East of R134 元(仮)
<< 201906||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[モータースポーツ]Topic Formula 1 Grand Prix 2008 Round.6 Monaco 

Formula 1 Grand Prix 2008 Round.6 Monaco

 注目点
 雨のモナコ
 モナコマイスターは誰か

 雑感
相変わらずフェラーリvsマクラーレンのPP争い。今回はマッサ-ライコネン-ハミルトン-コバライネン-クビサ。お決まりの顔ぶれ。

コバライネン、フォーメーションラップに出られず。ピットスタートになる。コバライコネン個人に起こっていることなのか、それともハミルトンにも起こりうるトラブルなのか。

スタートが良かったのはハミルトン。マッサ-ハミルトン-ライコネン-クビサ-アロンソの順。コバライネンは最後尾から。中盤以降は団子になり、ニコロズベルグは破損。ハイドフェルドと接触し、バトンはピットイン。
全車SWだが、はっきりと雨粒が見える。SWではきついような気がする。

6周目、ハミルトンの右後方タイヤが外れる。タイヤ交換するがSW。EWにしたほうがいいと、素人目でも思う。
ハミルトンの脱落でマッサ-ライコネン-クビサ。
8周目、アロンソもハミルトン同様、タイヤが外れ、クルサードとブルネイの接触で黄旗+SC。アロンソはEWに交換。10周目セーフティーカーが入り、レース再開。ライコネンが審議の対象になり、マッサ-ライコネン-クビサ-ハミルトンの順が入れ変わる可能性も。ライコネンはピットスルーペナルティ。レース開始前のタイヤ装着(タイヤ選択)の規定時間を越えたため。

アロンソは路面のコンディション関係なく抜き辛いモナコで一人、抜いていく。14周目、ようやくライコネンがドライブスルーペナルティを受けにピットロードへ。4番手で復帰。アロンソがローズヘアピンでハドフェルドを抜きにかかったが、接触。ニコ・ロズベルグ、ウエバーや中嶋一貴も巻き込まれる。アロンソはその後、故障を直すためにピットイン。
16周目、マッサがハイドロ現象で単独スピン。その隙をクビサがつき、クビサがトップに。クビサ-マッサ-ハミルトン-ライコネン。

23周目、路面が乾き始める。
26周目、クビサが1回目のピットイン。またSW。ライコネンの後方で復帰。マッサ-ハミルトン-ライコネン-クビサ。そのライコネンはサンデボーテで曲がりきれず、接触。フロントウィングを破損。ピットインし、付け替え6番手で復帰。
34周目、マッサがピットイン。ハミルトンの後ろ2番手で復帰。ハミルトンは6周目に1回目のピットインを予定外ではあるが終えている。なのでハミルトン-マッサ-クビサの順。

残り33周目でアロンソが3回目のピットインを行うが、ドライタイヤで出て行く。しかし31周目シケインで挙動を乱す。
残り30周目ウエーバーが1回目のピットイン。ドライタイヤで出て行く。29周目、ドライタイヤのピケJr.は1コーナーサンデボーテでクラッシュ。
残り25周目、中嶋一貴がドライタイヤへの交換。だがタイヤが外れず、チームメイトのニコはピットスルー。クビサもピットイン。
残り24周目、ハミルトンも2回目のピットイン。ドライタイヤへの交換。ハミルトン-マッサ-クビサ-ライコネンの順番。
残り23周目、バリチェロが1回目のピットイン。ドライタイヤへの交換。中嶋一貴がファステストラップを出す。
残り22周目、マッサがピットイン。クビサの後ろで復帰。ハミルトン-クビサ-マッサ。また中嶋一貴がファステスト。
残り21周目、ライコネンが3回目のピットイン。ドライ(ソフト)タイヤに交換。

残り17周目、ニコ・ロズベルグのマシンが大破している。当然、セーフティーカーが入る。ニコは無事。ヌーベルシケインでマシンがロックされ、滑り、壁に激突。その反動でパチンコのようにマシンが左右の壁に激突。タバココーナーまで飛ぶ。
残り11周目でセーフティーカーが入り、レース再開。2時間レースの表示に切り替わる。トンネルを出たところ、ヌーベルシケインでライコネンがスーティルと接触。また黄旗。9周目ライコネンとスーティルがピットイン。スーティルリタイヤ。
残り9周目で黄旗表示が消える。
規定周回数78周中、76周消化し、レースは終わる。
飛んだよ、ニコ。弾かれたよ、ニコ。無事でよかったよニコ。
カマを掘られたスーティルの怒りはそう簡単には収まらないだろうな。
勝利したハミルトンの喜びっぷりがかわいい。
5位入賞したフェッテル。おめでとう。
7位入賞で日本人初ポイントの中嶋一貴氏、おめでとう。レギュレーションに救われていると思ったのは秘密。

 結果
1. L.ハミルトン(マクラーレン)
2. R.クビサ(BMWザウバー)
3. F.マッサ(フェラーリ)

1. L.ハミルトン(マクラーレン) 38pt
2. K.ライコネン(フェラーリ) 35pt
3. F.マッサ(フェラーリ) 34pt

次戦は再来週の6月08日カナダGP。
コダミタカ * Category of [モータースポーツ]Topic*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    【F1】2017 Rd.1 オーストラリアGP(2017.03.26)
    【F1】イス取り合戦2017(2016.11.28)
    【F1】2016 Rd.15 シンガポールGP(2016.09.25)
    【F1】2016 Rd.13 ベルギーGP(2016.09.04)
    【F1】2016 Rd.12 ドイツGP(2016.08.28)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング