East of R134 元(仮)
<< 201911||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[Diary]ニュース(2004-2008) 【ER】Michael Crichton死去(日本語記事含) 

【ER】Michael Crichton死去(日本語記事含)

ERの生みの親とも言うべきMichael Crichtonが癌のため現地時間2008年11月04日に66歳でこの世を去ったという訃報が。

ご冥福をお祈りいたします。

参考

Michael Crichton.com

関連

【ER】Eriq La Salleカムバック(日本語記事含)(2008.11.06)
【ER】Anthony Edwardsリターンは1507"Heal Thyself"(2008.11.06)
【ER】S15エピ追加(日本語記事)(2008.10.27)
【ER】S15追加か(2008.10.24)
【ER】S15短縮か(2008.10.23)
【ER】Maura Tiernry降板(日本語記事)(2008.10.17)
【ER】S15シーズンプレミアComing soon...(2008.09.26)
【ER】復帰? それとも……(日本語記事含)(2008.09.24)
【ER】Anthony Edwardsリターンインタビュー(2008.09.19)
【ER】Anthony Edwardsリターン(日本語記事)(2008.09.06)
【ER】Anthony Edwardsリターン(日本語記事含)(2008.09.05)
【ER】Courtney B. Vance出演決定(2008.08.19)
【ER】Angela Bassettのバーター(2008.08.15)
【ER】Shane Westゲスト出演回数他(2008.08.14)
【ER】Maura TiernryのS15出演話数他(2008.08.11)
【ER】Shane Westに関するスクープ?(2008.08.06)
【ER】Shane Westゲスト出演決定(2008.08.01)
【ER】Laura Innesも戻ってくる?(2008.07.31)
【ER】ウェイド姉弟ではなくウェイド兄妹(日本語記事)(2008.06.30)
【ER】シーズン15、インターンキャストはレギュラー(日本語記事)(2008.06.18)
【ER】シーズン15のインターンキャスト決定(2008.06.17)
【ER】JWの今後(日本語記事含)(2008.06.17)
【ER】シーズン15シーズンプレミア(2008.05.24)
【ER】Eriq La Salleのシーズン15に関して(2008.05.19)
【ER】ファイナルシーズンに向けてカウントダウン開始(2008.05.14)
【ER】Angela Bassettシーズン15レギュラー(日本語記事)20080502(2008.05.02)
【ER】Angela Bassettシーズン15レギュラー(日本語記事)(2008.04.30)
【ER】Angela Bassettシーズン15レギュラー(2008.04.29)
【ER】Mekhi Phifer降板(2008.04.29)
【ER】Mekhi Phifer "Hunter's Moon"(2008.04.27)
【ER】シーズン15に関して20080410【memo】(2008.04.10)
【ER】シーズン15に関して20080410(2008.04.10)
【ER】シーズン15に関して20080409(2008.04.09)
【ER】シーズン15正式決定(日本語記事)(2008.04.04)
【ER】シーズン15正式発表(2008.04.03)
【ER】シーズン15に関して20080327(日本語記事)(2008.03.27)
【ER】シーズン15に関して(日本語記事)(2008.03.16)
【ER】シーズン15に関して20080314(2008.03.14)
【ER】シーズン15決定か(2008.02.21)
【ER】シーズン15の行方(日本語記事)(2007.11.07)
【ER】シーズン15の行方(2007.11.06)
【ER】S15 Spoilers 09-10(2008.09.24)
【ER】S15 Spoilers 07-08(2008.09.08)
【ER】S15 Spoilers 06(2008.08.14)
【ER】S15 Spoilers 05(2008.07.31)
【ER】S15 Spoilers 01-04(2008.06.22)

In Memoriam Michael Crichton 1942 - 2008
Best-selling author Michael Crichton died unexpectedly in Los Angeles Tuesday, November 4, 2008 after a courageous and private battle against cancer.

While the world knew him as a great story teller that challenged our preconceived notions about the world around us -- and entertained us all while doing so -- his wife Sherri, daughter Taylor, family and friends knew Michael Crichton as a devoted husband, loving father and generous friend who inspired each of us to strive to see the wonders of our world through new eyes. He did this with a wry sense of humor that those who were privileged to know him personally will never forget.

Through his books, Michael Crichton served as an inspiration to students of all ages, challenged scientists in many fields, and illuminated the mysteries of the world in a way we could all understand.

He will be profoundly missed by those whose lives he touched, but he leaves behind the greatest gifts of a thirst for knowledge, the desire to understand, and the wisdom to use our minds to better our world.

Michael's family respectfully asks for privacy during this difficult time.

A private funeral service is expected, but no further details will be released to the public.
オフィシャルサイト

Michael Crichton Dies at 66
Michael Crichton, whose contributions to pop culture ranged from the human drama of ER and Disclosure to the sci-fi adventures Jurassic Park and The Andromeda Strain, has died after what his family called "a private battle with cancer." He was 66.

"While the world knew him as a great storyteller that challenged our preconceived notions about the world around us ... family and friends knew Michael Crichton as a devoted husband, loving father and generous friend who inspired each of us to strive to see the wonders of our world through new eyes," his family said in a statement. "He did this with a wry sense of humor that those who were privileged to know him personally will never forget."

Crichton died Tuesday, the family said.

"Michael's talent out-scaled even his own dinosaurs of Jurassic Park," Steven Spielberg said of the author, in a statement to the AP. "He was the greatest at blending science with big theatrical concepts, which is what gave credibility to dinosaurs again walking the Earth." Spielberg directed Jurassic's movie version and its sequel, The Lost World.

The filmmaker also remembered Crichton on a personal level. "Michael was a gentle soul who reserved his flamboyant side for his novels," he said. "There is no one in the wings that will ever take his place."

ER executive producer John Wells remembered him as "an extraordinary man."

"Brilliant, funny, erudite, gracious, exceptionally inquisitive and always thoughtful," Wells said in a statement. "No lunch with Michael lasted less than three hours and no subject was too prosaic or obscure to attract his interest. Sexual politics, medical and scientific ethics, anthropology, archeology, economics, astronomy, astrology, quantum physics, and molecular biology were all regular topics of conversation. I was blessed to have known him and proud to be able to have called him my friend."

Crichton's page-turner novels - and later the plethora of TV shows and films based on his work - balanced hard science with rip-roaring adventure and small-scale emotion. They sold more than 150 million copies worldwide.

In classic sci-fi fashion, he began with small questions - could dinosaurs walk the earth again? - and blew them out in books that fantasized as much as they informed.

Countless television shows and films in recent years have featured clones, for example, and all owe the public's easy embrace of the concept to Jurassic Park's simple explanation of how dinosaur remains trapped in amber might lead to living dinosaurs.

But also in the sci-fi tradition, Crichton anticipated new technology before it appeared in real life. His terrifying raptors were terrorizing kids in Jurassic Park six years before the birth of Dolly the Sheep.

Crichton's interest in controversial scientific advances - and his right-wing views - earned him plenty of critics. His 2004 bestseller State of Fear, for example, argued that global warming was a hoax.

At 6'9", he could be intimidating in person - or on the page. After political writer Michael Crowley wrote an article accusing Crichton of using "potboiler prose" to push Republican causes, Crichton introduced a child molester in his 2006 book Next - and gave him the name "Mick Crowley."

Crichton attended Harvard College as an undergrad and obtained an M.D. from Harvard Medical School in 1969. He did post-doctoral fellowship study at the Jonas Salk Institute for Biological Studies in La Jolla, California, from 1969 to 1970, and was a Visiting Writer at the Massachusetts Institute of Technology in 1988.

His first book, Odds On, was published in 1966 under the pseudonym John Lange. His first major success was the The Andromeda Strain in 1969. It has since been made into a 1971 movie, and, this year, into a mini-series.
(TV Guide.com)-Nov 5, 2008

「ER」マイクル・クライトン死去
米NBCネットワークの人気長寿ドラマ「ER 緊急救命室」を手がけたマイクル・クライトンが死去した。享年66歳。

米TVガイドが報じた内容にようると、マイクルはアメリカ現地時間11月4日ロサンゼルスで息を引きとったとのこと。遺族の声明によると、癌の治療を受けていたとのことだ。

「ER」製作総指揮者ジョン・ウェルズは、マイクルのことを「立派で、ユーモアに溢れ、博識で、礼儀正しく、好奇心旺盛で、そして思いやりのある人だった」「何でも興味を持ち、性の政治学、医学や科学的理論、人類学、考古学、経済学、天文学、占星術、量子物理、学分子生物学について、本当によく語り合った。マイクルとランチに行くと、最低でも2時間以上話しこんだものだった」「彼と巡りあえ、友人になれて本当に幸運だった」と振り返っている。

 
ハーバード・メディカルスクール在学中から執筆活動を始めたマイクルは、1969年に医学博士号を取得すると同時に出版された「アンドロメダ病原体」がベストセラーになり作家としてブレイク。1972年からTVドラマ脚本家としてデビューし、「暗殺・サンディエゴの熱い日」「ビヨンド・ウェストワールド」などの脚本を担当。「ER」と映画「ジュラシック・パーク」を手がけ名脚本家、プロデューサーとして不動の座を手に入れた。

葬儀などの詳細は現時点では明らかにされておらず、遺族は「今はそっとしておいてほしい」としている。
(TV Groove.com)-2008年11月6日
マイケル・クライトン氏死去=「ジュラシック・パーク」著者
【ロサンゼルス5日時事】クローン技術で現代によみがえった恐竜が次々と人間を襲う恐怖を描いたSF小説「ジュラシック・パーク」(1990年)の著者で知られる米作家マイケル・クライトン氏が4日、がんのためロサンゼルスの病院で死去した。66歳だった。
 シカゴ生まれ。ハーバード大学卒業後、同大メディカルスクールで医学博士号を取得。生命科学の素養を生かしたバイオサスペンス「アンドロメダ病原体」(69年)など初期のベストセラー以後も、日米経済摩擦を描いた小説「ライジング・サン」(92年)、SF小説「タイムライン」(99年)を執筆。日本でも放映された人気テレビドラマ「ER緊急救命室」の製作総指揮を務めたほか、脚本家や映画監督としても多才ぶりを発揮した。
(時事ドットコム)-2008/11/06

『ジュラシック・パーク』原作者マイケル・クライトン死去
『ジュラシック・パーク』シリーズや『タイムライン』などで知られるベストセラー作家マイケル・クライトンさんが4日(火)、ロサンゼルスで死去した。66歳。遺族によると、人知れずがんと闘っていたという。

 遺族は「マイケルは、著作を通じてすべての世代にひらめきを与え、さまざまな分野の科学者に挑戦し、世の中の不思議な事象をわかりやすく明らかにしてくれました」とコメントしている。

 クライトンさんは『アンドロメダ…』、『大列車強盗』、『スフィア』、『13ウォーリアーズ』などの原作を手がけたほか製作、監督を務めた作品も多い。『ツイスター』では製作と脚本を、テレビドラマ「ER 緊急救命室」では企画と製作総指揮を担当した。
(VarietyJapan)-2008/11/06

『ジュラシック・パーク』の作家で「ER緊急救命室」のクリエイター、マイケル・クライトン死去
映画『ジュラシック・パーク』『アンドロメダ…』『コンゴ』などの原作者マイケル・クライトンがガンのため亡くなった。66歳だった。

 ハーバード大学で英語を学び、中退後、1年間ヨーロッパを放浪。帰国後、ハーバード大学医学部に入りなおし、医学生時代に医療小説などをペンネームで発表。大学の医局に言及していたためペンネームを使ったらしいが、本が賞を受賞してしまったため身分を明かさなければならなくなってしまったという。 1970年代には医療に見切りをつけ、ハリウッドに進出。カルト映画となったユル・ブリナー主演の映画『ウエストワールド』の脚本、監督を手掛けた。

 ジョージ・クルーニーがブレイクするきっかけとなったテレビドラマ「ER 緊急救命室」のクリエイターであるほか、映画『ツイスター』『ディスクロージャー』『ライジング・サン』など数々の大ヒット映画を制作。結婚は5回しており、4人目の妻との間に子どもが一人いる。
(シネマトゥデイ)-2008年11月6日
コダミタカ * Category of [Diary]ニュース(2004-2008)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    【F1】フェッテル、フロントロウ(2009.05.10)
    【ER】S15後半(2008.12.30)
    【ER】Alex Kingstonカムバック(日本語記事)(2008.12.29)
    【ER】Maria Bello,HBO新作ドラマに主演(日本語記事)(2008.12.24)
    【ER】Alex Kingstonカムバック(2008.12.20)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング