East of R134 元(仮)
<< 201911||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[海外ドラマ]Memo 【ER】"Reason to Believe"(#275;XIII-8) 

【ER】"Reason to Believe"(#275;XIII-8)



ちょっと個人的な事情(理解するまでに見る時間/3回/がないのでpart2以降の内容は超はしょりの箇条書き。part1も2回しかみていないので、怪しい)

ラウンジで仮眠しているニーラを起こすゲイツ。前回の今回で甘い雰囲気にすぐになるのかと思いきや、(前回のことは)間違いだった。他に女が居るのかどうかを訊くニーラ。言いよどむゲイツ。だが彼女は小さな子供が居て、父親は自分の親友で……なにもないからと言ってキスをしようとした寸前のところでアビーが出勤してくる。すぐに顔を離す二人。アビーは気づいているようだが、気づかない振りをして、邪魔して悪いという態度もなくゲイツに患者の様子を見に行かせる。
前回の教会に来ている患者(女性)の診断をして処方箋を書いているプラット。牧師(だか司祭だか)に呼ばれる。財政状態が苦しくて薬代が払えないのに、とたしなめられる。
豪雨の中、ストリートチルドレン二人がカートに同じストリートチルドレン(ポリー)を乗せ押している。カウンティーの前で止まる。急患が運ばれて来て出てきたドクターの中に居たニーラが気になる付き添いのストリートチルドレン。ゲイツとホープがポリーを診る。
ニーラとアビーの患者が(蘇生して)起き上がるのを見た子供は期待の目でポリーに大丈夫だと言う。渋い表情のゲイツとホープ。
病院のルカに電話して、シフトを変えてくれ言っている、自宅に帰宅したプラット。ゲイツに代わってもらおうとするが、ゲイツはトラウマに居るから無理だと言われる。
理由を聞かれ、教会に行くからと言う。笑い、今から戻って来いと言うルカ。電話を切り、シャワールームに声をかけ、あけると異母弟が男と一緒にシャワーを浴びていて驚くプラット。理由を言おうとする弟に、連れ込んだ男を追い出し「お前もゲイなのか。出て行け」と言う。

殺してくれと言うポリーにそんなこと言うなと怒鳴り返す子供(テイラー)。(患者の)名前はJohnDou(身元不詳)でいいかとゲイツに訊くが、テイラーが彼の名前はポリーだと怒鳴り返す。「ポリー、何?」と訊くホリーのカルテを奪いゲイツがポリーの両親のことを訊くと、ポリーの父親はトラブって居ない、母親は死んでいない、偽りの家族ならあるけどと話しているところに隣の患者が落ち着き、上に送れたニーラが来てポリーのレントゲンを見て、会話は打ち切られる。ポリーの状態は悪く、転倒してケガをしたようではない。
ケリーはプロデューサーと打ち合わせをしている。
ルカに郵便が届く。そこにサムとアビーと救命士が患者を運んでくる。付き添いの女性も傷を負っている。アビーには大丈夫だと言うが、顔がはれている。カーテン室に運ばれ、男性患者のレントゲンを撮ろうと準備していたルカのところにホープがポリーのことで話があると来る。患者は両親が居ない、ホームレスなのにニーラとゲイツは進めようとしていると焦っている。
トラウマい来て、状態を確認したルカはオーダーをカルテに書き、感染症(狂犬病/rabies)なのでマスクをさせるように言って出て行く。リリーがゲイツに患者が帰るってよ、と言いに来る。トラウマを出て、追いかけるゲイツ。準備をするニーラ。
車椅子に乗った患者(アフリカ系アメリカ人)と付き添い(スパニッシュ)を見つけ、止めるゲイツ。だが聞く耳を持たない。やがて患者と付き添いが人種を口にし、互いに揶揄し、もめ始める。そこにプラットが傘もささずにやってくる。患者を止めようとするゲイツの腕を掴み、食ってかかるプラット。最後は殴り合いに。

・ポリーが危険になり、ニーラを呼びに外科病棟に行くテイラー。
・教会にホープと一緒に差し入れ(製薬会社からのサンプル)を持っていくプラット。
・学校の食堂で撮影中のケリー。デモンストレーション中ハプニングが起きて(少女が咽喉に詰めたものが出てこなくなり)ナイフを使い、切開し、ストローをさす。
・ポリーの処置をしているニーラ。そこにテイラーを連れ戻しにもう一人のストリートチルドレンが来る。
・アビーとサムの患者(男)はアルコール中毒。DVも有りだが女性はごまかそうとする。酔ったときは、と認める。
・ケリーが少女に付き添って戻ってくる。
・出て行こうとしているチャズに、今まで大学が近いから住まわせてくれと言ったのは嘘で騙していたのかと怒りをぶつけるプラット。拒絶して自室に入るが、ドアが閉まる音がすると、走って追いかける。無声だが、連れ戻す。
・ポリーに付き添っていたテイラーは、希望を捨てず目を輝かせていたが危篤になると怖くなって逃げる。追いかけるニーラだが、搬送口で救急車が多く通り、逃げられる。
・ポリーは危篤になるが一応、意識が戻る。
・ルカに来た郵便物でエイムズから。巡査に話す。郵便物は前回ジョーが落としたぬいぐるみ。脅迫されている。
・勤務後、前の店のカウンターでジュースを飲むアビーに隣に居た男・エディ(父親? アビーは知らない)が話しかける。ビールを勧められるが断る。ドクターだと世間話をする二人。
・メグとその子供と一緒のゲイツ。二人の関係をはっきりさせようとするメグに関係を終わらせようとするゲイツ。キレるメグ。
・ルカが迎えに来て帰る二人。出て行き際、ルカはエディをもう一度みる。
・トラウマでポリーに付き添っているニーラ。そこにホープが来る。
とりあえず、チャズを傷つけ、追い出したことを後悔し、追いかけて連れ戻すプラットが可愛い。
昔(9thかな)カーターに「理解しあえるのは同性同士だけだ」みたいなことを言ったり、友達のなかにはゲイも居ると言っていたのに、あの過剰な反応は何なんでしょう。そこにちょっと矛盾。
でもって狂犬病ってまた日本ではタイムリーな話題だな……。

コダミタカ * Category of [海外ドラマ]Memo*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    視聴率20090402(2009.04.04)
    【ER】"And in the End ...."のオープニングクレジット【Memo】(2009.04.03)
    【ER】NY Times.comの回顧記事【Memo】(2009.04.03)
    【ER】TV Guide magazine.comの回顧記事【Memo】(2009.04.03)
    【ER】"And in the End ...."のプロモ【Memo】(2009.03.28)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング