East of R134 元(仮)
<< 201911||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[モータースポーツ]Topic 【F1】2016 Rd.2 バーレーンGP 

【F1】2016 Rd.2 バーレーンGP

JUGEMテーマ:F1
ナイトレースのバーレーンGP。

前回限りとなるはずだった新予選方式は今回も続投。
前回Q1、Q2は面白かったから、Q1、Q2のみ新方式でQ3旧式でいいじゃんと思っていたのだけれど、まーつまんない予選でしたね、と。
90秒のカウントダウンが始まると、コースによっては第2もしくは第3セクターに入ってないとタイムが出せないわけで、アタック開始直後だったらもう見込みがない。で、下手したらブービーに居て、しかもピット中だったらその段階でKO確定という場合もある。
混雑する中、開始直後に出てって、一発アタックを決めて、KOまでの時間が結構あるポジションを取らないといけないわけで、一発で出せなかったらもう諦めて後ろからどう巻き返すか、戦略を切り替えるほうが楽なのが新予選方式。
その結果、終了のチェッカーフラッグが振られる前に終わってしまうという事態。正直、盛り上がらない。

開幕戦で大クラッシュをしたアロンソが、欠場。事故直後のメディカルチェックではかすり傷と発表されていたが、結局肋骨骨折と肺虚脱という結構重傷を負っている。この診断に関して、マクラーレンはFIAとFIAのメディカル責任者に抗議したようだが、アロンソの出場には許可が下りなかったし、メディカルチェックに関しては責任を認めようとはしていないようで、一部報道ではFIAがもっと検査をきちんとしておくべきだったと言われているとか。

アロンソの代わりにバンドールンが乗ることに。しかもFP2ではそれなりの燃料を積みつつ、メルセデス2台に次ぐ3番手になったバトンよりも前の位置からのスタート。
マシンが仕上がってきているような状態で、乗れないアロンソ。運がない。

運がないと言えば、前回アロンソとクラッシュしたグティ。前回、マシン撤去の際、吊り上げられたのだが、それで一部パーツが破損したために、今回新パーツを用意しないといけなかったとか。
その件があってか、FP2中右リアが外れそうだと途中でマシンを停めたセブが、コースマーシャルによってマシンが移動させられる作業を見守っていたのが印象的。特にクレーンが出てきて吊り上げられることが確定したときから、マーシャルの動きを目を皿のようにして見ていた。そんなにピッツァ(※本名愛称マルゲリータ。本名SF16-H)が心配なのかって突っ込みたくなるくらい、見守っていた。

日程

2016.04.01 FP1;14:00-15:30(20:00-21:30)/FP2;18:00-19:30(24:00-25:30)
2016.04.02 FP3;15:00-16:00(21:00-22:00) Qualifying;18:00-19:00(24:00-25:00)
2016.04.03 Race;18:00- (24:00- )

マグヌッセンの場合

FP2赤信号無視のためピットレーンスタートペナルティ。

ハミ-ロズベルグ-セブ-キミ-ダニエル君-ぼっさん-まっさん-ヒュルケンベルグ
グロ-フェルスタッペン-サインツ-バンドールン-グティ-バトン-クビアト
ウェーレイン-エリクソン-ペレス-パーマー君(20→19)-リオ(21→20)-ナッセ(22→21)-マグヌッセン(19→PL)

FP1

ウェーレイン:ピットレーン速度違反(83.1km/h)につきMRTに対し罰金€400(≒50870円)

FP2

マグヌッセン:ピットレーン赤信号無視につき決勝ピットレーンスタート

予選

ハミルトン:予選終了後の停車位置が問題になるも、お咎めなし

決勝

ボッタス:1周目1コーナーにてハミルトンとの接触に対し、ドライブスルーペナルティとペナルティポイント2ポイント加算


F/57周目全車無難に出ていくが、前回のクビアトみたいな状態もあるので、フォーメーションラップ後ちゃんとグリッドに着けるかどうか心配していたところにセブのマシンから白煙が。そしてそのままマシンを停める結果に。
セブの長いキャリアで初のDNS(Do Not Start)となったわけで。とりあえず2016年のバーレーンGPは私の中では終わった。
そしてナニゲにパーマー君もしれっとガレージに戻ってきて、マシンを収めてレース終了。

1/57周目まず、キミ(P4→P6)がスタート失敗(セブが居なくなったのでG4だけど3番手スタート)。ハミ(P1→P2)がまたしてもスタート失敗。スタート成功したぼっさん(P6→P3)と接触して更に落ちるハミ(P2→P9)。この時点でロズベルグ-まっさん-ぼっさん-ダニエル君-キミ-グロ-グティ-ヒュルケンベルグ-ハミ-サインツ。団子になってるところでのハミのスピンなので、よく大事故にならなかったなぁ、と。
1/57周終了時ヒュルケンベルグ(P7→P16/SS→S)ピットイン。ロズベルグがファステスト(1:39.458)。ロズベルグ-まっさん-ぼっさん-ダニエル君-キミ-グロ-ハミ-グティ-フェルスタッペン-バトン-サインツ-ペレス-バンドールン-ウェイレーン-クビアト-ヒュルケンベルグ-エリクソン-リオ-ナッセ^マグヌッセン
2/57周目T1進入時ペレス(P12)が前のサインツ(P11)に接触し、パートを飛ばす。サインツがそのパーツを踏む。
2/57周終了時ペレス(P12→P19/フロントウィング破損のためノウズ交換)、サインツ(P11→P20/S→M)ピットイン。キミがファステスト(1:38.079)
3/57周目スタートリプレイ映像。上空映像はキミのスタート失敗があからさま。ハミとぼっさんの件はぼっさんがハミに激突。 1コーナーアウトからの映像だとハミがスペース空けてないように見える。 ハミのオンボードでは不明。ダニエル君のオンボードだとぼっさんの曲がるタイミングの問題でハミに非はないように見える。ぼっさんのブレーキングがアウト側からいってるハミたちより遅すぎるのが問題。
3/57周終了時ロズベルグがファステスト(1:37.731)
4/57周終了時ペレスがファステスト(1:37.384)

6/57周目キミ(P5→P4)がダニエル君(P4→P5)をパス。その後ろからハミ(P6)が虎視眈々と狙っている。ただハミのマシンはそれなりに痛手を負っているわけで、そう簡単にはいかない。
6/57周終了時ダニエル君(P5→P17/SS→S/2.7STOP)ピットイン。
7/57周目キミ(P4→P3)がぼっさん(P3→P4)をDRSを使ってT1でパス。ハミ(P5)がぼっさん(P4)に迫る中、S2に黄旗。バトンがマシンを停めたため。マクラーレンのガレージで落胆するアロンソが映る。
7/57周終了時まっさん(P2→P14/SS→M/2.2STOP)ピットイン。
8/57周目ハミとぼっさんの件は審議の対象。その直後T1で意地を見せあうハミ(P4→P3)対ぼっさん(P3→P4)。その直後、グロ(P5)がハミのパーツ(ポッドウィング)を拾った映像。
8/57周終了時ぼっさん(P4→P15/SS→M/3.0STOP)、グティ(P6→P18/S→S/9.4STOP)ピットイン。
9/57周目ハミとぼっさんの件はぼっさんにドライブスルーペナルティ(とペナルティポイント2Pt.加算)と出る。
9/57周終了時バンドールン(P7→P12/SS→S/3.0STOP)、ぼっさん(P15→P17/※ドライブスルーペナルティ)ピットイン。グティ(P18)がピットインしたが結局ガレージインでリタイア。
10/57周終了時フェルスタッペン(P5→P12/SS→S)、ナッセ(P10→P17/S→S/4.4STOP)ピットイン。

11/57周目バンドールン(P15→P14)がヒュルケンベルグ(P14→P15)をパス。カスタマイズだがメルセデスエンジンに勝つホンダ。
11/57周終了時グロ(P4→P7/SS→SS/3.2STOP)、ウェイレーン(P10→P17/S→S/4.0STOP)ピットイン。
12/57周目ホームストレートでペレス(P12)がフェルスタッペン(P11)に仕掛けるが、抜ききれず接触しパーツを飛ばす。それを拾うバンドールン(P13)。S3あたりでペレス(P12→P13)をパスするバンドールン(P13→P12)
12/57周終了時キミ(P3→P6/SS→S/2.9STOP)、マグヌッセン(P8→P10/S→SS/4.9STOP)、リオ(P11→P17/M→M/4.5STOP)ピットイン。
13/57周目ダニエル君(P4)とマッサン(P5)のバトル中に合流してしまったキミ(P6)。アウトラップもアウトラップなT1でまっさん(P5→P6)をパスし、ダニエル君(P4→P5)をS2あたりで抜く。
13/57周終了時ロズベルグ(P1→P1/SS→S/2.7STOP)、ハミ(P2→P6/SS→M/2.4STOP)、エリクソン(P8→P15/S→S)ピットイン。グロがファステスト(1:37.285)
14/57周目クビアト(P2→P3)をパスするキミ(P3→P2)。結果チーム内バトル勃発。
14/57周終了時ペレス(P10→P17/SS→S)ピットイン。キミがファステスト(1:36.814)
15/57周目T1でハミ(P6→P5)がまっさん(P5→P6)をパス。
15/57周終了時キミがファステスト(1:36.761)
16/57周目まっさん(P6→P5)がホームストレートで並び、T1でクビアト(P5→P6)をパス。
16/57周終了時クビアト(P7→P14/S→S/2.5STOP)、ヒュルケンベルグ(P12→P17/S→M/2.6STOP)ピットイン。
17/57周目グロ(P6→P5)がまっさん(P5→P6)をS2でパス。後方ではナッセ(P10)とエリクソン(P11)のチーム内バトル勃発。
18/57周目マグヌッセン(P14)に追い立てられるクビアト(P13)。
19/57周目フェルスタッペン(P7)にも迫られるまっさん(P6)。ちょっと前まで調子よさそうだったのに、何があったのか。リプレイでホームストレートでナッセ(P10→P11)をパスするエリクソン(P11→P10)
20/57周目遂にフェルスタッペン(P7→P6)にS1でパスされるまっさん(P6→P7)。
21/57周目リプレイでナッセ(P11→P12)をパスするクビアト(P12→P11)。映像が戻ったところでエリクソン(P10→P11)を抜くクビアト(P11→P10)。
21/57周終了時周回遅れのサインツ(P18→P18/S→M)ピットイン。

23/57周目サインツのピットイン映像のリプレイ。ジャッキが壊れた模様。
24/57周目グロ(P5→P4)がダニエル君(P4→P5)をパスする。ダニエル君の後ろはフェルスタッペン(P6)なのだが、ペースは圧倒的にフェルスタッペンのほうがいい。
24/57周終了時ダニエル君(P5→P11/S→S/4.7STOP)、マグヌッセン(P14→P17/SS→SS/2.6STOP)ピットイン。
25/57周目ぼっさんがチームラジオで前(サインツ)を抜けないと訴える。
25/57周終了時バンドールン(P7→P15/S→S/3.0STOP)ピットイン。
26/57周終了時フェルスタッペン(P5→P10/S→M)ピットイン。
27/57周終了時グロ(P4→P8/SS→SS/4.0STOP)ピットイン。
28/57周目グロピットイン中にクビアト(P5→P6)がダニエル君(P6→P5)を前に行かせる。
28/57周終了時ハミ(P3→P3/M→SS/3.0STOP)ピットイン。ダニエル君がファステスト(1:36.510)
29/57周目7-9番手の争いが激しく、ぼっさん(P7→P9)がグロ(P8→P7)、フェルスタッペン(P9→P8)に抜かれる。
29/57周終了時キミ(P2→P2/S→SS/3.4STOP)、まっさん(P5→P9/M→M/2.2STOP)、エリクソン(P10→P13/S→M/3.2STOP)、ウェーレイン(P14→P16/S→SS/3.1STOP)ピットイン。サインツがガレージインでリタイア。
30/57周終了時ロズベルグ(P1→P1/S→SS/5.3STOP)、ナッセ(P12→P15/S→M)ピットイン。ハミがファステスト(1:34.721)
31/57周目サインツのマシンがガレージの映像。サインツはまだ下りていない。 ロズベルグのリプレイは左リアタイヤに手間取っている。
31/57周終了時リオ(P14→P17/S→M)ピットイン。

33/57周目クビアト(P5→P6)をT1でパスするグロ(P6→P5)。
34/57周目ペレス(P11→P12)をT1でパスするマグヌッセン(P12→P11)。リプレイ映像でクビアト(P6→P7)をパスするフェルスタッペン(P7→P6)
34/57周終了時クビアト(P7→P9/S→SS/2.9STOP)、ぼっさん(P9→P15/M→S/3.9STOP)ピットイン。

36/57周目11-13位争いはFインディアのチーム内抗争にエリクソンが加わった形。ペレス(P11→P13)がヒュルケンベルグ(P12→P11)、エリクソン(P13→P12)に敗北。ペレスのペースが上がらない。
36/57周終了時周回遅れのヒュルケンベルグ(P14→P16/M→SS/3.0STOP)ピットイン。
37/57周終了時キミ(P2→P3/SS→S/3.3STOP)ピットイン。そしてスタッフの間に馴染んでるセブ……真面目にレースを考えている模様。というかキミをサポート中なのか?
38/57周終了時周回遅れのペレス(P14→P17/S→SS/STOP)ピットイン。
39/57周終了時ロズベルグ(P1→P2/SS→S/3.6STOP)、周回遅れのマグヌッセン(P10→P14/SS→SS/2.6STOP)ピットイン。
40/57周終了時グロ(P6→P9/SS→S/8.1STOP)ピットイン。
41/57周目まっさん(P6)の前に出られる予定だったグロだが、左リアが抜けず時間がかかってまっさん(P6)どころかクビアト(P7)、バンドールン(P8)のうしろ。
41/57周終了時ハミ(P1→P3/SS→S/2.5STOP)、バンドールン(P9→P11/S→SS/3.7STOP)、ウェイレーン(P12→P16/SS→SS/2.9STOP)ピットイン。ロズベルグがファステスト(1:34.482)
42/57周終了時ダニエル君(P4→P5/S→M/3.0STOP)ピットイン。

44/57周終了時クビアト(P8→P9/SS→SS/2.6STOP)ピットイン。
45/57周目周回遅れ組のマグヌッセン(P13→P12)がホームストレート〜T1でDRSを使ってナッセ(P12→P13)をパス。ただその直前キミ(P2)に周回遅れにされたので、抜く際、キミを抜かないようにしないといけないという難しい状況だが鮮やかに決める。
45/57周終了時周回遅れのリオ(P17→P17/M→SS)ピットイン。
46/57周目周回遅れ組のバンドールン(P11→P10)がエリクソン(P10→P11)をホームストーレートでパス。これでバンドールンはポイント圏内。グロ(P7→P6)がT1でまっさん(P6→P7)をパス。
46/57周終了時フェルスタッペン(P4→P7/M→SS)ピットイン。

48/57周終了時周回遅れのナッセ(P16→P16/M→SS/STOP)ピットイン。

50/57周目ここ最近の周回ずーっとバトルをしているエリクソン(P11)とマグヌッセン(P12)。そこにハミ(P3)が来て青旗。マグヌッセンは一旦大幅にペースを緩めてハミに譲るが、ハミがエリクソンをパスする際、一気に加速して隙を突こうとするも、フェラーリエンジンに勝てないルノーエンジン。
51/57周目クビアト(P9→P8)がぼっさん(P8→P9)をT1でかわして前へ。 ぼっさんが執念を見せるが、クビアトの意地が勝ち。そしてロズベルグが彼らを周回遅れに。その後ろにはキミ(P2)が見えている。
52/57周目周回遅れのウェイレーン(P14→P13)がヒュルケンベルグ(P13→P14)をホームストレートでパス。上位陣ではマッサン(P6→P7)がフェルスタッペン(P7→P6)にS3のどこかでパスされる。
52/57周終了時周回遅れのヒュルケンベルグ(P13→P16/SS→SS)ピットイン。

57/57周目ホームストレートで周回遅れにされたまっさん(P7)とクビアト(P8)だが、そのおかげで前のまっさんもDRS使えるため、クビアトを抑える。というか、DRS使って青旗出ているロズベルグ(P1)を抜こうとするのは如何なものか。結局T2だかT3あたりでクビアト(P8→P7)にパスされるまっさん(P7→P8)。

ロズベルグ-キミ-ハミ-ダニエル君-グロ-フェルスタッペン-クビアト-まっさん-ぼっさん-バンドールン
マグヌッセン-エリクソン-ウェーレイン-ナッセ-ヒュルケンベルグ-ペレス-リオ
サインツ-グティ-バトン--セブ-パーマー君

フェラーリ陣、撮影好きだなぁ……ロズベルグが隣でクルーたちと抱き合っているのをスマホでここぞとばかり撮っている。
そしてキミが大人な対応。というか、今参戦してるドライバーの中では最年長だからそりゃ大人なんだけど。酒も飲めないのにねぇ……それでもとりあえず、ローズウォーターに口をつけるんですね。何の因果かアラブ圏で強い。

エンジン的な差というよりもチーム的な差にようやくなってきたな、という印象のバーレーンGP。
とは言え、ロズベルグ圧勝だったわけですけどね。

メルセデス(メルセデス、ウィリアムズ、Fインディア、マノー)

 1→3,2→1/7→8,6→9/8→15,18→16/20(21)→17,16→13
 ∴メルセデス>ウィリアムズ>Fインディア=マノー
今季スタッフがハミとロズベルグの陣営を入れ替えたそうで。そっくりそのまま成績が入れ替わっているということは……と下種な勘繰りをしてしまうくらい、ハミの勢いがない。
今回スタートは悪くはなかったが、T1でぼっさんと接触して運を逃した感が否めない。決して今週末は悪い印象はなかったんだけどなぁ。
ドヤ顔が酷いロズベルグ。まぁ、あそこまでスタート綺麗に決まったらそりゃいい気にもなるか。

今回はひっそりまっさん。悪いところもなければ、見どころもない。
対して悪い意味で目立ったのがぼっさん。ハミとの接触は勿論、その後も空回りという印象。

予選はよかったけど残念なヒュルケンベルグと、パッとしなかったペレス。否、ペレスはファステストを後にロズベルグに更新されるも、出したのでマシンの調子が悪いながらもやれることはやったのか。ああ、あとペレスはサインツに突撃したか。

フェラーリからメルセデスにエンジンを乗せ換えても、結局何も変わらない。というかエンジンの前にシャシーに問題があるんだろうな、というのがよくわかる結果。


フェラーリ(フェラーリ、ハース、STR、ザウバー)

 3→DNS,4→2/9→5,13→Ret/10→6,11→Ret/17→12,21(22)→14
 ∴フェラーリ>ハース=STR>ザウバー
エンジンの信頼性が危ういフェラーリなわけですが。セブはDNSなので特に何も言えず。
何の因果か、アラブ圏では強いキミ。シャンパンファイトはシャンパンではなく、ローズウォーターなんだよなぁ……勝利の美酒に酔えない。だけど前回火を噴いたことを微塵も感じさせないアグレッシブな走りで、こういう走りを見せられるとまだまだいけるな、キミと思わされる。

今回もドライブ・オブ・ザ・デイのグロ。正直今回のドライブ・オブ・ザ・デイはグロよりバンドールンだと思うんだけどね。
グティは今回もリタイアなんだけど、なんというか、これと言って大きなクラッシュを今回はしたわけではなく、一番恐ろしいパターンの地味にブレーキ壊れたという理由。解りづらいから怖い。

ナニゲにいい位置で終わってるフェルスタッペン。相変わらず強気な攻め。
サインツはミサイルに追撃されて残念な結果に。終了後謝罪があって、受けれいたみたいだけどね。ミサイルっていうか、地雷か。

さて、問題のザウバー。資金難で次戦中国GPを欠場かと言われているが、それ以前に2016年版のカスタマイズエンジンを貰っているのに、去年版のSTRに負けているっていう時点で問題だと思うですがね。
今回はまっさん同様がっかりヒュルケンベルグの日だったけど、ナッセも地味にトラブル続きで残念な結果。


ルノー(RBR、ルノー)

 5→4,15→7/PL(19)→11,19(20)→DNS
 ∴RBR>ルノー
ダニエル君は可もなく不可もなくといった週末だったのではないか。巷ではキミの後釜と言われていたり、次期メルセデス入りかとささやかれていたりするダニエル君だが、フェラーリはセブが嫌がるだろうし、メルセデスに空きが出るとは思えない。まぁRBRが手放さないだろうけど。
開幕戦スタートできなかったクビアトは、イイ感じでレースができたのではないでしょうか。

ピットレーンスタートとなったマグヌッセン。追い上げるが、ルノーエンジン非力だなぁ、と。型落ちのフェラーリ(STR)には勝てると決勝後のインタビューでチームは答えていたけど、そうは思えない非力さ。
セブが白煙あげたので印象が薄くなってしまったというか、こっそりフォーメーションラップからピットへ戻ったパーマー君。

ホンダ(マクラーレン)

 12→10,14→Ret
デビュー戦をポイント圏内で終えたバンドールン。SFのテスト蹴って飛んだ甲斐があった。というか、ホンダ車、言う程遅くないよね? と思わされた一戦。これ、アロンソもバトンもちょっと立場危うい感じ。
そんなバトンはマシンが壊れてリタイア。速さは期待できるけど、耐久に問題を抱えていることが露呈した一戦だったな、と。
コダミタカ * Category of [モータースポーツ]Topic*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    【F1】2017 Rd.1 オーストラリアGP(2017.03.26)
    【F1】イス取り合戦2017(2016.11.28)
    【F1】2016 Rd.15 シンガポールGP(2016.09.25)
    【F1】2016 Rd.13 ベルギーGP(2016.09.04)
    【F1】2016 Rd.12 ドイツGP(2016.08.28)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング