East of R134 元(仮)
<< 201911||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[モータースポーツ]Topic Formula 1 Grand Prix 2008 Round.16 Japan 

Formula 1 Grand Prix 2008 Round.16 Japan

注目点

 マクラーレンvsフェラーリ
 フェッテルの活躍
 1976〜1977年,2007年〜2008年 4回目
 4.563km×67Laps=305.416km

雑感

相変わらず実況は過剰演出の塩原氏。しかし「全国1億2000万の中嶋ファンの皆様」って……まず日本の人口を勉強したらどうですか? 私はフェッテルファンですが。

SGはハミルトン-ライコネン-コバライネン-アロンソ-マッサ-クビサの順。
スタートでライコネンが前に出たが、ハミルトンが強引に1コーナー前で突っ込み抜き、ライコネンがズルズルと抜かれる。後方ではデイビット・クルサードと中嶋Jr.が接触。クルサードはタイヤバリアに激突リタイア。その間にクビサがトップに。続いてアロンソ。
2周目、ライコネンに前をいかれてしまっているハミルトンは前のマッサを強引に抜こうとして接触し、後続車の道を塞ぐ結果に。ピットインを余儀なくされる。この接触はマッサのミスにより引き起こったもの。
5周目終了後、グロックが1回目のピットイン。ハミルトンの後ろで戻る。

8周目、CM中に2回目のピットストップをしたグロック。マシンから降りてはいるが待機しているという情報。
9周目、スーティルが右後方タイヤのバーストによりリタイア。破片を拾った風。
10周目、グロックのリタイア情報が。

13周目、1周目の1コーナーのライコネン対ハミルトン、シケインのマッサ対ハミルトンの審議が始まったという情報が。
17周目、ピットが1回目のピットストップの準備が。ハミルトンにピットスルーペナルティが科せられ、チームメイトのコバライネンがリタイア。
17周目終了後、クビサ、ライコネンがピットストップ。ハミルトンがライコネンに対してのペナルティでピットスルーペナルティのために入ってくる。マッサに対しても同様のペナルティが科せられる。
19周目終了後、マッサはピットスルーペナルティのために入る。
21周目終了後、トップを走っていたトゥルーリが1回目のピットストップ。ウェーバーの後ろで復帰。
21周目、2位ピケJr.3位ふぇってるはまだピットインしていない。1位はなんとフェッテルのチームメイト、ブルデ。

23周目、フィジケラがリタイアしたという情報が。
23周目終了後、フェッテルが1回目のピットストップ。
28周目、ピケJr-アロンソ-クビサの順。
28周目終了後、ピケJr.がピットイン。アウト後ブルデと接触しかける。
29周目、マッサがバトンを抜き、12番手へ。ハミルトンは14番手。アロンソ-クビサ-ライコネンの順。

残り34周終了、4番手まで追い上げたウェーバーが最初で最後のピットストップ。
残り33周、ハミルトンがようやうバトンをかわし13番手へ。ハミルトンとマッサの直接対決へ。

残り31周、アロンソ-クビサ-ライコネン-トゥルーリ-ピケJr.-ブルデ-フェッテル-ハイドフェルド
残り31周終了後、中嶋Jr.が2回目のピットイン。

残り27周終了後、ハイドフェルドが2回目のピットイン。ハミルトンも2回目(3回目)のピットストップ。
残り26周、マッサ対ウェーバー。鮮やかにマッサはオーバーテイクする。
残り25周、シケインのところでハミルトンがバリチェロを抜く。
残り25周終了、アロンソが2回目のピットイン。現在クビサが1位。
残り22周終了、クビサが2回目のピットイン。7番手で復帰。現在ライコネンが1位。
残り20周終了、ライコネンが2回目のピットイン。クビサの後ろ7番手で戻る。1位はトゥルーリ。

残り18周終了、トゥルーリが2回目のピットイン。
残り17周、マッサが1コーナーでブルデと接触。
残り16周、クビサ対ライコネン。前方のクビサ。タイヤに苦しんでいるという情報が入るが、クビサは譲らない。
残り16週終了、トップのピケJr.がピットイン。4番手で復帰。
残り15周、2位争いをしているクビサ対ライコネン。ライコネンが行くかと思われたが、クビサ押さえ込む。
残り15周終了、マッサが2回目(3回目)のピットイン。
残り14周に入ってもクビサ対ライコネンは揺るがない。
残り13周、ライコネンが1コーナーでしかけるかと思われたが、その様子はない。残り17周のマッサとブルデの接触に関しての審議が始まる。
残り12周、ライコネンとクビサがバトルをしている隙に4番手のピケJr.があがってくる。

残り9周、アロンソ-クビサ-ライコネン-ピケJr.の順は変わらず。クビサ、ライコネン、ピケJr.の3台が2位争い。10番手に居たマッサがストレートでハイドフェルドをオーバーテイク。前を行くウェーバーを追う。

残り4周、2番手争いに名乗りをあげていたピケJr.のペースが落ちる。クビサの姿も遠くなり、アロンソの独壇場。後方ではマッサがウェーバーに完全に追いつき、抜ける機会を伺う。
残り3周、ホームストレートでインに入り、並ぶ。少し接触があったように見える。強引に抜き、1ポイントをもぎ取ろうとする。

残り1周、アロンソがファイナルラップに。最終コーナーあたりからすでにガッツポーズ。
フェッテルを皇帝の後継者と紹介する塩原氏。本人嫌がってるのに、言うあたり無神経。
アロンソ、2連勝。嬉しいのは解るが、高速の片手運転は危ない。
というか、マッサのブルデに対する逆のブルデのマッサに対するペナルティ審議のほどはどうなったのか。あれ、結構危ないと思ったのだが。

[追記]
ブルデのマッサに対するペナルティは25秒加算。よってブルデは10番手に降格。6位フェッテル、7位マッサ、8位ウェーバー。
マッサはハミルトンとのポイント差を5ポイント差に。

結果

1. F.アロンソ(ルノー)
2. R.クビサ(BMWザウバー)
3. K.ライコネン(フェラーリ)

1. L.ハミルトン(マクラーレン) 84pt
2. F.マッサ(フェラーリ) 79pt
3. R.クビサ(BMWザウバー) 72pt

次回は来週10月19日、中国GP。また録画に戻る。そして来年の日本GPは鈴鹿に戻る。
コダミタカ * Category of [モータースポーツ]Topic*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    【F1】2017 Rd.1 オーストラリアGP(2017.03.26)
    【F1】イス取り合戦2017(2016.11.28)
    【F1】2016 Rd.15 シンガポールGP(2016.09.25)
    【F1】2016 Rd.13 ベルギーGP(2016.09.04)
    【F1】2016 Rd.12 ドイツGP(2016.08.28)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング