East of R134 元(仮)
<< 201911||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[海外ドラマ]Memo 【ER】"Murmurs of the Heart"(#281;XIII-14) 

【ER】"Murmurs of the Heart"(#281;XIII-14)



前回からの問題として
ベン・サム親子の火事。
メグのOD。
プラットの勾留。
そしてエイムスとルビー。
これらに一応の決着がつくが、メインはエイムスとルビー。火事はこれからサム親子の関係問題に発展するだろうし、メグのODはゲイツとニーラの関係とサラとの関係の問題に発展するだろうし、プラットは医師免許に関わるし。

ルビー宅に勝手に上がり込んでいたエイムスと対峙するアビー。ジョーが火がついたかのように泣きじゃくる中、銃口を向け、ルカに電話しろと脅迫する。
ベッドで和んでいるベンとサム。アレックスが廊下から呼び、ベンがドアを開けると火の海。
メグにすがりつくサラ。そこにゲイツとニーラが到着。

留置所でプラットを保釈しようと試みているルカと電話が繋がるアビー。エイムスのことは言わず、とにかく帰ってきて欲しいと頼む。

消防車が到着し、アパートから住人は順に避難している。

エイムスと話をするアビー。エイムスは自分のどん底のような苦しみは、医者と結婚して(?)何でも手に入っているアビーには解らないと言うが、アビーは離婚した当時のことや家族の病気を話す。それでもエイムスは自分だけがどん底のような様子。

サラを出し、メグの様子を見ようとするゲイツ。メグは「She is yours.」と呟く。表情が一転して困惑になるゲイツ。救急救命士に促されて、メグから離れる。

檻の中のプラット眼を瞑っていると向かいのアフリカ系アメリカ人に足を蹴られる。話し相手が欲しいよう。だがプラットは話したくない。躾濃い男に何をやったんだと訊くが、逆に訊かれ、人々を救うために医薬を処方してと言うが話しかけた男ともう一人の男はバカにしたような態度。そこに神父(だか牧師?)が来る。

サムの祖母・グレイシーにまだ友人が見当たらない、中に残ってるから助けて欲しいと言われるベン。消防士に中に人が居ると言いに行ったとき、上から窓ガラスが割れ、椅子が落ちてくる。サムが窓から身を乗り出し、助けを呼ぶ。
カウンティに着いたサムはアレックスに付き添い、歩いている。診てもらったほうがいいと言うレイに対し、構わないとサム。レイにベンと一緒だった話をする。
次に着いたのがグレイシーの友人。重度の熱傷を負っていて、モリスが診る。

バーボンを飲み、ルカの帰りを待つエイムス。ルカが帰って来る。エイムスの姿を見、アビーに「ゴメン、ちょっと手違いがあって」と言っていた口調とは打って変わって「何してるんだ」と冷たくなる。エイムスはルカに車を出させ、二人で出掛けると言う。アビーは反対するが、出て行ってしまう二人。ドアが閉まるとアビーはすぐさま警察に電話をかける。

車から外に出し、安定させようとするゲイツとニーラ。サラは気が気じゃないし、現実を受け入れられない。

ドライブ中のルカとエイムス。沈黙に耐えられなくなって、金か、金が欲しいのかと言うがそうじゃない。
自宅では刑事が来ていて、現場検証と事情聴取中のアビー。刑事の態度にちょっとムカついているよう。ジョーの面倒を隣人(?)に頼み、刑事のジャケットを突き出し、自分のも着る。どうするんだという刑事に病院に行って彼の治療記録を見ると言い出す。

グレイシーの友人を治療しているモリスとレイ。サムも加わっていて、サムは涙を堪えながら謝る。

救急車のあとをニーラの運転で着いていくサラ。

挿管しようとするが、輪状軟骨を押してもチューブが入らず。切開するかと話しているモリスとレイに踏み台を出し、脇から胸郭を押すサム。チューブが入る。
グレイシーとアレックスが入っている病室に入るサム。祖母は起きて座っている。アレックすは祖母に背を向けて横になって目を閉じている。が「火事がもし私が思っていることが原因なら……」と言っていると目を開ける。

病院に到着したアビーと刑事。エイムスの医療記録を見せるように頼むが、なかなかカルテを出そうしないフランクに切れるアビー。
エイムスが最初にルカに行かせた場所はエイムスの離婚した奥さんと離れ離れになった子供、そして奥さんの再婚相手のいる家だった。銃を持つようなタイプじゃないと言うルカを、銃のグリップで殴り、ぽつぽつと話し始める。今夜の娘の発表会には来ないように言われたこと。子供には再婚相手を「Dad(=呼び方だけではなく父親として)」と呼ばせるようと元奥さんは思っている話をする。

トラウマでモリスやレイとメグを治療するゲイツ。心臓マッサージをしているが、みこみはなく、モリスが廊下で見ているニーラとサラを中に入れ、出る。レイもバッグをニーラと交代して出る。メグに話しかけるサラ。その間も心臓マッサージとバッグの手は止まらない。

ようやく釈放されたプラットは教会での医療に意見が合わなかった神父が、釈放の手続きに来たのが気に喰わない。悪いと思っていない神父に怒って一人先を歩き出すプラット。

もう助からないと諭そうとするゲイツとニーラ。ニーラに切れて、出て行け、大嫌いだと怒鳴るサラ。言い返せないニーラの手に、自分の手を添えるゲイツ。「Sorry」と言ってバッグを外して出るニーラ。
ゲイツを睨もうとするが、もう無理なんだとマッサージを続けながら諭すゲイツにサラは泣きそうな表情になり、ゲイツが手を止め、ペースメーカーが心停止を告げると泣き崩れる。

次にエイムスに連れて行かされたのは彼の元職場(作業場?)で途中まで内装が施されている。
仕事に対する思いを切々と語るエイムスに自分にどうしろって言うんだと言うルカ。そんなルカの態度に切れたエイムスは利き腕を聞き出し、万力に利き手(右手)を挟ませ、自分で締めつけさせる。

ラウンジで待っているアビー。警察無線でエイムスの車が昔の家で発見された連絡が入る。準備をするが、アビーは連れて行ってもらえない。

外に出て隣り合って座るゲイツとサラ。無言で手を握る。

自分で締めていたルカい温いと足でハンドルを蹴る。一気に苦痛が増し、悲鳴を上げるルカにどんな感じか言え、と言う。医学的に現状を言っていたルカだが、医者としてもうダメだ、何も出来ないと言う。それなら言うべきことがあるだろうとエイムスが言う。そこに警察と遅れて自分の車のアビーが到着。
ルカは屋上に連れて行かれる。下で見守るしかないアビー。
「過去のこととして前に進むしかない」という話をするルカだが「いろんな人に言われたが、腕のことだけじゃない、全てを失った者の気持ちが解るか。自分を形成(?)していたもののすべてが否定された者の気持ちが」と反論するエイムス。そこにルカのケータイがなる。警察がかけてきたもので、エイムスはスピーカーフォンにさせる。
卒中の原因をルカが見抜けなかったことを執拗に責めながら彼を屋上の淵に追い詰めるエイムス。ルカが謝罪のことばを口にするとどうしてもっと早く言わなかったと言いだす。「自分は清廉潔白じゃない。過去に戻れるならなかったことにできるが、できない。無理なんだ」という話をする。
銃声が聞こえ、取り乱し、静止を振り切ってアパートに入ろうとするアビー。そこにSWATに付き添われ、ルカが出てくる。無言で抱き合う二人。
屋上ではSWATの面々が自殺したエイムスを囲んでいた。
■気になった点
アビーを抱きしめるルカ。最初、右手を腰に添えたように見えたのだが、ケガしてるのでは?
メグがゲイツに言った"She is yours."はどの意味でとればいいのだろう。「彼女はあなたのもの」彼女を宜しくなのか、彼女はあなたの娘なのか。

コダミタカ * Category of [海外ドラマ]Memo*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    視聴率20090402(2009.04.04)
    【ER】"And in the End ...."のオープニングクレジット【Memo】(2009.04.03)
    【ER】NY Times.comの回顧記事【Memo】(2009.04.03)
    【ER】TV Guide magazine.comの回顧記事【Memo】(2009.04.03)
    【ER】"And in the End ...."のプロモ【Memo】(2009.03.28)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング