East of R134 元(仮)
<< 201907||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
Index[Diary]日常 日々雑記20160911 

日々雑記20160911

アルミホイルって切れるんですね、と。
何のこっちゃ、とお思いでしょうが、紙で指や手のひらを切るみたいに、切れるんですね。でもって紙で切ったとき以上に出血するんですね。まぁ、痛いのなんのって。まぁ、痛さよりもその出血量に驚きましたがね。中々止まらないし。バンドエイドが真っ赤になるなんて久しぶりですよ。結局3枚使いました。
別にワルファリンとかの抗凝血剤を使用しているとかじゃないんですがね。

ハイキュー!!

週刊少年ジャンプ2016年40号第220話「合流」

12月10日(月) AM6:45
駐輪場で再会する日向と影山。目が合った瞬間から部室前までダッシュ。今回勝ったのは日向。息切れしている日向に「

…おいこの5日間何やってた

」と訊く影山。「

球拾い

」と答える日向に驚き、そしてニヤリと笑う。
日向があることに気づき「

お前部室か体育館の鍵持ってる?

」と訊くが答えは「

持ってない

」そこで自分のバッグからボールを出す日向。

練習をしながら話す二人。日向が「

で やっぱり一番上手えのは五色だったなー いやでも国見…あっ百沢が2mのな やっぱデカくてー

」と脈略の無い言い方をしていたが「

つーかそっちは!? すげえ奴居た!?

」と訊くと短く「

おう

」と答える影山。「

だよなー! 月バリ載るような奴ばっかだよなー!

」と言う日向に「

"小さな巨人"が居たぞ

」と教える。「

身長170cm前後で月バリでは見た事無え人だったけど間違い無く合宿メンバーの中でもトップクラスの選手だった お前の100倍上手かった

」と続ける。「

ハイ余計な一言!! 「トップクラスの選手だった」で良くないですか!? 最後の一言要ります!!? 要りますかな!!!?

」と開戦しかけるが「

うおやっぱ来てたか! つか再会早々早えんだよケンカが!

」と鍵を持った田中登場にケンカにはならず。だが「

何をそんなケンカのネタがあんだよ感心するわ

」と田中には感心されてしまう。部室への階段をのぼりながら「

おい お前もっと跳べるぞ

」と声をかける影山。訊き返そうとするが西谷が「

翔陽〜!!

」と登校してきて、一旦話はそこまで。

体育館では「

おーっ! 日向影山無事かよ〜!?

」と構う菅原。月島にも頭をつかんで「

月島身長伸びたかー!?

」と訊く。それを見て「

親戚か

」と突っ込む旭と「5日で伸びてたまるか

」と突っ込む澤村。澤村に「

ご ごめいわくおかけしました…

」と頭を下げる日向。「

? どうせお前残ってたって単品じゃ役に立たねえだろ

」と突っ込む影山。「

うっせえなぁもー!! 何回も言われなくてもわかってます!!

」と怒鳴り返す日向。「

何回もなんて言ってねぇだろ

」と驚く影山。それを見て「

ケンカから平和を感じる

」と言う潔子さんに噴き出す谷地。

澤村の「サーブ」のヒトコトに谷地がネットの上にガムテを貼っていく。

谷地さんあのテープなに?

」と訊く日向。「

ネットを9分割してるんだよ〜先週かrあずっと「サーブ強化週間」でね烏養さんが「毎回コースを狙ったり確認したりしながら打ちなさい」ってネットの上のどこをどう通ったらどこに落ちるとか

」と説明する。

70%と意識してジャンプサーブを打つ旭。ラインギリギリを狙い、狙い通りに決まる。
ルーティンからジャンプサーブに入る田中。西谷の正面になり軽々と上げられる。西谷は次に木下が打ったジャンプフローターをオーバーハンドで取ろうとるすが、落とす。びっくりする日向。武田は「

西谷君が取れないとは…

」と驚く。「

西谷はオーバーが苦手だからな

」とは烏養。「

では今まで通り得意なアンダーで取れば良いのでは?

」と武田は言うが「

ジャンプフローターは変化が武器のサーブ いつもより前で構えてオーバーで捕まえるのが確実な方法だ これからより強力なジャンフロの使い手と戦う可能性は当然あるからな 手段を増やしておくに越した事は無いよ

」と答える烏養。
山口のサーブを見て速いと感じる日向。だが山口のサーブはアウト。
次は影山。手ごたえがイマイチなのでアウトかと考えているとアウトだが落下地点に日向が読んで移動しており、取ろうとする。だが、当たり所がマズく跳ねる。驚く一同(除月島)。日向はアンダーのボールの当て方を確認中。

日向ってたまにすごく神がかった動きをする事があるけど今のはなんだか普通にやったって感じだ…

」と潔子さん。

練習が終わり「

おい影山「もっと跳べる」って何だよ?

」と訊く日向。ボールをとり「

お前ちょっとオープン打て

」と答える影山。だが「

合宿で疲れてんだろ〜オーバーワーク厳禁〜

」と澤村に止められかける。「

ちょっちょっとだけっス

」と日向。

お前のジャンプは"ピョピョーン"なんだよ でも凄えジャンプはドンだ

」と説明する影山。理解できない日向。

日向じゃなくても擬音で説明されても解らんわ。
今回は菅原が可愛かったなぁ。次点は「

5日で伸びてたまるか

」の澤村。

ONE PIECE

週刊少年ジャンプ2016年40号第838話「チョニキ」

攻めるルフィ。クラッカーだと思って戦っていた相手はクラッカーの鎧。それを砕き、中から現れた本物のクラッカー。クラッカーはビスビスの実のビスケット人間。ビスケットを無限に生み出して操れる。正体に行きつく者はそう居らず、政府が発行した手配書も鎧。
叩けば無限に出てきて、戦力を作り出せるためサンジに会うことは無理だと言われるが、諦めないルフィ。「

頑張っても勝てない奴がいると知る事が真の"成長"というものだ!!

」と言われるがそれでも諦めない。

ルフィたちの戦闘付近ではホーミーズたちが無理だとか、(クラッカーとルフィに)威圧されて近づけないと喚いている。それに対してナミが「

だから? あんたらが何百本乾涸びても私の心はこれっぽっちも痛まないのよ!!! "将星クラッカー"とその母"四皇ビッグ・マム"どっちが恐いの?

」とビブルカードをちらつかせる。一斉に「

あんただよ!!!

」と突っ込むホーミーズ。

ブリュレの「鏡世界」ではチョッパーがキャロットに名案があるからこれから先自分を"チョッパーの兄貴"と呼べと言っているが、キャロットは略してチョニキと呼ぶ。
チョッパーは鏡世界はホールケーキアイランド中の「鏡」に通じているから、逃げ出すんじゃなくてブリュレの能力を利用しようと考える。

ホールケーキアイランド首都スイートシティではブルックとペドロがビスケット兵の中に潜り込み、見回り後場内に格納されるのを待つ作戦。

翌朝ホールケーキ城ではビッグ・マムがウェディングケーキをせっついているが、それは明日。今日の予定はヴィンスモーク家と顔合わせ、そして結納。
まだ到着していなかったイチジとニジも到着。

ナミがナミで安心した一話。あとはチョッパーとキャロットの鏡の中から作戦に期待。ブルック・ペドロ組は……結果的に助けるって感じなのかな? ポーネグリフが目的の組なので、本末転倒にはならないだろうから。

あひるの空

週刊少年マガジン2016年41号第530話「THE OUTERMISSION"ワン・ダイレクション"」

一片の事故、レオの「

あきらめんなよ また1から始めりゃいーじゃん

」を受け「

"1"からなんて簡単に言うなよ!!!

」とキレる一片。中学時代3Pを打つレオ。それがどういう意味か理解する一片。「

これは"証明"だ‥!!!

」と一片。
試合終了後レオに声をかける一片。「

一片久し振り もしかして試合見ててくれたのか? いるの知ってたらもっとハリきったのになー

」と笑うレオに「

なんだよそれっ!! なんでそんなにカルイんだよ!!! アレからずっと‥俺がどんな気持ちでいたか 悪いの俺だけど‥メールくらいくれたって――

」とやり場のない怒りが込みあがる一片。
2年ぶりの再会だったがあっけなく昔の時間が戻る。
レオは今日初試合。この退会初スタメンなので疎まれている。他の皆は経験者だからと軽く言う。
何故バスケなのかと一片が問うと「

バスケやってたらそのうち一片と会えるかもと思って

」と何でもないかのように答えられ「

なんでだよ俺はバスケやめたじゃん なんでそんな――

」と言いつつも、内心

2年をムダにした レオの言った通り1から――

と思う。しかしレオはそんなに深く考えていなかった。

帰り道「

ホントは兄貴にも言われたんだ もっかいやるべきだって もう遅いかもしれないけど

」と打ち明ける一片。「

そんなことないよ 一片が行くなら俺も行くよ妙院

」と乗り気なレオだが、妙院は偏差値が高い。勉強を教えてと頼むレオ。
レオの勉強を見ながら、一片は基礎からの体力づくりを始める。脚は動くし体も大丈夫だが、2年のブランクを取り戻すのは簡単ではない。だがレオが待っているので諦めない。

時は流れ、レオに強豪校から推薦が来ているが、レオは妙院と決めているから断ったとケータイで話している二人。
それより9月の新人戦で数分で3P8本連続決めた、身長150cmちょっとの選手(鷹山)の話をする一片。ソイツを俺が倒すと言うレオ。
レオに対して言いようのない感情を抱くようになる一片。レオに必要なのは友達じゃないと思い始める。

次号休載、と。
休載明は試合に戻るかなぁ……。トビ不足なのですが……。

この剣が月を斬る

週刊少年マガジン2016年41号第11話「リビングデッド」

斎藤一といいます 殺しあおうぜ黒猫ちゃん

」と言う斎藤。「

まあ髪を結ぶからちょっと待て

」と言うが、すずのことで頭に血が上っている沖田はすぐに斬りかかる。沖田の腹を蹴り、間合いを広げる斎藤。すずの切った髪の束を投げ「

居場所は俺に勝てたら

」と言う。キレる沖田。
ひらりひらりとかわし、民家へ逃げ込む斎藤。すずを大切に思う沖田にキレる斎藤。斎藤はずっと観察していて「

いいなあ お前は 起きた 大切なものがたくさんあって 俺には何もなかったよ 語る程の過去…も友も仲間も俺の名を呼ぶ者すらも ところがどうだお前にはたくさんいる お前の名を呼んでくれる者がうらやましいうらめしいほどに…お前を苦しめたい 悔しさ呻いて無力を嘆き死ぬ姿が見たい 見たぁい…

」と言う。そんな理由ですずを攫ったのかと怒る沖田。

俺は幽霊 怨念のまま生者を呪ってもともと 逝きはよいよい甦りは怖い 何の因果か蘇った幽霊で御座いますから うらめしや

」と斬りにかかる。太刀筋が見えると言う沖田だが、斎藤の太刀筋は予測したところからは来ず。しかしかわす沖田。どの攻撃も読めず、嬲られる沖田。

一方女(おこま)の元を訪ねている土方。膝枕をされ呑気な雰囲気ながら、会話はきな臭い。
井伊直弼暗殺計画に関して調べてもらっていた。この計画を自分の出世に利用させてもらうと言う土方に「

もし彼らと戦う事になったらお気をつけて 彼らの中にとても恐ろしい男が一人

」と言う。

起き上がれなくなった沖田に「

もう終わりか天才 俺に似てると言うから楽しみにしてたのに つまらんなぁ…所詮は道場の易しい剣…お前は平和な町道場のその中ちょっと剣が上手なだけ お前と俺とでは根本から違うのだ お前は弱い ほら! 俺の生き方の方が正しかった! 俺はこれから大きな仕事をやる 俺が この日本をひっくり返すのだ お前のような小者とは二度と会う事もあるまいよ

」と言って高笑いしながら去る斎藤。
意識が遠のく中で、すずの笑顔を思い出し、力を振り絞る沖田。

ますます持って、どうやって斎藤一が仲間になるのか、想像もつかない。土方が何か計略があるようで、そっちの方向から拾うのかなぁ。

鬼灯の冷徹

週刊モーニング2016年41号だお198話「心霊神霊」

現世の心霊映像を確認している牛若丸。「

現世の心霊番組はほとんどが偽物の映像ですが稀に本物が混じっています だから夏の心霊番組は一応確認します まァ最近はネットの動画の方が本物が転がってますが で多分この映像は本物です

」と鬼灯に説明する。お迎え課に連絡しておくと言う鬼灯に「

それで済めばいいのですが…ネットに上がっていたこれとこれも本物だと思うんです あ あとこれも

」とタブレットでその動画を指す。「

調べてみるとTVのとこれら動画全て同じ地域なんです 全く同じ場所ではないんですが とある街でやたらと心霊動画が撮れてるんですよ しかも同じような見た目の幽霊(もうじゃ)がわざとらしく驚かして……もしあの世の者が意図的にやっているのだとしたら烏天狗警察(われわれ)の管轄でもあります

」と言う牛若丸。「

なるほど ちょうどよかった 私もこのチラシについて報告しようと思っていたんです この心霊動画と関係あるかもしれません

」と言って女性亡者限定のボランティア募集広告を見せる。条件の恰好が動画の幽霊(もうじゃ)と同じ。連絡先の番号にかけたがつながらず、共同捜査にしてもらえると助かると言う鬼灯。

現世で聞き込みを開始する鬼灯と牛若丸。そこら辺の浮幽霊に訊いてもらちが明かず、タクシー運転手に心霊スポットを訊く。タクシーで流し、話を聞きながら見たという場所を地図に書き入れる鬼灯。見たという箇所は多く、ここ数か月で急にだと言う。
いきなり「

すみませんここで下してください

」と言いだす鬼灯。「

えっ何か見えた!? お兄ちゃんそういう人!?

」と焦る運転手。財布から5,000円を出し「

いや 見えたには見えたのですが…多分あれは…!

」と堪える鬼灯。
見えたのは土地神。「

土地神って不動産屋にいるんですか

」と突っ込む牛若丸。「

社にずっといても正直暇なんだよ

」と正直な土地神。土地神の話では一つすごい出るという噂のマンションがあり、そこの一室は特にこの辺の不動産屋界隈でも有名。鬼灯は地図を広げ、心霊スポットとマンションの位置を確認し、ボランティア募集の広告も見比べて、そのマンションがチラシを配った拠点ではないかと推測する。

マンションに着き、土地神がこっそり不動産屋から拝借してくれた鍵を使ってその部屋に入る鬼灯と牛若丸。中には亡者が。
雇い主について訊くが、ここにはいないと言われる。目的も亡者たちは知らない。亡者たちは単純にあの世にいきたくなかっただけ。それに生前幽霊と言われていじめられたんdね今生きている奴をビビらせるのが死に甲斐。この理由で現世に居たがる亡者は多い。
鬼灯は地図を広げて心霊スポットの確認をしたうえで、マンションのド真ん中を訊く。ド真ん中は中庭。そこに行くと雇い主が居る。人が来たと知り「

おっ!? 遂に俺を見つけたか生者共よ!!

」と言う亡者。すかさず鬼灯が殴り、牛若丸が手錠をかける。

何ですかね こいつ…「俺を見つけたか生者共」…ってなんか危ない…

」という感想を漏らす牛若丸に対し「

やっぱりというか何というか

」とうんざりしている鬼灯。「

いやもうこの地図の形が完全に五芒星なんでこれはさぞかし中二な霊が真ん中にいやがるなと思いました

」と地図を見せながら説明する鬼灯。「

あ ホントだ うわっ

」と退く牛若丸。
目的を訊くと神になると言い出す亡者。「

まずいかにもな怖い霊を使って心霊スポットを目立たせる! 有名になればスポットが五芒星になっていることに気付かれる!! それがネットでまことしやかに噂され更に有名になり五芒星の中心が調査される そこに俺の登場だ! 調査に来た奴を次々と祟り地元民が畏れて祠を建てれば…俺は神になる!!

」と言い出す。

大変だこいつバカだ たまにいるんですよねこういう神になりたがる人間て

」とあきれている鬼灯に「

俺が目指すのは菅原道真だ 心霊ではなく神霊となり生前俺を左遷した会社の連中を見返すのだ!

」と熱弁をふるうが「

道真とスケールが違いすぎる 本物の神ってのはもっと普通に…そう不動産屋とかにひっそりいたりするんですよ

」と取り合わない鬼灯。「

…イヤ あの神は結構特殊だと思うんですけど…

」と突っ込む牛若丸。

そりゃこんな厨二病な輩、左遷されるわ。

コウノドリ

週刊モーニング2016年41号CASE.165「ガールズトーク」

矢部夫が検診に同伴。矢部としてはまだ9週だし、筋腫もすぐにどうこうというものでもないし、殆ど心配ないとネットで見せたのにと同伴を嫌がっているが「

ネットなんか信用できねぇよ 膝と膝を合わせて初めて信頼が生まれるのが営業なんだよ

」と訊く耳持たない夫。妊婦検診は営業じゃないと言っても、同じだと引き下がらない。
そして診察室でですよねとサクラに詰め寄る。因みに自分が座り、妊婦を立たせている。

子宮筋腫の説明をするサクラ。「

出る症状としては生理痛がひどくなったり生理の量が増えたり不正出血などです

」と説明すると「

そういえば生理の量は多かったかも……

」と思い出す矢部。「

オレに言えよ 報告……連絡……相談……いつも言ってるよな営業の基本はほうれんそう

」と声を張る旦那。「

営業じゃねぇし……

」とうんざりする矢部。
その後も説明を続けるサクラ。問題なく経過することが多いが、気を付けなければならないのは「

痛みが出ることがあるんです 1〜2週間で治まることが多いですがかなりの痛みをともなうことがあるので……その場合は連絡してください

」と締めくくる。

矢部さんて妊娠する前に筋腫の手術をしておけば妊娠中のリスクは下がったんですかね?

」と訊くゴロー。

一概にはそう言えないなんじゃない 手術をして減るリスクもあれば増えるリスクもあるから

」と答えたのは小松。「

うん……筋腫を取る手術で一度子宮にメスを入れれば……帝王切開の出産になることが多いし……子宮破裂のリスクになる それに筋腫は早くに手術しても再発するしね いつ……どんな治療をするのかは個人差があるから……それぞれで考えていかなきゃいけないよね

」と続けるサクラ。ではどんな場合手術したほうがいいのかと問われ「

明らかに筋腫が不妊の原因なら妊娠前にしたほうがいいよね あとは10cm以上……こぶしくらいになったら手術したほうがいい

」と答える。矢部の場合は手術はしておかなくてもいい症例だが、それも赤ん坊が無事生まれなきゃ言えない、結果次第なところ。

でも最近手術以外の治療をしてから妊娠に臨む人も増えてますよね

」と言われるが「

半年間生理を止めて筋腫を小さくするホルモン治療もあるけど……治療というより時間稼ぎかな……筋腫はまた大きくなるからね

」と肯定的ではない。他にはカテーテルを使って筋腫の栄養を絶つ子宮動脈塞栓術や子宮に超音波を長時間当てて熱で筋腫を治療する集束超音波もあるが、行っている施設はまだ少ないし、治療後の妊娠についても問題ないと言い切れないのでサクラは肯定的ではない。
それらの話を聞いていて明るく手術で取ろうかと言い出す小松に「

小松さんはまだ5cmと4cmくらいの筋腫だし……あまり考えずにそのままでいいと思いますよ

」と真面目に答える。

仕事が終わり、ゴローに皆で飲みに行かないかと誘われる小松だが、同期の助産師の女子会があると断られる。それに反応するサクラと四宮。それに気づかず小松は「

研修医時代の鴻鳥先生と四宮先生を知ってる奴も多いから昔の2人の失敗談でも仕入れてくるよ

」と言う。嫌そうなサクラと四宮。

女子会の話題はやはり子育て。殆どが結婚を機に助産師を辞めている模様。
居心地の悪くなった小松は一人テラスに出て喫煙。そこに結婚後も助産師を続けている武田が来る。武田は子供がいないから続けられると言う。そして話題はサクラと四宮のことに。昔と変わらない面もあるが、2人とも頼もしい産科医になったと言う小松。
武田が意を決して、来週子宮筋腫の手術をすると言う。悩んでいるうちに10cmを超えて、子どもを諦めたわけじゃないけどもう40歳過ぎたし、本当は随分悩んで旦那とも相談して手術をしてから自然の流れに任せることにしたと言う。そしてそれ赤ちゃんができなかったらしょうがないと決めた。女の人生出産だけじゃないとも言う。
武田の決心を目の当たりにして「気持ちが宙ぶらりんなのは……私だけか〜〜

」と天を仰ぐ小松。

これが正解っていうのはないのが医療。ただあるのはこれが誤りという選択だけな気がしてくる今日この頃。
ああ、あと矢部の旦那はウザい。

コダミタカ * Category of [Diary]日常*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    恭賀新年(2018.01.01)
    恭賀新年(2017.01.01)
    日々雑記20160904(2016.09.04)
    日々雑記20160828(2016.08.28)
    日々雑記20160821(2016.08.21)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング