East of R134 元(仮)
<< 201906||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[モータースポーツ]Topic 【F1】2015 Rd.17 メキシコGP 

【F1】2015 Rd.17 メキシコGP

JUGEMテーマ:F1
23年ぶりのメキシコGP。あの頃は16チームだったわけで……来季先行き不明なのが4チームもある現在。16チーム32台と7チーム14台……倍以上の差があるわけで、1チーム3台ならぬ1チーム4台体制で予備予選復活でもいいんじゃないですかね。
というか、3台体制にならないなら6位入賞に戻してもいいんじゃないかと。
とりあえず、マノー・マルシャとロータスは資金をなんとかしないといけないし、RBRとSTRはエンジンをなんとかしないと。
そんな中、Fインディアは名称で揉めるなんてばからしいということか、チーム名をアストンマーチにする、と。

アロンソの場合

・ICE(内燃機関)11基目……10G
FP3にて以下追加
・ギアボックス交換……5G
合計15G降格

バトンの場合

・ICE(内燃機関)10基目……10G
・TC(ターボチャージャー)10基目……5G
・MGU-H(電動発電ユニット-熱)10基目……5G
・MGU-K(電動発電ユニット-運動)9基目……5G
FP2にて以下追加
・ICE(内燃機関)11基目……10G
・TC(ターボチャージャー)11基目……5G
・MGU-H(電動発電ユニット-熱)11基目……5G
・MGU-K(電動発電ユニット-運動)10基目……5G
FP3にて以下追加
・CE(コントロールユニット)6基目……5G
予選にて以下追加
・TC(ターボチャージャー)12基目……10G
・MGU-H(電動発電ユニット-熱)12基目……5G
合計70G降格

キミの場合

・ギアボックス交換……5G
予選にて以下追加
・ICE(内燃機関)6基目……10G
・TC(ターボチャージャー)5基目……5G
・MGU-H(電動発電ユニット-熱)5基目……5G
・ES(エネルギー貯蔵)6基目……5G
・CE(コントロールユニット)6基目……5G
合計35G降格

ロズベルグ-ハミ-セブ-クビアト-ダニエル君-ぼっさん-まっさん-フェルスタッペン-ペレス-ヒュルケンベルグ
サインツ-グロ-マルドナド-エリクソン-ナッセ(17→15)-ロッシ(18→16)-スティーブンス君(19→17)-キミ(15→18)-アロンソ(16→19)-バトン*

バトンは予選不参加だったが、スチュワートの審議により出走可能。

FP1

ヒュルケンベルグ、ピットレーン入口のラインを踏んだ件は訓告。

FP2

ロッシ、ピットレーン速度違反(81.8km/h)につきマノー・マルシャに200ユーロ(≒26556円)の罰金。

予選

クビアト、ピットレーン速度違反(87km/h)につきRBRに700ユーロ(≒92947円)の罰金。
出走していないバトンだがスチュワートにより出走許可が下りた。

決勝―審議

1周目T1でダニエル君と接触したセブの件はレースアクシデントとしてお咎めなし。
22周目T4で接触のキミとぼっさんの件はレースアクシデントとしてお咎めなし。
フォーメーションラップは無事全車出走。バトンはピットスタート。
1周目スタートでクビアト(P4→P3)に前を行かれるセブ(P3→P4)。T1でダニエル君(P5)と接触。その後ぼっさん(P6→P5)とT5で接触し、パンクし、順位をかなり落とすセブ。
1周終了時セブ(P19→P19/7.7stop)イン。アロンソ(P20)ガレージイン。

4周目ぼっさん(P5)がダニエル君(P4)に迫る。DRSを使えるタイム差だが、なかなか抜けず。エンジンの性能差を考えると簡単に行けそうなのに抜けないということは単純にエンジンだけでは無理と言うことか。

7周目セブダニエル君との件はレースアクシデントとしてお咎めなしの裁定。
8周目キミ(P14→P13)は軽々とエリクソン(P13→P14)をパスする。
8周終了時ぼっさん(P6→P15/3.2stop)イン。
9周目エリクソン(P13)を追いかけるナッセ(P14)。チームメイトバトルが起こるのか?
9周終了時まっさん(P7→P15/3.2stop)、ヒュルケンベルグ(P10→P16/3.5stop)イン。
10周終了時マルドナド(P8→P18)、エリクソン(P11→P19)イン。
11周目ぼっさん(P11→P10)がナッセ(P10→P11)をパス。
11周終了時グロ(P9→P15)イン。
12周目まっさん(p11→P10)もナッセ(P10→P11)をあっさりパス。
12周終了時ナッセ(P11→P19)イン。
13周終了時サインツ(P8→P12/3.2stop)イン。セブの前で出る。

15周目リプレイでサインツを(P12→P13)をパスするセブ(P13→P12)の映像。

17周目ホームストレートで一気にバトン(P11→P12)に並びかけて抜き去るセブ(P12→P11)。サインツ(P13)が虎視眈々と狙う。いい感じだったセブだがT10でスピンし、コースアウト。16番手で復帰。
18周目サインツ(P12→P11)がバトン(P11→P12)をパスするリプレイ。
18周終了時ペレス(P6→P10/3.8secs)イン。
19周目10番手で復帰したペレスだが、ちょうどサインツ(P11→P10)が来るところだったので、あっさり行かれる。

21周終了時クビアト(P3→P5/2.3stop)イン。
22周目キミ(P6)に迫るぼっさん(P7)サイドバイサイドが続くがT4接触。ぼっさんの左フロントにキミの右リアが乗り上げて車軸が歪む。そのままコースアウトして、マシンを停める。

24周目キミとぼっさんの接触は審議の対象に。リプレイでバトン(P12→P13)をパスするマルドナド(P13→P12)。セブ(P14→P13)がバトン(P13→P14)がパスするリプレイはなし。マルドナド(P12)に迫るセブ(P13)。
24周終了時ダニエル君(P3→P7/2.6stop)イン。
25周終了時フェルスタッペン(P3→P8/2.8stop)イン。
26周終了時ロズベルグ(P1→P2/2.5stop)イン。
27周目キミとぼっさんの件はレースアクシデントのためお咎めなし。
27周終了時周回遅れのスティーブンス君(P17→P18)イン。
28周目セブ(P12)かなり雑な感じでT2はみ出し。
28周終了時ハミ(P1→P2/2.4stop)、周回遅れのロッシ(P17→P18)イン。

30周終了時バトン(P14→P16/3.7stop)イン。

33周目サインツ(P9)に迫るペレス(P10)。サインツ(P9)は接触を避けた結果、はみ出して芝をショートカット。T16で入れ替わる。

35周終了時セブ(P13→P14/2.3stop)イン。合流したところでロズベルグ(P1)が来て周回遅れに。ロズベルグ(P1)とハミ(P2)の間。青旗振られるような位置。

38周目ロズベルグ(P1)とハミ(P2)のギャップがあるためか、青旗が振られることなく、見た目ロズベルグ(P1)-セブ(P14)-ハミ(P2)。シュールすぎる。
39周終了時ナッセ(P13→P15)イン。

41周目青旗2回目でハミ(P2)に譲る周回遅れのセブ(P14)。

43周終了時サインツ(P10→P13/3.8stop)イン。入っている間に周回遅れに。

45周終了時周回遅れのエリクソン(P15→P16)イン。
46周終了時ロズベルグ(P1→P2/2.7stop)イン。

48周終了時ハミ(P1→P2/2.6stop)、周回遅れのバトン(P15→P16)イン。セブ(P12)同一周回に。

50周目まっさん(P5)に迫るダニエル君(P6)。ルノーエンジンは抑えることは可能でも抜くにはDRSが必要か。
51周目リプレイでペレス(P9→P8)がフェルスタッペン(P8→P9)をパスする映像。沸き立つメキシカン。母国GPならでは。S2に黄旗。T8でタイヤバリアにぶち当たってるセブ(P14)SC導入。セブ→チーム「クラッシュした」セブ←チーム「大丈夫?」セブ→チーム「大丈夫だよ。ゴメン」のやり取り。
51周終了時サインツ(P12→P12)、周回遅れのスティーブンス君(P17→P17)、ロッシ(P18→P18)イン。
52周終了時クビアト(P3→P4/2.7stop)、ダニエル君(P5→P5/2.7stop)、まっさん(P6→P6/3.3stop)、ヒュルケンベルグ(P7→P7)、フェルスタッペン(P9→P9)、グロ(P10→P10)、マルドナド(P11→P11)、周回遅れのエリクソン(P13→P13)、ナッセ(P14→P14)イン。
53周目落ちた破片をコックピットに自分で入れるセブ。曲がったノウズを真っ直ぐに直す。
53周終了時ぼっさん(P3→P4/3.3stop)イン。
54周目リプレイでセブのマシンがまっすぐ突っ込んでいく映像。曲がり切れずではなく、曲がれなかった模様。セブにしては珍しい。ペレスパパがピットで見守る映像。
55周目タイヤバリアを直すコースマーシャルの映像。

57周目この周回でSC撤退と出る。
58周目リスタート。ぼっさん(P4→P3)がクビアト(P3→P4)をパス。
59周目に入ったところでS3に黄旗が出る。ナッセがコースアウト。乗ったままマシンを場外に出せるのでSC導入の必要はなし。

69周目1ポイント獲得を争うグロ(P10)対マルドナド(P11)のチームメイトバトル。

大きなアクシデントもなく、71周終了。
ロズベルグ-ハミ-ぼっさん-クビアト-ダニエル君-まっさん-ヒュルケンベルグ-ペレス-フェルスタッペン-グロ
マルドナド-エリクソン-サインツ-バトン-ロッシ-スティーブンス君

今回は「メルセデス≧ルノー≧フェラーリ≧ホンダ。但しメルセデス≠ホンダ」と言ったところか。

エンジン名(使用チーム第17戦終了時の累計獲得ポイント上位から順に)

 各チームトップドライバー,セカンドの予選→決勝
 ∴明>暗
雑感


メルセデス(メルセデス、ウィリアムズ、Fインディア、ロータス)

 2→2,1→1/7→6,6→3/10→7,8→9/12→10,13→11
 ∴メルセデス>ウィリアムズ>Fインディア>ロータス
「平等」を徹底させているらしいメルセデス。けど、作戦ってドライバーの性質によって立ててこそ「公平」なんじゃないんですかね。そういう意味ではハミは自身としては望まないピットストップ作戦だったようで。まぁ、もうチャンピョン決まってるから強くは講義しなかったみたいだけど、残り2戦こんな感じで全力ではいかないんじゃないだろうか。
PP、ファステスト、優勝と完勝したロズベルグ。よかったねー。特に印象に残っているところはないけど。

運がないと定評のまっさん。しかし今回はミスすることも、巻き込まれることもなく良い終わり方。
やっちまったぼっさん。ロシアGPの仕返しと言ったところか。ロシアGPの件は烈火のごとくキミを責めたのに、今回はレースアクシデントだから仕方ないよねという姿勢。本音としてはキミが引けよと思ったんだろうけど。つまり自分がやられるのは嫌だけど、自分がやる分には仕方ないし、自分には責任がないよという考えなのか。ちょっと残念。

ここ最近、まっさん化していたヒュルケンベルグだけど、運がないとまではいかない結果。
母国GPのペレス。これぞ母国GP! という盛り上がり。順位関係なく、抜くと歓声。

ロータスコンビは、終盤の1ポイントを巡る争いしか記憶にない。

フェラーリ(フェラーリ、ザウバー、マルシャ)

 3→Ret,18(15)→Ret/14→12,15(17)→Ret/17(19)→16,16(18)→15
 ∴フェラーリ=ザウバー>マルシャ
予選後の会見でハミとロズベルグに「(互いにやりあって)コースオフしてくれる? その間に前に出るから。ねぇ、ダメ?」なんて言ってるから自分が接触したり、コースオフしたりするんだよ、セブ。全てが空回り。とりあえずマシントラブルでのスピンじゃなくて良かったし、下りたあと散ったパーツを自分で集めてコックピットに居れたりしていたので体も大丈夫そうで安心。
G降格ペナを受けて後方からスタートしたが、スルスルとポイント圏内に入ったキミ。だけど、ぼっさんと接触→リタイアというコース。キミがスペースを残さなかったと見る人も居るだろうが、1台分は空いていた。セオリーではあそこからイン→インに行くためにライン変更をするが、それはバトルをしていない場合であって、あの場合ぼっさんはイン→アウトで行かないといけなかったのではないかと。キミもそう考えていたからアウト→インではなく、アウト→中央を行こうとした結果だろう。本人は何を言っても責められるとインタビューに答えていたが。決定的な違いはロシアGPでキミはペナを受け、今回ぼっさんは受けなかったということか。

エリクソンが完走したもののポイント圏外。ナッセは終盤までよかったのに、コースアウトしてリタイア。スローダウンした映像はなかったが、無理だからコースアウトし、自分で場外へ運転してマシンを出していたくらいなので、深刻なダメージではないと思いたい。と思ったら、レース後のインタビューでどちらもブレーキトラブルがあった、と。大事故にならなくてよかった。

さて、ここにきて来季チームの存続が危なくなっているマノー・マルシャ。仲良く2周回遅れ。


ルノー(RBR、STR)

 6→5,5→4/8→9,11→13
 ∴RBR>STR
ここんところ1stドライバーとしての存在感が薄くなっているダニエル君。今回もクビアトより後ろの位置でスタートし、後ろの位置で終了、と。ただ序盤ルノーエンジンはメルセデスエンジンに対してかなりのアドバンテージがあると思っていたのだが、抑えることは可能だというのははっきりと示した。
来季のシートが宙ぶらりん状態の一人であるクビアトはしっかりと魅せる。だがダニエル君がルノーエンジンでもメルセデスエンジンを抑えることは可能だと示したのに対し、クビアトはルノーエンジンはメルセデスエンジンに挑むには非力だというのを示した。

前戦は上位チームであるRBRより2台共前で終えていたSTR。
果敢に挑むも、ぱっとしなかったフェルスタッペンとサインツ。


ホンダ(マクラーレン)

 19(16)→Ret,20*→14
前日からトラブルを抱えていて、それが解消できなかったから早々にリタイアしたということらしいアロンソ。
一方、今季最大の70Gという降格ペナを課せられたバトンは70G課せられる程乗せ換える必要があったのか? と言える安定っぷり。まぁ、最後に乗せ換えたのが嵌ったってことで。
次戦ブラジルGPは来週末。また時差がキツイ。
コダミタカ * Category of [モータースポーツ]Topic*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    【F1】2017 Rd.1 オーストラリアGP(2017.03.26)
    【F1】イス取り合戦2017(2016.11.28)
    【F1】2016 Rd.15 シンガポールGP(2016.09.25)
    【F1】2016 Rd.13 ベルギーGP(2016.09.04)
    【F1】2016 Rd.12 ドイツGP(2016.08.28)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング