East of R134 元(仮)
<< 201911||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[モータースポーツ]Topic 【F1】2015 Rd.8 オーストリアGP決勝・雑感 

【F1】2015 Rd.8 オーストリアGP決勝・雑感

マクラーレンホンダのお二人に怒涛のペナ加算が目玉なのか? と疑ったオーストリアGP。
以下、おさらい。

<アロンソの場合>
木曜の時点で以下決定。
・エンジン5基目……10G
・ICE(内燃機関)5基目……5G
・ターボチャージャー5基目……5G
土曜FP3終了時以下追加。
・ギアボックス6基目……5G

<バトンの場合>
・ICE(内燃機関)5基目……5G
・MGU-H(Motor Generator Unit-Heat)6基目……5G
・MGU-K(Motor Generator Unit-Kinetic)5基目……5G
・ターボチャージャー6基目……10G

の各々25G降格ペナ。消化しきれない分はしきれない分によってタイム加算やドライブスルーペナルティ、SaGペナに代替になる。
あとRBRの2人がそれぞれ5基目のエンジン使用で各々10G降格ペナ。

8番手クビアト
⇒17番手
14番手ダニエル君
⇒18番手+未消化4G分(決勝タイム5秒加算)
15番手アロンソ
⇒19番手+未消化20G分(ドライブスルーペナ)
17番手バトン
⇒20番手+未消化22G分(開始3周以内に5秒のStop and Goペナ)

これにより、1-7番手に変動なし。8-16番手は以下。
ナッセ-グロ-マルドナド-エリクソン-サインツ-ペレス-キミ-メルヒ-スティーブンス。

今回のレースは1周目で終わった印象。それ以外は特に印象に残っていない。
「メルセデス>(越えられない壁)>フェラーリ>(越えられない壁)>ルノー>(越えられない壁)>ホンダ」

相変わらずの表の見方は以下。
・エンジン名(使用チーム第8戦終了時の累計獲得ポイント上位から順に)
 各チームトップドライバー,セカンドの予選→決勝
 ∴明>暗
 雑感


・メルセデス(メルセデス、ウィリアムズ、ロータス、Fインディア)
 1→2,2→1/4→3,6→5/9→R,10→7/5→6,13(16)→9
 ∴メルセデス>ウィリアムズ>Fインディア>ロータス
1周目の1コーナー進入でメルセデスの明暗は分かれた。あの抑え込みはロズベルグが上手かった。ただ、終盤タイヤの泣き言を言ったロズベルグは、チャンピョンの器ではないな、と感じた。焦ったハミがピットアウト時白線をはみ出してしまい、決勝タイム5秒加算ペナが下って更に余裕があったにも関わらず、あの泣き言。チャンピョンを目指すのであればもっとどっしりと構えて欲しいものだ。
一方のハミ。マージンを縮められず、焦ったのかピットアウト時白線を超えてしまい、5秒加算ペナ。

フェラーリのピット作業ミスで棚ボタ表彰台となったマッサん。セブを抑えきったがそれ以上にぼっさんの、ピットアウト後の追い上げの鮮やかさが際立っていたのがウィリアムズ。やはりぼっさんは貫禄があって、キミ、バトン、アロンソ並のベテラン感がある。

いいところなしだったのがロータス。マルドナドは安定していたけど、グロは危ない。地雷化しそうな荒いドライビング。

ヒュルケンベルグは良い予選結果が決勝にも良い影響だったのか、終始いい感じ。一方のペレスは特になし。


・フェラーリ(フェラーリ、ザウバー、マルシャ)
 3→4,14(18)→R/11(12)→13,8(9)→11/16(20)→R,15(19)→14
 ∴フェラーリ>ザウバー>マルシャ
予選Q1のチーム判断ミスでQ1敗退となったキミ。決勝1周目の2コーナーでレースを終えるという無念。本人、どうしてあのクラッシュが起こったのか解らないと言っている程、不可解な事故。ホイルスピンが起こったが、どうして起こったのか解らない、と。踏んだり蹴ったり。
セブはピット作業に時間がかかりすぎて表彰台を逃した。右リアのナットが上手く嵌らなかったのが原因だけど、フェラーリってピット作業時リアトラブル多いし、ピット作業そのものも皇帝が居た頃よりも遅くなっているので、ピット作業時間短縮もフェラーリには課題。

エリクソンはフライングがあったものの、レースそのものは無難。ナッセも無難。

マルシャの2台は相変わらずで。ただドライバーは安定している。


・ルノー(レッドブル、トロ・ロッソ)
 18(14)→10,17(8)→12/7→8,12(13)→R
 ∴トロ・ロッソ>レッドブル
さて、どこから突っ込もうか。レッドブル、ルノーエンジンそのものよりも∞のPUが問題なんじゃないだろうか。そんな中、ダニエル君の鮮やかな追い抜きは見どころだったが、スタート時よりも順位を一つ下げたもののフェルスタッペンの攻めるところはしっかり攻めて、抑えるところは抑えるというのがしっかりできていたし、相変わらず危ない人たちにも退かないどころか普通に攻めていく恐ろしさ。マルドナドは問題視しているけど。ただ終盤のマルドナドとのバトルではみ出したのが残念。


・ホンダ(マクラーレン)
 19(15)→R,20(17)→R
何も収穫のなかったマクラーレン。1周目第2コーナーのキミの事故の煽りを受けてリタイアのアロンソ。あれは中盤の団子になっていて逃げ道が少なかったというのも悲劇の要因。先にマシンを降りたのはアロンソ。怒ってる風でもなく、キミが無事かを確認して、キミがコックピットから出ると二人並んで、無事を確かめ合っている姿が印象的。ライバルだけど、同じショウを作り上げる仲間という印象。
見ているほうとしては特に問題のなさそうに見えたバトンはセンサートラブルでのリタイア。


次戦英国GPは2週間後。
コダミタカ * Category of [モータースポーツ]Topic*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    【F1】2017 Rd.1 オーストラリアGP(2017.03.26)
    【F1】イス取り合戦2017(2016.11.28)
    【F1】2016 Rd.15 シンガポールGP(2016.09.25)
    【F1】2016 Rd.13 ベルギーGP(2016.09.04)
    【F1】2016 Rd.12 ドイツGP(2016.08.28)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング