East of R134 元(仮)
<< 201911||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[モータースポーツ]Topic 【F1】2015 Rd.13 シンガポールGP雑感 

【F1】2015 Rd.13 シンガポールGP雑感

久々にメルセデス以外がPPのシンガポールGP。去年のオーストリアGP以来。
あれほど無双を誇っていたメルセデスはハミ5番手、ロズベルグ6番手と仲良く揃って3列目。メルセデスエンジンは予選上位10台中5台に収まる。

昼間、日本ではマモノさんが菅生で活躍していただけに、シンガポールでもマモノさんが大活躍するのではないかとワクt(ryもといドキドキしていたのですが、もともとマモノさんっていきなり雨を降らせて大混乱という仕業をしでかす方だったので、マモノさんはマモノさんではなかったのかもしれない。
SGTでの菅生のマモノさんは、シルバーウィークの高速渋滞を具現化させたようで、あのピットレーンは圧巻だったなぁ……ガレージが後ろのほうで、順位下げてしまったチームには不運としか言いようがないけれども。

G降格

スティーブンス、ギアボックス交換で5G降格
ロッシ、ギアボックス交換で5G降格
但し、共に19番手20番手なのでG位置変わらず。

ペナルティ―予選

Q1にてボッタスを危険リリースしたとしてウィリアムズに2,000ユーロ(≒270,441円)の罰金。

決勝―審議

13周目、マッサピットアウト後にヒュルケンベルグと接触。ヒュルケンベルグがマッサのスペースを残していなかったことが原因。ヒュルケンベルグはリタイアしたため、次戦鈴鹿で3G降格と2ptsのペナルティポイント。
41周目、マルドナドに追突したバトン。レースアクシデントと判断されお咎めなし。
終了後、パルクフェルメにセキュリティの制止を聞かず、雪崩込んだフェラーリクルーに対し、チームが反省文作成提出。

フォーメーションラップは皆無事出ていく。このまま無事にスタートが切れるのかと安堵していたのだが、8番手スタートのフェルスタッペンがストール。後続は冷静にスタートをしたのか、大混乱になることはなく、一方のフェルスタッペンはマシンをピットまで押してもらい、1周遅れのピットスタート。セブは1周で3秒のマージンを稼ぐ荒行っぷり。いくら後続がメルセデスではなく、ルノーだとは言っても自身もRBR無双の頃とは違ってフェラーリマシンなのに、何この無双時代のような走りっぷりは、といったところ。

9周終了時グロが早々にピットイン。
10周終了時にアロンソ、サインツ、エリクソン、マルドナドがピットイン。
11周終了時にヒュルケンベルグがイン。
12周終了時クビアト(4→8)、マッサ(11→14)がイン。
13周目マッサアウト時、ちょうどヒュルケンベルグが来て、競り合いに。ヒュルケンベルグがマッサのスペースを残さずに、接触し吹っ飛んで自滅。これによりVSC導入。
13周終了時セブ(1→1)、ダニエル君(2→2)、キミ(3→3)、ハミ(4→4)、ロズベルグ(5→5)、ボッタス(6→7)、ペレス(7→8)、ナッセ(9→9)、バトン(11→17)、ロッシ(18→18)がイン。クビアトは6位まで取り返したけど、4位には戻れず。あとバトンが何故こんなにピット作業に時間がかかったのか不明。
14周目終了時マッサがまたイン。スティーブンス君もイン。このときVSCからSCへ切り替わる。

19周目リスタート。このリスタート時にキミがダニエル君をパスするのでは、と期待したが期待通りにはいかず。サインツが無線でエンジンがおかしいと訴える。
20周目マッサとヒュルケンベルグの件はやはり審議の対象に。セブとダニエル君のギャップは1秒以内、ダニエル君とキミのギャップも1秒以内。セブがダニエル君を抑えることによって、キミがパスするチャンスを増やす作戦のよう。

23周目裁定結果ヒュルケンベルグは次戦鈴鹿で3G降格ペナ+ペナルティポイント2pts。
24周目セブにダニエル君を抑えさせる作戦続行中だが、4番手のハミのペースが上がってきているのが気になる。
26周目脅威だった4番手ハミに異常。この1周で8番手まで落ちる。その後セブが50秒代を連発する中、2分超のタイムで周回を重ねる。
26周終了時グロ(13→17)イン。
27周終了時マルドナド(13→17)イン。
28周終了時サインツ(13→16)、エリクソン(14→17)イン。
29周終了時マッサ(12→17)ドライブスルー。
30周終了時マッサ(19)ガレージイン。
32周終了時ハミ(18)ガレージイン。
33周終了時クビアト(6→9)イン。右リアがきちんと嵌らず、時間がかかる。アロンソ(10)ガレージイン。
34周終了時ペレス(6→10)、ナッセ(7→12)イン。

36周目アロンソはギアボックストラブルでリタイアという情報。
36周終了時フェルスタッペン(11→13)、エリクソン(14→14)、ロッシ(15→16)イン。
37周目S2に黄旗、SC導入。状況不明。セブの無線で「人がコースに居るよ」ということで、S2にアホ侵入者が居た。
37周終了時セブ(1→1)、ダニエル君(2→2)、キミ(3→3)、ロズベルグ(4→4)、ボッタス(5→5)、バトン(7→10)、サインツ(12→13)、スティーブンス君(15→16)がイン。

41周目リスタート。周回遅れを解消できる権利のあったロッシだったが、SC導入中は何もせず、リスタートが解ってからペースを上げ、SC撤退時にはポイント圏内の団子状態の中に周回遅れなのに居て、リスタート時にペースを上げるポイント圏内のドライバーの邪魔をするという、何がやりたかったのか不明な状態に。よく事故が起こらなかったものだと、感心した。というか誰だよ、ルールはちゃんと教えておけ……。
ロータス2台のところにバトンという心臓に悪い状況。そして期待を裏切らないマルドナド、マシンに問題があって加速しなかったのか、それとも自分の意思で加速しなかったのかは不明だが、立ち上がりが遅く、逃げる場所のないバトンはマルドナドに突っ込んでしまう。パーツが飛び、S3は黄旗。

42周目10番手、11番手の若者たちが無謀なことを始める。まず9番手のマルドナドを強引にパスするフェルスタッペン。際どかったが、それでもすんなりとパス。その際どさを見ていたにも関わらず、サインツも強引にマルドナドをパス。
44周目前の周回フェルスタッペンがファステスト。周回遅れ最後尾からスタートしたとは思えない躍進。
45周目若者たちがグロを捕捉。
46周目バトンとマルドナドの接触が審議の対象に。
47周目フェルスタッペンがグロを問題なく、パス。サインツが場所を考えずにそれに続く。グロは接触されてはたまらん、と膨らんで逃げる。サインツは強引すぎてそのうちペレス化しないか心配。
49周目バトンとマルドナドの件はレースアクシデントと判定され、お咎めなし。

53周目若者たちが今度はペレスを攻略するようです。しかし、すごい危険な並びだったんだなぁ……ペレス-グロ-マルドナドって。
54周目バトン(14)がギアボックストラブルでガレージイン。2度のSCで2時間以内に61周終われるのか微妙なので、バトンが完走扱いもしくはリタイアになるのか瀬戸際。
55周目エリクソンがマルドナドをパスし、マルドナド(11→13)はここにきてピットイン。

57周目"Last 5Laps"という表示が出たので、なんとか61周やれる模様。すべてはセブのペースにかかっている。
59周目公式のTLからバトンの順位が消えたので完走扱いではなく、リタイア確定。
59周終了時グロ(13)がガレージイン。13位完走扱い確定。
60周目トロ・ロッソからペレスを攻めあぐねているフェルスタッペンにサインツと入れ替わるように指示の無線が入るがフェルスタッペンは語気強く"No!"と言ってこれを拒否。
61周終了時セブ-ダニエル君-キミ-ロズベルグ-ボッタス-クビアト-ペレス-フェルスタッペン-サインツ-ナッセ
フェラーリ2台揃っての表彰台は2013年第5戦スペインGP以来。そしてセブはアイルトン・セナの持つ41勝を超えた42勝目。

ウイニングランのセブの喜びようが可愛かったし、後々問題になって反省文を書かされることになったパルクフェルメへのクルーの雪崩れ込みも微笑ましかった。そんな中キミはマイペースだったけどな。2人表彰台だからあれほどまでにクルーが喜んでいるというのに。
ただ、クールにふるまってはいても、表彰台でのインタビューはデレているのがまるわかり。多弁で、レース関係者だとセブにしか微笑まない(家族は別格)キミがセブ以外にも微笑んでいるという珍しいものが見られた。
鈴鹿でも是非デレてくれ。

今回は「ルノー≧フェラーリ>メルセデス>ホンダ」といったところか。


エンジン名(使用チーム第13戦終了時の累計獲得ポイント上位から順に)

 各チームトップドライバー,セカンドの予選→決勝
 ∴明>暗
 雑感


メルセデス(メルセデス、ウィリアムズ、Fインディア、ロータス)

 5→Ret,6→4/9→Ret,7→5/11→Ret,13→7/10→13†,18→12
 ∴メルセデス≧ウィリアムズ>Fインディア>ロータス
メルセデスに一体何が起こったのか。不可解なくらい全体的にレースペースが悪い。ここまで悪いと前回のタイヤ内圧問題、本当に守ってなかったんじゃん? と疑いたくなる。

まっさんは不運としか言いようのない自体に見舞われ、結局リタイア。
ぼっさんはコンスタントに仕事していたなぁ。

ヒュルケンベルグはどうしたのか、最近良かっただけにご乱心としか言いようのないマッサとの事故。逃げ道のないまっさんのスペースを残さなかったことから起こった自滅事故なので、仕方ない。
ペレスは安定していて、順当な結果。

はて、グロは何故マシンを停めたのでしょう。終了後のインタビューではギアボックス温存のためと言っていたけど、ポイントを逃してまでも必要なことだったのかどうか、謎。たかが1ポイントとでも思っているのだろうか、されど1ポイント。日本GPで2ポイント以上獲得できる保証はないというのに。
マルドナドはお咎めなしとはなったけどバトンとの接触は不可解な接触に見えた。リプレイを見ると特に。リプレイがなければバトンご乱心に見えたけど。


フェラーリ(フェラーリ、ザウバー、マルシャ)

 1→1,3→3/17→11,16→10/19→15,20→14
 ∴フェラーリ>ザウバー>マルシャ
完全にコントロールしていたセブ。結局ファステストはダニエル君に持っていかれてしまったけど、誰かがファステストを出せば次の周回で塗り替えるなど、マレーシアGPやハンガリーGPと違って余裕があるなぁ、と。本当去年の不調っぷりが嘘のように、4連覇したときのセブが帰ってきて嬉しかった。
3番手スタートで、1-2フィニッシュのチャンスも多々あったキミ。結果は3位だったけれども、久々にデレたキミが見られたので良しとする。やっぱりキミにはシャンパンが似合うよ。家族とセブ以外に笑顔を向けるなんてサービスもしちゃってさ。

ザウバーの存在感が希薄で……記憶にない。

スティーブンス君、存在感なかったよ……。ロッシが悪い意味で存在感あったから余計に。
メルヒに変わってそのシートを買い取ったロッシ。誰だよ、彼にシート与えたヤツ。優勝争いしているGP2優先だからシンガポールGPを含む5戦参戦らしいけど、今回のように素人以下の動きを見せるのなら、来ないで欲しいのですが。あの2回目のSC明けのリスタート、本当に危なくて邪魔だった。


ルノー(RBR、STR)

 2→2,4→6/8→8,14→9
 ∴RBR≧STR
対セブに関してSCのタイミングが勝負の明暗を分けたみたいなことをレース後言ったダニエル君ですが、ゴメン、それは負け惜しみにしか映らなかった。せっかく、ドキドキする素晴らしいレースをしたのに、この答えに気分が盛り下がった。多分、彼の中では去年1年間のダメダメなセブしかないんだろうな、と。だから心のどこかでマシンが違う(エンジンパワーが違う)今でも簡単にセブに勝てると思っているんだと思う。
本当にSCに泣いたのはダニエル君じゃなく、クビアトだと思う。ご愁傷様です。

最後尾1周遅れからのスタートのフェルスタッペン。恐ろしい子。1回目のSC導入時に同周回にできる権利があったからするすると行って、上手い具合に追い上げたフェルスタッペン。恐ろしい子。最後のチームオーダーを突っぱねたのは正当な権利だと思う。チームとしては、ダメだったらRBRのように戻す戦略だったとは言っているけど、ラスト2周目に出すオーダーではないと思う。フェルスタッペンのほうがより使い込んだタイヤだったし、ペースがちょっとだけ悪かったとのことだけど、すぐに入れ替われるようなギャップではなかったのはどう考えているんだろう。
一方の自分にチャンスが欲しかったというサインツ。14番手スタートで9位フィニッシュという結果だけをみれば素晴らしいが、彼は問題視されても不思議ではないパスの仕方をしていたし、フェルスタッペンに対して圧倒的な速さがあったわけでもない。


ホンダ(マクラーレン)

 12→Ret,15→Ret
ギアボックス温存作戦と信じたい2台共リタイア。
こんなことだから、来季アロンソ移籍とか、次戦日本GPでバトンF1引退発表とかって報道が出るんだよ。


次戦今週末日本GP。
セブとキミの笑顔が見たい。
コダミタカ * Category of [モータースポーツ]Topic*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    【F1】2017 Rd.1 オーストラリアGP(2017.03.26)
    【F1】イス取り合戦2017(2016.11.28)
    【F1】2016 Rd.15 シンガポールGP(2016.09.25)
    【F1】2016 Rd.13 ベルギーGP(2016.09.04)
    【F1】2016 Rd.12 ドイツGP(2016.08.28)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング