East of R134 元(仮)
<< 201911||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[Diary]日常 日々雑記20070228 

日々雑記20070228

 あひるの空
週刊少年マガジン2007年13号141話「ノーフューチャー」
パスを受けようとして「へい」と声を出すが、千秋に「小さい」と怒られる茂吉。
パスを受けた茂吉につくヤック。力が無い、非力だと思いながら尾、振り返り、強引に来ないモキチに何かあると考える。茂吉はジャンプし、そのままループシュートを決めてしまう。
あれくらいあんあんでもできる、とトビは対抗意識を持つ。
モキチが居れば大丈夫という雰囲気が九頭龍高校の観客陣に漂いはじめる。
モキチが正Cだとかんがえるヤック。
ファールをしても白石を止めるトビ。白石は「1年か?」とトビに訊き「そうや」と応えると「よう動けている」と言う。「どうも」と言いながらも一番注意しなければならないのは白石だと思う。
大栄側のスタンドの一年は二年のガード陣は身長が低いのが欠点で、鉄は下手だと離している。しかし。下の呼人は身長がすべてではないと思っていて、高さがないのならその分スピードとテクニックがあればいいと考えいる。鉄に着く空は何か違和感を覚える。
横浜大栄は1ボックスのゾーンOFを試し一r。そこで七尾は二つのミスを犯す。ひとつは空にすぐに指示を出さなかったこと(基本的に鉄とマンツーマン)。ふたつめは横浜大栄のシュートを止めた茂吉のタイミングを見失ったこと。
なんか、やはり作者は主人公チームに勝たすつもりはないようで。なんかここまでくると一層、主人公チームが一勝もしないまま連載が終わるのも、それはそれでいいんじゃないかと。
個人的にはトビと千秋やトビと茂吉、トビと空の掛け合いが好みだ。トビと百春はなにか、弾んでいない。百春はやっぱり空とかな。空の花園兄弟への信頼はどうしてあそこまで強いのだろうか。不思議でならない。

 アップデート
Firefox 2.0→2.0.0.2
DictionarySearch 2.0→2.0.1
GooglePreview 2.1.3→2.1.4
Brief 0.5.1
EcoNoteIII 3.18.69→3.18.70

コダミタカ * Category of [Diary]日常*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    恭賀新年(2018.01.01)
    恭賀新年(2017.01.01)
    日々雑記20160911(2016.09.11)
    日々雑記20160904(2016.09.04)
    日々雑記20160828(2016.08.28)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング