East of R134 元(仮)
<< 201906||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[書籍]BL 『心の闇』 日夏塔子 

『心の闇』 日夏塔子

[著者]日夏塔子(榊花月)
[版元]新書館
[発行]1999.10.25
[ISBN]4-403-52015-4
[備考]画像をクリックするとAmazonにて購入できます。
※bk1はこちらから

[Date] 発行:1999.10.25/新書館
//目次// 本編
 ・心の闇
 ・幸せであるように
 ・花束
//主要登場人物//
 ・杞島那魚(キジマナオ)……高校二年
 ・司藤暁水(シトウアキミ)……高校二年
 ・高木佳之(タカギヨシユキ)……高校二年
//あらすじ//――本書より
一瞬の事故が、那魚の人生を変えてしまった。以前のようには走れなくなってしまった脚。そんな那魚を見るのが辛いと親友の佳之から愛を告げられるが、那魚は彼を受け入れられなかった。親友まで失い傷ついた那魚は、ふとしたことから綺麗で捉えどころのない級友・暁水と心を通わせる。ともに絶望の昏い縁で立ち竦んでいたふたつの心は、互いを求め、激しく惹かれあってゆく……。

コダミタカ * Category of [書籍]BL*0 Comments * 1 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    『どうしても触れたくない』ヨネダコウ(2008.09.18)
    『好きと言えなくて』小川いら(2008.05.06)
    『セラピストは眠れない』砂原糖子(2008.05.02)
    『プロローグ タクミくんシリーズ』ごとうしのぶ(2008.04.30)
    『ラブレター』可南さらさ(2008.01.04)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

切ない、重いのは相変わらずなんだが、この作家はこういう雰囲気が緩いのが得意なんだろうか。 最近だと『真夜中の匂い』(榊花月名義)がそうだし、はるか昔だと『天使たち』(神谷凪名義)がそうだ。と思ったが思い当たる限り緩いというかゆったりとしている。私の蔵書の
(仮) at 2004/11/04 (Thu)12:05

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング