East of R134 元(仮)
<< 201911||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[モータースポーツ]Topic 【F1】2016 Rd.12 ドイツGP 

【F1】2016 Rd.12 ドイツGP

JUGEMテーマ:F1

なんというか、0か100しかないんでしょうかね、無線規制。
あのバカげた規制(個人的にはマシントラブルが起こって、その対処を教えたら違反というのは踏んだり蹴ったりというか泣きっ面に蜂だし、長いコースだとピットにたどり着けないこともあるので、安全面を考えたらバカげている)を辞めたかと思ったら、全公開でプライベートモードなし、という。プランは全チーム、全世界に筒抜け。それはそれで面白くない、と思っていたけど、フェラーリがやってくれた。素人でもダメだと解るプランをセブに強要しようとして、拒絶されたのを全世界に公開。

日程

2016.07.29 FP1;10:00-11:30(17:00-18:30)/FP2;14:00-15:30(21:00-22:30)
2016.07.30 FP3;11:00-12:00(18:00-19:00)/Qualifying;14:00-15:00(21:00-22:00)
2016.07.31 Race;14:00-(21:00-)
ロズベルグ-ハミ-ダニエル君-マックス君-キミ-セブ-ぼっさん(8)-ヒュルケンベルグ(7)-ペレス-まっさん
グティ-バトン-アロンソ(14)-パーマー君(16)-サインツ(13)
ケビン君(17)-ウェイレーン(18)-クビアト(19)-リオ(20)-グロ(15)-ナッセ-エリクソン

FP3

ハミ:アンセーフリリースにつき、メルセデスに罰金€10,000(≒円)

予選

グロ:ギアボックス交換のため5G降格ペナ
サインツ:Q2時T2に於いて、まっさんの進路妨害をしたとし、3G降格ペナとペナルティポイント2pts加算
ヒュルケンベルグ:Q1時、予選使用登録外のタイヤを使用したため1G降格ペナ

決勝

ロズベルグ:T6でマックス君をはじき出した件は5秒ストップペナとペナルティポイント2pts加算
グロ:T8でケビン君に対し、ショートカットした件はポジションを戻したため、お咎めなし

F/67周目問題なく全車出走。

1/67周目前方ではハミ(G2→P1)とダニエル君(G3→P2)が良いスタートをきり、ロズベルグ(G1→P4)が悪かったため、T1でインに入れず、マックス君(G4→P3)にもいかれる。スタートでもうちょっとフェラーリが加速していたら、この2台にもいかれていたであろう、ロズベルグのスタートの悪さ。フェラーリは何気にスタートダッシュでキミ(G5→P6)とセブ(G6→P5)が入れ替わる。ポイントランキングを考えると、オーダーが出されていないのは明白。フェラーリも変わったねぇ。後方ではバトン(G12)が良いスタート。T6でロズベルグ(P4)に仕掛けるセブ(P5)だが1周目なので前方が詰まっているので、行き場なくて抜けず。いつの間にかRBR同士で順位が入れ替わっている。ダニエル君(P3)に仕掛けようとするロズベルグ(P4)だが、抑えられる。
2/67周目まっさん→チーム「当てられた」
ロズベルグ対ダニエル君はサイドバイサイドで面白い。RBRのストレートの伸びが恐ろしい……これ、ルノーエンジン大丈夫じゃん、ルノーが遅いのはシャシーの問題だと目の当たりにした瞬間。
ロズベルグ←チーム「最初の4周のプラン覚えてるか?」
2/67周終了時パーマー君(P22→P22/SS→S)イン。ハミがファステスト(1:20.721)。
3/67周目ロズベルグ(P4)が無線以降、ダニエル君に対するアタックを辞める。
マックス君←チーム「OK,マックス。ルイス(ハミ)もタイヤを労わるように言われてるよ」
5/67周目リプレイでスタート映像。マックス君(G4→P2)はT1をアウトから行って、ダニエル君(G3→P3)をパスした模様。ロズベルグのオンボードでギアが、ミスかトラブルかで入っていない。ナッセのオンボードはスタートが上手かった、という映像。マックス君のオンボード映像は特に面白味はない。尚、まっさんが当てられたのはパーマー君という映像。

6/67周目アロンソ(P11→P10)がまっさん(P10→P11)をかわしてポイント圏内に。
6/67周終了時ロズベルグがファステスト(1:20.714)。
7/67周目リプレイで路面に落ちているパーツがリオとウェイレーンの接触によるウェイレーンものと判明。
クビアト→チーム「トラクションで非常に苦しんでる」
7/67周終了時クビアト(P16→P21/SS→S)、ナッセ(P17→P22/SS→SS/12.6stop)イン。
8/67周終了時ペレス(P14→P19/SS→S/2.8stop)イン。
9/67周目マックス君→チーム「リアがかなり苦しい」
まっさん→チーム「後ろ、当たってからおかしい」
9/67周終了時サインツ(P11→P18/SS→SS/6.1stop)、まっさん(P13→P17/SS→S/2.0stop)イン。ハミがファステスト(1:20.518)。

11/67周目ダニエル君→チーム「左リアが垂れてきた」
11/67周終了時マックス君(P2→P8/SS→SS/2.2stop)、ロズベルグ(P4→P10/SS→S/3.5stop)、ケビン君(P11→P18/SS→S/2.4stop)イン。
12/67周終了時ダニエル君(P2→P4/SS→S/2.4stop)、ぼっさん(P5→P5/SS→S/2.2stop)、ヒュルケンベルグ(P7→P11/SS→S/3.0stop)、ウェイレーン(P13→P21/SS→SS)イン。ハミがファステスト(1:20.465)。
13/67周目キミ→チーム「リアが苦しいんだけど」
13/67周終了時セブ(P2→P5/SS→S/2.8stop)、バトン(P6→P12/SS→S/2.7stop)、リオ(P18→P22/SS→S)イン。
14/67周目ハミ←チーム「OK,ルイス。ハンマータイムだ」
14/67周終了時ハミ(P1→P1/SS→S/2.5stop)、キミ(P2→P6/SS→S/5.5stop)、アロンソ(P7→P13/SS→S/2.8stop)イン。ロズベルグがファステスト(1:20.215)。
15/67周目ロズベルグ←チーム「プランBでいくよ」

16/67周目ハミ→チーム「ギャップどのくらい?」ハミ←チーム「(マックス・)フェルスタッペンとニコ(・ロズベルグ)はSSでリッキー(ダニエル君)が君と同じソフトだ。ギャップはフェルスタッペンとは5.8秒だ」
16/67周終了時エリクソン(P17→P21/SS→SS)イン。ロズベルグがファステスト(1:20.197)。
17/67周終了時グロ(P8→P16/SS→S)イン。
18/67周目キミ→チーム「何か弄った?」キミ←チーム「ああ、フロントウィングを変えたよ」キミ→チーム「解った」解ったと言いつつ、不満なキミ。
19/67周目マックス君←チーム「ハミルトンは同じペースで走ってるよ」
19/67周終了時ナッセ(P20→P22/SS→S)イン。この間に周回遅れに。
20/67周目アロンソ←チーム「(ペレスをかわし)よくやった。次はグティエレスだ」アロンソ→チーム「心配しなくていいよ、(ピットインで)ポジション落としても獲り返すから」

21/67周目マックス君→チーム「これ、レースタイヤじゃないよ(超意訳:SS使いもんにならない)」マックス君←チーム「解った、マックス」
22/67周目ダニエル君←チーム「ハミルトンは9秒前だ」
T6手前でアロンソ(P11→P10)がグティ(P10→p11)をかわし、ポイント圏内に。
25/67周目ダニエル君←チーム「SS履いた人たちが苦しみ出してる。でも君は左フロントを労わろう」
25/67周終了グティ(P14→P18/S→SS) イン。

26/67周終了時まっさん(P16→P20/S→S/19.5stop)、ウェイレーン(P18→P19/SS→S/2.9stop)、周回遅れのパーマー君(P21→P22/S→SS、フロントノウズ/9.7stop)イン。
27/67周終了時ロズベルグ(P4→P6/SS→S/2.6stop)、ペレス(P11→P14/S→SS)イン。
28/67周目セブ→チーム「青旗出して。ふざけんな」※放送禁止用語なし仕様。
28/67周終了時マックス君(P2→P5/SS→S/2.6stop)、アロンソ(P→P/S→SS/stop)、クビアト(P→P/S→SS/stop)イン。
29/67周目ロズベルグ←チーム「プッシュしろ、猛烈にプッシュしろ」というチームからの指示でT6手前で行ったロズベルグ(P6→P5)。インを刺したが粘るマックス君(P5→P6)。T6の立ち上がりをアウト側からマックス君が行くが、ロズベルグはマックス君のスペースを残さず、弾き出されてしまう。T9-10あたりでもう一度行こうとするが、抜けず。
マックス君→チーム「押し出された」
29/67周終了時サインツ(P13→P16/SS→S)イン。

31/67周目ロズベルグとマックス君の件はロズベルグが審議の対象。
31/67周終了時セブ(P3→P7/S→SS/3.0stop)、バトン(P9→P10/S→S)イン。
32/67周目ハミ←チーム「(周囲のチームが)2回目のピットストップに動きだしたから、ペースを保て」。ぼっさん(P6)の後ろに出たセブ(P7)はアウトラップながらもあっさりと抜く。
32/67周終了時キミ(P3→P6/S→SS/2.6stop)、ヒュルケンベルグ(P8→P8/S→SS/2.6stop)、ケビン君(P13→P14/SS→S/2.5stop)イン。
33/67周目グロとケビン君の件(押し出しか? ※裁定詳細を見ると、グロがショートカットした模様)が審議。ロズベルグに5秒ストップペナ。
33/67周終了時ダニエル君(P2→P4/S→SS/2.4stop)、ぼっさん(P7→P8/S→SS)、周回遅れのリオ(P22→P22/S→SS)イン。
34/67周終了時ハミ(P1→P1/S→SS/2.2stop)、周回遅れのエリクソン(P18→P19/SS→S/2.8stop)イン。ロズベルグがファステスト(1:20.190)を出すも、キミが塗り替える(1:20.066)。
35/67周目ロズベルグ←チーム「ニコ、攻め続けて。次のピットストップで5秒ペナルティを消化しなきゃいけないから」ロズベルグ→チーム「レースコントロールに説明しろ。俺はフルロックでこれ以上右に切れない状況だったんだ。それよりも問題は彼(マックス君)がブレーキング中進路を変えたことだ」※超意訳「ボクちんワルクナイ」
35/67周終了時ロズベルグがファステスト(1:19.911)を出すも、ダニエル君が塗り替える(1:19.684)。

36/67周目ハミ←チーム「プランB」
グロとケビン君の件はお咎めなし。
36/67周終了時ダニエル君がファステスト(1:19.681)を出すも、キミが塗り替える(1:19.572)。
37/67周目ロズベルグ←チーム「フェルスタッペンとのギャップは3.6秒だからもっと開け」
キミ←チーム「キミ、セブとのラップは2.8秒差だ」
まっさん←チーム「この周回でボックスで、リタイアだ」
37/67周終了時周回遅れのまっさんがガレージインし、リタイア。ハミがファステスト(1:19.452)。
40/67周目グロ→チーム「車の後ろから煙が出てる」グロ←チーム「ちゃんと見てるから」
パラボリカ(T5)でダニエル君(P4→P3)とマックス君(P3→P4)の位置が入れ替わる。すんなり入れ替えているのでオーダーか。
40/67周終了時ダニエル君がファステスト(1:19.105)。

41/67周目ロズベルグ←チーム「リカルドがプッシュしてきているから(1分)19秒代(のタイム)が必要だよ」
42/67周目マックス君→チーム「(右フロントの)グレーニングによってアンダーステアが出てて苦しい」マックス君←チーム「OK,マックス」
43/67周終了時ペレス(P11→P13/SS→S)、周回遅れのナッセ(P20→P21/S→S)イン。
44/67周目セブ←チーム「ボックス、セバスチャン、ボックス。新品のSに履き替えよう」セブ→チーム「イヤ。まだタイヤいい(状態だから)。まだ走る」
44/67周終了時ロズベルグ(P4→P6/S→S,5秒ストップペナ/12.0stop)、ヒュルケンベルグ(P8→P10/SS→S)、周回遅れのグロ(P14→P16/S→SS)イン。
45/67周目セブ←チーム「アンダーカットするから、入れ」セブ→チーム「なんだって? 誰をアンダーカットするって?」セブ←チーム「フェルスタッペン(※8秒前)」
45/67周終了時マックス君(P3→P5/S→SS/2.4stop)イン。

46/67周目セブ←チーム「ステイアウト」
46/67周終了時ダニエル君(P2→P2/SS→SS/2.7stop)、セブ(P3→P6/SS→S/2.7stop)、バトン(P10→P11/SS→SS/2.7stop)、周回遅れのパーマー君(P19→P20/SS→SS)イン。
47/67周終了時ハミ(P1→P1/SS→S/2.1stop)、キミ(P2→P6/SS→S/2.9stop)、アロンソ(P9→P10/SS→SS/2.7stop)、グティ(P11→P14/SS→SS)、周回遅れのウェイレーン(P17→P18/S→S/2.9stop)イン。マックス君がファステスト(1:18.910)。
48/67周目ダニエル君←チーム「フェルスタッペンに対して少しばかりギャップをつけよう」
48/67周終了時ダニエル君がファステスト(1:18.442)。
50/67周終了時周回遅れのクビアト(P15→P16/SS→SS)、リオ(P19→P21/SS→SS)イン。

52/67周終了時周回遅れのサインツ(P12→P15/S→SS)イン。
55/67周目ダニエル君→チーム「ハース(グティ)に邪魔された。こいつ好きだよ(皮肉か?)」ダニエル君←チーム「他の人にもやってることだから(落ち着いて)」

57/67周目バトン→チーム「もう1台の車(アロンソ)は苦しんでるのか?」バトン←チーム「同じ状況だよ」バトン→チーム「我々の状況(2台共にポイント圏内)を壊す可能性があるんじゃないか」
59/67周目アロンソ←チーム「予報だとあと5分くらいでポツポツ降るみたいだよ」
60/67周目ダニエル君←チーム「T1からポツポツ(雨が)来るかもしれないよ」

61/67周目ナッセがピットレーンでマシンを停める。周回遅れだったため、規定周回数クリアできていないので完走扱いにはならず、リタイア。
62/67周目ぼっさん(P7→P8)をパスするヒュルケンベルグ(P8→P7)
ハミ→チーム「(バイザーにかかってる)これ、雨?」
64/67周目ペレス(P11)に追いつかれるアロンソ(P10)。このバトルにマックス君(P3)が絡んできて、青旗が出るので面倒くさいことに。
65/67周目一旦マックス君を前に行かせて、DRSを使って逃げようとするアロンソ(P10→P11)だが、オーバーシュートして結局ペレス(P11→P10)に前を行かれる。

66/67周目バトン←チーム「ボッタスを抜こう。0.8秒差だ」バトン→チーム「OK」と言われてぼっさん(P8→P9)を抜くバトン(P9→P8)。
67/67周終了時ハミ-ダニエル君-マックス君-ロズベルグ-セブ-キミ-ヒュルケンベルグ-バトン-ぼっさん-ペレス
グティ-アロンソ-サインツ-クビアト-ケビン君-ウェイレーン-エリクソン-パーマー君-リオ
ナッセ、まっさん

メルセデス(メルセデス、ウィリアムズ、Fインディア、マノー)

 2→1,1→4/10→Ret,7(8)→9/8(7)→7,9→10/17(18)→17,19(20)→20
明暗くっきり分かれたメルセデス。
途中タイヤとセッティングが合っていないと不安要素があったハミだが、蓋を開けてみれば終始安定した走り。そして何が恐ろしいってこの7月で100pt稼いだ事実。
一方で問題なのがロズベルグ。ボクちんワルクナイ病発病。マックス君をはじき出した件でペナルティが課せられたことに対し、無線でグチグチ、みっともない。まず、マックス君のブレーキングが早かったのが悪い。だから自分はブレーキングを遅らせた。その結果タイヤがロックしてしまい、大回りになった。だからスペースを残せなかった。なので早くにブレーキをかけたマックス君が悪く、自分は悪くない。という理論。そのうちレーススチュワートは無能とか言い出しかねない勢い。こういうところがチャンピョンになれない一因じゃないのかなぁ。チャンピョンになる人、なった人って自分は悪くないと言ってもここまでネチネチと相手の所為にしない。「え? あれ、オレ悪くないっしょ。え? オレの所為? そっかー運悪ぃ」みたいなノリ。でもボクちんワルクナイ病を持ってる人は「え? あれ、ボクちん悪くないよ。(相手)が××で○○だからボクちんがこうしなきゃいけなかったんじゃん。ボクちんが被害者なの!」という勢い。まぁ、ロズベルグはこれプラス「ボクちんを誰だと思ってんの? ワールドチャンプのケケ・ロズベルグの息子だよ? F1で初めてフライング・フィンと呼ばれた男の息子だよ?」くらい思ってんじゃないかと思ってしまうくらい、上から目線の物言いをするし、そういう態度。まぁ、今回の結果は自分自身が招いた結果なので、受け入れないと、と思う。

ようやく安定するかに見えたウィリアムズ。予選結果は安定していたんだけど、決勝はちょっと無理だった。まぁ、今回は外因が大きいけど。
無理だったのはまっさん。オープニングラップでパーマー君にブチ当てられてバランスが崩れて、なんとか完走しようとしたのだろうが、結局リタイア。
ぼっさんはなんだかずるずると後退した印象。

ホッケンハイムは合っていたのか、ここ数レースとは打って変わって安定していたFインディア。
ペナルティで1G降格スタートとなったものの、シングルグリッドを獲得したヒュルケンベルグ。攻め気で久々に面白いレースを見せてもらった。
一方のペレスは大人しいもので、存在感が希薄だった。

さて、元に戻った感があるマノー。せっかく勝ち始めていたのにまた最下位争い。
これと言って存在感を示すことができなかったウェイレーン。
金銭的な理由で首の皮一枚繋がっているリオだが、この夏休みでそのシートを誰かが買うとも限らない状況で、とにかく成績出して来季につなげないといけないというのに。

フェラーリ(フェラーリ、STR、ハース、ザウバー)

 6→5,5→6/18(19)→15,15(13)→14/20(15)→13,11→11/22→18,21→Ret
遂にコンストラクターズ入れ替わってしまったフェラーリ。まぁ、仕方ないか。タイヤ戦略も素人以下になってしまったのだから。正直、素人目に見ても8秒差の、フェラーリと比べるとストレートにパワーのあるRBRをアンダーカットできるとは思わない。
さて、冷静だったセブ。下手にタイヤ交換して、終盤もたなくなるなんて失態を冒さなくてよかったとしか言いようがない。アダミもさ、担当者任せにするんじゃなく、自分でもちょっとは考えようよ。
一周目でセブに行かれてしまったキミ。ポジション的に不利だったとしか言いようがなく、それ以外はキミ本人の問題というより、マシンの問題。

ここ最近勢いのないSTR。やはりPUの差がここらで出て来たか。コンストラクターズで夏休み明けにもマクラーレンにひっくり返される可能性が高くなった。
本人曰くスランプから脱しきれないクビアト。スランプということばで片づけていいのかどうか不明なくらい迷走している気がしないでもない。
久々にポイント圏外の完走となったサインツ。決して悪くはないが、ここから先もう一歩上に行こうとするならば、STRでは無理なのかもしれない。もしくは来季ルノーエンジンに戻るまで待つか。

さてさて、チーム力のメッキが剥がれてきた感が否めないハース。
スタート位置から考えると十分前で終えられたと言っても過言ではないグロだが、マシンの性能を考えると妥当と言ったところか。
ダニエル君に好きだよと言わしめたグティ。今回も青旗無視。チームからの青旗が出ている情報が来ていないのでは? という疑問もあったが、こういうことで来季のシートを失うのは馬鹿らしいので注意しろよ、と思ってしまう。レース内容としては、十分ポイント圏内で終えられるレースだったのに、自分のミスで台無しに。

コンストラクターズ争い最下位のザウバー。正念場というかチームとして限界に達しているのではないだろうか。いいドライバーなのにね。
最後尾スタートだったエリクソン。完走させるだけで精一杯という状況。
一方走り切れなかったのはナッセ。あと少しで完走扱いになったのだが、そこまでももっていけない。

ルノー(RBR、ルノー)

 3→2,4→3/16(17)→16,14(16)→19
ダニエル君の2回目のピットストップ時、右フロント担当者たちが、交換終了後たたえ合う姿が微笑ましかったRBR。
実況陣営にも「品がない」と言われていたけど、本当、いくらテンションが上がってると言ってもブーツで飲むなよ。しかもさっきまで履いてたの。紳士のスポーツなんじゃないのか、モータースポーツは。
ロズベルグに弾き出されたマックス君。ブレーキングしながらスライドしたことに対してロズベルグは文句言っていたが、スライドしなかったとしたらもっと微妙なところにぶち当たってて、マックス君の車は大破、ロズベルグもそれなりに痛手を負う結果になったと思うんだけど。多分、マックス君の右のサスペンションが折れ、右フロントが吹っ飛び、制御しきれなくなって、ロズベルグを巻き込んでクラッシュが想像できる。仮に、ロズベルグの左リアが吹っ飛んで、クラッシュに巻き込まれなかったとしてもT1なのでピットまでは長い道のり。とりあえず、マックス君は大クラッシュにならなくてよかったね、と。

はてさて、RBRが結果を残しているにも関わらず、ルノーが残せないのはやっぱりパッケージが悪いとしか言いようがない。
終盤まではいい感じだったのに終盤グダグダになった感が否めないケビン君。
更に輪をかけてダメだったのがパーマー君。

ホンダ(マクラーレン)

 13(14)→12,13→8
マクラーレンは多分、エンジンPUを活かせるシャシーではない。なんていうか、バランスが悪いからすぐタイヤもいっちゃうという次元なんじゃないだろうか。
序盤〜中盤頼もしかったアロンソ。終盤、タイヤがもたずにポイントを逃してしまう。
一方、アロンソを気遣い、アロンソがポイント圏外になったと知るや、頼もしく攻めて結果を残したバトン。やっぱりベテランだからできることだよなぁ。
コダミタカ * Category of [モータースポーツ]Topic*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    【F1】2017 Rd.1 オーストラリアGP(2017.03.26)
    【F1】イス取り合戦2017(2016.11.28)
    【F1】2016 Rd.15 シンガポールGP(2016.09.25)
    【F1】2016 Rd.13 ベルギーGP(2016.09.04)
    【F1】2016 Rd.11 ハンガリーGP(2016.08.28)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング