East of R134 元(仮)
<< 201911||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[Diary]日常(写真附) ペパボコンテスト、ワコム賞受賞 

ペパボコンテスト、ワコム賞受賞

「参加することに意味がある」とどこかの偉い人が言ったとか言わなかったとか。
とりあえず、去年は気づけば締め切りすぎていたので参加しなかったが、今年は気づき、参加できたペパコン2009。
「参加することに意味がある」ので、結果なんか知ったこっちゃない。
えーと、つまり「受賞の事前連絡メール」に気づかず、29日までに返信しなきゃいけないのに、返信したのは今日(メール見たのも今日)。
なので受賞ページの私のところにコメントやこのブログへのリンクがなかったわけです。
笑って済まされることじゃないですけどね。いい年した大人なので。
このようなアホを選んでくださった株式会社ワコムさんを始め、関係者の方々にはとてもとても申し訳ない気持ちでいっぱいです。本日から心を入れ替えて仕事用メアドと同じようにプライベートのメアドも毎日チェックします。

コンテスト関連

コンテスト概要http://jugem.jp/contest2009/
受賞作品の発表http://jugem.jp/contest2009/gp.php
受賞作品http://koda.jugem.cc/?tid=43※個別ページは表示できません

応募のきっかけ

とにかく去年気づけば終わっていたためのリベンジ。スクリプトの紹介はやっているけど、テンプレを公開しているわけでもないし、自分の使い勝手のよいように作るので公開する気もない。allではなくonlyのつくり方なので、テンプレ公開は無理と思っていた。
そこにまさしく「日本橋先生のためだけのテンプレート」というお題があったわけです。
色々賞はあるけれど、どうせ箸にも棒にもひっかからないだろうと。でも自分のためじゃなく、誰か一人のためにテンプレートを作りたかったので応募。

結果を受けて

きっかけにもあるとおり、箸にも棒にもひっかからないと思っていただけに、自分が賞をいただけるとは微塵も思っておらず。事前連絡があったのだが、その事前連絡もプライベート用のPCメアドにメールなんて1ヶ月に1回メールが来ていれば良いくらいなので1週間に1回しか見ないため、見事スルー。多分、コンテスト運営側は「何だこいつ」とか「何様だ?」と思ったに違いない。

実は、結果を知ったのはメールを見て、じゃなく、結果ページを見て、でした。
グランプリを見て、ここまでシンプルでもよかったんだと思いながらスクロールさせていくと見覚えのあるものが。
そして慌ててメールチェック。そして最初に戻る、と。

他者様の受賞作品

グランプリはやっぱり素晴らしいな、と。特にサイトへのリンクとTwitterの配慮がなされているところなんて。きっかけでは「日本橋先生のためだけのテンプレート」とか意気込んでるのに自分の、どうよと反省しきり。
ケータイ用テンプレートなんて、3キャリア対応で考えてHTMLタグ組まなきゃいけないからスゴイな、と感心しきり。

というか、私のを選んでくださった方々に申し訳ないのですが、浮いてるわ……と落ち込みました。

自分の作品に関して

最初から決めていたのはそのときのテンプレートが落ち着いた感じだったので真逆にしてみようということと、ヘッダー部分。画像はどうするかは決めていなかったけど、タイトル画像にして、大きく幅をとること。そしてその下にカレンダーを横表示にしようと決めていた。
カラムは2カラムもしくは3カラムと考えていたのだが、3カラムの場合、変則でRecommend部分で一列使おうと思っていた。それはカレンダーを横表示にさせたところにも通じるのだが、出版物が増えるにしたがって、Recommend部分の表示が長くなる。少しでもサイドをすっきりさせるために、と横表示に。
見易さを考えると、あまり縦に伸びるのは厭だったので2カラムに。
また、画像を使うだろうとエントリ部分もゆったりめにとり、背景は邪魔にならないようにシンプルに。その分、遊び心として、曜日ごとに背景色が変わったり、インデックス表示、ページ表示しているときに背景の校章が交互になっていたりとしてみた。
本当はもっとゴチャゴチャしていました。夏に作っていたのでもっと賑やかなほうがいいかなと思っていたのだが、最後の最後に全体の背景を変更。

ただ、目に優しくはないし、サイトへのリンクもTwitterのリンクもなく、結局独りよがりなデザインになっていたな、と。

自分の作品のポイント

全体はリンク先で確認を。
ということでまずはタイトル。
表紙からキャラクターは使いたいと思っていて、この画像が決まっていたし、画像の背景のドットも、単行本に合わせてそれぞれのドットを入れた。が、その更に背景に悩む。ゴテゴテにしたくなくて、でも真っ白というのも味気なく、このような結果に。
そしてどうしても「オフィシャルブログ」という部分のフォントを揃えたくて、過去の記憶を探り、このフォントは配布されていたはず、と探し出す。(⇒Nihonbashi 2.0)

その流れで、記事の折りたたみ部分の画像と、ページナビの送り画像はNihonbashi 2.0からに決定。

タイトルアイコンは(クリックで原寸表示)の赤いバレーボール画像に。そしてサイドナビのタイトルアイコンは(クリックで原寸表示)青いバレーボール画像に。

次に困ったのが記事の背景画像。これは校章のエンブレムを白抜きにすると決めていたのだが、問題は縦のサイズ。自分は引用が多いのでどうしても長くなりがち。そこで最初1500pxで作ってみたのだが、ダメで、結果その10倍に。
実は、右下固定で、背景が切れるととてもみっともないことになるわけです。そのため、何度も作り直しましたし、文章の邪魔にならないように薄い背景色を選ばないといけないので、そこがちょっと戸惑った。
※残念なことに拡大表示させても背景が白なので見えないという。申し訳ないです。

これはコメントやトラックバック、プロフィールの背景画像。こちらは曜日ごとに変えず、固定。
これが最後に差し替えた全体の背景画像。青基調で、アクセントが黄色(向日葵色)。

あとはウチでの定番、記事の折りたたみとサイドのツリー化なので説明不要かな。ツリー化した際の画像は自作。

最後に

結局自分が楽しんだだけです。自分が楽しめたので良いです。ただやっぱりあの受賞作の数々を見ていると、落ち着かず、自分だけ浮いている気がしてなりません。場違いで申し訳ないです。ひたすらここで謝ります。
コダミタカ * Category of [Diary]日常(写真附)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    2016年の手帳たち(2015.12.14)
    日々雑記20151014(2015.10.14)
    日々雑記20151007(2015.10.07)
    情報の一元化への道はちょっと遠かった(2011.01.09)
    恒例の贈り物(2011.01.08)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング