East of R134 元(仮)
<< 201912||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
Index[書籍]他小説 『赤・黒 池袋ウエストゲートパーク外伝』石田衣良 

『赤・黒 池袋ウエストゲートパーク外伝』石田衣良

[著者]石田衣良
[版元]徳間書店
[発行]2001.02
[ISBN]4-19-861308-7
[備考]画像をクリックするとAmazonにて購入できます。
※bk1はこちらから

IWGPの外伝というだけあって本編とは一切関係ない。
本編はマコトの一人称で大方の物語が進んでいくが、版元的な問題も絡んでくるからだろう、こちらにマコトはその名前しか出てこない。
当然主人公は別の人物で、本編から出ているのは抽象的なGボーイズメンバーと固定されているキング、羽沢組の面々だけだ。

物語は羽沢組の「あがり」を強奪したことに始まるが、強奪したものを横取りされてしまう。
実際には存在しない…否、存在してはいけない金だけに絶対に表沙汰にはできないというところにつけこみ、つけこまれた犯行。
奇妙な人間関係が織り成す物語も愉快だが、何より主人公の小峰の表裏が面白い。
ギャンブル好きのフリー映像クリエイター。これが彼。
表が映像クリエイターとしての喜びだとしたら、裏はギャンブラーとしての勝負をするときに感じる緊張感…スリルだろう。

物語の終盤、大ギャンブルに出るがそれは金を賭けているだけではなく、人生そのものを賭けていると言っても過言ではない大勝負。
そこから小峰が出した結論こそが真実だと思った。
ただ金を賭けてのめり込むよりももっとスリルがあるもの……それは人生そのものまで賭けてしまうことなのかもしれない。
確かに、金を賭け、借金をし破滅する者も居る。それを恐怖に感じるものもいるだろう。
だが最も楽しく、怖いのは人生そのものを賭けてしまうことではないだろうか。
※このエントリは 2002年07月11日(木) に書いたものです。
コダミタカ * Category of [書籍]他小説*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    『PARTNER 10』柏枝真郷(2008.06.15)
    『バッテリー VI』あさのあつこ(2008.05.15)
    『バッテリー V』あさのあつこ(2008.05.12)
    『バッテリーIV』あさのあつこ(2008.05.11)
    『バッテリーIII』あさのあつこ(2008.04.26)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング