East of R134 元(仮)
<< 201906||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[Diary]日常(写真附) 日々雑記20090422 

日々雑記20090422


あひるの空

週刊少年マガジン2009年21・22合併号237話「リグレットライフ」

練習試合15試合目。
トビがバスカンを貰ったシーンから。それを見て「

驚いたねぇ 延明相手にタメ張ってやがるぜ 夏にやった頃に比べりゃたいした進歩だ 感心感心 意外と食っちまうかもな こりゃ‥‥

」と空パパに付き合って観戦している呼人。その口調とは裏腹に

ただ夏目のキレがな いやバランスは悪くねぇ なんだ何かやってるのか?

と気になる様子。それを誤魔化すかのように「

しかしオマエもヒマだねぇ 親バカというかなんというか

」と茶化す。それにはコメントせず、何かを取り出す呼人に「

禁煙だぜ

」と注意するが「

分ってるよ

」とロリポップを咥ええる呼人。そして監督がどうしたかと訊く。誰かいないかと昔の仲間の名前を出すが、彼はIH常連校の顧問をしていて、バスケから離れているのは空パパのみ。
そんな空パパに「

堀江の最期の言葉は聞いたのか?

」と訊く。聞いたと答えた空パパに、空パパがやればいいじゃないかと呼人。でも空パパは「

俺は――‥俺にはそんな資格ないよ アイツの病気が発覚して もうバスケを続けられないと宣告された時 アイツはそれでもやろうとしたんだ 元気いっぱいに それを俺が止めた 半強制的にな

」と胸のうちを明かす。

当然だろ 空君だってまだ小っちゃかったんだ 普通の親だったら誰だってそうするさ

」と慰めるが「

呼人でもそうしたか? 治療が始まってもアイツは変わらず元気いっぱいで"まだ走れるのに"がいつもの口癖になった 普通に生活して何不自由なく毎日が過ぎて1年が経つ頃には何かの間違いだったんじゃないかと錯覚もした アイツ自身自分が病気だなんて思ってなくてそれまで恥ずかしがって教わろうとしなかった空が指導を求めてきてまたボールに触れることを喜んでいる時にそれが来た ベッドの上での生活を余儀なくされて自分の体が動かなくなることを実感した由夏が俺にポツリとつぶやいたんだ まだ走れたのになぁ‥‥ あれからずっと自問自答してる 何が正しくて何が間違いだったのか どんな答えも結局結論でしかないけど俺の中には後悔しかないよ 由夏の意志を継ぐのは今の俺には酷過ぎる

」と言う。

試合は空も決め、勝つ。空パパのことばを受け「

そうか 、真面目だなオマエは

」としか言えな。自分が由夏の立場でも迷わず走ることを望むだろうが空パパの立場だったら……と考えるが答えをぼかす。
その代わり「

俺はキリストじゃねぇがオマエに一つ救いを与えてやろう

」と言い出す。「

いや別に

」と断る空パパ。「

いや聞けよ そもそも監督の話の発端は女子部の女の子だ 俺はあの時その場にいたからな 結果的に叶わなかったとはいえアイツにはあの瞬間確かに希望が生まれたんだ 決して"無"のまま新でいったんじゃねぇ もしほんの幾ばくかでも時間が足りてなかったらそこにはたどり着けてなかったんじゃないのか?

」と言う呼人。そして今フリーだったヤツの名前と連絡先、茶菓子ぐらい持って行けと言い残して帰ろうとする。だが「

オマエの後悔なんかどーでもいいけどな あえて一つ願望を言わせてもらうとしたら――オマエの育てたチームを俺のチームでぶっ潰してやりたいとは思うね

」と言い残す。
はっとなる空パパ。

それから普通に時間は過ぎていき、チャッキーが練習中に摩擦ですりむく。七尾に絆創膏を頼むチャッキーに、千秋が自分でやれ、七尾は大事な監督なんだからと言うが七尾は「

そのことなんですけど引き受けてくれる人見つかりましたから 明日から指導に来てくれるそうです

」と言い、今週はそこで終わる。
今回は空たちというより空パパの懺悔。
由夏の病気は空が中学生くらいんときからだと勝手に思っていたが、空パパと呼人の話し振りではもっと前、空が小学生にならないくらいの頃からという印象を受けた。
そして空パパは一人の人としてではなく、空の父親として由夏に一人の人としてではなく、空の母親という立場を望んだ。でも由夏は本当は母親だけど一人の人として、バスケを続けていたかった。それを知った時の空パパの絶望というか、どん底に落とされた感は呼人にはわからないんだろうなぁ。
空パパは今まで自分がバスケをやっていたと微塵も感じさせなかったことからも、本当に後悔していたのが伺えるし。(ただ単純に空パパの登場機会が少なかったからというのもあるが)
というか空がパパに監督を頼まないのは、パパがプレイヤーだったことを知らないからなのかな。今回の話を読まなければ、空パパはケガでプレイヤー断念だと思っていた。けど今回の呼人の口ぶりでは故障なし、とみた。けど、病気を理由に由夏にバスケを辞めさせたこと以外にまだ何かある雰囲気が漂っていた。
あと、昔呼人は空に「DNAに感謝しな」と言ったが、それは由夏だけじゃなくてパパのDNAも含まれていたんだな、と。

由夏の選択を、自分も由夏の立場ならしたと言う呼人。でも空パパの立場なら……と含みを持たせ、否定した呼人。そこが子持ち妻帯者と独身(描写はないが×有りか無しかは置いといて独身)の差。空パパは空≧由夏>自分の順で考えた結果だろう。

呼人の「救い」は空パパの選択を肯定できない呼人にとって慰めであり、フォローなんだろう。
ただ最後の願望は結果的に逆になると思う。豹も鷹山もそれなりに進化するだろうけど、トビや空のほうが進化の幅があるだろうから。

次回監督登場。多分というかこの流れだと空パパ。しかし今回合併号だから次週はお休み。今年も早売りあるといいなぁ。待てない。
空パパって案外厳しくて、平気で空を外したりしそう。そういう非情さがなければ監督なんてできないけどね。

ああ、あと何故にキリスト。
別に釈迦でも阿弥陀如来でも仏陀でも八百万の神でも良いのでは? というか神でもないけどな、でいいじゃん。まぁ、何でも良いけど。

第九征空騎兵師団

早っ。翌週は5年後……って前作、否前々作も受験生から獣医に飛んでたから驚くようなことでもないのか。ただ意外だったのは翼が出てこなかったこと。前回を読む限り、翼は国のためというより自分の研究に金を出してくれる国に味方するという印象を受けた。なのでアカツキと敵対することになるんだろうな、とも。不気味なのは父親。何を考えているんだか。

メカデザとか豪華なんだけど、これって年単位で続くのかな? 似たようなと言っては失礼だが近未来戦争モノの「スタンド・バイ・ミー」は続いて欲しいと思ったのに結構早く終わったからなぁ。あれは恋愛と絡ませたのがマズかったのか?

ダイヤのA

すんなり決勝は始まらないようで。決勝前日の稲城。ということで心のオアシス御幸先輩登場なし。連続出場中の稲城。
御幸先輩の中学時代の仲間はそっちを選び、青道を選んだ御幸を少し裏切り者的に思っている節もある。特に成宮なんて明るいけど、ピッチャーだからなぁ。捨てられた感はあるんだろうな。自分以外のピッチャーを選ばれたというむかつきとかさ。
コダミタカ * Category of [Diary]日常(写真附)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    2016年の手帳たち(2015.12.14)
    日々雑記20151014(2015.10.14)
    日々雑記20151007(2015.10.07)
    情報の一元化への道はちょっと遠かった(2011.01.09)
    恒例の贈り物(2011.01.08)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング