East of R134 元(仮)
<< 201906||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[Diary]日常(写真附) 日々雑記20080121 

日々雑記20080121

ベンケイソウ科・エケベリア属・パールフォンユルンベルグ

あひるの空

週刊少年マガジン2009年08号225話「ガンファイト」

6周年ということで巻頭カラーとこれまでのできごと特集にトビのバッシュ(ジョーダンモデル)の懸賞等のページが。

本編として鶴金工業バスケ部が九頭龍に練習試合をしに来る。鶴工の柾木(2年)は以前、百春とタイマンして百春に一本背負いで多摩川に投げ入れられた。泳げなかった彼は数日後東京湾で救助され、百春に恨みを持っている。
その柾木が体育館に着いて早々百春に殴りかかろうとして、顧問の内村泰造に止められる。内村は去年新任で鶴工に着任したが生徒と分かり合えないまま教師を辞めようとしていたが、あるとき体育館に数人の生徒がバスケをしているのを見て、やれるかもしれないと顧問になった。だが、練習が厳しくなるにつれ、辞めて行く者も出た。
挫折しそうになった中、今年地区予選で鶴工とそう評判の変わらないクズ高の生徒があんな表情で試合をしているのを見て興味が湧いた。そこでずっと練習試合を申し込んでいた。内村は自分も生徒もこの試合で何かを得られると思っている。特に生徒の間久見に。

その間久見は着いて早々準備をサボっている千秋を猿呼ばわりした。
準備をして下に下りたマグミ。千秋が準備が終わったかどうか偵察していた。そんな千秋に「

間久見芳武――確か瀬能中だった 県大会には一度くらい出たことがあったか?

」と声をかけられる。「

名前通るほど活躍はしてねぇよ

」と返すと「

強いチームの上手い奴はさほど目立たないが弱いチームの上手い奴はわりとウワサになる 俺と同じだ

」と言う千秋。「

知らねーよテメェなんざ

」とそっけないマグミに「

では今覚えろ そして金輪際忘れることのないようお願いします それから俺をサル呼ばわりしたこともな

」と怒る様子もない。

鶴工も7人で、オフィシャルをやる人も居ない。そこに新見が私がやりましょうか、と来る。女子は休みだが一人で練習しようと思って来た。

一方、鶴工ベンチでは「

これから対戦させてもらう九頭龍高校は俺達と同じく今年スタートした新チームだ 途中色々あって廃部になったりもしたが今は同好会として活動を続けている

」と生徒に説明する内村。中には「

同好会って‥なんだそりゃ

」とか「

どーりでウチなんかとの試合受けてくれるワケだ

」という意見が上がる。が「

明目は関係ない 目標はあくまでも来年のI・Hだそうだ/p>」と続ける内村にハッとするマグミと「

バッカじゃねぇーの行けるワケねーじゃねーか

」と大笑いする柾木。「

そうか? 俺はそうは思わん これは可能性や確率の問題じゃない 挑戦するか否かの意志だ 彼らとオマエラの違いを――この40分間で体感してこい‥!!

」と言う。
久しぶりに次週が楽しみという展開に。正直、横浜大栄以来、試合展開が楽しみかも。始まってみたらいつもと同じかもしれないけど。


純情カレンな俺達だ!

週刊少年マガジン2009年08号 Set.19「天賦の才能」

第1セット終了後、西嶺ベンチでは海道に「

第1セットは大差でウチの勝ち 少々粘られたがチェーンブロックの威力は絶大だ 本番で試すには都立上南はいい相手だったんじゃないか?

」と話している真田(か兵藤か)。
一方上南では本多が一人スコアブックを見ながらブツブツと考えている。それを見たさんごが「

セッターって地味なポジよね だってスパイクやレシーブに比べたら派手な動きもないし いつもスコアブックとにらめっこで楽しいのかな?

」と勝太に訊く。
プランが出来上がった本多。

第2セットに入り、布陣を変えた本多。本多が前衛に疑問を持つ海道。そんな海道に「

海道このセットはあんた達の好きにさせない 5プレーであんたを封印する!

」と宣言する。笑う西嶺ベンチ。しかし本多は「

あんた達のチェーンにも穴はある それをこれから証明してやる

」と言ってコタにサーブを打ち合わせどおりに頼むとお願いする。そのやり取りを見て「

なるほど何か企んだようだな‥‥おもしろい受けて立とう

」と返す海道。
コタはネットに引っ掛けサーブミスをする。兵藤(西嶺)がサーブを打ち、コタがとり、本多に渡す。誰にトスを上げるのか、と海道が呼んでいるとき、本多はトスに見せかけて左手で打ち込む。本多のツーアタックなんて見たことなかったと驚く海道。
殿さまがまたもサーブミスをする。「

またサーブミスだと‥‥?

」と不審がってる海道。周囲は笑っていて「

ちぐはぐな攻撃しやがって結局ホラだったってことさ

」と笑う真田がサーブ。「

よく見とけよ サーブってのはこうやるんだ!

」と打つ。それを取ったのが本多。驚く海道や西嶺ベンチ。コート内でもセッターがレシーブということは誰がトスなんだと慌てるがトスは上がらず、そのままヤギがツーアタックで打ち込む。
次、勝太がサーブミス。ここで

何なんだこの攻めは‥‥何かおかしい 本多のこんな攻撃俺のデータにない‥‥

と考えるが声をかけられる。ちょっと待ってと言うが、次サーブだと言われる。「

これで当分ブロックに指示はできないな

」と一息つく本多に会場内から「

ま‥まさか本多‥‥海道のブロックを排除するためにわざとサーブをはずしてまでローテーションさせていたってのか!?

」という声が上がる。

第1セット最後のプレーで気づいたのさ あんた達は確かに海道並みのブロックを身につけたかもしれない――が指示するのは結局海道 海道さえ封じてしまえば欠点だらけの並のチェーンに成り下がる!!

」と指摘する本多。観客席から「

それだけじゃないわよ 本多くんの戦い方知りつくしてる海道くんだからこそひっかかると計算した作戦だわ

」と読む相澤。しかし「

何いってやがる‥‥お前らのエースだってローテで後衛に下がった頼みのパワースパイクは当分打てない!! 前衛の3人では力不足は明らか 海道がいないところで――西嶺から点取るなんて無理なんだよ

」と笑う真田。「

ムリかどうか試してみろよ

」と挑戦的な本多を見て

まだ何か企んでるのか今度こそはったりか‥‥それとも!

と思いながらサーブを打つ海道。
レシーブをするモリ。トスを上げようとする本多の動きにライト、センターの速攻だとばたつく西嶺の前衛。しかし海道は後衛で勢いをつける勝太を見る。信じられないと思うが「

とべ勝太!

」と声をかける本多。バックアタックを打ち込む勝太。会場と西嶺のド肝を抜く。

勝太が後衛でも攻撃できれば前衛の両翼 中央の全員が機動する立体的なバレーができるからな 今このローテは上南最強の布陣なんだ

」とモリが説明し「

俺らの攻撃が見抜けるかな 海道の指示なしのあんた達にさ!

」と挑発する勝太。

西嶺のコート上メンバーは海道に情けない声を出して泣きつく。海道は「

確かに防御率は下がるだろう

」と笑う。「

調子にのるなよお前は海道との勝負を避けただけのこと チェーンブロックを破ったわけじゃあない!

」と本多に噛みつく真田。「

そう封じただけだ――今はな だが次はあんたを打ち砕く!!

」と取り合わない本多。
観客席から「

すげえぞ本多玲! 天下の西嶺を手玉に取りやがった!!

」と歓声が上がる。「

いいぞ〜アキラ!! さすがJOC選抜やってくれるぜ にくいぞコノォ色男♥」とベンチから歓声を上げるさんごに「

セッターは地味なポジだけど絶対ムリってわれても綿密に作戦立ててギリギリのとこを大胆にすりぬけてみせる‥‥その勝ちぬけた時の敵の悔しそうなツラ見るとさ気持ちいいんだ セッターはとびきり最高におもしろい!!

」と答える。そして

けどな桜葉 こんなふうにチームの仲間が喜んでくれることがうれしいなんて今日初めて知ったよ

という素直な気持ちは口にはしない。

さあ行こうぜ 第2セットは上南が頂くぜ!!


このままいくと思ったら大間違いだと思う。そういうところは素直じゃないからなぁ。

ダイヤのA

ようやく登板の栄純。四死球だろうが、打たれようが、投手は点を取られて一人前というわけの解らない理屈でタイムを拒否してみたり。御幸に監督、クリス先輩は落ち着いてると安心しているし、野手の先輩たちも強気。やっぱり御幸はカッコイイ。
コダミタカ * Category of [Diary]日常(写真附)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    2016年の手帳たち(2015.12.14)
    日々雑記20151014(2015.10.14)
    日々雑記20151007(2015.10.07)
    情報の一元化への道はちょっと遠かった(2011.01.09)
    恒例の贈り物(2011.01.08)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング