East of R134 元(仮)
<< 201911||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[モータースポーツ]Topic 【F1】2016 Rd.11 ハンガリーGP 

【F1】2016 Rd.11 ハンガリーGP

JUGEMテーマ:F1

この週末メルセデスとの契約更新を発表したロズベルグ。PPも獲って、ノリに乗っているのだろう。まぁ、これがクリーンな状態でのPP獲得ならもにょりもしないが、あの状況だとちょっともにょるし、予選後の会見でのあのドヤ顔を見ると気持ち悪くさえも感じる。ハミの不貞腐れ具合とロズベルグのドヤ顔の雰囲気にダニエル君がいたたまれなくなったのは言うまでもない。

審議の対象にはなったものの、黄旗区間で催促を出していないのでお咎めなしとなったロズベルグ。あの状況で勝負師に徹するのは流石だし、レーサーとしては当然のことだろう。だが人としてどうなんだ、ということだ。そして、彼は基本考え方がおぼっちゃんで、勝負師として徹さなければいけない場面で甘いところが出たりする。それが、勝負師としてよりも人としてを優先させる場面では勝負師になる。
Q1のぼっさんのように、パーツが路面に飛び散っていたわけではないのでそれを踏んでどうこうというわけではなかったが、ロズベルグの前を走っていたセブは黄旗でアタックを諦めた人たちに引っかかった。本人は無線で何故トラフィックがあるのか理解してない内容の発言をしていたが、このトラフィックはアロンソがクラッシュしたためS3で黄旗が出たために起こったもので、ただ一人を除いては皆アタックよりも自分を含め、身の安全を優先したためである。現状を理解していないセブでさえ、アタックを辞めた。それは無茶をすればトラフィックを巻き込んでクラッシュする可能性があるからだが、ロズベルグはそういうのお構いなしに黄旗区間以外を緩めることなく、タイムを出した。ルール上問題はない。だが、人としてどうなの? とは思う。特に彼がペレス、グロ、クビアト同様「自分は何も悪くない、相手がすべて悪い」と根底では思っているタイプだからだ。もっと言うなれば、ロズベルグはおぼっちゃま気質で、そこがペレス、グロ、クビアトとは違う。お膳立てしてもらって当たり前、むしろお膳立てしないのは何故だ、踏み台になれよ、くらいまでは今までの言動・行動から平気で考えるタイプだと推測できる。

日程

2016.07.22 FP1;10:00-11:30(17:00-18:30)/FP2;14:00-15:30(21:00-22:30)
2016.07.23 FP3;11:00-12:00(18:00-19:00)/Qualifying;14:00-15:00(21:00-22:00)
2016.07.24 Race;14:00-(21:00-)
雨のため、10分遅れ×2(計20分遅れ)で開始。Q1中に雨で赤旗中断1回、クラッシュによる赤旗中断3回。結果、14:00-15:00(21:00-22:00)予定が14:00-16:00(21:00-23:00)となった。

ロズベルグ-ハミ-ダニエル君-マックス君-セブ-サインツ-アロンソ-バトン-ヒュルケンベルグ-ぼっさん
グロ-クビアト-ペレス-キミ-グティ-ナッセ
パーマー君-まっさん-ケビン君-ウェイレーン(21)-リオ*(22)-エリクソン**(20)
*リオは最後尾22番グリッド+5G降格ペナ(ギアボックス交換)だが、エリクソンがPLスタートのため、最後尾21番グリッドスタート。
**エリクソンは時間内の作業が間に合わず、時間外作業でのマシン復旧のためPLスタート。

FP2

ぼっさん:ピットレーン入口の白線を踏み、規定の停車位置に停車できなかった件は戒告。
サインツ:ピットレーン入口の白線を踏んだ件は戒告。
まっさん:ピットレーン速度違反(81.6km/h)につき、ウィリアムズに罰金€200(≒23,289円)
セブ:ピットレーン速度違反(81.4km/h)につき、フェラーリに罰金€200(≒23,289円)

FP3

エリクソン:ピットレーン速度違反(82.0km/h)につき、ハースに罰金€200(≒23,289円)

予選

ロズベルグ:Q3、黄旗無視の件はお咎めなし
パーマー君:Q1、107%オーバーだが、決勝出走可能
まっさん:Q1、107%オーバーだが、決勝出走可能
ケビン君:Q1、107%オーバーだが、決勝出走可能
エリクソン:Q1、107%オーバーだが、決勝出走可能
リオ:Q1、107%オーバーだが、決勝出走可能
マックス君:Q1、107%オーバーだが、決勝出走可能
ヒュルケンベルグ:Q1、107%オーバーだが、決勝出走可能
ペレス:Q1、107%オーバーだが、決勝出走可能
※Q1、107%オーバーはQ2以降進出のマックス君、ダニエル君、ヒュルケンベルグ、ぼっさん、ペレスが該当するがQ2以降進出のドライバーに関しては規定のフリー走行タイムによる置き換えグリッドポジション(107%クリアドライバーのグリッド決定後、そのあとをフリー走行のBESTタイムによってグリッドポジションを決める)ではなく、予選結果通りのグリッドポジションとする。

決勝

リオ:ギアボックス交換のため5G降格
エリクソン:時間内に作業が終わらず、PLスタート
バトン:無線により指示を得たとし、ドライブスルーペナルティ
クビアト:ピットレーン速度違反(81.1km/h)につき、5秒ストップペナ
グティ:青旗無視につき、5秒ペナ
グティ:青旗無視の5秒ペナ未消化のため、5秒加算ペナとペナルティポイント2pts加算

F/70周目PLスタートのエリクソンは参加できないので問題なく21台スタート。
1/70周目メルセデス2台のスタートは双方共に決して良くはなく、ただ悪くもない。だが後方3台(RBR2台+セブ)が良かったのだが、メルセデス2台のポジション取りのうまさに阻まれ、ダニエル君(G3)は行き場なく、一番外から抜こうとロズベルグ(G1)に並びかける。イン側にはハミ(G2)が並んでいる。そのロズベルグの後ろにセブ(G5)、ハミの後ろにマックス君(G4)。二人はハミとロズベルグの間から前に出たい様子。後方ではアロンソ(G7→P6)がいいスタートを切り、バトン(G8)がサインツ(G6)に並んでいる。そこを虎視眈々と狙っているのがぼっさん(G10→P9)、ヒュルケンベルグ(G9→P10)。T1でインに締めて来たロズベルグ(G1→P3)からするっと抜け出したのがハミ(G2→P1)。ダニエル君(G3→P2)が頑張ってアウトからいき、ロズベルグを抜くが、T3でロズベルグ(P3→P2)に獲り返されるダニエル君(P2→P3)。
2/70周目ハミがギャップを稼ぐ。
2/70周終了時ハミがファステスト(1:27.132)。
3/70周目DRS解禁。
3/70周終了時ハミがファステスト(1:26.873)。
4/70周終了時ハミがファステスト(1:26.700)。
5/70周目バトン→チーム「ペダルが底まで落ちる」バトン←チーム「今見てるよ」バトン(P8→P22)が失速。バトン←チーム「ハイドロリクスがないからギアシフトするな」バトン→チーム「OK」
5/70周終了時ハミがファステスト(1:26.638)出すも、ロズベルグが塗り替える(1:26.422)。

6/70周目バトン←チーム「ステイアウト(留まれ)」バトン→チーム「なんてこった」
7/70周目キミ(P11)がグロ(P10)を追いかけまわす。
7/70周終了時バトン(P22→P22/SS→S)イン。
8/70周目マックス君←チーム「まだダニエル君のDRS圏内に居るよ」マックス君→チーム「でもオレ、おばあちゃんみたいなドライブしてるよ」
8/70周終了時ハミがファステスト(1:26.345)。
9/70周目バトンに無線違反で審議。
9/70周終了時ウェイレーン(P17→P21/SS→S)イン。ハミがファステスト(1:26.093)を出すも、ロズベルグが塗り替える(1:26.049)。
10/70周目バトンにはドライブスルーペナルティ。
10/70周終了時バトン(P22→P22/ペナルティ消化)イン。ハミがファステスト(1:25.674)。

11/70周終了時ナッセ(P15→P20/SS→S/3.1stop)イン。ハミがファステスト(1:25.624)。
12/70周終了時ハミがファステスト(1:25.618)。
13/70周目相変わらずグロ(P10)にぴったりとついているキミ(P11)だが、タイヤが違うので無理に抜く必要はない。
13/70周終了時ハミがファステスト(1:25.504)。
14/70周目バトン→チーム「ブレーキペダルが床までいっちゃうんだけど、これは安全面の問題に等しいんじゃないか」
14/70周終了時セブ(P5→P8/SS→S/2.4stop)、ヒュルケンベルグ(P11→P/SS→S/2.6stop)、グロ(P12→P/SS→S/2.8stop)イン。
15/70周目リプレイでマックス君のミス。
15/70周終了時ダニエル君(P3→P6/SS→S/2.9stop)、アロンソ(P6→P9/SS→S/2.9stop)、グティ (P11→P16/SS→S/2.8stop)イン。

16/70周目ぼっさん(P5)の後ろで戻ったダニエル君(P6)。ぼっさんにブロックされて、セブ(P7)にDRS圏内に入られる。
16/70周終了時ハミ(P1→P2/SS→S/2.4stop)、マックス君(P3→P6/SS→S/3.1stop)、サインツ (P4→P11/SS→S/3.5stop)、ぼっさん(P5→P13/SS→S/2.3stop)イン。
17/70周終了時ロズベルグ(P1→P2/SS→S/2.1stop)、エリクソン(P21→P22/S→S)イン。ダニエル君がファステスト(1:25.433)。
19/70周目マックス君(P6)がキミ(P5)をパスしようと並びかけようとするが、キミが抑える。
20/70周目ハミ(P1)のペースが上がらず、ロズベルグ(P2)が差を詰める。

21/70周目ダニエル君←チーム「ダニエル、よくやってるよ。前のルイスとロズベルグは26秒代だけど、君は彼らより1秒速い」
22/70周目ロズベルグ(P2)がハミ(P1)のDRS圏内に入る。
23/70周目リプレイでハミの右フロントのグルーニングが映る。ダニエル君(P3)がメルセデス2台の姿を大きく映す。この短いストレートでその姿が捉えられるほどになる。
24/70周目セブ(P5)、T11はみ出し1回目(4回はみ出しでペナ)。
24/70周終了時ケビン君(P9→P16/SS→SS)、クビアト(P14→P17/S→SS)イン。
25/70周目ハミ←チーム「ちょっとペース上げて」ハミ→チーム「やってるよ」
25/70周終了時まっさん(P12→P20/S→M/2.4stop)イン。

26/70周終了時パーマー君(P8→P12/S→SS)イン。
27/70周目クビアトに対してピットレーン速度違反審議。
27/70周終了時ペレス(P7→P10/S→M/3.4stop)イン。
28/70周目キミ←チーム「ペースいいから、ステイアウト」。クビアトはピットストップ5秒ペナルティ。
28/70周終了時バトン(P21→P22/S→M/3.3stop)イン。
29/70周終了時キミ(P5→P7/S→SS/2.4stop)、リオ(P20→P22/S→M)イン。

31/70周目T1でアロンソ(P6→P7)にしかけたキミ(P7→P6)だが、T1では抜けず、T2で入れ替わる。
31/70周終了時キミがファステスト(1:24.254)。
32/70周目グロ(P14)を追いかけまわすケビン君(P15)。
33/70周目ハミ←チーム「リカルドが近づいてるから、次のピットストップはロズベルグから先入れる」
33/70周終了時ダニエル君(P3→P5/S→S/2.9stop)イン。

36/70周終了時グロ(P14→P16/S→S/2.6stop)、ケビン君(P15→P17/SS→S/2.7stop)、周回遅れのウェイレーン(P19→P22/S→S)イン。
37/70周目リプレイでセブ→チーム「さっさと青旗出してよ。まったくグズ(=****)が」
37/70周終了時グティ(P13→P16/S→S)イン。
38/70周目マックス君←チーム「T11で1回目のはみ出し」
38/70周終了時マックス君(P4→P6/S→S/2.4stop)イン。
39/70周終了時ヒュルケンベルグ(P11→P13/S→S/3.9stop)、パーマー君(P12→P12/SS→S/2.6stop)イン。
40/70周終了時ペレス(P10→P14/M→S/7.1stop)、周回遅れのナッセ(P14→P17/S→S)イン。

41/70周終了時ハミ(P1→P2/S→S/2.7stop)、セブ(P3→P5/S→S/2.4stop)イン。
42/70周終了時ロズベルグ(P1→P2/S→S/3.1stop)、サインツ(P8→P9/S→S)イン。
43/70周終了時ぼっさん(P8→P9/S→S/2.2stop)イン。
44/70周終了時アロンソ(P7→P7/S→S/2.7stop)イン。

46/70周目ペレス→チーム「なんで準備できてなかったんだよ」ペレス←チーム「解った、解った」
46/70周終了時クビアト(P10→P18/SS→SS/ペナルティ消化)イン、周回遅れのエリクソン(P19→P21/S→SS/3.4stop) イン。
48/70周目セブ→チーム「青旗出せって」※放送禁止用語なし。
49/70周目パーマー君(P11→P13)がタイヤカスに乗ってコースアウト。
50/70周目マックス君←チーム「T4で注意が来たよ」マックス君→チーム「解ってるよ、飛び出した、飛び出した。タイム失ったもん」マックス君←チーム「あと1回あるけど注意して」
50/70周終了時キミ(P4→P6/SS→SS/2.5stop)イン。

52/70周目アロンソにトラックリミット違反3回目。グティが青旗出ているのになかなか抜かせない。
52/70周終了時キミがファステスト(1:23.086)。
53/70周目中々抜かせなかったグティ(P11)をホームストレートで抜くハミ(P1)。リプレイで人差し指を立てた映像。グティは青旗無視で審議。ロズベルグ(P2)とのギャップは縮まり、DRSが使えることになる。
54/70周目アロンソ←チーム「最終警告きたよ」アロンソ→チーム「え? 2回だっけ? 3回だっけ?」アロンソ←チーム「3回目」
55/70周目キミ(P6)がマックス君(P5)に追い着く。

56/70周目行けそうで行けないキミ(P6)。
57/70周目グティの青旗無視は5秒加算ペナ。揺さぶりをかけたキミ(P6)だが、接触してパーツが飛ぶ。ウィングが曲がる。キミ→チーム「右左に動いた」キミ←チーム「はいはい。入って」
58/70周目入らないキミ。
59/70周目キミのオンボード映像では恐ろしい程翼端盤が揺れている。マックス君(P5)がミスって、キミ(P6)が詰める。
60/70周目リプレイでキミのトラックリミット違反。

61/70周目マックス君→チーム「キミがトラックリミット外れてるよ」
62/70周目リプレイでバトン(P19)のマシンから白煙。バトン→チーム「このラップで入るよ」バトン←チーム「リタイア、解ってるよ」
63/70周目リプレイでT12をはみ出すハミ(P1)。
63/70周終了時周回遅れのエリクソン(P20→P20/SS→SS)イン。
64/70周目攻めあぐねるキミ(P6)。

66/70周終了時周回遅れのまっさん(P18→P18/M→SS)イン。
68/70周目キミ(P6)がホームストレートで大きくアウトに振って、外から行こうとしたが、膨らみすぎて抜けず。
69/70周目前のセブ(P4)対ダニエル君(P3)。詰めるが、やはり抜きあぐねる。
70/70周目問題なく終了。

ハミ-ロズベルグ-ダニエル君-セブ-マックス君-キミ-アロンソ-サインツ-ぼっさん-ヒュルケンベルグ
ペレス-グティ-パーマー君-グロ-ケビン君-クビアト-ナッセ-まっさん-ウェイレーン-エリクソン-リオ
バトン

メルセデス(メルセデス、ウィリアムズ、Fインディア、マノー)

 2→1,1→2/18→18,10→9/9→10,13→11/20(21)→19,21(22)→21
いくら両方を活かすためとは言え、一触即発になりそうな状況を作りそうだったメルセデス。実行しなかったけど、また確実に溝を作ったなぁ。別に、仲良しこよししろって言うわけじゃない。ただ無駄な争いの火種を作るな、と思う。
スタートは決して良くはなかったが、潰しあいを制してオープニングラップですべてを決めてしまったと言っても過言ではないハミ。あとは危なげなく、レースを進めていた。Sにタイヤ交換したあとちょっと苦しんだようだけど、それさえもパフォーマンスにしか見えないくらい、強かった。
他のドライバーは不満を持ったであろう、PPのとり方をしたロズベルグ。スタートは悪くはなかったが、RBR2台とセブの後方3台を牽制していたら、ハミに前を行かれてしまったと言ったところか。

メルセデスエンジンなのにそのポテンシャルを発揮できていないウィリアムズ。
予選不運の連続でQ1KOだったまっさん。ミディアムで走り切る戦略だったが、そのミディアムも結局終盤までもたず、グダグダだった。
去年程驚異的ではなくなったぼっさん。去年までだったら上位争いに絡まないレースでも目を惹く活躍をしていたのに、今回はダニエル君とセブを蓋したくらいか。

結果だけ見るとアレだけど、安定しているFインディア。ペレスのピットストップはちょっとやっちゃった感が強いけど。
ここのところちょっと残念な結果が続いていたヒュルケンベルグだけど、なんとかポイント獲得。
さて、ミディアムにイラついたペレス。その後のクルーの対応にもイラついたようで。

どこからどう突っ込もうか……オーストリアの10位入賞はまぐれだったんでしょうかね、のマノー。
二人とも影が薄かった。

フェラーリ(フェラーリ、STR、ハース、ザウバー)

 5→4,14→6/12→16,6→8/11→14,15→13/PL(20)→20,16→17
打倒メルセデスは遠い昔のこと、もうRBRに抜かれないようにしないといけないフェラーリ。今週末は惨敗だったが。
1回目のアンダーカットは上手くいったが、2回目は仕掛ける前にダニエル君が先にピットインしてしまい、オーバーカットもできなかったセブ。ハンガロリンクだから仕方ないけど、攻めきれなかったなぁ。
一方で、まさかの予選Q2敗退したものの、6番手まで押し上げたキミ。今季のキミは今までで一番ノってるんじゃないだろうか。復帰して以降、あそこまでノリノリなキミも珍しい。復帰したての頃は面白くなかったらすぐ別カテゴリに行く趣旨の発言をしていたので、モチベーション的に低いかなと思っていたのだが、本当、色々な意味でやる気が溢れていて、見ていて楽しい。マックス君のライン変更に苛立っている姿とか。

この週末元気のなかったSTR。
降格してからいい成績が出せていないクビアト。今回も良くない。速いマシンで勝てるのは当たり前。その速いマシンを手に入れられるのは、遅いマシンでどれだけのパフォーマンスが見せられるか、なのだが降格して以降のクビアトはそれができていない。
予選からポジションを落としたサインツ。そういう意味では落第点だが、クビアトと違ってそれなりにバトル場面が映って、それなりに見せ場はあった。

序盤の快進撃はビギナーズラックだったと言われても不思議ではないハース。
マシンの出来が悪い趣旨の発言が目立つグロ。まぁ、アップデートが他のチームと比べると上手くいっていないんだろうけど。だからと言って雑な走りはどうなのよ。たまに映ってたけど、集中力を欠いたというよりただ単純に雑い走り方だった。
問題は青旗無視のグティ。同一周回ならまだしも、自分よりペースの速い、周回遅れにしに来たバトルをしているマシンに対してブロックするのは賢いやり方ではない。

果たしてザウバーはこのまま参戦を続けるのだろうか。
予選Q1でのクラッシュでマシン修復が時間内にできず、PLスタートとなったエリクソン。序盤不安定に見えたマシンだが、無事完走。
これと言って見どころなしだったのはナッセ。

ルノー(RBR、ルノー)

 3→3,4→5/19→15,17→12
遂にメルセデス追撃態勢が整ったRBR。
マックス君が昇格してからいいところなしだったダニエル君が爆発。ただ作戦が嵌らず、メルセデス2台をひっかきまわすことはできなかった。
キミとのバトルは制したマックス君。ただライン変更が物議を醸してしまったのは残念。あれ、キミが相手じゃなかったら大事故になっていたと思う。ダニエル君もそれなりにキャリアを積んできているけど、ダニエル君くらいのキャリアあってもあれは巻き込まれただろう。ベテランのキミだからこそ、あの程度で済んだと言ったほうがいいのかもしれない。

ワークスチームのはずなのに、いいところなしなルノー。
ケビン君はことごとく外していた印象。
一方、もう少しでポイント獲得というところだったパーマー君。自分のミスで逃したのだから仕方ない、か。

ホンダ(マクラーレン)

 7→7,8→Ret
予選4列目に並んだマクラーレン。
スタート位置に助けられたのもあるが、しっかりと仕事をした感は流石はアロンソと言ったところか。
とは言え、バトンに起こったトラブルを考えると、マシンへの信頼はまだまだか。
コダミタカ * Category of [モータースポーツ]Topic*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    【F1】2017 Rd.1 オーストラリアGP(2017.03.26)
    【F1】イス取り合戦2017(2016.11.28)
    【F1】2016 Rd.15 シンガポールGP(2016.09.25)
    【F1】2016 Rd.13 ベルギーGP(2016.09.04)
    【F1】2016 Rd.12 ドイツGP(2016.08.28)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング