East of R134 元(仮)
<< 201906||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[Diary]ドラマ・映画 アンナチュラル #010(最終回) 

アンナチュラル #010(最終回)

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

Unnatural Death #10 旅の終わり
中堂(井浦新)の恋人・夕希子(橋本真実)をはじめ、複数の女性を殺害した疑いのある高瀬(尾上寛之)が警察に出頭。
しかし、遺体損壊は認めたものの肝心の殺害については否定する。殺人を立証できる証拠もなく、ミコト(石原さとみ)たちは歯がゆさを感じながらも、高瀬を殺人罪で裁くため検証を続ける。

そんな中、六郎(窪田正孝)がUDIの情報を週刊誌にうっていたことがメンバーに知られ、UDIに崩壊の危機が訪れる…!赤い金魚殺人事件の全容がついに明かされる最終話!10分枠大スペシャル!

キャスト

三澄ミコト:石原さとみ
中堂系:井浦新 / 久部六郎:窪田正孝
東海林夕子:市川実日子 / 神倉保夫:松重豊
三澄夏代:薬師丸ひろ子
末次康介:池田鉄洋 / 三澄秋彦:小笠原海 / 坂本誠:飯尾和樹
木林南雲:竜星涼 / 関谷聡史:福士誠治 / 宍戸理一:北村有起哉
毛利忠治:大倉孝二 / 向島進:吉田ウーロン太 / 糀谷夕希子:橋本真実

ゲスト

高瀬:尾上寛之 / 橘芹那:葉月みかん / 大崎めぐみ:黒沢恵梨
糀谷和有:国広富之

スタッフ

脚本:野木亜紀子 / 演出:塚原あゆ子

遂に最終回。

事件の主軸は高瀬の連続殺人事件。
高瀬は殺人に関しては否認し、死体損壊だけだと主張する。
橘や大は内見中に突然死したため、怖くなって橘はホルマリン漬けにして腐らないようにして捨てようとしたし、大崎は切断して捨てたと証言する。

橘の件は高瀬がボツリヌス菌の存在を知っていて、そこから食中毒で死んだと言い出す。ご遺体はもう火葬してしまっているため、再鑑定はできない。
現状では殺人で起訴することはできない。そのため烏田はミコトに「ちっぽけなプライドをちょっと捻じ曲げて」鑑定書からボツリヌス菌の記述を削除するように助言する。
鑑定書から削除するということは、事実を伏せること。烏田は大したことないように言うが、法医学者として、人として事実を捻じ曲げられないミコトは悩む。

そんな中、宍戸が高瀬の26人の殺人について書いた本が出る。宍戸はワイドショーに呼ばれたりもするし、週刊ジャーナルではボーナスが出されたりもする。その状態が面白くない末次。何故判明していない事件を「高瀬の妄想」ということにして書いたのか、事実は事実として書けと問い詰めるが、宍戸としては事実として書いて、結論づけてしまえば世間の興味はすぐなくなってしまう。しかし、証拠がないのだから事実と虚構を織り交ぜて曖昧にしておけば、世間の興味を惹けるし、高瀬は殺人罪では裁かれず、伝説になれると言い切る。

宍戸の本を読みながら証拠がないかを探すUDIメンバー。そんな中、神倉がUDIの情報を週刊ジャーナルに売った者が居ると告発を始める。
六郎は自分のやったことを素直に告白し、皆の力になりたかったことや中堂、東海林、神倉、ミコトに謝罪をしてUDIを辞める。

中堂は起訴できない、殺人で裁けないということばをぐるぐると考える。
そしてミコトにボツリヌス菌の記述を消した鑑定書を渡し、これを出せと言う。
中堂がその罪悪を請け負う。二人のやり取りを見ていた神倉の眉間の皺が深くなる。

翌朝出勤したミコトは一緒になった東海林に「UDI潰しちゃうかも」と謝罪する。やっぱり削除した鑑定書を提出することに抵抗がある。
部屋に着き、中堂からの鑑定書を破棄しようとデスクを開けたら鑑定書がない。焦るミコト。
一方神倉は烏田に鑑定書を提出に来ていた。
鑑定書を読んで、記述を削除していないことを指摘し「三澄先生も強情ですね」と嫌味を言う烏田に対してミコトではなく、自分の判断だと言う神倉。
助成金を持ちだして脅そうとする烏田に対し、警察からも仕事をもらっているが、成り下がったつもりはない、あくまでも対等だと言い切り、黒いものを黒にしろ、それはそちらの仕事だと啖呵を切る。
UDIに戻ってからミコトと東海林に助成金打ち切りかもと謝罪し、弱音を吐く。

宍戸の本を読んで、何かに気づく中堂。南雲に明日の「搬送と火葬」を頼む。

落ち込んでいるミコトは実家に帰る。母親に実母に巻き込まれた不条理な経験が不条理な死へ立ち向かうきっかけになって、今もなおそれが原動力だがくじけそうになっていて、弱音を吐く。受け止める夏代さん。
その光景を見ていた弟は六郎にUDIで何かあったのかと電話をかけるが、もうUDIを辞めている六郎はことばを濁す。
その帰り、週刊ジャーナルを見かけ、そこに書かれた内容(糀谷夕希子の写真と夜の仕事について書かれた記事)に腹を立てて、翌朝末次に抗議に行くが、世間が望んでいる記事を書いて何が悪い、という態度で追い返される。
敷地を出ようとしたとき、夕希子の父親に声をかけられる。

糀谷和有をUDIラボに連れていく六郎。
今回、週刊ジャーナルの夕希子の写真は八年前和有が宍戸に渡したもので、数年前まで取材でやり取りはしていたが、あるときぱたりとなくなった。その頃には高瀬に行きついていて、自分と接触するメリットはなくなったんだろうとミコト、東海林、神倉に語る。
和有はずっと中堂が犯人だと思っていて、夕希子の墓の場所も教えておらず、命日には中堂に脅迫染みた手紙を送っていた。今回会って謝罪したかった。しかし中堂は不在。中堂に電話をかけるミコトだが、中堂は自分のカバンの中に辞表が入っているから神倉に渡すように言って電話を切る。
急いで中堂のカバンを調べ、辞表を見つけるミコト。ある考えに至って、すぐに中堂を探し始める。
南雲に電話をし、中堂の居場所を聞き出そうとするが、南雲は答えず、電話を切る。

中堂は宍戸の元へ出向いていた。
証拠を得るために、テトロドトキシンを注射する。そして解毒剤だと小瓶を見せ、証拠を渡せばこの解毒剤を渡すと言う。
笑って、夕希子を殺したのはお前(中堂)だという事実は消えないと言う宍戸。
夕希子が高瀬の不動産屋に出向いたのは、当時同棲をしていた中堂の家から出るためのもので、その頃、昼間は食堂で働き、夜はクラブで働いていて、その合間にイラストを描いていた。イラストでは食べていくことができず、中堂は「こんな生活」をもう辞めるように言っていた。そのための家探しだった。
怯んだ隙に解毒剤を奪おうとする宍戸だが、中堂はそれを阻止。
観念した宍戸はゴムボールを自分が持っていると言う。

隠していたゴムボールと解毒剤を交換する二人。急いで解毒剤を飲む宍戸。そしてケースに入ったゴムボールを見ている中堂から奪い取るかのように中の液体にボールがつかるように揺する。
中の液体は硫酸。DNAは取れなくなった。
ちょうど六郎と二ケツしたミコトが到着。
何をしたのか聞き出すミコト。ふぐの毒を打たれたが解毒剤は飲んだと笑う宍戸に、フグの毒に解毒剤は存在しないと言うミコト。テトロドトキシンはそう簡単に手に入らないと中堂。
中堂は自分は麻酔を打っただけで、宍戸が自発的に飲んだほうが本命だと言う。
何の毒なのか、薬なのか問うミコトに、答えず、苦しみながらゆっくり死んでいけ、と言う中堂。一線を越えさせないために「戦うなら法医学者として戦って下さい」と必死なミコトだが、中堂はもう法医学者は辞めたと聞き入れようとしない。
ミコト:私が嫌なんです。不条理な事件で人生を手放して同じように不条理なことをしてしまったら、負けなんじゃないんですか。中堂さんが負けるのなんて見たくないんです。私を……私を絶望させないでください。
ミコトと中堂の押し問答は埒が明かないと小瓶に残ってる液体を口に含む六郎。焦るミコト。液体は甘かったと言って吐き出す六郎。
エチレングリコールなのでは? と考える六郎。(成長したよ……エチレングリコールが言えなかったのに……)
問い詰めるが、中堂は答えず、ミコトは六郎に救急車を呼ぶように指示する。
必死な二人に無言で注射器を差し出す中堂。注射器の中身はホメピゾール(Fomepizole/別名:4-メチルピラゾール)でエチレングリコール・メタノール中毒用剤。これを打って代謝を阻害すれば……と打ち始めるミコト。六郎はその間にも他に証拠を隠していないのかと問う。

あと一日居るので中堂と話がしたいと見送る神倉と東海林に話す和有。
神倉に名刺を渡す。そこにはアメリカの住所が。
夕希子も高校卒業するまではテネシーに住んで居た。日本はアメリカより安全だと思っていたのにこんなことになったと悔やむ和有。
見送ったあと東海林が「ウォーキングできないデッドの国かぁ」とぼやく。「何ができない?」と聞き返す神倉。
東海林:あぁ、土葬の国の人だなって。
神倉:最近はアメリカでも火葬が多いそうです。特に都会では。
東海林:テネシーって都会ですかね?
神倉:いや。……どちらかと言うと。
二人で顔を見合わせ、と故郷で眠りについている夕希子が土葬なことに気づき、東海林は慌てて和有を追いかける。

再鑑定できるご遺体が見つかったとミコトに連絡が入る。まだ宍戸の家を捜索中のミコト、中堂、六郎。
中堂に八年前夕希子が火葬されず、エンバーミングされて故郷のテネシーで土葬になっていることを知らせる。八年経った今の技術なら八年前見つけられなかった証拠が見つかるかもしれないとミコトも希望に満ちている。

現地の裁判所で交渉中の神倉。相手三人は英語でまくし立てて、話を聞こうとはしない。
「Be quiet! Listen to me! ただ遺体を持ち帰りたいだけなんだよ」とブチ切れるが埒があかず、烏田に電話。
烏田は電話の向こうが騒がしいのは解るが、何が起こっているのか把握しておらず。それを無視して神倉は再解剖可能なご遺体があること、それを持ち帰るためには外務省ルートからの根回しが必要なことを伝える。神倉の気迫に押されて「ハイ、ワカリマシタ」と電話を切って、惰性で動き始めてようやく事態を把握する烏田。
墓地で掘り起こしを見守る神倉と和有。空輸され、夜に到着。空港からラボまでの搬送は南雲さん。
ミコト執刀で再解剖が始まる。見守る神倉と夕希子を思い出す中堂。

週刊ジャーナルの編集部を訪問し、末次に高瀬事件の追起訴が決まったことを告げる六郎。食いついたのは門松。詳細を知り、立ち上がる末次。

追起訴が始まる。烏田が罪状認否を読み上げる。そのとき宍戸が傍聴席に入って来る。
高瀬は当然否認し、夕希子と会ったことはないと言い切り、誰一人殺してないと言う。
東海林と中堂、二人から少し離れたところに座っている六郎は傍聴席に居て見守る。ミコトは証人として証言台に立っている。口腔内の炎症について証言するが、弁護士にゴムボールの現物がないんだから立証できないと否定される。
烏田がゴムボールや高瀬が子供時代母親と映っている写真(母親の手には例のゴムボール)、また児童相談所の記録(高瀬が母親から躾と称し、ゴムボールを口に入れられていた記録)を証拠として提示する。
弁護士は虐待と事件は無関係だと主張し、被害者の口の中の炎症だけでは被告人とは結び付かないと異議を唱える。静かに「証明できます」とはっきり言うミコト。裁判官は弁護人の異議を却下する。

八年前になかった判定キッド(ID+)を使っての鑑定。PCR阻害物質の影響を受けにくく、わずかな細胞レベルからDNAを検出できる。その結果、出て来たDNAは高瀬のもの。
はっきりと言い切ると傍聴席はざわつく。宍戸が気になり、そちらを見る六郎。宍戸の表情は曇る。
DNAが検出されたのは歯の裏。ゴムボールを押し込んだ時にひっかけたものであり、被害者に自分がされた虐待と同じことをして、母親に対する復讐をした、と告げる烏田に不気味に笑い出し「テンプレですねぇ。何も解っちゃいない」と高瀬。裁判長から注意される。
高瀬を一度見てから烏田に視線を向けるミコト。
烏田:三澄先生。他に言っておくべきことがあるんでしょうか。
ミコト:はい。被害者の口の中には被告人のDNAが付着していた。これは言い逃れようのない事実です。私たち法医学者の仕事はご遺体を調べ、検査し、正確な死因を把握し、事実を鑑定書に書くことです。勿論そこには犯人の感情や気持ちなんて書かれていません。ご遺体を前にしてあるのは、ただ命を奪ったという取り返しのつかない事実だけです。犯人の気持ちなんて解りはしないし、(高瀬を見て)あなたを理解する必要なんてない。(高瀬がミコトに視線を合わせる)不幸な生い立ちなんて興味ないし、動機だってどうだっていい。ただ同情はしてしまいます。この可愛そうな被告人に。(ミコトは正面を向く、高瀬は傍聴席を見る)被告人は今もなお、死んだ母親の幻影に苦しめられています。三十歳を過ぎてもなお、子どもの頃のまんまなんです。(きょろきょろしだす高瀬)
高瀬:黙れ。
ミコト:誰も彼を救えなかった。
高瀬:黙れ。
ミコト:あなたも自分自身を救えなかった。あなたの孤独に心から同情します(高瀬に頭を下げるミコト)
高瀬:やりたくてやった。(ざわつく傍聴席)誰に言われたわけでもない(宍戸が顔を上げる)。殺したくて殺した(中堂が握っていた拳をさらに握り、目を閉じる)。母親は関係ない。(傍聴席を見て)二十六人誰も真似できない、俺はやり遂げた。二十六人だ、(表情筋が緩むのを堪える東海林)俺はやり遂げたんだ(してやったりの笑顔で頭を上げるミコト)。俺にしかできなかった。(笑顔のミコト)俺はやり遂げたんだ(感無量の中堂)。(取り押さえられる高瀬)俺はかわいそうじゃない。俺にしかできなかった。

席を立ち、出ていく宍戸。それに気づき、慌てて追いかける六郎。一定の距離を保ち、電話をかける六郎。
宍戸の前から毛利と向島が制服警官を連れてくる。
毛利:宍戸理一さん。殺人幇助で逮捕状が出ました。大めぐみさんが殺されたアパートからあなたの毛髪が出たんです。
宍戸:殺人幇助というのは殺人行為を手伝った場合のことでしょう。(末次に電話をしていて、どこか聞いている六郎)私は取材をしていただけです。ライオンに喰われるシマウマを撮影するカメラマン。あれと同じ。
毛利:向島ぁ、(向島「ハイ」)ここはサバンナだったか?
向島:東京ですよ
毛利:うん。そういうこと言ってんじゃないんだから。(向島「ハイ」)ここは野生動物の世界かどうかって訊いてんだよっ。
向島:いいえ、に、人間の世界。
毛利:そうだろうよ。人間界にはな、刑法ってもんがあるんだよ。16時34分逮捕。
その様子をスマホで撮る末次と門松。
「読者が読みたい記事No.1、高瀬事件の真実。これ売れちゃうかもねぇ〜」と笑顔を向ける末次に笑顔で頭を下げる六郎。

息子と帰宅中、連絡を受ける夏代。勝ったのかを訊くアキに、ミコトの仕事は終わったけど、まだ次があると答える夏代。
電話の向こうでミコトも「あるねぇ」と同意する。

南雲が霊柩車に棺を納めている。和有は中堂に「火葬して連れて帰るつもりです」と言っている。
中堂は遺品ですとピンクのカバが描かれたものが入っている封筒を渡す。受け取ってピンクのカバを見た和有は最期の電話で夕希子が言っていた、と中堂の家を出る話、ピンクのカバのストーリを話をする。
二匹のピンクのカバが二匹で旅をするのだと。そして夕希子は中堂の家を出ることも同じことで、中堂に甘えている自分が嫌になって、また二匹(カバに自分らのことをなぞられた)で旅をするために一旦一人で暮らすのだと。
「夕希子の旅は終わったけど、あなたは生きてください」と遺品を渡される。

1話と同じようにロッカールームで天丼弁当を食べているミコト。
ルームでは東海林と神倉が何かを言い合っていて、そこにミコトが自分と東海林の長期休暇んの件を訊く。その隅っこでは坂本が荷解きをしている。
毎日ご遺体が来るので無理と突っぱねる神倉。
東海林:うわーブラック企業。
ミコト:まぁ、7Kだいね。キツイ、汚い、危険に臭い。
東海林:給料安いに気持ち悪い。あと何だっけ? あと(ミコト「えー」)
坂本:嫌いじゃない。
ミコト&東海林:嫌いじゃないのK。
神倉:成程坂本上手い(サムズアップ)
中堂:なわけねぇだろ、クソが。
東海林:クソがのK。
ミコト:違うよ。
とじゃれ合っている光景を「いやぁ落ち着くなぁ、UDI」と笑顔の坂本。
ミコト:本当に戻ってきていいんですか?
坂本:うん。
東海林:中堂さんのこともういいの?
坂本:スナフキンだと思えば愛せる気がして。
理解できない東海林とミコト。笑っている二人そこに神倉が「えーみなさん」と声をかける。
神倉:バイト希望の学生さんが面接に来ました。
六郎:九部、六郎と言います。大学の医学部を一年近く休学していたんですが、また大学に戻って勉強中です。将来は法医学の道に進むつもりで、そのために勉強したくてUDIラボに応募しました。法医学は未来のための仕事。いずれ自分も胸を張ってそう言えるようになりたいです
神倉:どうでしょう。なかなか見どころのある新人だと思うんですけど。
東海林:……どうかなぁ〜へっぽこだし。
ミコト:意外と優秀かもよ。とりあえず今日の予定は?
六郎:今日?(ミコト、部屋を出ていく)
東海林:解剖立て込んでんの。(ファイルを六郎の胸にバーンして出ていく)
中堂:早く行くぞ(肩パン)クソが。(出ていく)
坂本:クソ頑張ろう。(出ていく)
神倉:(後ろから肩を押し)行ってらっしゃい。時給安いよ〜。
六郎:はい。

準備をして、ホワイトボードの担当に自分のマグネットを貼る東海林、坂本、ミコト。ミコトは六郎のマグネットをはがし、渡す。自分で貼る六郎。
ご遺体を解剖台に移し、始める。事故で亡くなったご遺体二体。
中堂が不自然な内出血を見つける。

ミコトの実母の事件、もっと深く描くのかと思ったらそうでもなかった。実母の事件が今のミコトの機動力になっているのはセリフの端々から伝わってきたけど、追起訴に関してのシーンで高瀬に向かって「動機なんてどうでもいい」言い切ったところに、そこまでちゃんとミコトも実母の事件と向き合わずに来ているんじゃないかと思った。
高瀬に対しては三十路を超えてもなお母親に囚われていると指摘したけど、ミコトは囚われたくなくて蓋しているように見えた。

六郎はUDIのために、中堂のために情報を得たかったが今回の事件、逆に利用されてしまった。その空回り感が解るだけに、中堂も神倉も、ミコトも辛い。
そして疑問が残ったのは、UDIラボの金の流れの記事や癒着の記事はどこからあの写真が出たのか。合成? 個人的には六郎の他にも子飼いが居たんじゃないかと思ってたんだけどなぁ。
序盤からかなりUDIに肩入れしていた六郎がUDIに不利になるような資料を持ちだすとは思えないんだけど。

中堂さんは長い間、宍戸に指摘されるまでもなく死に対して自分の所為だと思っていただろうし、彼女が家を出ていくのは自分の所為だと思っていただろう。犯人が高瀬だと解って、尚更別々に暮らすように仕向けた自分を責めたのではないか、と。八年前で時間が止まって動けなくなっていた中堂さんは、和有に最期の電話の会話を教えてもらうことで、ようやく前に進めるようになったんじゃないかなぁ。表情の微妙な変化と主題歌の重なり具合が泣けてくる。

宍戸が斜めをいく思考の持ち主で気持ち悪かった、と。
正直、末次が問い詰めたときの伝説云々とか語ってるとき、厨二病乙とか言いそうになるくらい、自己陶酔していて気持ち悪かった。
毛利が殺人幇助で逮捕しに来たとき、本気で自分は逮捕されないと思っていたような態度に虫唾が走った。

ノリが米ドラのクライムもののようにテンポよく進んでくれたので、途中で飽きることもなく、むしろ早くS2来い。くらいの勢い。
というか、来週からどうしたらいいんだろう……もう既にロスなんですが。

序盤、石原さとみさんがミコトを演じるには力量不足だ、みたいな批判記事がネットニュースに上がってたけど、個人的にミコトは石原さとみさんで大正解だと思ったし、嵌ってた。
むしろ、誰が居るんだか、あの微妙なバランスを表現できる女優さんが。
抑揚とか間合いとか一切解らず、ただの文字の羅列だけでミコトのセリフを読むと、下手な配役だとただうざいだけになる一面があった。それが「石原さとみ」だから赦される必死さだったり、食いつきだったりした部分が大きく、「石原さとみ」だから可愛く映った面がある。
この年代は確かにうまい人多いけど、やっぱり微妙な差異があって、とある人が演じると堅すぎるイメージになるし、とある人が演じると悲壮感たっぷりになりそう。

市川実日子さん、窪田正孝氏、井浦新氏は表情ひとつで惹きつける役者さんだよなぁと再認識。
市川さんは東海林がコメディ担当な部分があったのでそういう面が今回目についたけど、セリフなくても、表情が多弁。
窪田正孝氏は相変わらず全身で演技。六郎が成長し過ぎてる気がしないでもないけど、不自然じゃない「やる気度」の上げ方で終盤の面接シーンは凄い成長が感じられる挨拶の仕方だった。あの加減が上手いよなぁ、と。まぁ最終回序盤辛い表情ばかりだったから、余計に終盤のあのシーンが好きというのもあるけど、一番好きなのは末次に笑顔で頭を下げるシーンとミコトからマグネットを受け取ったときの笑顔かなぁ。やっぱりはにかみ笑顔の窪田正孝氏サイコーだよね。笑顔もいいけど、追起訴の罪状認否シーンで何気ない宍戸を気にしたり、中堂を心配したり、ミコトを心配したりというシーンの表情と目線がグッとくる。
井浦新氏は個人的にはこれまで大きな動きで魅せるタイプだと思っていた。オーバーリアクションではなく、表情のはっきりさせているというか。一つの表情だけを見せるキャラクターならその一つを全面に押し出したり、今回の中堂のような微妙な心情の変化を表情で表すときも、徐々に変えていく、その徐々がメモリひとつずつという感じで、だけど今回はひとつずつというより0.5ずつだった印象。余計に繊細だったなぁ、と。

松重さんと飯尾さんは今期、ドラマ掛け持ちだったので出演シーンが少なくて残念。
というか、松重さんに至っては大杉漣さんを看取って、死をテーマにしたドラマに出演し続けたその精神力に感服。
コダミタカ * Category of [Diary]ドラマ・映画*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    99.9-刑事専門弁護士- #208(2018.03.16)
    アンナチュラル #009(2018.03.16)
    99.9 -刑事専門弁護士- #207(2018.03.16)
    アンナチュラル #008(2018.03.04)
    99.9-刑事専門弁護士- #206(2018.02.26)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング