East of R134 元(仮)
<< 201906||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[Diary]日常(写真附) 日々雑記20090502 

日々雑記20090502


あひるの空

週刊少年マガジン2009年23号238話「マボロシ」

監督が決まった。坂田年男55歳、小杉商店街商工会会長をやっていてクリーニング店を経営。IH経験もあり、フェスの1回戦で対戦したときの相手だった。
とりあえずアップからと言われるが、メンバーの調子は上がらず。教室でも空の調子は出ず。新見に話すと監督が居ない女子からしてみると羨ましいと。そして以前まどかが監督をして欲しいと言っていたと話す。

翌日仕事のため休みの坂田。メニューを見ていつもより少ないと百春が言うと七尾がじゃあ足しますと言う。「

意味あんのかコレ‥‥

」と呆れるトビ。空は

意味があるかどうかなんて僕らに分かるワケないけど今は信じてやっていくしかない‥‥!!

と思う。
練習終了後百春が高齢のモップがけフリースロー対決をすると号令をかける。チャッキーとナベがもう辞めようとか百春がビリでつまならいと文句を言っている中、ヤスが飛びに声をかける。外で水を飲んでいた空を呼びに来た百春。今日はジュースも賭けると言われなぜ自分で自分の首を絞めるんだと思う。体育館の中に戻ろうとすると視界に軽トラが映り、父かと思う。
フリースローを早々に決め、上がる空。結局百春が負ける。

押尾と並んで歩いている空パパ。「

すみません部活中に‥‥

」と謝ると「

いやもう上がりだから構わんけど それにしても教員の方とはねぇ どーりで雰囲気があると思いましたよ

」と答える押尾。だが「

あ いえ 教職の方はもう5年ほど離れてますので

」という答えが。
そして監督はもう決まったという話を聞き「

じゃあ良かった‥‥

」とほっとする場面も。

勝負を持ちかけられたトビ。トビのケガのおかげで夏休みの目標が未達成だと言い出すヤスに「

なんじゃそら いま11月じゃぞ

」と乗り気ではないトビ。「

"オマエを抜く"それが俺の目標だ

」と言い出す。誰一人達成していないと茶々を入れる千秋。

アンタ バスケ初めて何か月じゃ 冗談も休み休み言え

」と言いつつもバッシュを履きなおすトビ。「

経験なんか関係ねぇ これは俺の挑戦だ 俺もそろそろ"カベ"の越え時なんだよ

」」と言いだす。

サッチーに挨拶をする空パパ。サッチーは監督の件の謝辞を言うが、それは空に頼まれただけだからと言うパパ。意識は中々抜けないヤスとトビの1 on 1に。
自棄になったヤスが突っ込み、「

チャージング これでターンオーバー 最悪相手のFTじゃ 安原さん確かにドリブル上手くなったで 短期間でこれだけボール引っ張れる奴もそうおらんじゃろ でもこっから先は次元が違う世界――アンタにはまだ無理じゃ

」と言うトビ。しかしヤスは諦めない。
その攻撃を毎日こんな感じでお恥ずかしい限りだと言うサッチー。だが空パパの表情はまんざらでもない。
まだ挑むヤス。お先に失礼しますと千秋に声をかけて上がる茂吉。
押尾たちが案内すると言うと「

すみませんちょっとだけ時間下さい

」と言い出す。驚くサッチー。
トビに「

だから無理じゃって

」と言われても「

無理じゃねぇっっ

」と言うヤス。そこに「

そう無理じゃない プレー中にすまないね

」と声をかける空パパ。きょとんとしてる二人に「

ちょっと口出しさせてもらっていいかい?

」という。

誰だ?

」と当然気になる百春。「

分からん しかしナイスミドルだ

」と千秋。その頃空は長野ナンバーの車に父を探す。

君は――夏目君だったっけ?

」と靴下を脱いだり準備を始める空パパ。「

ハイ?

」と言うが内心

なんでワシの名前を‥‥

と不思議がる。
一方「

安原君は今年からバスケ始めたんだっけね 夏目君の言う通り彼をドリブルで抜くには経験が足りないかな ただシチュエーション次第じゃ 抜けないこともない

」と言う。これにトビはむっとする。「

マ‥マジっスか

」と驚くヤスに「

ボールを貸してくれるかい?

」と準備が終わった空パパは言う。そして「

そもそも君は抜くということを少し誤解してる ドリブルが上手い=DFを抜けるじゃないんだ

」と説明。「

フツーの1 ON 1特に外からのシュートを警戒しないとすると持てる技術をフル活用したとしても抜くのは容易じゃない フェイクにチェンジオブペース‥実戦で鍛えた勝負勘のようなモノも重要になってくる 彼が言った経験っていうのはそういうことだ 残念ながら現時点で安原君にその技術は無い じゃあどうしたら抜けるか 少し考え方を変えてみよう 今言った技術ってのはあと一歩でDFを置き去りにする‥もしくは並ぶことのできる間合いに入るための技術と解釈していい 逆に言えばそこからのスタートなら君でも可能性はあるってことだ

」と言って千秋にパスを要求する。

FTラインに居るトビに対し空パパは右45度3Pライン付近に、左45度3Pライン付近に居る千秋。「

要はその位置でパスをもらうか
もしくは貰った時にその位置にいればいい

」と説明する空パパだが「

そんなの売りじゃないっスか

何言ってんだこのオッサン

と半信半疑のヤス。「

だからこうするんだ

」とパスを受け取り、ジャンプで間合いを詰め、並んで抜いて「

これで"一歩"だ

」とトビを抜く。
唖然とするヤスに「

ジャンプストップは基本中の基本だ タイミングさえ上手く掴めば必ず抜ける

」とボールを返す空パパ。
驚きを隠せないヤス、トビ、百春、千秋を残してサッチーと押尾に連れられてその場をあとにする空パパ

学校中を探したらしい、空。結局見つからず、車もなくなっている。
一方、帰宅しながら空に会ってなかったことに気づくパパだが「ま いいか」と気にしていない。
監督は空パパではなかった(´・ω・`)
でも私の中でまだ空パパ男バス監督フラグは立ったままです。なんか来た翌日早速休むというのはあひるらしかったけど、大した指導の描写もなく、空パパのほうが指導という意味ではちゃんと指導していたから。

そして空パパは元教師。じゃあ今の仕事は? 以前由夏と呼人の会話で「トモ(空パパ)は仕事人間」という話題があったから普通に企業人かと思っていたのに。

で、微笑ましくなってアドバイスをした空パパ。でもトビの髪型を見て云々のくだり。あれはあなたの義母さんがやったんですよ、と言ってあげたくなる。

前々回こんなことを言って↓


次のコマではこうなった、と。これはトビじゃなくても空ババカッケーになるけど。というかコーンローよりもタトゥの心配をしてください。冬服で見えないだけど。
今回ちょっとしたトビと空パパの2ショットはトビ×空パパいけんじゃね? という腐女子心を刺激した。逆でもいいけどさ。


↑で、案外失礼な空パパ。


ダイヤのA

変化球を覚えたいと言った栄純。だが、それを即却下の無視をする御幸先輩とクリス先輩。ステキです。
コダミタカ * Category of [Diary]日常(写真附)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    2016年の手帳たち(2015.12.14)
    日々雑記20151014(2015.10.14)
    日々雑記20151007(2015.10.07)
    情報の一元化への道はちょっと遠かった(2011.01.09)
    恒例の贈り物(2011.01.08)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング