East of R134 元(仮)
<< 201906||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[Diary]ドラマ・映画 医龍 第10話 

医龍 第10話

以下最終回に向けて、今まで「カテゴリ:日常」で書いてきたものの転載。

 KARTE10 「この命は必ず守る」(2006/06/15)
日々雑記20060615(同窓)より転載

生後九ヶ月のバチスタオペと教授選がメイン。
霧島は新しいバチスタチームを伊集院の餌にしている。果たしてどちらが上手なのか。
今日の当直は伊集院と木原先生。「ハリーポッター・伊集院」とテンション高めの木原先生。そのとき生後九ヶ月の患者が危ない状態に。除細動を普通にしてもきかず、伊集院のお勉強のおかげで助かる。助かったことを喜ぶ木原。だが次の瞬間、微妙な表情になる。
看護士長に「よく勉強しているわね、伊集院、先生」と言われても微妙な表情。そこに龍ちゃんが走りこむ。それをチラッとだけ見る。
病室では母親に責められる龍ちゃん。それを窘める父親。

転院させろと加藤女史に怒る野口教授。霧島を食事に誘い、出かける。
エレベーターに乗り込もうとるす野口教授と霧島。そこに伊集院が居て、一度降りようとするが霧島に下りなくていいと言われ、乗り込む。野口教授からも誉められる伊集院。

生後九ヶ月の患者にやるせなさを感じる藤吉と看護士長。そこに龍ちゃんが来る。二人の気持ちをただ聞く龍。
転院の事務的な打合をやるせなくする加藤女史。
カルテを見るミキちゃん。
寝っころがっているがテーブルには小児に関する本が詰まれている荒瀬。
廊下ですれ違う龍ちゃんと伊集院。視線も交わさず。

ここに来て野口教授vs祖父江教授の図式。

診察に来ている龍ちゃん。かなり悪い状態でカテーテル検査も無理に。藤吉には自分から両親に伝えると言う。
屋上で加藤女史と両親に頭を下げる。「北日本と一緒じゃない。本物の医者を信じろって言ったじゃない」と責める。「転院の日はまた追って」と加藤女史が言うと龍ちゃんに飲み物をぶっかけ、去っていく。
ミキちゃんも加わって、落胆しているところに鬼頭教授が来る。加藤女史は霧島の母親のことを訊く。ミキちゃんは詳しくは知らない。
鬼頭教授の昔いた病院に霧島の父親が居たため色々と知っていた。霧島の母親は霧島の目の前で自殺したと、真実を話す。霧島の父親は人格的に問題があった。今の行動はすべてあの頃から来ていると推測する鬼頭教授。それでも(霧島を)赦せないとミキ。

木原も誉めて丸め込んでいる霧島。その手段を一々野口教授に報告している。
一方、藤吉はずっと隆に付き添っている。そこに龍ちゃんが「当直お疲れ」と来る。あと半年すれば喋り始める、それを聞かせてやりたいと願う藤吉に明日転院が決まったと無常に告げる龍ちゃん。
看護士長たちにはミキから。
加藤ちゃんから聞き「しょうがねぇよな」と荒瀬。
当分ハーバードに行くから同行するように、明日の夜は野口教授との会席だから開けておくようにと霧島から言われる伊集院。
隆を見ている龍ちゃんのところに加藤女史「いよいよね」と来る。
一方野口教授のお部屋では「今日は君と僕の重要な一日になる」と水槽を眺めながら霧島に話し掛ける教授。

転院前、確認している藤吉と龍ちゃん。そこに両親が来る。母親は父親に支えられてやっと。イスに座り「敬愛小児センターに捨てに行くんですね」と言う。何も言い返せない二人。
一方、教授会に人々が集まり始める。白い巨頭状態の野口教授に祖父江教授。一人の鬼頭教授。伊集院はずっと霧島の部屋の前に立っている。
野口教授が会場に向かうとき、隆の病室の前をとおり、嫌味ったらしく龍ちゃんと藤吉に「お大事に」と言って行く。
教授会ではそれぞれが着席を始める中、看護士長が「そろそろ行きましょう」と促し、転院を開始する。

教授会では祖父江が投票の前に鬼頭教授の案を支持すると宣言する。一方、野口は自分の案を捨て、鬼頭教授の案を支持すると言い出す。
伊集院は霧島から野口教授の案が負けても教授選は勝てると言っていた意味の、プランを聞き出す。医局員にポストをちらつかせ、票の取りまとめを行っている案を明かす。「さすがは霧島先生」と少し遅れて返事する。
医局でドラゴンのぬいぐるみに星が戻っていることに気づく木原先生。

運命の十一時を龍ちゃんと藤吉は隆に付き添い、それぞれの場所で過ごす。霧島の部屋でその時間を迎えた伊集院はメガネを外し、笑って「コンタクトレンズをはめなきゃ。サージカルルーペをつけなきゃいけないので」と言う。
「急変した」と言って両親に今から緊急オペをすると告げる。教授会の最中なので許可を得られないと裏をつく。そこからは看護師も含め、流れるように準備が進む。

霧島に「チームは解散したと思われていたので、たっぷり準備が出来ました」と種明かしをする伊集院。
「霧島先生。ひとこと言わせて下さい。先生は僕を仲間に引き入れようと色々言ってくれました。でも僕なんか先生の足元に及ばないことはわかっています。これから先もどれだけがんばっても及びません。でもひとつだけ先生に負けないものがある。僕には仲間が居る。僕には心から頼れる仲間が居る。それが先生よりすぐれている。胸を張って言える。だましてスミマセンでした。でも患者を助けるには必要でした」と謝って出て行く。しかし不適に笑う霧島。

医局に走って戻り「バチスタの緊急オペ」が始まると触れて回る。
教授会にもその情報は入り、憤慨の野口教授。「やるじゃない」と笑う鬼頭教授。
遅れてすみませんでした、と龍ちゃんと藤吉に加わる伊集院。

スクラブ姿でオペ室に向かうチーム・ドラゴン。
どうなるのか、と訊きに来ている木原先生に「面白くなってきた。まだ策はある」と余裕の霧島。

静脈確保し、麻酔投薬を開始する荒瀬。今日は全て「〜ちゅ」バージョン。赤ん坊も7秒で落とす。見学室には教授の一行。
龍ちゃん、加藤女史、伊集院が入ってくる。全員のポジションが逆。メスを持つ手も逆。完全内臓逆位の患者対応。
開胸し「術前検査が殆ど出来なかったため、情報がない」と言って始める龍ちゃん。全員の目が光る。

霧島を責めている野口教授。オペ室に乗り込んで止めさせるわけにはいかないと吠えている野口教授に対し、中止せざる終えないと返し、「あの赤ん坊にはまだ極めて重篤な病気が隠されています。彼らはまだ知りません。オペができない重大な病気が」と余裕で隠し持っていたカルテを見せる霧島。冠動脈瘤を併発している。

開胸し、心臓に触れて気づくチーム。心臓を刺激すれば動脈瘤がはがれ、血管が詰まり、患者は死亡する。あせる伊集院に加藤女史は「中止します」と決断を下したところで以下次回。
ことなかれ主義の野口教授がなんだか滑稽に見えた。それとは対照的に完璧に裏切っているかのような伊集院の存在ははらはらさせられた。
これがオペをやるためだと解っていてもはらはらさせられた。

ドラマの霧島のほうが裏があるような、深みがある造りになっているのは役者の見せ方の所為だろう。原作ではここまで深みがあるように思えなかった。その場限りというか、なんというか。

次回は22日ではなく、29日15分拡大。
オペ続行を推す龍ちゃん。白い巨頭状態で廊下を走る野口教授。

 関連
医龍 第1話〜第4話
医龍 第5話〜第7話
医龍 第8話
医龍 第9話
医龍 第11話(最終話)
医龍2 第01話
医龍2 第02話
医龍2 第03話
医龍2 第04話
医龍2 第05話
医龍2 第06話
コダミタカ * Category of [Diary]ドラマ・映画*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    アンナチュラル #010(最終回)(2018.03.17)
    99.9-刑事専門弁護士- #208(2018.03.16)
    アンナチュラル #009(2018.03.16)
    99.9 -刑事専門弁護士- #207(2018.03.16)
    アンナチュラル #008(2018.03.04)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング