East of R134 元(仮)
<< 201911||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[モータースポーツ]Topic 【F1】2015 Rd.11 ベルギーGP決勝・雑感 

【F1】2015 Rd.11 ベルギーGP決勝・雑感

もっとフェラーリ900戦目、セブ150戦目が話題になるかと思えば、なんでマクラーレンのエンジン交換降格ペナは二人分合算したタイトルで報道されたのでしょうかね。インパクトあるからですかね。謎です。というかくだらない。

アロンソの場合

・ICE(内燃機関)7基目……10G
・TC(ターボチャージャー)7基目……5G
・MGU-H(電動発電ユニット-熱)7基目……5G
・MGU-K(電動発電ユニット-運動)6基目……5G
・CE(コントロールユニット)6基目……5G
FP3開始前に以下追加
・ICE(内燃機関)8基目……10G
・TC(ターボチャージャー)8基目……5G
・MGU-H(電動発電ユニット-熱)8基目……5G
・MGU-K(電動発電ユニット-運動)7基目……5G

バトンの場合

・TC(ターボチャージャー)8基目……10G
・MGU-H(電動発電ユニット-熱)8基目……5G
・ICE(内燃機関)7基目……5G
・MGU-K(電動発電ユニット-運動)7基目……5G
FP3開始前に以下追加
・TC(ターボチャージャー)9基目……10G
・MGU-H(電動発電ユニット-熱)9基目……5G
・ICE(内燃機関)8基目……5G
・MGU-K(電動発電ユニット-運動)8基目……5G

グロージャンの場合

・ギアボックス6基目……5G

フェルスタッペンの場合

・ICE(内燃機関)6基目……10G

キミの場合

・ギアボックス6基目……5G

4番手グロ
⇒9番手
14番手キミ
⇒16番手
15番手フェルスタッペン
⇒18番手+未消化5G分(決勝タイム5秒加算)※公式リリースの結果を見る限り加算なし
17番手バトン
⇒19番手+未消化47G分(開始3周以内ドライブスルーペナ)※公式リリースのラップチャートを見る限りなし
18番手アロンソ
⇒20番手+53G分(開始3周以内ドライブスルーペナ)※公式リリースのラップチャートを見る限りなし

ハミ-ロズベルグ-ボッタス-ペレス-ダニエル君-マッサ-マルドナド-セブ-グロ-サインツ
ヒュルケンベルグ-クビアト-エリクソン-ナッセ-スティーブンス-キミ-メルヒ-フェルスタッペン-バトン-アロンソ

ペナルティ-FP2

・キミ、ピットレーン制限速度違反⇒フェラーリ罰金400ユーロ(≒55693円)
・クビアト、ピットから出る際ナッセの前に出たことが危険⇒本人は懲戒、RBR罰金1万ユーロ(≒1392346円)
・グロ、ターン18での失速がヒュルケンベルグに対して急⇒本人に懲戒

ペナルティ-FP3

・キミ、グロに対して潜在的に危険にさらすような行為⇒本人に懲戒

審議-決勝

・ぼっさん1回目のピットストップ時、右リアのみソフト他ミディアムというタイヤ交換のミスでドライブスルーペナ。
・終盤、ぼっさんを強引にパスしたフェルスタッペンが危険では? ということで審議、結果許容範囲内ということでお咎めなし。

1周が7.001kmと長いので周回は44と少ないスパ・フランコルシャン。今回からスタート手順が変更。
そんな中、フォーメーションラップ中にパワーダウンを訴えたヒュルケンベルグ。一旦はピットに戻ってスタートという話だったが、結局グリッドからスタートということになるも、グリッドについたものの、スタート直前の緊迫に入る前に手を振って「ダメだよ」の合図。そのため、他のマシンはエキストラフォーメーションラップに。結局ヒュルケンベルグはスタートすることなく、レースを終えた。
サインツはエキストラフォーメーションラップに出たものの「マシンがおかしいよ」と訴える。トロ・ロッソはピットに戻るよう指示。ということで18台がスタートをきる。サインツは遅れてスタート。

2周目、マルドナドが失速。なんとかピットに戻り、そのままマシンをおりた頃、サインツがコースイン。

20周目も終わろうかというとき、最終コーナーでマシンが挙動不審になり、そのままスローダウンしてダニエル君がリタイア。

2周遅れのサインツはチームの指示で32周(自身30周)でレースを終える。

42周目長らくグロージャンを抑えていたセブの右リアバースト。そのままガレージに戻り、12位完走扱いでレースを終える。

今回は「メルセデス>フェラーリ≧ルノー>ホンダ」


・エンジン名(使用チーム第11戦終了時の累計獲得ポイント上位から順に)
 各チームトップドライバー,セカンドの予選→決勝
 ∴明>暗
 雑感


・メルセデス(メルセデス、ウィリアムズ、ロータス、Fインディア)
 1→1,2→2/6(7)→6,3→9/9(4)→3,7(8)→Ret/11→DNS,4(5)→5
 ∴メルセデス>ロータス≧ウィリアムズ≧Fインディア
決して良いスタートとは言えなかったハミ。ロズベルグが自滅してダダ滑ってくれたので余裕ができたようなもの。とは言え、ペレスに喰われそうになった1周目。それ以降はダニエル君のリタイア時のVSC解除に気づかず「ロズベルグが近づいてきたんだけど、どうなんてんの?」と無線で訴えたときくらいで、あとは安定していた。
一方のロズベルグはスタート大失敗で、あれ偶数列じゃなかったらあそこまでダダ滑らないよな、というミス。だけどそこはメルセデス無双。上手い作戦で2位返り咲き。ただ本人はレースより生まれてくる子供の事で頭がいっぱいだったようで、そういうインタビュー内容に、事故らなくてよかったねと思ったのはここだけの話。

さて、まっさんはこれと言った大きな失態もなく、無難なレース。一方のぼっさんが悲惨。いまどき徹底管理されているはずのタイヤをミスって履かされて、ペナ。もう悲惨。

歓喜に沸いたグロ。とりあえず、ミサイルグロと呼ばれていた頃は遠い過去、地雷化したのも過去のことと言えるくらい、今回はクリーンなレースだった。

結局ダメだったヒュルケンベルグ。ペレスがいい終わり方しただけに、あのマシントラブルは痛い。

とは言え、総じてメルセデスエンジンはスパとは相性がいいんだな、といった印象。


・フェラーリ(フェラーリ、ザウバー、マルシャ)
 8(9)→12†,16(14)→7/13→10,14(16)→11/15(19)→16,17(20)→15
 ∴フェラーリ>ザウバー>マルシャ
フェラーリ900戦目、セブ150戦目という節目の戦い。だがしかし、フェラーリの節目は勝てないというジンクスがあり、その通りの結果に。2回目のピットストップのタイミングを逃したセブは結局1回で、そのまま最後まで走り切らなくてはならなくなったため、変則1回ストップの計算ではなかったこともあり、ミディアムを酷使せざるを得ない状況になって、結局右リアバーストで12完走扱いという結果に。
セブはピレリに対しても怒っていて、ピレリは規定周回数以上走ったほうが悪いと怒っている。自分が日本人だからだろうか、セブの言い分はよく解るし、ピレリの言い分もピレリじゃなければもっともだな、と思うものである。
セブの言い分としてはこれだけ持ちますよ、と発表しているようも少し余分に耐久性に余裕をもたせておけ、というものであり、戦略上ギリギリで交換をずらしたり、今回のように交換なしという可能性もあるからだろう。こればブリヂストンだったらどうだろう。きっと実際もつ耐久周より数周下で発表するのではないだろうか。安全性を考えたら、確実に持つ周回を発表するだろうし、そこからはドライバーの腕とマシンの性能次第で10周はもったりするだろう。だが、相手はピレリだ。同じソフトならソフト、ミディアムならミディアムでも個体差が大きすぎるメーカーだ。個体差が大きくて、日本人からしてみれば信頼性の「し」の字もない状況で、規定周回数は守れと言われても、と思う。ブリヂストンが言ったのなら、否ミシュランでもダンロップでもいい、とにかく同じタイプのタイヤに個体差がないメーカーがあれこれ言ったのなら、納得できるのだが。とりあえず、セブはご愁傷様。
一方のキミはなんとかポイント圏内終了で、良い週末だったんじゃないでしょうか。来季残留も発表されたし。

さて、影が薄かったザウバー。ルーキーの中で一歩先を行っている印象のあったナッセも振るわず。

予選はスティーブンス君のほうがいいけど、レースディスタンスになるとメルヒのほうがいい、マルシャ。こうまであからさまに違うか、と驚くほど。同じエンジンなはずなのにね。


・ルノー(RBR,STR)
 5(6)→Ret,12→4/18(15)→8,10→Ret
 ∴RBR≧STR
ダニエル君失速にはびっくりしたRBR。一方、夏休み前自身初のF1表彰台に乗ったクビアトは、夏休み前のいいイメージのままレースに臨めたのか、スターティンググリッドは決して良いものとは言えなかったが、4位終了、ポイントランキングでチームメイトを上回ることに。

本人たちよりも親同士が場外バトルを繰り広げているらしい、STRのルーキーたち。サインツはエンジン温存ということで途中でレースを終え、一方のフェルスタッペンはスタート位置から考えると良すぎる結果。


・ホンダ(マクラーレン)
 20(18)→13,19(17)→14
後半開幕前、50馬力上がってフェラーリと戦えると喜んでいたアレは何だったのでしょう。昏睡強盗に遭うも、ワクワクする車だと喜んでいたアレは何だったのでしょう。G降格ペナをこれでもかっていうくらい加算したのに、残念な結果。
ホンダエンジンは後半戦に期待していただけに、この躓きようは残念で仕方がない。


母国GPが節目じゃなかったと喜ぶべきか、次戦は来週末イタリアGP。

<!--// 追記ここから //-->
ピレリはミディアムだと40周持つよって言っていたようで。それが27周目にバーストしたもんだから、フェラーリ側もセブ程ではないけど怒っている、と。
自分たちで40周って発表しておいて、限界規定周回数守ってないほうが悪いってどの口が言うのだろう。
セブってタイヤマネジメントは上手い部類に入るドライバーなのにね。
<!--// ここまで追記 //-->
コダミタカ * Category of [モータースポーツ]Topic*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    【F1】2017 Rd.1 オーストラリアGP(2017.03.26)
    【F1】イス取り合戦2017(2016.11.28)
    【F1】2016 Rd.15 シンガポールGP(2016.09.25)
    【F1】2016 Rd.13 ベルギーGP(2016.09.04)
    【F1】2016 Rd.12 ドイツGP(2016.08.28)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング