East of R134 元(仮)
<< 201906||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[Diary]本(読書) 『君に届け』 

『君に届け』

実に意味深なタイトルである。
最初、君に届けというのは風早→爽子かと思っていた。
ただ単に貞子と呼ばれ、周囲から避けられ孤立していた爽子に、入学式の日に自然体な彼女と出会って以来気になっていた風早が声をかけたことがきっかけでクラスに馴染んでいこうとするから風早→爽子だと思ったのだが。
実際は風早→爽子はもちろん、爽子→風早、爽子→矢野、爽子→吉田、矢野→爽子、吉田→爽子、矢野→吉田、吉田→矢野等、各々が相手に気持ちが届くといいな、届けないとという姿勢。矢野と吉田は高校入学してすぐからの友人だが、いろいろ話していて解っていると思われていたが、それでもやっぱり言わなければ解らない。
多分、何年経っても、どれだけ親しくても「言わなくても解る」というのは自己満足なんじゃないかなと『君に届け』を読んでいると感じる。モノローグが多いから特にそう感じる。


恋愛というよりもまず友情。
周囲に避けられ、孤立していた爽子には対人コミュニケーションにおけるスキルが低い。そのため少女漫画のセオリーとも言える「恋愛」が二の次になっている。
だが人気のある作品にある特有の無駄に連載を引き伸ばそうという意図は感じられない。ちゃんと爽子のコミュニケーションスキルは蓄積され、爽子を通して矢野や吉田もあらためて気づくところがある。
人並みのコミュニケーションスキルが身につけば、自分の感情の種類が「何」なのかにも気づき、それはやがて「恋愛」に発展していくが、「好き」だと自覚してもすぐに告白という展開にもならない。互いに好きだが、そこ止まり。爽子には告白に至るまでのスキルがまだない。

どうしてここまで惹かれるのか。
物語が進むごとに主人公の成長が目に見えているというのもあるだろうが、やはり登場人物が魅力的だからだろう。
孤立していることに慣れてしまっている爽子。他人の役に立ちたくて、彼女を拒絶している他人が嫌がることをすすんでやろうと委員長になっていたり、教師からの雑用もなんでもすすんでやる彼女。学校では地味にしているが、他人には迷惑がかからないからと部屋をカラフルにしてみせる健気さ。自分と一緒に居ることで、矢野や吉田、風早が悪く言われるのが我慢ならなくて避けてみたりする必死さ。とにかく爽子のひたむきさ、健気さと彼女に対するそれまでの周囲の理不尽さに涙が出る。

※画像クリックで拡大表示※自分で隣になっておいてこの満面の笑み。

そんな爽子の本当の姿を知っていて、何かと支えになろうとする風早。まだクラスメイトの間で爽子が怖がられている頃の席替えで、誰もが爽子の隣・前後・斜めになりたがらず、本人が居るところで「要注意」と口にするようなところで風早は「19番(爽子の隣の番号)の人とっかえて!!」と爽子の隣に来る。しかも隣に座って「やったあ、黒沼の隣だ!」と満面の笑み。なんてできて男子高校生なんだ。ある意味大物。

※画像クリックで拡大表示※[上]くじを返し、問答無用で前の席に座る矢野。
※[下]くじを引かない男気あふれる吉田。その後、龍を脅迫。龍が脅迫に屈しなかったため斜め前(矢野の隣)に陣取る吉田。

※画像クリックで拡大表示風早の行動に、引いたくじを「返すわコレ」と返し、前に座る矢野。吉田に至っては「いや、必要ないわ」とくじを拒否し、爽子のうしろの席に座ろうとするが、そこには龍が。「どきな、龍」と脅迫するが一番後ろの席だからと退かない龍。吉田は仕方なく斜め前に座る。

このあと爽子は「私、この席になれて……心から嬉しい」(※実際は「……」だらけ)と言う。コミュニケーションスキルの低い爽子にとって、この思いを伝えるためにどれだけ勇気を振り絞ったか、考えるだけで泣けてくる。それ以前に風早の行動からして涙が溢れてくるのだが。
席替え以降も矢野と吉田、風早が自分の所為で悪く言われていると誤解した爽子は一人孤立していこうとして、でも彼らとの関係、位置、空間を手放せなくなっていて今度は自分から差し出された手を取るのではなく、手を伸ばして掴み取るというエピもあり。序盤は涙なくしては読めないのも魅力の一つ。

友情が固まって、徐々に恋愛に移行していく過程も面白い。スローペースではあるが、確実にすすんでいるし、矢野や吉田、龍の恋愛観も確実に爽子を成長させるのに絡んでいる。しかし彼らの恋愛エピがあからさまに爽子の成長の糧になっているわけでもない。
ただただバランスが良いというヒトコトに尽きるのだと思う。このまま無意味に引き伸ばしたりせず、テンポ良く進んで、皆が幸せな結末になれば良いな、と。

参考
『君に届け 1巻』椎名軽穂
『君に届け 2巻』椎名軽穂
『君に届け 3巻』椎名軽穂
『君に届け 4巻』椎名軽穂
コダミタカ * Category of [Diary]本(読書)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    【TB企画】BL×B.L. Award 2008(2008.12.31)
    【TB企画】持ち越さない2008(2008.12.28)
    【TB企画】BL100冊2008(2008.06.30)
    『xxxHOLIC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル』(2008.06.13)
    『好きと言えなくて』(2008.05.06)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング