East of R134 元(仮)
<< 201911||01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
Index[Diary]ニュース(2004-2008) 幻の八世 

幻の八世

<九世野村万蔵>野村与十郎さんが襲名へ (Yahoo! News)
万之丞さんに別れ告げる「楽劇葬」、1800人参加(Yahoo! News)
野村与十郎さんが万蔵襲名 故万之丞さんには追贈(Yahoo! News)
やはり44歳というのは若すぎると思う。

野村万蔵家は少々ややこしい。
正確には和泉流三家がややこしい。
明日(正確には今日の夜あたり)にでも系図を上げておきます。

以下追記。




五世万造
隠居名 萬斎
1862-1938
六世万蔵
万作・万造
1898-1978
七世万蔵太良
初世 萬
1930-
八世万蔵
万之丞耕介
1959-2004
太一郎
1990-

九世万蔵
与十郎良介
1965-


(女性)
万禄史高
1966-


万作二朗
1931-
萬斎武司
1966-
裕基
2000-

万之介悟郎
1939-




※13世和泉元秀
三宅保之
1937-1995

山脇元彌
1974-
(采明)
(2002.
04.28-)

(元聖)
(2004.
07.26-)



九世三宅藤九郎
野村万介
1901-1990

※10世三宅藤九郎
山脇祥子
1972-


右近
1941-
右矩
1983-


近成
1985-


※野村万禄…本姓吉積。「野村家」別家・万禄家を50年ぶりに復興。和泉流三宅派5代目。
※13世宗家……父親は九世三宅藤九郎。19世と表記されるものも有。
※10世三宅藤九郎……図説上、三宅家へ。実際は山脇和泉家の血筋。この名継には問題を含んでいる。
<三省堂 能楽ハンドブック>

明治期に三宅は一度断絶している。その後、野村万蔵家から入籍させ、復興し、宗家もその後、三宅家から入籍した。
結局は和泉流三家は五世野村万造の血縁であるということだ。

当方の持っている『能楽ハンドブック』での区割りは和泉流は四家(山脇家・三宅家・野村万蔵家・野村又三郎家)となっているのでそのまま区分してみた。
現在では山脇(和泉)家・三宅(右近)家・野村萬(万蔵)家・野村万作家・野村又三郎家・狂言共同社の区分だろうか。

そして最近、あまり騒がれなくなった山脇家。
元彌「退会命令」裁判で諭される

いつまで経っても被害者ですか。
この人たちに限ったことではないが、自分が認められない原因が自分にあるとは微塵も思わない人は少しでも自分に非があることを認め、確かめてみれば少しはよい方向へと行けるのでは、と思うのだが。

コダミタカ * Category of [Diary]ニュース(2004-2008)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]ニュース(2004-2008) JUGEMお引越し。 

JUGEMお引越し。

ベータテスト版から正式版への移行について(release.jugem.cc)
βユーザー様のJUGEMデータ移行について(JUGEM)
ようやく当blogも正式版へのお引越し。
てことで  7月14日(木) 午前2:00〜8:00  この時間は閲覧できません。
そして移行後二、三日〜一週間程、DNSが安定するまで閲覧できない場合があるそうです。

正式版を使用している方々のブログを少々拝見したが、思っていたより広告バナーが小さかった。メニュー部分(サイド部分)に収まる形で、テンプレをカスタマイズするのに大して邪魔になりそうにもない。
まぁ、β版からなので広告はつかないんだけど。

ところで有料版のサービス公開はまだ?

コダミタカ * Category of [Diary]ニュース(2004-2008)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]ニュース(2004-2008) 「祝。」となるのか 

「祝。」となるのか

芥川、直木賞候補決まる 異色の覆面作家も(byYahooNews)
芥川賞最新情報(by文藝春秋)

舞城王太郎氏の「好き好き大好き超愛してる。」が芥川賞にノミネートされた。発表は来週。
氏の受賞が楽しみでならない。受賞しても信念を貫き、公の場には現れて欲しくないような、怖いもの見たさで現れて欲しいような。複雑な心境だが、所詮はいいものが読めればどちらでもいい。

気になるのは「異色の覆面作家も」という文句である。
別に作家は顔を出さなければいけない職業ではない。
別に作家は素の自分を出さなければいけない職業ではない。

見てはいけないと言われれば見たくなる。
出てこないなら暴きたくなる。
人間のその心理は解るが、それを「異色」としてしまうのは可笑しいことではないだろうか。
本人が「表に出ない」ということに対し、それを「異色」と文句をつけることに不快を感じずにはいられない。
たまたま芥川賞にノミネートされた中に、表に出ない作家が居ただけだ。
もしくは芥川賞にノミネートされた中で、作家が表に出るのを良しとしない人が居ただけだ。
別に受賞者は表に顔を出さなければいけないという決まりはないはずだ。
否、これはうろ覚えの記憶を手繰っているに過ぎない。

そう言えば、過去に直木賞・芥川賞受賞者の人名辞典なるものを読んだ記憶がある。あの時は必要なところしか見てないので解らないが、本名も載っていた。全員が全員本名を記載していたかと問われれば確かめていないので解らないが、プロフィールを公表していない作家に対し、「異色」がつくということは前例がないということなのだろう。

コダミタカ * Category of [Diary]ニュース(2004-2008)*0 Comments * 5 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]ニュース(2004-2008) 「幻影城」ですよ。 

「幻影城」ですよ。

江戸川乱歩の「幻影城」、来月一般公開
なんと一般公開。
司馬遼太郎の蔵書も興味深いものがあるが、謎という部分では江戸川乱歩の蔵書のほうが興味深い。

コダミタカ * Category of [Diary]ニュース(2004-2008)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
Index[Diary]ニュース(2004-2008) JUGEM正式版。 

JUGEM正式版。

JUGEM正式版開始のお知らせ(release.jugem.cc)
JUGEM正式版オープンしました(release.jugem.cc)

ようやく正式なサービスが開始。
とりあえずは無料版のみでβ版参加の人たちは無料版でも広告が入らないというのが嬉しい。
一つのメアドで二つまで借りられるようになるというのも嬉しい。ところでもう一つ申し込んだ場合、そのもう一つのほうには広告が入るのだろうか。謎だ。

今でもサーバーが不安定な点を除けば機能的に大して問題はない。が、ケータイで見られるようになるというのは嬉しい。
一ヶ月ほど前、ケータイでは容量的に無理と解っていて見てみた。見事に「表示できません」と表示された。
見られないと解っているのに阿呆なことをしたもんだ。

ところで有料版のサービス内容はまだ公開しないんでしょうか。

コダミタカ * Category of [Diary]ニュース(2004-2008)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加

Blue Rose.

バイオで世界初の青いバラ

青い薔薇は不可能と言われていたのはいつ頃の頃だったのか。そんなに遠くはない昔のことだ。
年々研究が進んでいるのはチラホラと解っていたのだが、ここまで綺麗なものが出来上がっていようとは。
BlueRoseは薔薇を研究している人にとっては夢や浪漫なんだろう。
問題は登録されるかどうかということだろう。

コダミタカ * Category of [Diary]ニュース(2004-2008)*0 Comments * 0 Trackbacks * 
Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
About
元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Twitter
Pick Up Entries

New Entries
Entries
Comments
Trackbacks
Category
Archives
Links
Blog People
BL×B.L. People
BL×B.L. People
BL NOVELS TB
BL COMICS TB
Ranking


Others

  • RSS feed meter for http://koda.jugem.cc/
  • あわせて読みたい
  • SEO対策My Zimbio

adadadadadad

▲Page Top

アクセスランキング