East of R134 元(仮)
<< 201808||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
Index[Diary]ドラマ・映画 医龍 第8話 

医龍 第8話

以下最終回に向けて、今まで「カテゴリ:日常」で書いてきたものの転載。

 KARTE08「奇跡を起こす医師」(2006/06/01)
日々雑記20060601(同窓)より転載

今まで野口教授VS.鬼頭教授(どちらかというと加藤女史VS.鬼頭教授だが)だったのが野口教授VS.祖父江教授の図式もここに来て浮上。
いい加減あきらめたら? と思う鬼頭教授はまだ龍ちゃんを諦めていないし。自分を手伝う気がないのなら今夜が最後だと言ったが「朝田君」と言ったあの含みはまだ何かを隠し持っているようにも思える。
成り行きで認めたくない荒瀬を送っていかなきゃいけなくなった伊集院。また神経質にブツブツ呟いていて龍ちゃんにはむかっていた頃に逆戻り。
教授選よりも霧島先生のことが気になっているような雰囲気の加藤女史。口では「野口教授を総長に」と言っているが、今の彼女に野口教授と教授会を納得させる案を出すことが出来るのだろうか。
荒瀬先生を自宅に送るように言われ、荒瀬に流されて飲み屋に連れて行った伊集院。いきなり笑い出したかと思うとキレて地雷を踏んじまった伊集院。
カオリちゃんとマスターに荒瀬の過去を聞く伊集院。それでも彼には論文のために多くの人が死んだ事実を赦せずにカオリちゃんたちにあたる。カオリが過去のことを言おうとするとマスターに止められる。結局他人から訊くより、本人から訊けということをやんわりと教える。
北日本にはバチスタオペの問合が殺到していると話しあうミキと加藤女史。これ以上のことが考えられない加藤女史に追い討ちをかけるかのようにこれだけ用意周到な状態だともっと酷いことをしてくると言う。

荒瀬先生と車を置き去りにし、帰宅途中の伊集院。途中コンビに強盗未遂があり、カオリちゃんが被害に遭ったと知り、顔色を変えて現場へと行く。そこには胸を真っ赤に染め、あお向けに倒れているカオリさん。
カオリさんの傷は銃創。どうすればいいのか解らず、おたおたする伊集院。どれだけがんばっていてもまだ研修医。そこにいきなり正気に戻っている荒瀬先生登場。
ずっと病院に着けば「朝田先生が」ともう頼り切っている伊集院。目の前に医者が居ると言うのに。カオリちゃんは朦朧とする意識の中荒瀬を頼っている。二人が見詰め合って、過去回想で黒髪荒瀬時代の弱い部分が挿入される。
手の施しようがないのに伊集院は挿管をとせかす。荒瀬は解っているのにいつもの馬鹿話をして逃げようとする。もう現実が解っている伊集院は逃げようとする荒瀬に最期のことばを聞けと叱咤するが自分のような金のために人を殺すような医者に最期のことばを聞き取ってもらいたいか? オレみたいな医者じゃなく、お前のような綺麗な医者に聞き取ってもらうほうがいいと吐露する。
ことばを聞き取り、涙するカオリ、伊集院、荒瀬。そこで心配停止。その30秒後病院に到着。救急車を開けるのは龍ちゃん。
諦めムードの二人に対し、あと4分30秒、脳死まで時間があると諦めない龍ちゃん。酔っ払いは必要ないと手伝おうとする二人を制すが、大腿部の傷は緊急を要するが銃創を扱える医者は龍ちゃん以外いないと言う看護師に本場帰りが居ると冷静に言う龍ちゃん。

「私が助手?」と入ってくる鬼頭教授。「私の腕にかなうかどうかお手並み拝見」と加わる鬼頭教授。
「万が一の場合、腕のある人が必要です。手術室に入ってください」と中に入るように頭を下げる伊集院。「カオリちゃんの最期のことばを聞いたのはおまえだもんな、オレは用無しだ」と去り、中へ入る荒瀬。
報酬を出せないと言う鬼頭教授に見学だと言う荒瀬。だが現場の麻酔医の無知さに見かねて自分が全身管理をするから絶対助けろ、メスだけに集中しろと言う荒瀬。そんな荒瀬に本気を出させてくれるのか? と挑発。結局引き込まれている荒瀬先生。

オペ終了後、鬼頭教授から「荒瀬のこと頼むわね」と言われるし、一緒にオペをしたことでどうやら諦めもついたようで。

でもって霧島先生と野口教授の不隠な動き。

「俺についてこれた麻酔医はお前が初めてだ」「オレについてこれた外科医はお前が初めてだ」とことばを交わす龍ちゃんと荒瀬。バチスタチームに加わることと報酬は今回のオペ代だと承諾。でもその場に居て、現実を受け入れられない伊集院は納得がいかない。あんな悪党を入れるなんてと龍ちゃんにたてつく。悪党でもいいじゃないか、患者には必要だからと諭し、自分の罪を背負い、悪党で居続けようとしている、その道を選んだ。と荒瀬の心情を語る。
「だけどお前は真っ白なままでいろ。今のままのお前に責められることを望んでいる」とも言う。

加藤女史はここに来て野口教授に裏切られることになった。教授選を公募にすると言われ、崖から突き落とされることになる。ゆくゆくは京都行きになることを命じられる。そして教授選へは霧島先生の影。

予告では意味深なところだけ継ぎ合わせているのでものすごく面白そうに思える。
予告だけで解ること。野口教授の思いどおりにはいかない、と。鬼頭教授が一歩先を行く予感。

 関連
医龍 第1話〜第4話
医龍 第5話〜第7話
医龍 第9話
医龍 第10話
医龍 第11話(最終話)
医龍2 第01話
医龍2 第02話
医龍2 第03話
医龍2 第04話
医龍2 第05話
医龍2 第06話
コダミタカ * Category of [Diary]ドラマ・映画*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    アンナチュラル #010(最終回)(2018.03.17)
    99.9-刑事専門弁護士- #208(2018.03.16)
    アンナチュラル #009(2018.03.16)
    99.9 -刑事専門弁護士- #207(2018.03.16)
    アンナチュラル #008(2018.03.04)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング