East of R134 元(仮)
<< 201911||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[モータースポーツ]Topic 【F1】2015 Rd.15 ロシアGP・雑感 

【F1】2015 Rd.15 ロシアGP・雑感

JUGEMテーマ:F1

珍しくFP1を見られたのですが、路面汚いな、ヲイ。
ディーゼル燃料流出の所為というわけではなく、全体的に汚い。場内しかり、市街地部分しかり。
これがまだ2回目開催のコースと言うのだから、いつまで開催されるか怪しいものである。
こんなに汚いのに、ツルツルでなのに、グリップがある路面と想像もつかない路面。それがソチクオリティ。

メルヒの場合

・ICE(内燃機関)5基目……10G
・TC(ターボチャージャー)5基目……5G
・MGU-H(電動発電ユニット-熱)5基目……5G

アロンソの場合

・ICE(内燃機関)10基目……10G
・TC(ターボチャージャー)9基目……5G
・MGU-H(電動発電ユニット-熱)9基目……5G
・CE(コントロールユニット)7基目……5G
FP2にて以下追加ペナ
・TC(ターボチャージャー)10基目……5G
・MGU-H(電動発電ユニット-熱)10基目……5G

サインツの場合

・ICE(内燃機関)7基目……10G
・TC(ターボチャージャー)6基目……5G
・ギアボックス……5G

ロズベルグ-ハミ-ボッタス-セブ-キミ-ヒュルケンベルグ-ペレス-グロ-フェルスタッペン-ダニエル
クビアト-ナッセ-バトン-マルドナド-マッサ-エリクソン(16→15)-スティーブンス(18→17)-メルヒ(19→18)-アロンソ(16→19)-サインツ*

*サインツは土曜午前のQ3でクラッシュし、病院に搬送されたため、予選不参加だが、診断の結果に異常がなく、出走が認められた。

FP1-ペナルティ

キミ、ピットレーン速度違反(61.9km/h)につき、フェラーリに200ユーロの罰金。
ボッタス、ターン17と18で白線オーバーにつき、懲戒。

決勝-審議

サインツ、ピットレーン入口の白線オーバーにつき、5秒ペナルティ。
53周目、T4においてキミとボッタスの接触の件はキミに30秒加算ペナ+ペナPt.3Pts。
アロンソがトラックリミット違反(レース中無線で何度か注意されていたT16カットの件)で5秒加算ペナルティ。

フォーメーションラップは全車ストールすることなく、問題なく出走。
1周目スタートはよかったものの、ポジション取りに失敗したセブ(P4)がP5へ。一方、キミ(P5)はポジション取りもよく、また出遅れたぼっさん(P3)も喰っちゃって、P3へ。
頑張ったエリクソン(P16)だったが、スタートに失敗したヒュルケンベルグ(P6)がスピンしたところに突っ込んでしまい、両車リタイア。ソチはほぼ90度な直角コーナーが多いが、逃げるスペースがあるにも関わらず、この接触事故。どのコースもスタート直後の中盤以降は団子になるから接触事故が起こりやすいけど、このコースは逃げ道だけはあるのだから、はみ出しの5秒ペナ覚悟で一旦逃げることも考えたほうがいい。完走できればいいことだってあるのに。
パーツの飛び散り具合からも即SC導入へ。

1周終了時巻き込まれたグロ(P8)とフェルスタッペン(P9→P18)がピットイン。フェルスタッペンは無線で続けられるけど、マシンがダメージを負っていると伝える。ノウズごと交換。
2周目ロズベルグ-ハミ-キミ-ぼっさん-セブ-ペレス-クビアト-グロ-リカルド君-バトン。

4周目リスタート。SC撤退時の最終コーナーからコントロールライン通過するまでのホームストレートの段階で既にぼっさんのほうがキミより加速していたから行かれるかと思っていたら本当にT2でいかれてしまう。いくら対メルセデスエンジンでもカスタマーだし、貫禄あるけどぼっさんとのキャリアの差を考えたらキミなら抑えられるんじゃないかと期待したのだけど、ダメだった。
5周目P1-P3のメルセデスエンジンの速さが際立つ。他が45秒代以降なのに対し43秒代。その中でもロズベルグはダントツ。
6周目フェラーリ2台も43秒代に入れてきたホームストレートから並びかけて、キミ(P4)に仕掛けるセブ(P5)。そんな中、ロズベルグが無線でマシンの異変を訴える。
7周目国際映像が今回も仕事をしない。いつの間にかハミ(P2)がロズベルグ(P1)の前に出ている。4-5周目のラップタイムが良いだけに、ロズベルグに何があったのか不明。ぼっさん(P3)にも抜かれている。そしてようやくロズベルグのスローダウン映像。
7周終了時なんとかピットに戻ったロズベルグ。そのままコックピットに収まって確認作業を待つことはなく、すぐに降りる。

10周目ハミ(P1)よりぼっさん(P2)のほうがラップタイムが良い。何かあるのか、と思ったらハミが自主的に燃料セーブをしていただけ。チームラジオで、そこまで摂生しなくていいよ、と言われる。
11周目前の周回ハミが41秒代へ。ぼっさんが42秒代、フェラーリ2台が43秒代。他は44-5秒代。
12周目グロ(P13)のマシンが大破している映像。場所も、どうしてこうなった? も解らなかったが、場所はT3で単独スピン。くるっと宙を回って打ち付けられているのでグロが無事かどうか怪しい。とりあえず自力で出てきて歩いている映像があったので安心。
12周終了時ペレス(P5→P9)、サインツ(P11→P13)、バトン(P12→P14)がイン。
13周目即SC導入で、そろそろピットインのタイミングということもあり、後続は続々と入るがハミ(P1)、ぼっさん(P2)、フェラーリ2台(P3-4)の上位陣は入らず。ハミへの無線でT3は左に寄れという指示有り。
リプレイ映像。バトンのオンボードカメラでグロの軌道を確認。また別アングルでスピンの瞬間を検証。
13周終了時アロンソ(P11→P14/2.3secs)、メルヒ(P16→P16)イン。
14周目チームからマルドナド(P8)に無線でグロは大丈夫という情報が入る。きっとこれが正しいあり方。FP3時のサインツがクラッシュしたときのような情報が入らないというのがおかしな状況であり、チームとしてはチームメイトや家族、他のドライバーに事故の情報をきちんと伝わるようにして欲しいものだ。
タイヤバリアを修復するマーシャルたち。
14周終了時スティーブンス(P16→P16)君がイン。
15周目ハミがチームに対し、SCのペースが遅いからタイヤ(が冷えて)コンディション保てないと訴える。

17周目リスタート。セブ(P4)が強引にキミ(P3)に並び、タイヤ同士が軽く接触。
17周終了時スティーブンス(P16→P16)君がまたイン。

21周目フェルスタッペン(P13)がタイヤのグリップがないと訴える。

24周終了時フェルスタッペン(P14→P15)イン。
25周目サインツがピットレーン 入口の白線を超えた件で審議。
26周目サインツに5秒ペナの裁定。
26周終了時ぼっさん(P2→P11/3.4secs)イン。

28周目先の周回終了時にハミ(P1)、セブ(P2)あたりが続けて入るかに見えたが、入らない。

30周目ぼっさん(P11)がようやくサインツ(P10)をパス。 長かった。ルノーエンジンでメルセデスエンジンを抑えたサインツ凄い。しかもレッドブルじゃなく、トロロッソ。
30周終了時セブ(P2→P6/2.2secs)、まっさん(P8→P13)、マルドナド(P12→P14)イン。
31周終了時キミ(P2→P8/2.2secs)イン。ぼっさん(P7)をオーバーカットできず。
32周終了時ハミ(P1→P1/3.1secs)イン。
33周目リプレイでペレス(P4)をパスするセブ(P5)。 P2-3のクビアト-ナッセはまだピットインしていないのでこれでP2戻りのセブ。
33周終了時クビアト(P2→P9/3.3secs)イン。なんとかバトンの前で戻れたけどギリギリ。アウトラップということを考えるとキツイ。
34周終了時ナッセ(P2→P12/3.5secs)イン。
35周目まっさん(P11)がアロンソ(P10)をかわしてポイント圏内へ。
36周目ぼっさん(P5)まだダニエル君(P4)をパスしてなかった。リプレイでぼっさんがダニエル君にしかけようとする映像。しかし並べず、失速したところをキミ(P6)が並びかけてパス。しかしぼっさんも譲らず、即キミを抜き返す。

38周目全然映らないハミ(P1)。ここにきて40秒代のファステスト。 キミ(P6)は獲物が前だから、よく映る。

41周目リプレイ映像でナッセ(P11)がバトン(P10)をパスして10位へ。
42周目ペレス(P3)は早目のタイヤ交換だったため、フロントタイヤマネジメントをチームから要求される。しかし「できない」に始まり、泣き言。やってみる、というチャレンジ精神はない。
43周目セブ、ファステスト。 ペレス(P3)に迫るダニエル君(P4)-ぼっさん(P5)-キミ(P6)。マルドナド(P12)がバトン(P11)をパスして11番手に。

45周目ぼっさん(P5)がダニエル君(P4)をパス。キミ(P6)は離されていて続けない。
46周目キミ(P6)がダニエル君(P5)をオーバーテイクするが、はみ出しすぎてショートカットしてしまう。ショートカットによる利益はペナルティの対象になるので即ポジションを戻す。
47周目サインツ(P9)がスピン。S3が黄旗区間になる。なんとかコースに戻るが、パーツが跳び、リアウイングがボロボロ。ピットには戻れず、T17でマーシャルに先導されて停める。
48周目キミ(P6)がダニエル君(P5)をパス。
49周目セブの無線(勇敢なロシア人が居たよ)で、コースマーシャルがパーツを拾いに出ていた模様。危なくセブは轢きかけていたが……。ダニエル君(P6)が失速してマシンを停める。ぼっさん(P4)がペレス(P3)に迫る。

51周目ハミ(P1)からチームへの無線「なんかおかしい」チームからハミへの無線「DRSを使うな」(※P1なので使う必要はない)
52周目セブ(P2)ファステスト。ぼっさん(P4)が13コーナーでペレス(P3)をパス、その隙にキミ(P5)もペレスをパス。 キミはDRSが使えるギャップ。
53周目キミ(P4)は気が逸ったのか、チャンスが少ないからか、強引にいってぼっさん(P3)と接触。ぼっさんははじき出されて、マシンを停めざる負えない。キミはダメージを負ったマシンをなんとかコントロールラインへ。ペレスが3番手返り咲き。

ハミ-セブ-ペレス-まっさん-キミ-クビアト-ナッセ-マルドナド-バトン-アロンソ
フェルスタッペン-ぼっさん-メルヒ-スティーブンス君-ダニエル君

キミが53周目の接触の件で審議の対象に結果30秒加算ペナ。アロンソは再三注意されていたT16のラインオーバーで5秒加算ペナのため、順位は以下。

ハミ-セブ-ペレス-マッサン-クビアト-ナッセ-マルドナド-キミ-バトン-フェルスタッペン
アロンソ-ぼっさん-メルヒ-スティーブンス君-ダニエル君

キミが8番手に落ちたことにより、メルセデスのコンストラクターズが確定。
それにしても前戦日本GPの完走扱いも含めた全車完走とはうって変わってサバイバーな感じのロシアGP。それも仕方ない。あの訳の分からん路面の所為(かどうかは不明だが)で多数のクラッシュ。あと、このコースってコーナーが90度なのが多いよね……。
完走扱いも含め、15台完走。序盤のロズベルグのリタイアが霞む程、これでもかと見どころの多いレースではあった。

安定の「メルセデス>フェラーリ>ルノー=ホンダ」
今回、ホンダがというかバトンが安定していた。

次戦USGPは来週末。
但し、USGPを含め、3戦(メキシコGP、ブラジルGP)は時差がキツイ。録画のためにHDDを整理しなくては……。ということで次戦から3戦分は実況ツイートという名の呟きはありません。

エンジン名(使用チーム第15戦終了時の累計獲得ポイント上位から順に)

 各チームトップドライバー,セカンドの予選→決勝
 ∴明>暗
雑感

メルセデス(メルセデス、ウィリアムズ、Fインディア、ロータス)

 2→1,1→Ret/15→4(5),3→12†/6→Ret,7→3/8→Ret,14→7(8)
 ∴メルセデス≧ウィリアムズ>Fインディア>ロータス
ロズベルグのトラブルによってトップを手に入れ、危なげなく独走したハミ。
順調だったのにスロットペダルの故障(部品が割れたとかなんとか)でリタイアせざるを得ない状況になってしまったロズベルグ。遂に運にも見放されるようになったようで。

予選結果があからさまに悪かったまっさんだけどもするするといい位置につけていた結果、気づけば4位という表彰台まであと一歩という結果。
一方で、最低限3位表彰台を公言していたぼっさん。キミとの接触で夢と散った。ぼっさんとしてはキミが30秒加算ペナでも納得いかないよね。

スタート直後の団子の中で「僕を避けて通ってくれ」と願っても、それは無理ってもんですよ、ヒュルケンベルグ。前のほうからのスタートで、ちょっと緊張したのか? 3列目スタートなんてヒュルケンベルグの実力からいけば珍しいことでもなんともないはずなんだけど。スタートも少し失敗したように見えたので、バランスも悪かったのかな。
さて、運に見放されていなかったのはペレス。早くにタイヤ交換のノルマを達成し、終盤タイヤマネジメントに苦しみ、ぼっさんとキミにパスされるも、キミがぼっさんにぶち当たったため、3位返り咲き。おめでとうございます。

なんで回ったのかね、グロは。終了後のインタビューでも原因は解らないと言っていたけど。とりあえずリアエンドを失ったために起こったが、どうしてリアエンドが飛んだのかが不明。とりあえず体が無事でよかったよ。
マルドナドもいつの間にかいい位置で終えていたという印象。


フェラーリ(フェラーリ、ザウバー、マルシャ)

 4→2,5→8(4)/15(16)→Ret,12→6(7)/17(18)→14,18(19)→13
 ∴フェラーリ>ザウバー>マルシャ
ちょっと強引なチーム内バトルのあったセブ。チーム内より対メルセデスで見てみたいものだけど、マシンがそこまでいっていないか。そして去年ぼっさんが記録したLR(1:40.896)を1:40.071で更新。
最終的にやっちゃった感のキミ。ぼっさんに強引に仕掛けたキミは、なんからしからぬ青い失敗。復帰してからのキミの強引さには青臭さなんてなかったのになぁ。ということで30秒加算ペナ。

ヒュルケンベルグを避けられなかったエリクソン。
あまり映らなかったけど、きっちりバトルをして順当にその順位を獲得したナッセ。

相変わらず周回遅れ組。来季からは1年落ちではなく、カスタムエンジンなので言い訳できないわけだけど、大丈夫なのかね。ちゃんと使用料支払えるのかどうか、怪しい。


ルノー(RBR、STR)

 10→15†,11→5(6)/9→10(11),20→Ret
 ∴RBR>STR
ファーストドライバー形無しなダニエル君。ここ最近そんな感じ。来季のエンジンが決まらず、どうなるのか解らない状態。椅子の空き具合からして浪人になるかもしれないのだから少しでも成績を残したいところだろうけど、マシンのバランスも悪く、悪循環。
一方母国GPだったクビアトは、棚ぼた的な面もあったが、順当にいい位置で終えられた。

散々だったフェルスタッペン。ただ、悪かったレースのわりには棚ぼたではあるが、成績はきっちり残している。
FP3で大クラッシュしたサインツ。怪我もなく、異常もなく、出走となったけれども、結局リタイア。あと1周できていれば完走扱いだったのに。そしてインタビューで実は眩暈が酷かったと告白。そりゃあれだけのクラッシュしたんだから、眩暈もするだろうよ。

ホンダ(マクラーレン)

 13→9,19(16)→11(10)
まだPUがアップデートされていないバトンが頑張った週末。
アロンソのT16は癖になっているのだろうか。ペナを貰っちゃあ癖だからでは済ませられない。
コダミタカ * Category of [モータースポーツ]Topic*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    【F1】2017 Rd.1 オーストラリアGP(2017.03.26)
    【F1】イス取り合戦2017(2016.11.28)
    【F1】2016 Rd.15 シンガポールGP(2016.09.25)
    【F1】2016 Rd.13 ベルギーGP(2016.09.04)
    【F1】2016 Rd.12 ドイツGP(2016.08.28)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング