East of R134 元(仮)
<< 201906||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[Diary]日常(写真附) 日々雑記20081001 

日々雑記20081001

年単位で久々の大戸屋。流石に「並」を持て余すようになりました。今回は「並」で「ちりめん」だけど今度は「少」で「ひじき」か「ちりめん」にしようかと。
昔は白米だけだったのにね。

あひるの空

週刊少年マガジン2008年44号211話「シックスメンズマーチ」

アウトサイドから攻めるためにナベが必要だと言った空。10本打って9本外していいけど最初の1本だけは外さないで、という条件を出す。
七尾は相変わらず浮かない表情。千秋が「

ナオちゃんの気持ちは分かってます この10分だけ俺達に――いやアイツに任せてもらえますか

」と声をかけてコートに出ていく。が、七尾はそれでも納得がいかない。

オマエが感じた違和感はチームの統制が取れてない時に出るほつれの様なものだ 今までの試合はある一点に皆の意識が集中して揺るがなかった チームとして順調に来すぎたんだ やがてスキルがついて自信を持ち それを誇示しようとする 仲間に劣りたくなくて自分のプレーに必死になる そうしてどんどん"勝利"という意識から遠ざかっていく 目に見えた時にはもう遅い 感じた時点で正せるようになれ たとえそのほつれを感じることができても どう修正していくかはまた別の話だ 残り10分17点差‥‥逆転されるとは思わんが 万が一そうなったとしても―――‥1コの勝利よりもアイツの成長の方が収穫はデカイ

と考える千秋。

第4Q.開始直後、ナベがボールを取りこぼして速攻をされる。ドンマイと言われる中、空は「パスを出しますよ」と声をかけられる。空の最初の一本は決めてくれという意味は素人の自分にも分かる。相手にDFされる価値があるように思わせなきゃいけないと解っているが、20本打っても決める自信はないと弱気なナベ。
パスが来て、欲しいのは信頼だと深呼吸するナベ。それがフェイクになり、フリーで打てるが、ショートになる。百春はリバウンドポジションに入れない。茂吉がタップで入れる。「

コースはバッチリでしたよ 次 決めましょうっ

」と励ます。

里実西に3Pを決められ、百春が外す。すでに戻っている茂吉。外すと解っていたのでと言う。
茂吉のマッチアップの広瀬は茂吉の力が弱いことと、すでに息が上がっていることから身長が高くても大したことないないと思っているとベビーフックを決める茂吉。
そんな茂吉に「

大丈夫 モキチ君っ 残り5分切った 最後まで守り切ろうっ

」と声をかける空。自業自得だけどチームメイトにそんなこと言われたことなかったと嬉しくなる茂吉。「

一本っ 止めましょう

」と声を出す。
そんな姿を見て「

九頭龍高校 いいチームじゃないか‥‥

」と思う里実西の監督。

逆転できるなんて大口叩いたけどもうこれは無理とあきらめかける日高にまだ時間がある。4分でこの点差(13点)なら不可能じゃないと声をかける今安。


なんと言うか。感情があるほうがリアルだけど、ここで七尾が怒って何も言わないっていうのは「創作物」としてどうなの?
やたらとナベが「信頼」っていうキーワードを使っているところからしても「信頼」を築くっていうのだろうけど、ここで声をかけない七尾をどうやって「信頼」すればいいのだろう。チーム内での七尾の役割は「監督」なのに。今はトビが臨時に監督だとは言っているけど。トビの影も薄い。もっと口を挟みそうなのに。逆に怪我もなく、トビが中に居たら、怒って声をかけない七尾に不信感を抱くのではないだろうか。

純情カレンな俺達だ!

週刊少年マガジン2008年44号 Set.5「バレーの神様は何処に?」

前回から半年後、無事に上南高校に入学し、その入学式で再会する本多と勝太。
バレー部は旧体育館で、そこに向かう途中の階段でサッカー部のマネージャーになるために急いでる女の子に蹴り飛ばされる勝太。しかも下敷きにされる。
大丈夫かと声をかける本多。「

なっ何なのチカン? ヘンタイ!!

」と騒ぐ女の子・さんご。俺はバレーマンだ!! と言い返すと「

バレー? 今時そんな人気のないモンやってるヤツ! ヘンタイじゃなきゃオタクね!

」と舌を出して去る。

気にすんな! 俺達に今必要なのは体育館だ!

」と言う本多。

旧体育館を見つけ、入る二人。ネットはボロボロ、雑巾が出ていたり、ボールも汚れていたり、文化祭で使ったものが置かれていたり。西嶺の体育館と比べると見劣りするが‥大事なのは中身だ 人材だ! と考える本多。勝太は床が綺麗なのに気づく。
ボール籠を持って入ってくる一人のジャージ姿の男。二人に気づかず、コートに立ち拍手を打って「

たのんますバレーの神様 何があってもめげない心と笑える元気をください 今日から‥今日こそ俺がんばります! そしてバレー部にもう一度チャンスを!!

」と言う。
その光景を見ていた本多と勝太は「

バレーの神様だと? 何だそれ

」とぼやいたり「

気合入ってんじゃん でもなんでチャンスの神様なんだ?

」と疑問にもつ。
そこに松と書かれた扇子を持った大男が「

入部希望者ってチャンスならここにいるぞモリ」と声をかける。そして二人には「キミ達にとってチャンスかどうかは別だけど

」とも。

"殿さま"!

」と振り返るモリ。二人に気づきいつからそこに居たんだと驚く。バレーの神様からと答える勝太。「

最初からやん

」と騒ぐモリ。

1年E組大沢勝太 レフト!

」「

1年A組本多アキラ セッターです

」と挨拶する二人。「

うちはベスト8の強豪だ! 都立だとおもって甘くみるなよ!!

」と返すモリ。「

そんなこと言ってたら新入生が逃げちゃうだろ

」と声をかける3年の主将でセッターの山崎。ほかにセンターの有働とレフトの竹野内も来る。
モリは守口恭平といい、2年でリベロ。殿さまは2年のセンターで松平健章という。もう一人八木橋という2年でライトが居るが挨拶しろと言われても「

この部の現状理解して残ったらあいさつしますよ

」と挨拶をしない。現状? とひっかかる本多。そこにコタこと2年レフトの若槻虎太郎が来る。入部希望の……とモリが声をかけるが無視して用具室に入り、私物を出す。目つき悪いが態度も悪いとむっとする本多。コタは「

部辞めっから私物取りにきた 30連敗もするこんな部にいたらオレ様の才能のもちぐされだかんな

」と言う。「

さんじゅ‥‥?

」とひっかかる二人。「

やめろよ1年の前だぞ!?

」と止めるモリ。「

正確には34連敗中! 昨年3年が引退してから1勝もしてない 今は都187位だ!

」と現状を明かす八木橋。
モリはベスト8の意地だと言って格上の相手とばかり練習試合を組んでいる。負けるのはもうウンザリだからコタはバスケ部に移りたい。そうじゃなきゃ絶対勝てそうな弱いところとやらせろと言うコタ。これをきっかけに喧嘩を始める二人。顧問も見限って出て行った。二人の喧嘩をいつものことと言って見ている殿さま。

こんな部で勝太と高度なバレーなんかできるわけがないと絶望する本多。ちゃんと調べておくべきだった、こんな負け犬の集団なんかだとはと謝るとボールを持って「

べつに負けちゃいねーよ やりたい バレーをやれねーって弱音はいたり強がったりあきらめてねーからもがいてんだろ ただちょっとつまんねーことに引っかかってるだけさ

」と言ってつかみ合っている二人の真ん中にボールを打ち込む。コタが持っていた雑誌が破ける。そして「

そのベスト8のつまんねーカンバン 俺がぶっとばしてやるよ!

」と言う勝太。つまらんだととひっかかるモリとコタ。驚く殿さま。むっとする八木橋。

ふざけんな何も知らんくせにどんだけ苦労してベスト8取ってどんだけ大事か!!

」と言うモリとコタに対し「

知らねーし知りたくもねぇよ 俺らとバレーやるにはもうジャマなだけだ」

と返す勝太。まだ食いつこうとする二人を扇子で制し「

俺もね重いとは思ってたんですよカンバン けど重くてはすすこともできなくてね やれるもんならコートの中で壊してみてもらいましょうか――ただし! できなかった時はお前さんのその髪丸坊主にさせていただきますよ

」と言う殿さま。

希望通りの居場所じゃねえってなげいたって仕方ねぇじゃん 気に入らなきゃつくり直せばいい 2人いりゃあできる!

」と本多に言う勝太。
外ではサッカー部のマネージャーになれなかったさんごの姿が。中では試合が始まろうとしていた。
部がバラバラってことだったようで。次回から試合。一ヶ月分くらいやるのかな? あとウザイ女の子が早々に登場。

ダイヤのA

ベンチに下げられる降谷。もうピッチャーの交代要はできない。
御幸が打席で活躍してはいるが、その描写なし。
コダミタカ * Category of [Diary]日常(写真附)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    2016年の手帳たち(2015.12.14)
    日々雑記20151014(2015.10.14)
    日々雑記20151007(2015.10.07)
    情報の一元化への道はちょっと遠かった(2011.01.09)
    恒例の贈り物(2011.01.08)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング