East of R134 元(仮)
<< 201906||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[Diary]本(読書) 【BL×B.L.TB企画】BL×B.L.Award2004 

【BL×B.L.TB企画】BL×B.L.Award2004

昨年中に書いておこうと思ったのに気づけば年が明けていたエントリ。
BL×B.L.のTB企画第七弾「BL×B.L. Award 2004」2004年に発行された本の中でよかったと思うもの。
一年あっという間で、手元にある本のどれが2004年発行の本なのか自信がない。

切ないで賞
『籠の鳥はいつも自由』松前侑里/金ひかる(ディアプラス文庫/新書館)
主人公のどちらかが死ぬという死にネタではないが、死んだ彼が忘れられず……という個人的には好きなパターンだ。年の差にやられ、素直じゃない受けにもやられ、大変満足した一冊。

あと一歩で賞
『夏の雨と天使の庭』菱沢九月/金ひかる(ラキアノベルス/ハイランド)
これも主人公のどちらかが死ぬという死にネタではないが、二人が出会うきっかけになっている。個人的にはようやく動き出したという感じなので続きが気になる。ここで終りとは思えない一冊だ。

認めま賞
『真夜中の匂い』榊花月/紺野けい子(クリスタル文庫/成美堂出版)
青春だな、と。棚ちゃんはしっかりと未明が好きだと認識して欲しいな、と。
こういうぼやけた感じが好きなのだが、いずれははっきりと認識して欲しい一冊。でも続編は主役二人より、脇役二人のほうが読んでみたい。

頑張ったで賞
「抱きしめたいシリーズ」榊花月/高橋悠(シャイノベルス/大洋図書)
ようやく完結させてくれてありがとうございます。
もう永遠に完結されないか、と思っていたため、怒涛の発刊にも喜びの悲鳴をあげながら購入。結末的には一〇年、否、五年前なら納得できただろうが、突拍子のない展開に、現実を思いっきりつきつけていった感じなので微妙だ。でも終わったということでホッとした。

頑張ったで賞・番外編
『夏の残像』『隠された庭』ごとうしのぶ/おおや和美(ルビー文庫/角川書店)
タクミくんシリーズ。2004年は二冊も発刊された。ここ近年、年一冊ペースだったのに、二冊も出たことに驚き。ということで、失礼だと解っていても「頑張ったで賞・番外編」

お気に入りで賞
『君はスター』紺野けい子(ダリアコミック/フロンティアワークス)
捻くれている受けは好きだ。そのヒトコトに尽きる。
紺野先生の作品はセリフのヒトコトヒトコトに重みがあって、ツボをついてくる。
総評
死にネタが絡んでいるものは結構残っているものだな、と。
でもって実は積読が多いので読了するように頑張ろうかと。
BL×B.L.TB企画参加

コダミタカ * Category of [Diary]本(読書)*0 Comments * 1 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

    【TB企画】BL×B.L. Award 2008(2008.12.31)
    【TB企画】持ち越さない2008(2008.12.28)
    【TB企画】BL100冊2008(2008.06.30)
    『xxxHOLIC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル』(2008.06.13)
    『好きと言えなくて』(2008.05.06)
Index- スポンサーサイト 

スポンサーサイト


スポンサードリンク * Category of -*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Trackback
Trackback URL :
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。

年末年始にかけて、書評サイト&ブログで2004年度のBLランキングが続々と発表されましたね。 拝見しているうちに、「私もやりたいなぁ・・・・」とうずうずしてきたので、今更ですが、極めて私的な2004年度ホモ本ランキングをさせていただきます。 対象作品
ほもほも日記 at 2005/01/12 (Wed)08:33

Comment by Facebook
Comment
ご利用の前にこちら(別窓)を一読ください。







About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング