East of R134 元(仮)
<< 201906||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[Diary]日常 日々雑記20080621 

日々雑記20080621

 しゃにむにGO
花とゆめ2008年13号179話

準決勝延対静第3セット。
両親の離婚が決まり、父親も祖父も兄を欲しがり、自分は母親と渡米したが、その母親も出て行った過去を思い出している静。

今後について事務所と話し合うから保護者として着いてきてくれとたのまれ、話し合いに立ち会ったときのことを思い出す兄。
母親のネグレクトから静は自己主張することがなかった。自分の意思を持ち、通すことはなかったが、あの日、初めてテニスをしたいと主張したとき嬉しかった。
社長はモデルで成功する難しさや、成功できるのにそれを捨てるとはばかげていると認めないが、静はモデルで成功できるんは一握りだというこおも解っているし、その中でテニスプレイヤーとして成功するのはもっと難しい、でもできたらかっこいいよねと決意は固い。

集中力を取り戻した延を見守りながら、「伊出…決勝の相手はお前がいい お前じゃなきゃ嫌だ」と考える留宇衣。
一方、兄は静を見ながら思い出していた。
俺は…テニスが好きで…でも肘を壊して…才能があるのに静はそれを捨てていた
俺の後ばかりを追いかけてくる静が疎ましくて苛ついてそいでも羨ましくて才能の差を嫌っちゅう程見せつけられた
じゃっどん指導者となった俺に静の才能は喜びへと変わった
コーチになって才能のある選手にそうそう巡り合えるもんじゃなか
コーチとして喜びを与えてくれたのが弟だなんて…こんな嬉しい事はなか
勝敗は関係なかよ 今日…この瞬間が「始まり」じゃっど

静のリターンがダウンザラインで決まりかけるがくらいつき、返す延。7-5で延の勝ち。
去年勝った相手に負けるなんてと悔しそうな静。進化率150%だと笑う延。来年は自分のものだと言うが、うちの後輩たちもすごいと返す。

いい試合だったと抱きしめる兄。負けた試合なのに褒めないでと静。
留宇衣に「待たせたな」と声をかける延。
留宇衣と延の互いに決勝で戦いたいという気持ちが強いストーリーで、腐女子に萌えさせようとしているのがありありと。あと雷殿兄弟にも。
でもウンザリと言うより、延と留宇衣には微笑ましさが。ここからがガチで先が読めない。延が勝つか、まだ早いと留宇衣が勝つのか。

 DEAR BOYS
ミュージカル第2弾決定。
って……テニミュ系を狙っているのか? と思わずにはいられない。

コダミタカ * Category of [Diary]日常*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    恭賀新年(2018.01.01)
    恭賀新年(2017.01.01)
    日々雑記20160911(2016.09.11)
    日々雑記20160904(2016.09.04)
    日々雑記20160828(2016.08.28)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング