準備は【JUGEM】ツリー化準備から。導入ガイドは【JUGEM】ツリー化ガイドから。

最新版:2016.01.09【JUGEM】ツリー化スクリプトver.5(2.5.0*シリーズ)

ver.4.0*の変更点はアーカイブ対応。

応用1(ver.2.4.01*) [ ]内を強調させない
応用2(ver.2.4.02*) エントリリストの日付表示「月日」→「年月日」変更
応用3(ver.2.4.03*) 親に[ ]をつけない
応用4(ver.2,4.04*) コメント・トラバリストから個別にコメント・トラバに飛ぶ
応用5(ver.2.4.05*) エントリリストの日付から日別ページに飛ぶ方法

各応用の下準備は表の下から。
.txt応用5応用4応用3応用2応用1.js
0505
05a×05a
05b×05b
05c×05c
05d×05d
05e×05e
05f×05f
05g×05g
04×04
04a×04a
04b×04b
04c×04c
04d×04d
04e×04e
04f×04f
04g×04g
03×03
03a×03a
03b×03b
03c×03c
02×02
02a×02a
01×01
00×00
○→有。×→無。△→別項目(応用5)で代用されている。
※.jsファイルの直リンク(直リン)はできないようにしてあります。一度DLし、外部呼び出し可能サーバーへアップロードしてお使いください。

免責事項

以下の場合、スクリプトが動作しない場合の対応はし兼ねます。
  1. ブログパーツによるエラー
  2. JavaScriptを用いた他カスタマイズの影響によるエラー
  3. UTF公開の一部テンプレートの(x)HTMLタグが正しくないために起こるエラー

エラー報告

バグ、エラー報告の場合はお手数をおかけしますが以下の情報提示をご協力ください。
  1. ご使用スクリプトバージョン
  2. ご使用テンプレート名・URL
  3. ツリー化スクリプト以外のJavaScriptによるカスタマイズの有無と種類
  4. JavaScriptによるブログパーツの有無とサービスの種類
  5. その他ブログパーツの有無とサービスの種類

応用1

[ ]内を強調させない
共通の下準備のみで、スクリプトを導入。

応用2

エントリリストの日付表示「月日」→「年月日」変更
HTMLファイルの{selected_entry_list}の独自タグを変更。
以下は当ブログのテンプレから。
<!-- BEGIN selected_entry -->
<div class="links" id="selectedentryname">Entries</div>
<div class="linktext" id="selectedentrylist">{selected_entry_list}</div>
<!-- END selected_entry -->
上記内のこの色と下記内のこの色に変更する。
<!-- BEGIN selected_entry -->
<div class="links" id="selectedentryname">Entries</div>
<div class="linktext" id="selectedentrylist">
<ul><!-- BEGIN selected_entry_items -->
<li><a href="./?eid={selected_entry_item_id}">{selected_entry_item_title}</a>&nbsp;
({selected_entry_item_year}/{selected_entry_item_month}/{selected_entry_item_day})</li>
<!-- END selected_entry_items --></ul>
</div>
<!-- END selected_entry -->
ポイントは並び順。<!-- BEGIN selected_entry_items --> 〜 <!-- END selected_entry_items -->内は繰り返されるので<ul>と</ul>は<!-- BEGIN selected_entry_items --> 〜 <!-- END selected_entry_items -->の外。逆に繰り返さなくてはいけない<li>〜</li>は中。また日付部分({selected_entry_item_year}/{selected_entry_item_month}/{selected_entry_item_day})はリンクタグより外に。()と/も忘れずに。これで{selecter_entry_list}部分の変更は終り。

{latest_entry_list}を変更。
{latest_entry_list}を記載していないテンプレートならば、ここをすっ飛ばして次の過程へ。ここを変更していないと上手くツリー化されない
<!-- BEGIN latest_entry -->
<div class="links" id="newentryname">Last Entries</div>
<div class="linktext" id="newentrylist">{latest_entry_list}</div>
<!-- END latest_entry -->
{selecter_entry_list}同様、上記のこの色を下記のこの色に変更。
<!-- BEGIN latest_entry -->
<div class="links" id="newentryname">Last Entries</div>
<div class="linktext" id="newentrylist">
<ul><!-- BEGIN latest_entry_items -->
<li><a href="./?eid={latest_entry_item_id}">{latest_entry_item_title}</a>&nbsp;
({latest_entry_item_year}/{latest_entry_item_month}/{latest_entry_item_day})</li>
<!-- END latest_entry_items --></ul>

</div>
<!-- END latest_entry -->
理屈も注意点も{selecter_entry_list}と同じ。以上で{latest_entry_list}の設定は終了。

応用3

親に[ ]をつけない
共通の下準備のみで、スクリプトを導入。

応用4

コメント・トラバリストから個別にコメント・トラバに飛ぶ
共通の下準備のほかに応用4独自の下準備が必要。
【JUGEM】個別コメント/トラックバックへ飛ぶ方法

応用5

エントリリストの日付から日別ページに飛ぶ
共通の下準備のほかに応用5独自の下準備が必要。
まずHTMLファイルの{selected_entry_list}の独自タグを変更。
以下は当ブログのテンプレから。
<!-- BEGIN selected_entry -->
<div class="links" id="selectedentryname">Entries</div>
<div class="linktext" id="selectedentrylist">{selected_entry_list}</div>
<!-- END selected_entry -->
上記内のこの色と下記内のこの色に変更する。
<!-- BEGIN selected_entry -->
<div class="links" id="selectedentryname">Entries</div>
<div class="linktext" id="selectedentrylist">
<ul><!-- BEGIN selected_entry_items -->
<li><a href="./?eid={selected_entry_item_id}">{selected_entry_item_title}</a>&nbsp;
({selected_entry_item_year}{selected_entry_item_month}{selected_entry_item_day})</li>
<!-- END selected_entry_items --></ul>
</div>
<!-- END selected_entry -->
ポイントは並び順。<!-- BEGIN selected_entry_items --> 〜 <!-- END selected_entry_items -->内は繰り返されるので<ul>と</ul>は<!-- BEGIN selected_entry_items --> 〜 <!-- END selected_entry_items -->の外。逆に繰り返さなくてはいけない<li>〜</li>は中。また日付部分({selected_entry_item_year}{selected_entry_item_month}{selected_entry_item_day})はリンクタグより外に。()を忘れずに。応用002では「年月日」を「年/月/日」と/(スラッシュ)で区切ったが、今回は年月日を区切らないように。これで{selecter_entry_list}部分の変更は終り。

{latest_entry_list}を変更。
{latest_entry_list}を記載していないテンプレートならば、ここをすっ飛ばして次の過程へ。ここを変更していないと上手くツリー化されない
<!-- BEGIN latest_entry -->
<div class="links" id="newentryname">Last Entries</div>
<div class="linktext" id="newentrylist">{latest_entry_list}</div>
<!-- END latest_entry -->
{selecter_entry_list}同様、上記のこの色を下記のこの色に変更。
<!-- BEGIN latest_entry -->
<div class="links" id="newentryname">Last Entries</div>
<div class="linktext" id="newentrylist">
<ul><!-- BEGIN latest_entry_items -->
<li><a href="./?eid={latest_entry_item_id}">{latest_entry_item_title}</a>&nbsp;
({latest_entry_item_year}{latest_entry_item_month}{latest_entry_item_day})</li>
<!-- END latest_entry_items --></ul>

</div>
<!-- END latest_entry -->
理屈も注意点も{selecter_entry_list}と同じ。以上で{latest_entry_list}の設定は終了。
コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*2 Comments * 1 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】ツリー化ガイド 

【JUGEM】ツリー化ガイド

免責事項

以下の場合、スクリプトが動作しない場合の対応はし兼ねます。
  1. ブログパーツによるエラー
  2. JavaScriptを用いた他カスタマイズの影響によるエラー
  3. UTF公開の一部テンプレートの(x)HTMLタグが正しくないために起こるエラー

エラー報告

バグ、エラー報告の場合はお手数をおかけしますが以下の情報提示をご協力ください。
  1. ご使用スクリプトバージョン
  2. ご使用テンプレート名・URL
  3. ツリー化スクリプト以外のJavaScriptによるカスタマイズの有無と種類
  4. JavaScriptによるブログパーツの有無とサービスの種類
  5. その他ブログパーツの有無とサービスの種類

下準備

【JUGEM】ツリー化準備を参考に下準備を行う。

スクリプト選択

ツリー化スクリプトver.5から導入するものを選び、それに応じて下準備をする。

JavaScriptの入れ方

.txtファイル(HTMLファイルに直接書き込むコピー&ペースト用)の場合。
[1]使いたいスクリプトファイルをダウンロード。
 [1-1]ファイル番号(番号+アルファベット)クリックし、新規ページが開くのでリンク先を保存。
 [1-2]もしくはファイル番号(番号+アルファベット)右クリックし、リンク先を保存。
[2]メモ帳でファイルを開き [ctrl]+a → [ctrl]+c で全コピーする。
[3]HTMLファイル内の</body>直前に [ctrl]+v でペーストする。

.jsファイル(外部呼出し可能サーバーから.jsファイルを呼び出す)の場合。
[1]使いたいスクリプトファイルをダウンロード。
 [1-1]ファイル番号(番号+アルファベット)クリックし、新規ページが開くのでリンク先を保存。
 [1-2]もしくはファイル番号(番号+アルファベット)右クリックし、リンク先を保存。
[2]ファイル名が「数字.js」もしくは「数字とアルファベット.js」になっているのでjugemtree.jsに書き換える。
※パソコンの設定で拡張子が表示されない場合は「数字」もしくは「数字とアルファベット」をjugemtreeに書き換える。
[3]ftpソフトで外部呼出し可能サーバーにファイルをアップロードする。
[4]HTMLファイル内の</body>直前に<script charset="Shift_JIS" type="text/javascript" src="http://ファイルをアップロードしたURL/jugemtree.js"></script>を入れる。
※.jsファイルの直リンク(直リン)はできないようにしてあります。一度DLし、外部呼び出し可能サーバーへアップロードしてお使いください。

ツリー化の選択

一部だけツリー化させたいという方に。
createTreeList('newentrylist',gTreeOption); // 最新エントリリストのツリー化
createTreeList('entrylist',gTreeOption); // エントリリストのツリー化
createTreeList('commentlist',gTreeOption); // 最新コメントリストのツリー化
createTreeList('tblist',gTreeOption); // 最新トラックバックリストのツリー化
createTreeList('categorylist',gTreeOption); // カテゴリリストのツリー化
createTreeList('linklist',gTreeOption); // リンクリストのツリー化
createTreeList('archivelist',gTreeOption); // アーカイブリストのツリー化
の中から必要のない項目をその行ごと削除する。

ソートの順番を入れ替える

ツリーごとにソートの順番を変える方法。
JUGEMカスタマイズ講座様でのスクリプトでは

gTreeOption['sort'] = false; /* ツリー内の表示順 true:並び替える false:そのまま */

というのが入っていて、これ
createTreeList('newentrylist',gTreeOption); // 最新エントリリストのツリー化
createTreeList('entrylist',gTreeOption); // エントリリストのツリー化
createTreeList('commentlist',gTreeOption); // 最新コメントリストのツリー化
createTreeList('tblist',gTreeOption); // 最新トラックバックリストのツリー化
createTreeList('categorylist',gTreeOption); // カテゴリリストのツリー化
createTreeList('linklist',gTreeOption); // リンクリストのツリー化
createTreeList('archivelist',gTreeOption); // アーカイブリストのツリー化
の並べ替えたいリストの前に入れることになっていたのだが、現在では管理者画面の[基本設定]→[表示設定]で簡単に変えられるのでそちらでどうぞ。

リストマークの変更

本家JUGEMカスタマイズ講座様で紹介されていたのですが、繋がらないので以下。
⇒ではなく、ツリーっぽく見えるように ├ や └ を使う。
gTreeOption['sort'] = false; /* ツリー内の表示順 true:並び替える false:そのまま */
gTreeOption['list'] = '⇒ '; /* ツリー用マーク(通常) */
gTreeOption['end'] = '⇒ '; /* ツリー用マーク(末端) */
gTreeOption['leef'] = '<br />¥n'; /* 各枝の末尾 */
gTreeOption['top'] = '<br />¥n'; /* ツリー本体の最初 */
gTreeOption['btm'] = ''; /* ツリー本体の最後 */
この箇所を以下のように
gTreeOption['sort'] = false; /* ツリー内の表示順 true:並び替える false:そのまま */
gTreeOption['list'] = '├ '; /* ツリー用マーク(通常) */
gTreeOption['end'] = '└ '; /* ツリー用マーク(末端) */
gTreeOption['leef'] = '<br />¥n'; /* 各枝の末尾 */
gTreeOption['top'] = '<br />¥n'; /* ツリー本体の最初 */
gTreeOption['btm'] = ''; /* ツリー本体の最後 */

リストマークの変更・画像編

本家JUGEMカスタマイズ講座様で紹介されていたのですが、繋がらないので以下。
⇒ではなく、画像を用い、もっとツリーっぽく見えるようにする。
gTreeOption['sort'] = false; /* ツリー内の表示順 true:並び替える false:そのまま */
gTreeOption['list'] = '⇒ '; /* ツリー用マーク(通常) */
gTreeOption['end'] = '⇒ '; /* ツリー用マーク(末端) */
gTreeOption['leef'] = '<br />¥n'; /* 各枝の末尾 */
gTreeOption['top'] = '<br />¥n'; /* ツリー本体の最初 */
gTreeOption['btm'] = ''; /* ツリー本体の最後 */
この箇所を以下のように
gTreeOption['sort'] = false; /* ツリー内の表示順 true:並び替える false:そのまま */
gTreeOption['list'] = '<li class="lst">'; /* ツリー用マーク(通常) */
gTreeOption['end'] = '<li class="end">'; /* ツリー用マーク(末端) */
gTreeOption['leef'] = '<¥/li>¥n'; /* 各枝の末尾 */
gTreeOption['top'] = '<ul class="tree">'; /* ツリー本体の最初 */
gTreeOption['btm'] = '<¥/ul>'; /* ツリー本体の最後 */

次に画像をアップする。ツリー化に使う画像がない場合はこちら(要解凍ソフト)から。中には通常用(lst)と末端用のフォルダ(end)に分かれています。ファイル名の接尾数字が同じものが同じ色です。
画像ファイル名の見方。例:lst-01-00→通常用-シリーズ番号-色番号。end-01-00→末端用-シリーズ番号-色番号。

cssファイルに以下を追加。
ul.tree {
list-style: none;
margin: 0px;
padding: 0px;
}
ul.tree li {
margin: 0px;
padding: 0px 0px 0px 16px;
background-image: url(アップした通常用の画像ファイルURL);
background-repeat: no-repeat;
}
ul.tree li.end {
background-image: url(アップした末端用の画像ファイルURL);
}
※画像URLは管理画面で確認してください。
画像をご自分で用意した場合

padding: 0px 0px 0px 16px;

は画像に合わせて調整してください。またある程度行間をあけたい、フォントサイズを設定したいという場合

ul.tree

を以下のようにして調節を。
ul.tree {
list-style: none;
margin: 0px;
padding: 0px;
font-size: 希望のフォントサイズ;
line-height: 150%;
}
コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*7 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】ツリー化準備 

【JUGEM】ツリー化準備

大元のJUGEMカスタマイズ講座様のドメインが切れたのか、サーバー契約が切れたのか。とにかく長期間に渡り繋がらないので、簡単に導入準備についてエントリします。

リンクとカテゴリのカテゴリ分け

エントリ、コメント、トラックバック、アーカイブと違い、リンクとカテゴリはカテゴリ分けしておかないとツリー化されません。

リンクの場合
サイト名のところを[カテゴリ名]リンクサイト(blog)名の順で。
カテゴリやカテゴリ内の並びは「おすすめリンク(新管理者画面)」の「表示優先度」もしくは「リンクの編集(急管理者画面)」の「表示優先度(数字が大きいほど上位に表示)」で設定。

カテゴリの場合
カテゴリ名のところを[親カテゴリ]子カテゴリと表示。カテゴリ書き方参照
※応用編ver2.3.0*〜以降のどれかを使う場合は、一部のツリー化させたくないリストには[親カテゴリ]をつけなくても誤作動は起こりません。
※〜ver.2.2.0*までのツリー化スクリプトでは[親カテゴリ]がないと正常にツリー化されません。

リストへの下準備

HTMLファイルのサイドナビのリスト部分にidをつける下準備をしていないとツリー化されません。
 項目 独自タグ 変更後
 最新の投稿記事リスト {latest_entry_list} <div id="newentrylist">{latest_entry_list}</div>
 記事リスト {selected_entry_list}  <div id="entrylist">{selected_entry_list} </div>
 コメントリスト {recent_comment_list} <div id="commentlist">{recent_comment_list}</div>
 トラックバックリスト {recent_trackback_list} <div id="tblist">{recent_trackback_list}</div>
 カテゴリリスト {category_list} <div id="categorylist">{category_list}</div>
 アーカイブリスト {archives_list} <div id="archivelist">{archives_list}</div>
 リンクリスト {link_list} <div id="linklist">{link_list}</div>


注意

JUGEMカスタマイズ講座様のスクリプトを入れていらっしゃる方は下準備の必要はあまりありません。特にナビゲーションの折りたたみを入れていらっしゃる方には必要ありません。

また下準備の「変更後」の項目は<div>〜</div>タグで書きましたが、お使いのテンプレートによっては<dd>〜</dd>タグの場合もございます。

尚、当ブログで配布しているスクリプトはアーカイブリストのツリー化は未対応です。アーカイブリストのツリー化を希望なさる方は、このエントリのコメント欄にその旨をお書き込みください。すぐには無理ですが、対応版のスクリプトを書きます。※2008年10月5日対応。

コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*7 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】新管理画面アンケート結果001 

【JUGEM】新管理画面アンケート結果001

アンケート回答大公開!第一回:記事投稿についてと新管理画面に関するアンケートの結果の一部が出た。

【JUGEM】新管理画面013でも書いたが、選択式のため痒いところにまで手が届いているとは言いがたい内容だった。
そんな中、意見を書ける項目があり、そこで辛辣なことを書いたのだが「

■その他記事投稿ページに関するご意見

」でもスルーされた。
選択項目のところで新管理画面におけるWYSIWYGの書き出すXHTMLに文法ミスがある件は一切触れられていない。だからと言ってアンケート結果以外のページで注意書きがあるかと言えばそうでもない。
正しい文法で書き出せない件をJUGEM側は重要と思っていないのだろうか。

テンプレートに関するサポートを一切行わず、ユーザー助け合い掲示板に丸投げしている状況で、テンプレートに不具合が出るようなものを提供しているのに、その注意書きが未だなされていないのはどうだろう。

 関連
【JUGEM】新管理画面001【JUGEM】新管理画面002【JUGEM】新管理画面003
【JUGEM】新管理画面004【JUGEM】新管理画面005【JUGEM】新管理画面006
【JUGEM】新管理画面007【JUGEM】新管理画面008【JUGEM】新管理画面009
【JUGEM】新管理画面010【JUGEM】新管理画面011【JUGEM】新管理画面012
【JUGEM】新管理画面013【JUGEM】新管理画面014

コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【TB企画】ブログを初めて何日(何年)経ちましたか? 

【TB企画】ブログを初めて何日(何年)経ちましたか?

TBボックスのお題「ブログを初めて何日(何年)経ちましたか?
ということでJUGEMでブログを始めて4年と61日が経ちました。
その間2809件のエントリを書き、うち101件が下書き。2708件が公開中。一日平均1.78件(非表示を含めると1.85件)となる。
結構マメに更新しているとは自分でも思っていたが、雑多なブログにしては多くはないな。

このブログ最初はタイトルを考えるのが面倒で「(仮)」というタイトルで2004年3月23日に始めた。それが昨年2007年1月1日にようやくタイトルを考えて「East of R134(国道134号線東)」に変更した。
最初は書籍メモとして使っていたのだが、気づけば日記を併用するようになり、その日記もmixiで書き始めたので日記らしい日記は書かなくなり、もっぱら漫画の感想になった。
あとは海外(韓・華流除)ドラマやモータースポーツ(主にF1)のニュースや感想ブログになった。気づけば本当になんでもあり。

忘れた頃にカスタマイズトピックも書くが、基本が腐女子なので腐女子的内容になるかと思いきや、そこまで暴走していなかったブログ。

で、このブログ2004年2月中旬くらいに契約したのだが、最初から自作のテンプレを使いたくて、空いた時間に弄っていたので書き始めたのがそれから更に一ヶ月以上経った3月23日からとなった。この「ブログを始めた日」というのは書き始めた日なので実際には何日か不明。
てか、一般的には書き始めた日をブログを始めた日とするのか。ひとつ勉強になった。ただカスタマイズしているだけではダメだということだ。


このエントリは2810件目。

コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】記事の一部分のみ隠す001[改訂] 

【JUGEM】記事の一部分のみ隠す001[改訂]

カスタマイズ前にこちら(別窓)を必ず一読ください。

一連の「続きを読む」の折り畳みを応用して、記事の一部分を隠してみる。但し、この場合「続きを読む」の折り畳みスクリプトとの併用はできません。

尚、このスクリプトの原型はJUGEMカスタマイズ講座様へ。
JUGEMカスタマイズ講座様のスクリプトは「記事の内容」に書かれたものを折りたたんでいましたが、独自タグが増えた今、「記事の内容」に書かれた内容の一部を折り畳み、「記事の続き」に書かれた内容を表示させることによって記事の一部を隠せるようになった。
個別ページでも折りたたまれたままなので、レビューの際のネタバレ系に使えるはず。
今回「続きを読む」の折り畳み、[003]改訂に伴い、こちらも改訂します。

尚、今回の仕様はW3Cで定義されていない独自タグ(<org />)を使用するため、Another HTML-lint gatewayなどのHTML文法チェックをするとエラーもしくは警告がなされます。ご了承下さい。

つまりこんな感じで管理画面に書くことになる。
記事の内容
中原中也「生ひ立ちの歌」のIの途中を隠してみる。

      I

    幼年時
私の上に降る雪は 真綿のやうでありました

    少年時
私の上に降る雪は 霙のやうでありました
<org />
    十七―十九
私の上に降る雪は 霰のやうに散りました

    二十―二十二
私の上に降る雪は 雹であるかと思はれた

    二十三
私の上に降る雪は ひどい吹雪とみえました

    二十四
私の上に降る雪は いとしめやかになりました……

記事の続き
   II

私の上に降る雪は 花びらのやうに降つてきます
薪の燃える音もして 凍るみ空の黝む頃

私の上に降る雪は いとなよびかになつかしく 手を差伸べて降りました

私の上に降る雪は 熱い額に落ちもくる 涙のやうでありました

私の上に降る雪に いとねんごろに感謝して、神様に 長生したいと祈りました

私の上に降る雪は いと貞潔でありました
と書いた場合、この色の部分が折りたたまれて非表示になるようになる。

変更前
<!-- BEGIN entry -->
<div class="entry">
<div class="entry_title"><a href="{entry_permalink}">{entry_title}</a></div>
<div class="entry_date">{entry_date}|{entry_time}<br style="clear:both;" /></div>
<div class="entry_body">{entry_description}</div>
<div class="entry_more">{entry_sequel}</div>
<div class="entry_state">{user_name}|{category_name}|
{comment_num}|{trackback_num}|</div>
</div>
{trackback_auto_discovery}
<!-- END entry -->

変更後
<!-- BEGIN entry -->
<div class="entry">
<div class="entry_title"><a href="{entry_permalink}">{entry_title}</a></div>
<div class="entry_date">{entry_date}|{entry_time}<br style="clear:both;" /></div>
<div class="entry_body">{entry_description}
{top_entry_sequel}</div>
<div class="entry_state">{user_name}|{category_name}|
{comment_num}|{trackback_num}|</div>
</div>
{trackback_auto_discovery}
<!-- END entry -->
記事を内容に書く際、隠したい部分の前に<org />を入れ、隠した後の表示ささえたい部分を「記事の続き」に書く。

<!-- END entry -->のうしろに入れるJavaScriptファイルは以下。
JavaScriptファイル
<script type="text/javascript">
<!--
function initSequel(tagName,className) {
  if (!document.body.innerHTML) return;
  var viewMode = window.location.search;
  var objDiv = document.getElementsByTagName(tagName);
  for (var i=0;i<objDiv.length;i++) {
    if ( objDiv[i].className == className && objDiv[i].getElementsByTagName('org').length > 0 ) {
      var tmp = gTextSequel.length;
      var linkText = Array('<a class="toggleSequel" href="#" onclick="return toggleSequel(',tmp,')" onkeypress="return toggleSequel(',tmp,')">',gTextVisible,'<¥/a>').join('');
      gTextSequel[tmp] = new Array();
      gTextSequel[tmp].text = objDiv[i].innerHTML.replace(/<org ¥/>/i,'<ORG>');
      gTextSequel[tmp].flag = false;
      objDiv[i].setAttribute('id',Array('jugemEntryBody',tmp).join(''));
      objDiv[i].innerHTML = Array(gTextSequel[tmp].text.split(/<ORG¥/?>/i)[0],linkText).join('');
    }
  }
}
function toggleSequel(idNum) {
  if (!document.body.innerHTML) return false;
  var idName = Array('jugemEntryBody',idNum).join('');
  var objFocus = document.getElementById(idName);
  if (objFocus) {
    var tmpText = new Array();
    var bodyText = '';
    var linkText = (gTextSequel[idNum].flag) ? gTextVisible : gTextHidden;
    linkText = Array('<a class="toggleSequel" href="#" onclick="return toggleSequel(',idNum,')" onkeypress="return toggleSequel(',idNum,')">',linkText,'<¥/a>').join('');
    if (gTextSequel[idNum].flag) {
      bodyText = Array(gTextSequel[idNum].text.split(/<ORG¥/?>/i)[0],linkText).join('');
    } else {
      switch (gTextPosition) {
      case 0:
        bodyText = gTextSequel[idNum].text.split(/<ORG¥/?>/i).join(linkText);
        break;
      case 1:
        bodyText = Array(gTextSequel[idNum].text,linkText).join('<br />');
        break;
      case 2:
        bodyText = gTextSequel[idNum].text.split(/<ORG¥/?>/i).join(linkText);
        bodyText = Array(bodyText,linkText).join('<br ¥/>');
        break;
      }
    }
    gTextSequel[idNum].flag = (gTextSequel[idNum].flag) ? false : true;
    objFocus.innerHTML = bodyText;
  }
  return false;
}
gTextVisible = '↓[続きを表示]'; /* 「続き」を表示するためリンク */
gTextHidden = '↑[続きを隠す]'; /* 「続き」を隠すためのリンク */
gTextPosition = 0; /* 「続きを隠す」を表示する位置 0:「続き]の前 1:「続き」の後ろ 2:両方 */
gTextSequel = new Array();
initSequel('div','jgm_entry_desc_mark');

//配布元:http://nz.jugemers.net/log/eid37.html(JUGEMカスタマイズ講座)
//改造元:http://koda.jugem.cc/?eid=2788(East of R134)
// -->
</script>

 関連
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み002
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001[改訂]
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み002[改訂]
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み003
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001[再改定](20080504)
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み002[再改定](20080504)
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み003[改定]
【JUGEM】記事の一部分のみを隠す001
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み003[再改訂](20080505)
コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み003[再改訂](20080505) 

【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み003[再改訂](20080505)

カスタマイズ前にこちら(別窓)を一読ください。

尚、このスクリプトの原型はJUGEMカスタマイズ講座様へ。
JUGEMカスタマイズ講座様のスクリプトは「記事の内容」に書かれたものを折りたたんでいましたが、独自タグが増えた今、「記事の続き」に書かれた内容を折りたたみ、個別ページに行かなくても読めるようにしました。

今回は個別ページでも折りたたまれるように、改変してみました。尚、今回の仕様はW3Cで定義されていない独自タグ(<org />)を使用するため、Another HTML-lint gatewayなどのHTML文法チェックをするとエラーもしくは警告がなされます。ご了承下さい。

HTMLファイル内の記事部分に<div class="entry_body">〜</div>があることが前提となります。

また001[改訂]002[改訂]と同様、「記事の内容」に書いていて、途中で隠したくなった場合、アドバンス設定「記事の続き」に書かなくても、「<org />を入れればそこから折りたため、個別ページに行ってもそのまま折りたたまれています。

以前の[003]ではテンプレートによっては上手く作動しない場合があったため修正しました。
大半のテンプレートの場合、以前のものでも大丈夫ですが、ブラウザによっては作動しない場合もあります。

公式テンプレート「analogue」及び、analogueを元にカスタマイズし公開なさっているUTFテンプレートでは上手く作動しない場合がございます。

また、以前の[003]のスクリプトはトップページ及び、ページ表示、カテゴリ表示、アーカイブ表示で開閉を行った場合、「閉」のマークが二つ表示されてしまっていたため、今回その点を解消しました、

下準備としてHTMLファイルのエントリ表示部分(この色)を書き換え、cssファイルも書き加える。

変更前
<!-- BEGIN entry -->
<div class="entry">
<div class="entry_title"><a href="{entry_permalink}">{entry_title}</a></div>
<div class="entry_date">{entry_date}|{entry_time}<br style="clear:both;" /></div>
<div class="entry_body">{entry_description}</div>
<div class="entry_more">{entry_sequel}</div>
<div class="entry_state">{user_name}|{category_name}|
{comment_num}|{trackback_num}|</div>
</div>
{trackback_auto_discovery}
<!-- END entry -->

変更後
<!-- BEGIN entry -->
<div class="entry">
<div class="entry_title"><a href="{entry_permalink}">{entry_title}</a></div>
<div class="entry_date">{entry_date}|{entry_time}<br style="clear:both;" /></div>
<div class="entry_body">{entry_description}
<!-- BEGIN entry_sequel_link -->
<a name="{entry_sequel_id}" id="{entry_sequel_id}"></a><org />
<!-- END entry_sequel_link -->
{top_entry_sequel}
</div>
<div class="entry_state">{user_name}|{category_name}|
{comment_num}|{trackback_num}|</div>
</div>
{trackback_auto_discovery}
<!-- END entry -->

cssファイル
.orgnone { display: none;}
body#eid .orgnone { display: block;}

※折り畳み部分に記事を書く場合は、アドバンス設定「記事の続き」を書く際、最初に「<div class="orgnone"><org /></div>」を必ず入れること。入れなければ個別ページに飛んだ際、折りたたまれません。
<!-- END entry -->のうしろに入れるJavaScriptファイルは以下。
JavaScriptファイル
<script type="text/javascript">
<!--
function initSequel(tagName,className) {
  if (!document.body.innerHTML) return;
  var viewMode = window.location.search;
  var objDiv = document.getElementsByTagName(tagName);
  for (var i=0;i<objDiv.length;i++) {
    if ( objDiv[i].className == className && objDiv[i].getElementsByTagName('org').length > 0 ) {
      var tmp = gTextSequel.length;
      var linkText = Array('<a class="toggleSequel" href="#" onclick="return toggleSequel(',tmp,')" onkeypress="return toggleSequel(',tmp,')">',gTextVisible,'<¥/a>').join('');
      gTextSequel[tmp] = new Array();
      gTextSequel[tmp].text = objDiv[i].innerHTML.replace(/<org ¥/>/i,'<ORG>');
      gTextSequel[tmp].flag = false;
      objDiv[i].setAttribute('id',Array('jugemEntryBody',tmp).join(''));
      objDiv[i].innerHTML = Array(gTextSequel[tmp].text.split(/<ORG¥/?>/i)[0],linkText).join('');
    }
  }
}
function toggleSequel(idNum) {
  if (!document.body.innerHTML) return false;
  var idName = Array('jugemEntryBody',idNum).join('');
  var objFocus = document.getElementById(idName);
  if (objFocus) {
    var tmpText = new Array();
    var bodyText = '';
    var linkText = (gTextSequel[idNum].flag) ? gTextVisible : gTextHidden;
    linkText = Array('<a class="toggleSequel" href="#" onclick="return toggleSequel(',idNum,')" onkeypress="return toggleSequel(',idNum,')">',linkText,'<¥/a>').join('');
    if (gTextSequel[idNum].flag) {
      bodyText = Array(gTextSequel[idNum].text.split(/<ORG¥/?>/i)[0],linkText).join('');
    } else {
      switch (gTextPosition) {
      case 0:
        bodyText = gTextSequel[idNum].text.split(/<ORG¥/?>/i).join(linkText);
        break;
      case 1:
        bodyText = Array(gTextSequel[idNum].text,linkText).join('<br ¥/>');
        break;
      case 2:
        bodyText = gTextSequel[idNum].text.split(/<ORG¥/?>/i).join(linkText);
        bodyText = Array(bodyText,linkText).join('<br ¥/>');
        break;
      }
    }
    gTextSequel[idNum].flag = (gTextSequel[idNum].flag) ? false : true;
    objFocus.innerHTML = bodyText;
  }
  return false;
}
gTextVisible = '↓[続きを表示]'; /* 「続き」を表示するためリンク */
gTextHidden = '↑[続きを隠す]'; /* 「続き」を隠すためのリンク */
gTextPosition = 0; /* 「続きを隠す」を表示する位置 0:「続き]の前 1:「続き」の後ろ 2:両方 */
gTextSequel = new Array();
initSequel('div','entry_body');

//配布元:http://nz.jugemers.net/log/eid37.html(JUGEMカスタマイズ講座)
//改造元:http://koda.jugem.cc/?eid=2787(East of R134)
// -->
</script>

 関連
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み002
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001[改訂]
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み002[改訂]
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み003
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001[再改定](20080504)
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み002[再改定](20080504)
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み003[改定]
【JUGEM】記事の一部分のみを隠す001
コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 1 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】記事の一部分のみ隠す001 

【JUGEM】記事の一部分のみ隠す001

カスタマイズ前にこちら(別窓)を必ず一読ください。

最新版:2008.05.05 【JUGEM】記事の一部分のみ隠す001[改訂]

一連の「続きを読む」の折り畳みを応用して、記事の一部分を隠してみる。但し、この場合「続きを読む」の折り畳みスクリプトとの併用はできない。

尚、このスクリプトの原型はJUGEMカスタマイズ講座様へ。
JUGEMカスタマイズ講座様のスクリプトは「記事の内容」に書かれたものを折りたたんでいましたが、独自タグが増えた今、「記事の内容」に書かれた内容の一部を折り畳み、「記事の続き」に書かれた内容を表示させることによって記事の一部を隠せるようになった。
個別ページでも折りたたまれたままなので、レビューの際のネタバレ系に使えるはず。

尚、今回の仕様はW3Cで定義されていない独自タグ(<org />)を使用するため、Another HTML-lint gatewayなどのHTML文法チェックをするとエラーもしくは警告がなされます。ご了承下さい。

つまりこんな感じで管理画面に書くことになる。
記事の内容
中原中也「生ひ立ちの歌」のIの途中を隠してみる。

      I

    幼年時
私の上に降る雪は 真綿のやうでありました

    少年時
私の上に降る雪は 霙のやうでありました
<org />
    十七―十九
私の上に降る雪は 霰のやうに散りました

    二十―二十二
私の上に降る雪は 雹であるかと思はれた

    二十三
私の上に降る雪は ひどい吹雪とみえました

    二十四
私の上に降る雪は いとしめやかになりました……

記事の続き
   II

私の上に降る雪は 花びらのやうに降つてきます
薪の燃える音もして 凍るみ空の黝む頃

私の上に降る雪は いとなよびかになつかしく 手を差伸べて降りました

私の上に降る雪は 熱い額に落ちもくる 涙のやうでありました

私の上に降る雪に いとねんごろに感謝して、神様に 長生したいと祈りました

私の上に降る雪は いと貞潔でありました
と書いた場合、この色の部分が折りたたまれて非表示になるようになる。

変更前
<!-- BEGIN entry -->
<div class="entry">
<div class="entry_title"><a href="{entry_permalink}">{entry_title}</a></div>
<div class="entry_date">{entry_date}|{entry_time}<br style="clear:both;" /></div>
<div class="entry_body">{entry_description}</div>
<div class="entry_more">{entry_sequel}</div>
<div class="entry_state">{user_name}|{category_name}|
{comment_num}|{trackback_num}|</div>
</div>
{trackback_auto_discovery}
<!-- END entry -->

変更後
<!-- BEGIN entry -->
<div class="entry">
<div class="entry_title"><a href="{entry_permalink}">{entry_title}</a></div>
<div class="entry_date">{entry_date}|{entry_time}<br style="clear:both;" /></div>
<div class="entry_body">{entry_description}
{top_entry_sequel}</div>
<div class="entry_state">{user_name}|{category_name}|
{comment_num}|{trackback_num}|</div>
</div>
{trackback_auto_discovery}
<!-- END entry -->
記事を内容に書く際、隠したい部分の前に<org />を入れ、隠した後の表示ささえたい部分を「記事の続き」に書く。

<!-- END entry -->のうしろに入れるJavaScriptファイルは以下。
JavaScriptファイル
<script type="text/javascript">
<!--
  var objDiv = document.getElementsByTagName(tagName);
  for (var i=0;i<objDiv.length;i++) {
    if ( objDiv[i].className == className && objDiv[i].getElementsByTagName('org').length > 0 ) {
      var tmp = gTextSequel.length;
      var linkText = Array('<a class="toggleSequel" href="#" onclick="return toggleSequel(',tmp,')" onkeypress="return toggleSequel(',tmp,')">',gTextVisible,'<¥/a>').join('');
      gTextSequel[tmp] = new Array();
      gTextSequel[tmp].text = objDiv[i].innerHTML.replace(/<org ¥/>/i,'<ORG>');
      gTextSequel[tmp].flag = false;
      objDiv[i].setAttribute('id',Array('jugemEntryBody',tmp).join(''));
      objDiv[i].innerHTML = Array(gTextSequel[tmp].text.split(/<ORG¥/?>/i)[0],linkText).join('');
  }
}
function toggleSequel(idNum) {
  if (!document.body.innerHTML) return false;
  var idName = Array('jugemEntryBody',idNum).join('');
  var objFocus = document.getElementById(idName);
  if (objFocus) {
    var tmpText = new Array();
    var bodyText = '';
    var linkText = (gTextSequel[idNum].flag) ? gTextVisible : gTextHidden;
    linkText = Array('<a class="toggleSequel" href="#" onclick="return toggleSequel(',idNum,')" onkeypress="return toggleSequel(',idNum,')">',linkText,'<¥/a>').join('');
    if (gTextSequel[idNum].flag) {
      bodyText = Array(gTextSequel[idNum].text.split(/<ORG¥/?>/i)[0],linkText).join('');
    } else {
      switch (gTextPosition) {
      case 0:
        bodyText = gTextSequel[idNum].text.split(/<ORG¥/?>/i).join(linkText);
        break;
      case 1:
        bodyText = Array(gTextSequel[idNum].text,linkText).join('<br />');
        break;
      case 2:
        bodyText = gTextSequel[idNum].text.split(/<ORG¥/?>/i).join(linkText);
        bodyText = Array(bodyText,linkText).join('<br ¥/>');
        break;
      }
    }
    gTextSequel[idNum].flag = (gTextSequel[idNum].flag) ? false : true;
    objFocus.innerHTML = bodyText;
  }
  return false;
}
gTextVisible = '↓[続きを表示]'; /* 「続き」を表示するためリンク */
gTextHidden = '↑[続きを隠す]'; /* 「続き」を隠すためのリンク */
gTextPosition = 0; /* 「続きを隠す」を表示する位置 0:「続き]の前 1:「続き」の後ろ 2:両方 */
gTextSequel = new Array();
initSequel('div','jgm_entry_desc_mark');

//配布元:http://nz.jugemers.net/log/eid37.html(JUGEMカスタマイズ講座)
//改造元:http://koda.jugem.cc/?eid=2784(East of R134)
// -->
</script>

 関連
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み002
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001[改訂]
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み002[改訂]
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み003
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001[再改定](20080504)
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み002[再改定](20080504)
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み003[改訂]
コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み003[改訂] 

【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み003[改訂]

カスタマイズ前にこちら(別窓)と【JUGEM】独自タグ一部変更に伴う注意点(別窓)を一読ください。

最新版:2008.05.05 【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み003[再改訂](20080505)

尚、このスクリプトの原型はJUGEMカスタマイズ講座様へ。
JUGEMカスタマイズ講座様のスクリプトは「記事の内容」に書かれたものを折りたたんでいましたが、独自タグが増えた今、「記事の続き」に書かれた内容を折りたたみ、個別ページに行かなくても読めるようにしました。

今回は個別ページでも折りたたまれるように、改変してみました。尚、今回の仕様はW3Cで定義されていない独自タグ(<org />)を使用するため、Another HTML-lint gatewayなどのHTML文法チェックをするとエラーもしくは警告がなされます。ご了承下さい。

HTMLファイル内の記事部分に<div class="entry_body">〜</div>があることが前提となります。

また001[改訂]002[改訂]と同様、「記事の内容」に書いていて、途中で隠したくなった場合、アドバンス設定「記事の続き」に書かなくても、「<org />を入れればそこから折りたため、個別ページに行ってもそのまま折りたたまれています。

以前の[003]ではテンプレートによっては上手く作動しない場合があったため修正しました。
大半のテンプレートの場合、以前のものでも大丈夫ですが、ブラウザによっては作動しない場合もあります。

下準備としてHTMLファイルのエントリ表示部分(この色)を書き換える。尚、cssファイルの下準備は必要ありません。

変更前
<!-- BEGIN entry -->
<div class="entry">
<div class="entry_title"><a href="{entry_permalink}">{entry_title}</a></div>
<div class="entry_date">{entry_date}|{entry_time}<br style="clear:both;" /></div>
<div class="entry_body">{entry_description}</div>
<div class="entry_more">{entry_sequel}</div>
<div class="entry_state">{user_name}|{category_name}|
{comment_num}|{trackback_num}|</div>
</div>
{trackback_auto_discovery}
<!-- END entry -->

変更後
<!-- BEGIN entry -->
<div class="entry">
<div class="entry_title"><a href="{entry_permalink}">{entry_title}</a></div>
<div class="entry_date">{entry_date}|{entry_time}<br style="clear:both;" /></div>
<div class="entry_body">{entry_description}
<!-- BEGIN entry_sequel_link -->
<a name="{entry_sequel_id}" id="{entry_sequel_id}"></a><org />
<!-- END entry_sequel_link -->
{top_entry_sequel}
</div>
<div class="entry_state">{user_name}|{category_name}|
{comment_num}|{trackback_num}|</div>
</div>
{trackback_auto_discovery}
<!-- END entry -->
※折り畳み部分に記事を書く場合は、アドバンス設定「記事の続き」を書く際、最初に「<org />」を必ず入れること。入れなければ個別ページに飛んだ際、折りたたまれません。
<!-- END entry -->のうしろに入れるJavaScriptファイルは以下。
JavaScriptファイル[2008.05.05,0:10修正]
<script type="text/javascript">
<!--
function initSequel(tagName,className) {
  var objDiv = document.getElementsByTagName(tagName);
  for (var i=0;i<objDiv.length;i++) {
    if ( objDiv[i].className == className && objDiv[i].getElementsByTagName('org').length > 0 ) {
      var tmp = gTextSequel.length;
      var linkText = Array('<a class="toggleSequel" href="#" onclick="return toggleSequel(',tmp,')" onkeypress="return toggleSequel(',tmp,')">',gTextVisible,'<¥/a>').join('');
      gTextSequel[tmp] = new Array();
      gTextSequel[tmp].text = objDiv[i].innerHTML.replace(/<org ¥/>/i,'<ORG>');
      gTextSequel[tmp].flag = false;
      objDiv[i].setAttribute('id',Array('jugemEntryBody',tmp).join(''));
      objDiv[i].innerHTML = Array(gTextSequel[tmp].text.split(/<ORG¥/?>/i)[0],linkText).join('');
    }
  }
}
function toggleSequel(idNum) {
  if (!document.body.innerHTML) return false;
  var idName = Array('jugemEntryBody',idNum).join('');
  var objFocus = document.getElementById(idName);
  if (objFocus) {
    var tmpText = new Array();
    var bodyText = '';
    var linkText = (gTextSequel[idNum].flag) ? gTextVisible : gTextHidden;
    linkText = Array('<a class="toggleSequel" href="#" onclick="return toggleSequel(',idNum,')" onkeypress="return toggleSequel(',idNum,')">',linkText,'<¥/a>').join('');
    if (gTextSequel[idNum].flag) {
      bodyText = Array(gTextSequel[idNum].text.split(/<ORG¥/?>/i)[0],linkText).join('');
    } else {
      switch (gTextPosition) {
      case 0:
        bodyText = gTextSequel[idNum].text.split(/<ORG¥/?>/i).join(linkText);
        break;
      case 1:
        bodyText = Array(gTextSequel[idNum].text,linkText).join('<br />');
        break;
      case 2:
        bodyText = gTextSequel[idNum].text.split(/<ORG¥/?>/i).join(linkText);
        bodyText = Array(bodyText,linkText).join('<br ¥/>');
        break;
      }
    }
    gTextSequel[idNum].flag = (gTextSequel[idNum].flag) ? false : true;
    objFocus.innerHTML = bodyText;
  }
  return false;
}
gTextVisible = '↓[続きを表示]'; /* 「続き」を表示するためリンク */
gTextHidden = '↑[続きを隠す]'; /* 「続き」を隠すためのリンク */
gTextPosition = 0; /* 「続きを隠す」を表示する位置 0:「続き]の前 1:「続き」の後ろ 2:両方 */
gTextSequel = new Array();
initSequel('div','entry_body');

//配布元:http://nz.jugemers.net/log/eid37.html(JUGEMカスタマイズ講座)
//改造元:http://koda.jugem.cc/?eid=2783(East of R134)
// -->
</script>

 関連
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み002
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001[改訂]
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み002[改訂]
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み003
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001[再改定](20080504)
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み002[再改定](20080504)
コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*5 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み002[再改訂](20080504) 

【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み002[再改訂](20080504)

カスタマイズ前にこちら(別窓)と【JUGEM】独自タグ一部変更に伴う注意点(別窓)を一読ください。

尚、このスクリプトの原型はJUGEMカスタマイズ講座様へ。
JUGEMカスタマイズ講座様のスクリプトは「記事の内容」に書かれたものを折りたたんでいましたが、独自タグが増えた今、「記事の続き」に書かれた内容を折りたたみ、個別ページに行かなくても読めるようにしました。
尚、JUGEMの仕様で個別ページで折りたたむのは無理です。【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み003[改訂]で対応済。

HTMLファイル内の記事部分に<div class="entry_body">〜</div>があることが前提となります。

また今回はW3Cで定義されていない独自タグ(<org />)を使用するため、Another HTML-lint gatewayなどのHTML文法チェックをするとエラーもしくは警告がなされます。ご了承下さい。

以前の改訂版ではテンプレートによっては上手く作動しない場合があったため修正しました。
大半のテンプレートの場合、以前のものでも大丈夫ですが、ブラウザによっては作動しない場合もあります。

下準備としてHTMLファイルのエントリ表示部分(この色)を書き換える。尚、cssファイルの下準備は必要ありません。

変更前
<!-- BEGIN entry -->
<div class="entry">
<div class="entry_title"><a href="{entry_permalink}">{entry_title}</a></div>
<div class="entry_date">{entry_date}|{entry_time}<br style="clear:both;" /></div>
<div class="entry_body">{entry_description}</div>
<div class="entry_more">{entry_sequel}</div>
<div class="entry_state">{user_name}|{category_name}|
{comment_num}|{trackback_num}|</div>
</div>
{trackback_auto_discovery}
<!-- END entry -->

変更後
<!-- BEGIN entry -->
<div class="entry">
<div class="entry_title"><a href="{entry_permalink}">{entry_title}</a></div>
<div class="entry_date">{entry_date}|{entry_time}<br style="clear:both;" /></div>
<div class="entry_body">{entry_description}
<!-- BEGIN entry_sequel_link -->
<a name="{entry_sequel_id}" id="{entry_sequel_id}"></a><org />
<!-- END entry_sequel_link -->
{top_entry_sequel}
</div>
<div class="entry_state">{user_name}|{category_name}|
{comment_num}|{trackback_num}|</div>
</div>
{trackback_auto_discovery}
<!-- END entry -->
<!-- END entry -->のうしろに入れるJavaScriptファイルは以下。

JavaScriptファイル
<script type="text/javascript">
<!--
function initSequel(tagName,className) {
  if (!document.body.innerHTML) return;
  var viewMode = window.location.search;
  if ( viewMode.indexOf('?mode=comment') > -1 || viewMode.indexOf('?eid=') > -1 ) return;
  var objDiv = document.getElementsByTagName(tagName);
  for (var i=0;i<objDiv.length;i++) {
    if ( objDiv[i].className == className && objDiv[i].getElementsByTagName('org').length > 0 ) {
      var tmp = gTextSequel.length;
      var linkText = Array('<a class="toggleSequel" href="#" onclick="return toggleSequel(',tmp,')" onkeypress="return toggleSequel(',tmp,')">',gTextVisible,'<¥/a>').join('');
      gTextSequel[tmp] = new Array();
      gTextSequel[tmp].text = objDiv[i].innerHTML.replace(/<org ¥/>/i,'<ORG>');
      gTextSequel[tmp].flag = false;
      objDiv[i].setAttribute('id',Array('jugemEntryBody',tmp).join(''));
      objDiv[i].innerHTML = Array(gTextSequel[tmp].text.split(/<ORG¥/?>/i)[0],linkText).join('');
    }
  }
}
function toggleSequel(idNum) {
  if (!document.body.innerHTML) return false;
  var idName = Array('jugemEntryBody',idNum).join('');
  var objFocus = document.getElementById(idName);
  if (objFocus) {
    var tmpText = new Array();
    var bodyText = '';
    var linkText = (gTextSequel[idNum].flag) ? gTextVisible : gTextHidden;
    linkText = Array('<a class="toggleSequel" href="#" onclick="return toggleSequel(',idNum,')" onkeypress="return toggleSequel(',idNum,')">',linkText,'<¥/a>').join('');
    if (gTextSequel[idNum].flag) {
      bodyText = Array(gTextSequel[idNum].text.split(/<ORG¥/?>/i)[0],linkText).join('');
    } else {
      switch (gTextPosition) {
      case 0:
        bodyText = gTextSequel[idNum].text.split(/<ORG¥/?>/i).join(linkText);
        break;
      case 1:
        bodyText = Array(gTextSequel[idNum].text,linkText).join('<br ¥/>');
        break;
      case 2:
        bodyText = gTextSequel[idNum].text.split(/<ORG¥/?>/i).join(linkText);
        bodyText = Array(bodyText,linkText).join('<br ¥/>');
        break;
      }
    }
    gTextSequel[idNum].flag = (gTextSequel[idNum].flag) ? false : true;
    objFocus.innerHTML = bodyText;
  }
  return false;
}
gTextVisible = '↓[続きを表示]'; /* 「続き」を表示するためリンク */
gTextHidden = '↑[続きを隠す]'; /* 「続き」を隠すためのリンク */
gTextPosition = 0; /* 「続きを隠す」を表示する位置 0:「続き]の前 1:「続き」の後ろ 2:両方 */
gTextSequel = new Array();
initSequel('div','entry_body');

//配布元:http://nz.jugemers.net/log/eid37.html(JUGEMカスタマイズ講座)
//改造元:http://koda.jugem.cc/?eid=2782(East of R134)
// -->
</script>

 関連
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み002
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001[改訂]
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み002[改訂]
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み003
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001[再改定](20080504)
コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001[再改定](20080504) 

【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001[再改定](20080504)

カスタマイズ前にこちら(別窓)と【JUGEM】独自タグ一部変更に伴う注意点(別窓)を一読ください。

尚、このスクリプトの原型はJUGEMカスタマイズ講座様へ。
JUGEMカスタマイズ講座様のスクリプトは「記事の内容」に書かれたものを折りたたんでいましたが、独自タグが増えた今、「記事の続き」に書かれた内容を折りたたみ、個別ページに行かなくても読めるようにしました。
尚、JUGEMの仕様で個別ページで折りたたむのは無理です。【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み003[改訂]で対応済。

下準備としてHTMLファイルのエントリ表示部分(この色)を書き換える。尚、cssファイルの下準備は配布元のJUGEMカスタマイズ講座様を参考になさってください。

またHTMLファイル内の記事部分に<div class="entry_body">〜</div>があることが前提となります。


以前の改訂版ではテンプレートによっては上手く作動しない場合があったため修正しました。
大半のテンプレートの場合、以前のものでも大丈夫ですが、ブラウザによっては作動しない場合もあります。

変更前
<!-- BEGIN entry -->
<div class="entry">
<div class="entry_title"><a href="{entry_permalink}">{entry_title}</a></div>
<div class="entry_date">{entry_date}|{entry_time}<br style="clear:both;" /></div>
<div class="entry_body">{entry_description}</div>
<div class="entry_more">{entry_sequel}
</div>
<div class="entry_state">{user_name}|{category_name}|
{comment_num}|{trackback_num}|</div>
</div>
{trackback_auto_discovery}
<!-- END entry -->

変更後
<!-- BEGIN entry -->
<div class="entry">
<div class="entry_title"><a href="{entry_permalink}">{entry_title}</a></div>
<div class="entry_date">{entry_date}|{entry_time}<br style="clear:both;" /></div>
<div class="entry_body">{entry_description}
<!-- BEGIN entry_sequel_link -->
<a name="{entry_sequel_id}" id="{entry_sequel_id}"></a><hr /><br />
<!-- END entry_sequel_link -->
{top_entry_sequel}
</div>
<div class="entry_state">{user_name}|{category_name}|
{comment_num}|{trackback_num}|</div>
</div>
{trackback_auto_discovery}
<!-- END entry -->
「続きを読む」を<div class="entry_body">〜<</div>内に入れてしまいます。つまり<div class="entry_more">〜</div>は使わないので「続きを読む」に書かれた内容だけのスタイルを変更することは無理になります。

<!-- END entry -->のうしろに入れるJavaScriptファイルは以下。

JavaScriptファイル
<script type="text/javascript">
<!--
function initSequel(tagName,className) {
  if (!document.body.innerHTML) return;
  var viewMode = window.location.search;
  if ( viewMode.indexOf('?mode=comment') > -1 || viewMode.indexOf('?eid=') > -1 ) return;
  var objDiv = document.getElementsByTagName(tagName);
  for (var i=0;i<objDiv.length;i++) {
    if ( objDiv[i].className == className && objDiv[i].getElementsByTagName('hr').length > 0 ) {
      var tmp = gTextSequel.length;
      var linkText = Array('<a class="toggleSequel" href="#" onclick="return toggleSequel(',tmp,')" onkeypress="return toggleSequel(',tmp,')">',gTextVisible,'<¥/a>').join('');
      gTextSequel[tmp] = new Array();
      gTextSequel[tmp].text = objDiv[i].innerHTML.replace(/<hr ¥/>/i,'<HR>');
      gTextSequel[tmp].flag = false;
      objDiv[i].setAttribute('id',Array('jugemEntryBody',tmp).join(''));
      objDiv[i].innerHTML = Array(gTextSequel[tmp].text.split(/<HR¥/?>/i)[0],linkText).join('');
    }
  }
}
function toggleSequel(idNum) {
  if (!document.body.innerHTML) return false;
  var idName = Array('jugemEntryBody',idNum).join('');
  var objFocus = document.getElementById(idName);
    var tmpText = new Array();
    var bodyText = '';
    var linkText = (gTextSequel[idNum].flag) ? gTextVisible : gTextHidden;
    linkText = Array('<a class="toggleSequel" href="#" onclick="return toggleSequel(',idNum,')" onkeypress="return toggleSequel(',idNum,')">',linkText,'<¥/a>').join('');
    if (gTextSequel[idNum].flag) {
      bodyText = Array(gTextSequel[idNum].text.split(/<HR¥/?>/i)[0],linkText).join('');
    } else {
      switch (gTextPosition) {
      case 0:
        bodyText = gTextSequel[idNum].text.split(/<HR¥/?>/i).join(linkText);
        break;
      case 1:
        bodyText = Array(gTextSequel[idNum].text,linkText).join('<br ¥/>');
        break;
      case 2:
        bodyText = gTextSequel[idNum].text.split(/<HR¥/?>/i).join(linkText);
        bodyText = Array(bodyText,linkText).join('<br ¥/>');
        break;
      }
    }
    gTextSequel[idNum].flag = (gTextSequel[idNum].flag) ? false : true;
    objFocus.innerHTML = bodyText;
  }
  return false;
}
gTextVisible = '↓[続きを表示]'; /* 「続き」を表示するためリンク */
gTextHidden = '↑[続きを隠す]'; /* 「続き」を隠すためのリンク */
gTextPosition = 0; /* 「続きを隠す」を表示する位置 0:「続き]の前 1:「続き」の後ろ 2:両方 */
gTextSequel = new Array();
initSequel('div','entry_body');

//配布元:http://nz.jugemers.net/log/eid37.html(JUGEMカスタマイズ講座)
//改造元:http://koda.jugem.cc/?eid=2781(East of R134)
// -->
</script>

 関連
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み002
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み001[改訂]
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み002[改訂]
【JUGEM】「続きを読む」の折り畳み003
コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog IE,Safariでcssが無視されていた件 

IE,Safariでcssが無視されていた件

気づけば1500日を迎えたわけで。非公開の、下書き段階の記事を除くと2672件のエントリをしてきた。一日2件とまではいかないが、一日あたり1.78件。多分こんな感じで2000日もJUGEMがサービスを続ける限りはここで続けていくのだろうな。
過去、何度か(規約や、いきなりの独自タグの悪改で)移転するべと騒いだが、結局出て行くまでには至っていない。
まず、ここまで自由にカスタマイズできるレンタルサービスが少ないということ。次に規約の問題、サーバーの快適性、使い勝手を追究すると結局出てくるのはWPの自設置。
ここのログを移動させて快適にWPを動かせる有料鯖を今持っていないのも出て行くのを躊躇わせる一因だ。

でも最大の要因はテキスト容量無制限はサービスとして当たり前になっている現在。しかし画像容量は有料でもJUGEMの場合1Gのところが、無料なのに画像容量が無制限ということ。これに限る。
さて、基本Firefoxで作業しているのだが、今回テンプレートを変えたとき、IEでのあまりの崩れっぷりにびっくりした。
Safariではリンクやフォントの指定が無視されるということが多々あったが、レイアウトまで崩れたのは初めてだったので、マジびっくり。

原因は何なのか、と探るが解らず。いくつかのブログパーツと広告を外し、JavaScriptでランダムに表示していた広告も今回を機にcgiで動くものに変更。
それでも解決せず。読み込みきってから崩れるので<head>〜</head>内のJavaScriptではないなと思い、</body>直前の外部読み込みしているJavaScriptファイルを一つずつ非表示にしていき確認すると原因が判明。

Amazonの商品プレビュー用のJavaScriptファイル。こいつの中にエラーが。
書籍のタイトルやAmazonバナーにリンクを貼っても表紙が解らなければ味気ないなと思っていたときにこの機能を知って、オンマウスで書籍などの画像が見られるので重宝していたのだが、どうやらウチで入れている他のJavaScriptと相性が悪いらしい。もしかしたら単独でもエラーが出るのかもしれないが。

まぁ、かなり読み込みに時間もかかっていたし、しょうがないと外すことに対して諦めはついた。
しかし、Firefoxユーザーが言うのもなんだが、未だに根強いユーザー数を誇っているIEでエラーが出るスクリプトというのも如何なものだろうか。

コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】新管理画面014 

【JUGEM】新管理画面014

新管理者ページがもっと使いやすくヴァージョンアップしました!&旧管理者ページと同様に記事が投稿できる"シンプルエディター"追加ということで、久々に新管理者モードでの投稿。
しかし新管理者ページのお知らせブログだけの説明ではどうすれば切り替わるのかという肝心な部分は解らない。FAQのシンプルエディターへの切り替え方法を見ないといけない。

個人的には記事の投稿以外の画像のアップロード、テンプレ編集は新管理者画面のほうが便利なので新管理者画面からやていた。特に画像関係は、記事への挿入は旧管理画面のほうがやりやすいが、テンプレにつかう場合は新管理者画面でやるほうが見やすいし、使いやすい。

今回の旧管理者ページと同様に記事が投稿できる"シンプルエディター"追加に伴って、問題視していた正しいXHTMLの書き出しが可能となったのでこれからは新管理者モードでの投稿にしようかなと思ったのだが、記事の編集ページへのリンクを作成する(JUGEM正式版対応版)は簡単にスクリプトの書き換えが出来るが、JUGEM絵文字入力支援スクリプト Ver2JUGEMタグ入力支援スクリプト(タグ追加)の書き換えが面倒くさい。まずはstroll::blogさんの鯖にあるスクリプトデータをDLしなけばいけないのだが……。

まあ旧管理者モードから投稿時のping送信先の選択とトラックバック自動検出の機能がなくなったようだ。投稿時のping送信先選択は結構重宝していたのだが残念。
【JUGEM】新管理画面007で書いた要望の結果は以下のようになった。
  1. どのブラウザでWYSIWYG(WYSWYG)モードを使っても正しいXHTML1.0で書き出されるように
  2. 基本設定で記事投稿の初期設定を「WYSIWYGモード」か「HTMLモード」か選べるように
  3. 画像の複数一括アップロード
  4. 「記事の続き」は「記事を書く」と同じ画面
  5. 基本設定で自動改行「する」「しない」の一括設定
  6. 基本設定でコメントを「受け付ける」「受け付けない」の一括設定
  7. 基本設定でトラックバックを「受け付ける」「受け付けない」の一括設定
  8. 個別ページでのPING送信先設定
  9. トラックバック先URLの自動検知ボタン
打ち消し線が入っているものは実装されなかったもの。
1.は2.があるのでもういいかという気にはなった。

 関連
【JUGEM】新管理画面001【JUGEM】新管理画面002【JUGEM】新管理画面003
【JUGEM】新管理画面004【JUGEM】新管理画面005【JUGEM】新管理画面006
【JUGEM】新管理画面007【JUGEM】新管理画面008【JUGEM】新管理画面009
【JUGEM】新管理画面010【JUGEM】新管理画面011【JUGEM】新管理画面012
【JUGEM】新管理画面013

コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*1 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】新管理画面013 

【JUGEM】新管理画面013

新管理者ページ「アンケート」にご協力ください。(JUGEMお知らせブログ)新しい管理者ページ「アンケート」にご協力ください。(新管理者ページに関する情報)にあるようにアンケートが始まった。

基本的には選択方式のアンケート。
改善を求む者ならば真剣に答えなければならない。ただ、選択方式のアンケートなので、機能改善を望むにはアンケート項目を見る限りでは痒いところに手が届いているとは言いがたい。比較対照の意見を書くスペースが最後の項目にしかないので、新管理画面が旧管理画面と比べ、どこが優れていて、どこが劣っているのかと事細かに書くことはできない。
結局、そういうことを書きたければメールしろ、ということなのか。

アンケートは完結なほうが、確かにいい。
だが機能改善を望むものに対するアンケートはお手軽であってはいけない。お手軽というのは、人によっては質問事項を真剣に読まなかったり、アンケートそのものを適当と捉える者だっている。適当に問題点があっても「良い」と答える。そしてそういう者に限って不具合が起こると文句をつける。

で、何度やってもアンケートが送信されず、ID/PW画面に戻る。一度だけ、確認ページに行けたけど、送信ボタンを押したら戻った。
Cookieは有効になっているし、セキュリティソフトも、切りたくないのに、切って試してみたのに。
一体、何がいけないんでしょうか。クレーマーな私のアンケートを受け付けたくないんでしょうか。
とりあえず、今日は辞めて、明日以降にでも。とりあえず4月末の14:00までにはアンケートに回答したいな、と。

個人的に新管理者ページの、記事一括処理機能や、テンプレート編集エリアが広がった点は使いやすいと思う。だがその利点を有り余るXHTML1.0が挿入・書き出されないという欠点が新管理者ページのマイナスイメージに繋がっている。

コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】新管理画面012 

【JUGEM】新管理画面012

JUGEMテーマ:JUGEM
【JUGEM】新管理画面009で、斜めを行った答えが返ってきた。と嘆いてみたが、一つは完全にこちらの読解力のなさが原因だった。
画像の件は納得がいかず、再質問し、また新管理者画面への移行が気になったので質問した。

ドラッグ&ドロップ機能は、サムネイルを挿入させるための機能ではなかった
【JUGEM】新管理画面006を書いた頃の「

ドラッグ&ドロップではサムネイル画像が挿入されます

」にはドラッグ&ドロップはサムネイルが挿入されるので使うな。という意味が込められていた模様。現在は表現が「

※ドラッグ&ドロップでは正しく画像の挿入がされません

」と修正されている。

で、もう一つ気になっていた新管理画面のへの移行に関しては、一切、未定。
時期、未定。決まり次第、お知らせメールやお知らせブログで告知するということしか決まっていない。
また、新管理者ページのアドレスも旧管理者ページの/admin/になるのか、それとも/manage/のままなのか、はたまた別のフォルダになるのか、決まっていない
URLが旧管理者ページとならないのであれば、旧管理者ページも残してくれるのかな? なんて淡い期待を抱いてしまう。

 関連
【JUGEM】新管理画面001【JUGEM】新管理画面002【JUGEM】新管理画面003
【JUGEM】新管理画面004【JUGEM】新管理画面005【JUGEM】新管理画面006
【JUGEM】新管理画面007【JUGEM】新管理画面008【JUGEM】新管理画面009
【JUGEM】新管理画面010【JUGEM】新管理画面010

コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】新管理画面011 

【JUGEM】新管理画面011

JUGEMテーマ:JUGEM
【JUGEM】新管理画面007で以下のように書いた。
以下、今のところ思いつく、変更・実装して欲しい機能。
  1. どのブラウザでWYSIWYG(WYSWYG)モードを使っても正しいXHTML1.0で書き出されるように
  2. 基本設定で記事投稿の初期設定を「WYSIWYGモード」か「HTMLモード」か選べるように
  3. 画像の複数一括アップロード
  4. 「記事の続き」は「記事を書く」と同じ画面
  5. 基本設定で自動改行「する」「しない」の一括設定
  6. 基本設定でコメントを「受け付ける」「受け付けない」の一括設定
  7. 基本設定でトラックバックを「受け付ける」「受け付けない」の一括設定
  8. 個別ページでのPING送信先設定
  9. トラックバック先URLの自動検知ボタン
この色は新管理画面特有と、現在実装されていない機能に関して。色の変更がないものは、旧管理画面では実装されていたもの。
 駄菓子菓子 だがしかし、新しい管理者ページお知らせブログで以下のように。
削除予定の機能
・記事ごとにPING送信先を変更する機能
・実体参照変換機能 「>」を「&gt;」に変換
・投稿フォームエリアの拡大縮小機能
・記事投稿でのトラックバックの自動検知機能

※削除予定のものにつきましても、
4月7日より開始致しますアンケート結果にてご要望が多いものに関しましては、
再度機能追加を検討させて頂きます。
つまり8.9.は削除される予定。アンケート結果次第だけど、用は多数は意見に従うよってことえ、その辺民主主義だなとは思うが、それって裏を返せば、4月7日からのアンケート結果次第では、いくら私がこの辺境の地で、WYSWYGはXHTML1.0ではなく、HTML3.2〜4.01しか吐き出さなくて使い物にならない。と叫んでいても、アンケートで「便利」が勝つ可能性だってあり、その結果、少数派になってしまえば、文法が無視される可能性も充分にある。

多数決で結果を決めてしまうのは、アンケートの本質とは違うのではないだろうか。
アンケート[(フランス) enquète]
〔調査・質問の意〕
(1)社会のいろいろな事柄や人々の意見などを調べるために、関係者や有名人に一定の質問形式で意見を問うこと。
(2)街頭などで行う一定の質問形式による意見調査。
goo辞書
アンケートはあくまで意見調査であり、多数決ではない。それならば投票を行うとすれば良い。
気にする人が少数派じゃなきゃいいけど、この新管理者ページの話題をしている人で気にしている人は少ない。それならば、WYSWYGの書き出す文法問題は多数決で決まらなければ良いな、と。
何のために規格があり、文法があるのか。今一度考えて欲しいと思う。

今回のJUGEMに限ったことではなく、一般的にことばの本質やディテイルにこだわらなくなってきたな、と。

 関連
【JUGEM】新管理画面001【JUGEM】新管理画面002【JUGEM】新管理画面003
【JUGEM】新管理画面004【JUGEM】新管理画面005【JUGEM】新管理画面006
【JUGEM】新管理画面007【JUGEM】新管理画面008【JUGEM】新管理画面009
【JUGEM】新管理画面010

コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】新管理画面010 

【JUGEM】新管理画面010

JUGEMテーマ:JUGEM
新管理者ページに関して書き始めて、早10エントリ目。記念すべき今回はただの雑記。
新管理者ページはただのオモチャになっているなと感じる今日この頃。まだ新管理者ページで書いた記事をそのまま公開するのには抵抗を感じる。というか、文法的に無理。
公開する文章は相変わらず、旧管理者ページからじゃないと安心できない。その旧管理者ページも相変わらず自動改行が怪しい。私だけなのだろうか。

新管理者ページでは、IE6,Firefox2.0.013,Opera9.26,Safari3.1で楽しく、WYSIWYGエディタで書いた結果のHTMLを堪能して突っ込んでる状況。
確かに、便利になった。特に画像。旧管理者ページではポップアップウィンドで開いていた。それが新管理者ページでは右側にタブで切替えられて、しかも1ページあたり5つから16個に表示が増えた。
ただ、以前と違って1ページずつもしくは、最初のページか最後のページまで一気にいくしかなくなり、以前のように3ページ飛ばして、とか4ページ飛ばしてというのは[データ管理]の[画像の管理]からのみになった。
そして最大の問題が、XHTML1.0の文法を無視し、HTML3.2〜4.01(ブラウザによってまちまち)書き出しをする。
XHTML1.0 で書き出されなければ、いくら便利でも使い物にはならない。XHTML1.0 Transitionalだからいくらブラウザによっては認識してくれると言っても、それは稀であって、WWW上に公開している以上はどのブラウザからでも見られるようにするというのが前提だと思う。

こういうサービスの導入ってまず規格に合って正しく変換されるかどうか、次にどのブラウザ (最新バージョンとその一つ前くらい)でも正常に動作するかどうか、そして利便性という順位になるのではないかと思うのだが、WYSIWYGの導入はどう考えても、1.利便性、2.正常に動作するか、3.正しく変換されるかと逆になっているように思える。
便利だから導入してみようと導入してみたはいいが、正常に動作しないブラウザもあり、尚且つ規格に合った書き出しができていない。

 関連
【JUGEM】新管理画面001【JUGEM】新管理画面002【JUGEM】新管理画面003
【JUGEM】新管理画面004【JUGEM】新管理画面005【JUGEM】新管理画面006
【JUGEM】新管理画面007【JUGEM】新管理画面008【JUGEM】新管理画面009

コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】新管理画面009 

【JUGEM】新管理画面009

新管理者ページが始まってからの不具合の報告をしたのだが、まともに対応・回答してくれたものもある中、回答が斜め上を行っていて、結局解決策があるのかないのか不明なものも。
画像の投稿で紹介されているようにドラッグ&ドロップをした場合、<HTML>で見てみると、Firefoxでは余分なJavaScriptのタグが入る。
その回答(意訳)が「ドラッグ&ドロップではサムネイル画像しか挿入されないので画像挿入はクリックで挿入」というもの。
誰が、画像挿入の仕方を訊いたんですか。私はFirefoxでドラッグ&ドロップをした際、以下になるという意味の報告をしたんですが。
WYSWYGモードで挿入したもののHTMLタグ
<a id="ext-gen511" href="javascript:setImgtag('http://img-cdn.jg.jugem.jp/683/21349/20080328_489861.gif');" title="クリックで挿入">
<img id="ext-gen451" src="http://img-cdn.jg.jugem.jp/683/21349/20080328_489861.gif.thumb.png" alt="クリックで挿入" height="60" width="60"></a><a id="ext-gen511" href="javascript:setImgtag('http://img-cdn.jg.jugem.jp/683/21349/20080328_489861.gif');" title="クリックで挿入">
</a>
<HTML>モード
javascript:setImgtag('http://img-cdn.jg.jugem.jp/683/21349/20080328_489861.gif');
クリックで挿入
<HTML>モードではサムネイルの挿入さえも行われません。

旧管理画面で設定した禁止ワード弾かなくなった
それに対しての回答(意訳)「JUGRM側で確認したところ正常。もう一度設定を見直せ」というもの。
設定は変えていないのだが。まぁ、見てみたが、結局数は少ないもののやはり来ているよ「○○画像/動画の流出」系スパム。もうどうすれば良いのか。IPもURLも禁止ワードも使ってるのに。
新管理者ページが始まってから、旧管理者ページで作業する場合、個別ページでの自動改行設定が無視される。
つまり旧管理者ページで全体的に自動改行を「有効」とし、個別ページで「無効」と設定して投稿して投稿。一度修正を行うと、自動改行を有効としていないのに、自動改行が有効になってしまう。
という現象が起こったので問い合わせたら、質問内容が「

旧管理画面の「自動改行」が引き継がれない

」と勝手に改変され、それの回答が来た。
WYSWYGでは自動改行が「有効」になっていると二度改行されたようになるので云々。だから自動改行しないがデフォというもの。
誰が新管理者ページに引き継がれていないと文句を言った。この件について私が知りたいのは新管理者ページ開設後に起こった旧管理画面での出来事なのですが。
旧管理画面と新管理画面はフォルダが違うので、基本的に干渉しないと思っていだのですがね。

全部、私の質問の仕方が悪かったか……。そう思っておこう。

 関連
【JUGEM】新管理画面001【JUGEM】新管理画面002
【JUGEM】新管理画面003【JUGEM】新管理画面004
【JUGEM】新管理画面005【JUGEM】新管理画面006
【JUGEM】新管理画面007【JUGEM】新管理画面008
コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
Index[Web]JUGEM/Blog 【JUGEM】新管理画面008 

【JUGEM】新管理画面008

JUGEMテーマ:JUGEM
今まで否定的なことばかり書いてきたので、今回は利点を。

データ管理<画像の管理ページは利点がある。
  1. 旧管理画面では画像URLのみだったものが、挿入タグもある。
  2. 画像管理ページから画像のところにある「記事を作成」から記事投稿画面に入ると、記事の投稿ページからやる画像挿入では入らないclass要素やalt要素などが入る。
  3. 3枚までは画像管理ページから記事に投稿できる
但し、欠点も相変わらずある。最大の弱点XHTML1.0規格外という、相変わらずなステキ具合。
そんなステキ欠点具合。
  1. XHTMLタグが閉じられていない
  2. IEでは大文字+" "なしも有り
  3. Operaでは大文字
と短所が長所を消してしまっている。タグが閉じられないというのは、レイアウト崩れなどの不具合が起こりやすくなる。またXHTMLではありえない、大文字でのタグというのも認識されない可能性が高いので、画像が表示されないことも起こりうる。
やっぱり、斜めを行っているなぁ、と。

IE6
<IMG class=pict height=15 alt="" src="http://img-cdn.jg.jugem.jp/683/21349/20080328_489861.gif" width=80>

Firefox 2.0*
<img src="http://img-cdn.jg.jugem.jp/683/21349/20080328_489861.gif"><img src="http://img-cdn.jg.jugem.jp/683/21349/20080328_489861.gif" alt="" class="pict" height="15" width="80">

Opera 9.2*
<IMG src="http://img-cdn.jg.jugem.jp/683/21349/20080328_489861.gif" alt="" width="80" height="15" class="pict">

Safari3.1
<img src="http://img-cdn.jg.jugem.jp/683/21349/20080328_489861.gif" alt="" width="80" height="15" class="pict">

 関連
【JUGEM】新管理画面001【JUGEM】新管理画面002
【JUGEM】新管理画面003【JUGEM】新管理画面004
【JUGEM】新管理画面005【JUGEM】新管理画面006
【JUGEM】新管理画面007
コダミタカ * Category of [Web]JUGEM/Blog*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Background Photo Material by ©FlashNatural
About
元 (仮) 2007.01.01改名。
読了の書籍メモ(2004.03〜+α)⇒946冊。
JUGEM改造は[Web]JUGEM/Blogから。
海外ドラマメモ有り。※本国放送ネタ有り⇒ネタバレ有り。
書籍メモにBL(BoysLove)的内容を含むものもあります。苦手な方、ご注意下さい。
2008.11.04から写真の表示方法変更に伴い携帯電話からの写真閲覧ができない場合がありますが、表示させる方向を考えてはいません。

過去のはこちらから
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング