【駅伝】第51回全日本大学駅伝対校選手権大会

JUGEMテーマ:駅伝
スポンサーがJAから長谷工グループに変更。


1区(熱田神宮西門前⇒藤前公園手前:9.5km) 渡邉奏太 6位28:05(6位28:05)
 東洋歴代記録:田上建27:47(第50回・2018)
 区間記録:石井優樹(関西学院/日本学連選抜)27:28(第50回・2018)
 区間賞:荻久保寛也(城西大)27:49
二列、横一線でスタート。牽制して誰かが飛び出すということはない。
0.85km 渡邉君は最前列中央に位置を取っている。
2.50km 最前列歩道寄りに位置を変更。
3.00km 最前列だが山なりになっているため、トップは石井君(関西学院)。センターライン側から白ヶ澤君(第一工業)、竹蓋君(拓殖)、石井君(関西学院)、岡田君(立命館)、渡邉君。
CM明け4.77km 歩道寄りから中に入り、また中央近くの最前列に位置をとる渡邉君。
5.00km 27チーム一塊で牽制しあい、ペースが上がらず。
5.54km 上りで渡邉君が前に出て、ペースを少し上げる。竹蓋君(拓殖)も着いて行き、伺っていた他チームも着いて行く。縦長になり、畠山君(東北福祉)が遅れる。
6.12km そこまで離れず、渡邉君が下がると前方はまた団子状態。そんな中で他数チームが集団について行けず。
6.90km 小袖君(明大)が前に出る。小袖君(明大)に着いていた中村君(駒大)もペースを上げる。
7.25km 小袖君(明大)が一気に出たが、渡邉君、小松君(東海)が着き、隊列が更に縦長になる。
7.70km 荻久保君(城西)が一気に上がり、小袖君(明大)に並ぶ。中村君(駒大)、城田君(中央学院)、湯原君(青学)、小松君(東海)、野口君(順天堂)、渡邉君が集団。
8.42km 荻久保君(城西)が下りを利用して前へ。
8.81km 荻久保君(城西)が単独首位になり、中村君(駒大)と小松君(東海)が2位集団。
トップ城西と16秒差の6位で大澤君へ。
 
2区(藤前公園手前⇒長島スポーツランド前:11.1km) 大澤駿 12位32:12(11位1:00:17)
 東洋歴代記録:西山和弥33:11(第50回・2018)
 区間記録:荻久保寛也(城西)32:08(第50回・2018)
 区間賞:伊藤達彦(東京国際)31:17[区間新]
CM明け2.76km 手嶋君(明大)の前に出て7位集団に。その後前に追いつき、5位集団に。前の2位集団小林君(駒大)、西川君(東海)、橋本君(順天堂)とは少し開いている。
4.16km 橋本君(順天堂)が菊池君(城西)を抜き去りトップに。小林君(駒大)と西川君(東海)も続く。
5.00km 給水地点前、5位集団から遅れ始める大澤君。
CM明け8.4km 伊藤君(東京国際)が一気にきていて前の小林君(駒大)を抜き、2番手に。
9.36km トップ橋本君(順天堂)に並び、置いて行く伊藤君(東京国際)。
9.6km 大澤君につけてる3号車。高畑君(立命館)と並んで9位。
10.19km 高畑君(立命館)から遅れ、単独10位。
トップ東京国際から40秒差の11番手で相澤君へ。
伊藤君(東京国際)の他にも浦野雄平(國學院)君が31:38、ラジニ・レメティキ(拓殖)君が31:46、太田智樹(早大)君が31:48、橋本龍一(順天堂)君、小林歩(駒大)君と岸本大紀(青学)君が31:51、鎌田航生(法大)君が31:57、高畑祐樹(立命館)君が31:58,西川雄一朗(東海)君が32:02、川瀬翔矢(皇學館)君が32:04の区間新。

3区(長島スポーツランド前⇒霞ヶ浦緑地前:11.9km) 相澤晃 1位33:01(1位1:33:18)
 東洋歴代記録:今西駿介34:43(第50回・2018)
 区間記録:舘澤亨次(東海)34:09(第50回・2018)
 区間賞:相澤晃(東洋)33:01[区間新]
2km手前 中谷君(早稲田)を抜き去る相澤君。
CM明け3.87km 6位まで順位を上げている。
4.16km 清水君(順天堂)が芳賀君(東京国際)を抜く。
5.05km 神戸君(駒大)と藤木君(國學院)を抜き3番手へ上がる相澤君。
5.45km 芳賀君(東京国際)を抜き2番手へ上がる相澤君。
6.45km 清水君(順天堂)に対し、歩道側から並び、抜き去りトップになる相澤君。そこから休憩に入るわけではなく、そのままリードを広げる。
CM明け7.63km 単独トップの相澤君。
CM明け10.11km 更にペースを上げている相澤君。
2位に城西と東海とは39秒差をつけてトップで今西君へ。
東北福祉大が繰り上げ。
相澤君の他にも菅原伊織(城西)君が33:56、塩澤稀夕(東海)君と赤崎暁(拓殖)君が同タイムの33:57で4人が区間新。
 
4区(霞ヶ浦緑地前⇒ファミリーマート鈴鹿林崎町店前:11.8km) 今西駿介 2位34:07(1位2:07:25)
 東洋歴代記録:浅井峻雅35:22(第50回・2018)
 区間記録:塩尻和也(順天)33:48(第50回・2018)
 区間賞:西田壮志(東海)33:54
3.65km 2位の西田君(東海)が大きく見えるようになる。
5.00km 給水地点で水をとる今西君。
6.00km 定点で2位西田君(東海)との差が26秒差に縮まる。
2位東海と26秒差のままトップで西山君へ。
第一工業、新潟、東北福祉大繰り上げ。
第一工業は9秒差、目の前でスタートされた。
 
5区(ファミリーマート鈴鹿林崎町店前⇒ザ・ビッグエクストラ津川芸店前:12.4km) 西山和弥 11位37:28(2位2:44:53)
 東洋歴代記録:小笹椋36:27(第50回・2018)
 区間記録:吉田祐也(青学)36:23(第50回・2018)
 区間賞:青木佑人(國學院)36.03[区間新]
CM明け8.25km 市村君(東海)が大きくなっていて、5秒差まできている。
8.87km 背後に着く市村君(東海)。
8.93km 前に出る市村君(東海)。着く西山君。
9.64km 中継車一号車に戻ると西山君は置いて行かれていて、審判車両が入っているくらい空いている。
トップ東海大と19秒差の2位で前田君へ。3位順天とは3秒差。
区間2位の藤曲寛人(順天堂)君も36:07で区間新。

6区(ザ・ビッグエクストラ津川芸店前⇒ベイスクエア津ラッツ:12.8km) 前田義弘 9位38:35(5位3:23:28)
 東洋歴代記録:鈴木宗孝38:05(第50回・2018)
 区間記録:吉田圭太(青学)37:29(第50回・2018)
 区間賞:郡司陽大(東海)37:26[区間新]
CM明け6.63km トップの郡司君(東海)とは更に空く前田君。背後には西澤君(順天堂)。
6.79km 西澤君(順天堂)に抜かれる前田君。着いて行くことができない。
CM明け9.37km 中村君(青学)、中西君(國學院)について行けずに5位の前田君。
トップ東海とは1:28秒差の5位で定方君へ。
京都産業、札幌学院、環太平洋、第一工業、新潟、東北福祉が繰り上げ。

7区(ベイスクエア津ラッツ⇒JA松阪前:17.6km) 定方駿 2位52:24(3位4:15:52)
 東洋歴代記録:山本修二52:02(第50回・2018)
 区間記録:P.M.ワンブイ(日大)50:21(第50回・2018)
 区間賞:田澤廉(駒大)52:09
3.83km 4位の茂原君(國學院)の背中が見えるようになった。
4.85km 背後に着く定方君。
4.99km 前を譲ろうとする茂原君(國學院)。それには乗らずに横につく。
5.18km 前に出る定方君。その前には澤藤君(順天堂)。
5.45km 澤藤君(順天堂)に横に並び、前に出る定方君。澤藤君(順天堂)も着いて行き、3位集団になる。
10km定点 トップの松尾君(東海)とは1:03秒差まで詰めている定方君は単独走。
13.64km 吉田君(青学)が前に出て、松尾君(東海)は着いて行く。
14.60km 吉田君(青学)がペースを上げ、リードを作る。
16.40km 一旦は離れたものの、松尾君(東海)が追いついて背後に着く。
16.48km 前に出てトップ奪還する松尾君(東海)。その奥に定方君が映る。
17.30km 吉田君(青学)がスパートをかけるが、松尾君(東海)は離れず。
トップ青学とは25秒差の3位で宮下君へ。
愛知工業、東海学連、京都産業、札幌学院、環太平洋、第一工業、新潟、東北福祉が繰り上げ。
札幌学院が目の前でスタート。

8区(JA松阪前⇒伊勢神宮内宮宇治橋前:19.7km) 宮下隼人 8位59:48(5位5:15:39)
 東洋歴代記録:柏原竜二57:48(第43回大会/2011年)
 区間記録:M.J.モグス・山梨学院55:32(第39回大会/2007年)
 区間賞:ルカ・ムセンビ(東京国際)57:14
CM明け4.00km 名取君(東海)が飯田君(青学)の背後に着く。
4.20km 名取君(東海)が横につき、飯田君(青学)の前に出る。飯田君(青学)は背後に着く。
4.50km 名取君(東海)がペースを上げる。飯田君(青学)は着いて行けない。
9.50km 表情が既に険しくなっている宮下君。
11.6km定点 トップの名取君(東海)とは1:31差。
17.43km いつの間にか山下君(駒大)に抜かれて4位に。表情は苦しいものになっていて、厳しい。
残りいくらかのところでルカ・ムセンビ君(東京国際)に抜かれて5位。
トップ東海とは2:24差の5位Finish。
 
総合 5位 5:15:39
 東洋歴代記録:第47回大会/2015年(服部勇/服部弾/口町/櫻岡/高橋/野村/堀/上村)5:13:04
 総合記録:駒澤大学(第44回大会/2012年)5:12:43
 優勝:東海大学5:13:15

【フィギュア】ISU GPS スケートカナダ 男子FS

昨季(2018-19)からルールが大幅変更になりました。
ジャンプにおける基礎点の低下。但し、GOEの幅が-3〜+3の7段階から-5〜+5(-50%〜+50%)の11段階に変更。

昨季(2017-18)迄コンビネーションのつなぎ要素としてのハーフループを1Loを表記、加算していたものに1Euという名称、得点は1Lo、1F同様の基礎0.50点。
SPは後半(1.1倍)のジャンプは1本のみに。
男子FSは4分半から女子FS同様の4分、ジャンプ本数が8本から7本となり後半(1.1倍)の本数は3本に。

今季(2019-20)の変更点はアンダーローテとエッジエラーの場合基礎点が×0.75から×0.8へと緩和され、1Euのアンダーローテはなくなり、GOEで減点。

ミハイル・コリャダ(RUS)が慢性副鼻腔炎治療(含手術)のため10/3にout、その枠にジュリアン志傑乙(茹自傑/MAS)が10/9in

■第1G
1番滑走:ブレンダン・ケリー(AUS/SP12位+FS9位=12位)
H.ジマー 映画『シャーロック・ホームズ』サウンドトラックより「Disomboubulate」「Date Date Date」
4T+3T 4S 3A CCSp StSq 3Lo 3A+2T 3Lz 3Lz+1Eu+3S StSq CCoSp FSSp
4T(9.50-1.49) 3Lz+1Eu+2S(7.70-0.34) 3A(8.00+1.37) CCSp4(3.20+0.37) StSq3(3.30+0.42) 2Lo(1.70-0.02) 3A+2T(10.23+0.69)x 3Lz(6.49+0.42)x 3S(4.73-0.37)x ChSq1(3.00+1.14) CCoSp4(3.50+0.25) FSSp3(2.60+0.07)
TES:66.46 PCS:70.56 D:-0.00 Total:137.02 SP+FS=193.77
4T+3Tは1本目勢い余って堪えてオーバーターンになり2本目つけられず。
4Sは3Lz+1Eu+2Sにする。3本目は無理やりなんとかつけた。
3Aは高い。
CCSpは安定している。
StSqはメリハリ、緩急があり、物語がある。
3Loはタイミングが合わず、2Lo。
3A+2Tは1本目高く、飛距離があり、2本目両手上げ。
3Lzは高く、飛距離があったが勢いがつきすぎた。
3Lz+1Eu+3Sは単独3S。着氷を堪える。
ChSqはコミカルで物語がある。
CCoSpはダイナミック。
FSSpは安定した入りで速い。
白い開襟シャツに濃紺のベスト、黒のパンツ。

2番滑走:パウル・フェンツ(GER/SP10位+FS11位=11位)
per.タロン・エガードン「Still Standing」
3A+2T 3A 3Lz+2T 3Lo FCSp CSSp 3S+3T 3Lz StSq 2A ChSq CCoSp
3A+2T(9.30+2.06) 3A(8.00+1.03) 3Lz+2T(7.20-1.43) 3Lo(4.90-0.49) FCSp4(3.20+0.55) CSSp3(2.60+0.15) 3S+3T<(8..43-1.04)x 3Lz(6.49-1.60)x StSq3(3.30+0.71) 2A(3.63+0.42)x ChSq1(3.00+0.93) CCoSp1(2.00+0.06)
TES:63.40 PCS:72.52 D:-0.00 Total:135.92 SP+FS=202.24
3A+2Tは1本目高く、飛距離があり、2本目が軽い。
3Aは高い。
3Lz+2Tは1本目でオーバーターンするも2本目をつける。
3Loは軸が傾き着氷が乱れる。
FCSpは安定した入りで、しっかりしたポジショニング。
CSSpはしっかりしたポジショニング。
3S+3Tは1本目軸が傾くが2本目をつけるも高さが出ず、着氷を堪える。
3Lzはステップアウト。
StSqはメリハリがあり、面白い振付。
2Aは問題なし。
ChSqはダイナミックで、楽しそうに滑る。
CCoSpはポジショニングが甘く、軸がぶれている。
黒のシースルー生地に青の大きな花をちりばめたシャツに濃紺のパンツ。

3番滑走:ローマン・サドフスキー(CAN/SP11位+FS8位=10位)
perジョン・ベイレス 映画『シンドラーのリスト』より「メインテーマ」/「前奏曲嬰ハ短調」(S.ラフマニノフ)/「Hatikvah」(S.コーエン)
4S 3F 3A 3Lo StSq 4S+1Eu+3S 3A+2T 3Lz+3T FCCoSp CCSp ChSq CCoSp
4S(9.70-4.85) 3F(!)(5.30-0.91) 3A<(6.40-1.10) 3Lo(4.90+0.14) StSq2(2.60+0.67) 4S+1Eu+3S(15.95+0.55) 3A<+REP(4.93-3.20)x 3Lz(6.49-1.01)x FCCoSp4(3.50+0.80) CCSp4(3.20+1.01) ChSq1(3.00+0.86) CCoSp4(3.50+1.35)
TES:63.78 PCS:77.28 D:-2.00 Total:139.06 SP+FS=204.35
4Sは転倒。
3Fは着氷が乱れるが堪える。
3Aはタイミングが合っていない。
3Loは問題なし。
StSqはピアノの旋律に合わせた振付。エッジワークが浅い。
4S+1Eu+3Sは1本目高く、綺麗で2本目、3本目と問題なし。
3A+2Tは1本目でタイミングが合わず、転倒。
3Lz+3Tは1本目着氷を堪えたため2本目付けられず。
FCCoSpは安定した入りで、ひとつひとつが丁寧。
CCSpは安定している。
ChSqは滑らか。
CCoSpは速く、ポジションチェンジで更に加速。
黒地にグレーやワインレッドのぼかしのシャツに黒のパンツ。

4番滑走:マッテオ・リッツォ(ITA/SP9位+FS5位=6位)
G.ダウリ「Galicia Flamenca」
4Lo 4T 3A+3T 3Lz+2T CCSp StSq 3A 3F+1Eu+3S 3Lz FSSp ChSq CCoSp
3Lo(4.90+1.26) 4T<(7.60-3.04) 3A+3T(12.20+1.60) 3Lz+2T(7.20+0.76) CCSp4(3.20+0.50) StSq3(3.30+0.66) 3A(8.80-2.51)x 3F(!)+1Eu+3S<(10.16-1.59)x 3Lz(6.49+0.76)x FSSp3(2.60+0.33) ChSq1(3.00+1.29) CCoSp4(3.50+0.85)
TES:73.82 PCS:79.84 D:-0.00 Total:153.66 SP+FS=223.78
4Loはタイミングが合わず、高い3Lo。
4Tは高さがなく、両足着氷。
3A+3Tは1本目高く、飛距離があり、2本目高い。
3Lz+2Tは1本目高く、2本目両手上げ。
CCSpは安定している。
StSqは曲のテンポに合わせたゆったりさで、丁寧。
3Aは軸が外に開き堪える。
3F+1Eu+3Sは3本目バランスを崩す。
3Lzは問題なし。
FSSpは速く、安定している。
ChSqは激しく、よく動く。
CCoSpは速く、メリハリがありひとつひとつが丁寧。
濃い紫のフリルシャツに黒のベスト、黒のパンツ。

5番滑走:ニコラ・ナドー(CAN/SP8位+FS6位=7位)
Depeche Mode「Enjoy the Silence」「It's No Good」「I Feel You」
3A+3T 4T 3Lo FCSp StSq 3A 3Lo+2T+2T 3F 3S CSSp ChSq CCoSp
3A+3T(12.20+2.06) 3T(4.20+0.36) 3Lo+2A+SEQ(6.56+1.26) FCSp3(2.80+0.36) StSq3(3.30+0.66) 3A(8.00+1.37) 2A+2T+2T(6.49+0.19)x 3F(!)(5.83-0.91)x 3S(4.73+0.12)x CSSp2(2.30+0.30) ChSq1(3.00+1.14) CCoSp3(3.00+0.51)
TES:69.83 PCS:78.28 D:-1.00 Total:147.11 SP+FS=222.23
3A+3Tは1本目高く、飛距離があり、2本目は速い。
4Tはタイミングが合わず、3T。
3Loは高く、2本目に2Aを付ける。
FCSpは安定した入りでしっかりしたポジショニング。
StSqはテンポアップし、よく動く。
3Aは飛距離があり、流れがあった。
3Lo+2T+2Tは1本目2Aにし、2本目3本目を軽く跳ぶ。
3Fはオーバーターン。
繋ぎ部分で転倒。
3Sは問題なし。
CSSpはしっかりしたポジショニング。
ChSqは音に合わせた振付で楽しい。
CCoSpはメリハリがあり、ひとつひとつが丁寧。
黒い革風シャツに黒のパンツ。

6番滑走:ジュリアン志傑乙(茹自傑/MAS/SP7位+FS10位=9位)
J.ホワイト,per.the White Stripes「Seven Nations Army」/D.スコット,per.AC/DC「Highway to Hell」/J.レト,per.Thirty Seconds to Mars「Kings & Queens」
3A 3A+2T 3F+3T FSSp ChSq 3S+2T 3F 3Lo FCCoSp 3Lz CCoSp StSq
3A+2T(9.30+1.14) 3A(8.00+0.69) 3F(!)(5.30-0.68) FSSp4(3.00+0.56) ChSq1(3.00+1.07) 3S+2T(5.60+0.49) 3F+3T(10.45+0.91)x 2Lo(1.87+0.12) FCCoSp4(3.50+0.15) 2Lz(2.31-0.72)x CCoSp4(3.50+0.75) StSq1(1.80+0.10)
TES:62.21 PCS:73.78 D:-0.00 Total:135.99 SP+FS=211.63
3Aは高い。2本目に2Tをつける。
3A+2Tは冒頭でコンビネーションにしたので単独。高いが途中でぶれて着氷が少し乱れる。
3F+3Tは1本目外に軸が向き、2本目を付けられず。
FSSpは安定していた。
ChSqは曲が変わり、のびやか。
3S+2Tは問題なし。
3Fは高い。2本目に3Tをつける。
3Loはタイミングが合わず、高さが出ず、2Lo。
FCCoSpは安定した入りで、ひとつひとつが丁寧。
3Lzはタイミングが合わず、抜けて2Lzになり両足着氷。
CCoSpは安定している。
StSqはよく動いているがエッジワークが浅い。
モノトーンの柄シャツに黒のパンツ。

■第2G
7番滑走:デニス・ヴァシリエフス(LAT/SP4位+FS7位=5位)
S.ヴァイ「Lotus Feet」
3A+3T 4T 3Lo+2T 3A FCCoSp StSq 3Lz+1Eu+3S 3F ChSq 3Lz FSSp CCoSp
3A+3T(12.20+1.49) 4T<<(4.20-2.10) 3Lo+2T(6.20+0.28) 1A(1.10+0.02) FCCoSp4(3.50+0.95) StSq3(3.30+0.80) 3Lz+1Eu+3S(11.77+1.18)x 3F(5.83+0.08)x ChSq1(3.00+1.29) 1Lz(0.66-0.03)x FSSp4(3.00+0.94) CCoSp4(3.50+0.15)
TES:63.31 PCS:80.08 D:-0.00 Total:143.39 SP+FS=227.40
3A+3Tは1本目高く、飛距離があり、2本目も速い。
4Tは高さが出ず、両足着氷。
3Lo+2Tは問題なし。
3Aはタイミングが合わず、1A。
FCCoSpは安定した入りで、ひとつひとつが丁寧。
StSqは情感たっぷり。
3Lz+1Eu+3Sは1本目高く、飛距離があり、流れがあった。
3Fは勢い余るが堪える。
ChSqはよく動く。
3Lzはタイミングが合わず、抜けて1Lz。
FSSpは綺麗な入りで、独特なポジショニング。
CCoSpはダイナミック。
黒地に左側とが光沢のあるアンバー、背面がシルバー、金とシルバーの模様シャツに黒のパンツ。

8番滑走:アンドレイ・ラズキン(RUS/SP6位+FS12位=8位)
J.ロドリーゴ「アランフェス協奏曲(原題:Concierto de Aranjuez)」
4Lz 4T+3T 3A FCSp 3F+3S StSq 3Lo+2T 3Lz+2T ChSq 3F CCoSp CSSp
4Lz(11.50+0.99) 2T(1.30+0.04) 2A(3.30-0.61) FCSp4(3.20+0.73) 3F+1Eu+2S(7.10+0.45) StSq3(3.30+0.90) 3Lo(5.39+0.42)x 3Lz+1T(6.93-1.26)x ChSq1(3.00+0.21) 3F<+2T(6.09-0.66)x Sp(0.00+0.00) CSSp2(2.30+0.10)
TES:54.72 PCS:78.36 D:-0.00 Total:133.08 SP+FS=212.07
4Lzは高い。
4T+3Tは1本目タイミングが合わず、2Tになり、続けず。
3Aはタイミングが合わず、2A。
FCSpは安定した入りで、速く、しっかりしたポジショニング。
3F+3Sは1本目速く、勢いで2本目が1Euになり、3本目に2S。
StSqはひとつひとつの動作が大きく、丁寧。
3Lo+2Tは1本目高く、単独。
3Lz+2Tは1本目バランスを崩すも、無理やり2本目をつけたので1T。
ChSqは伸びやか。
3Fは1本目高さがないが、2本目に2Tをつける。
CCoSpは入りでポジションとれずやり直すが無効。
CSSpは安定している。
赤紫のシャツに黒のパンツ。

9番滑走:田中刑事(JPN/SP5位+FS3位=3位)
H.ジマー 映画『シャーロック・ホームズ』サウンドトラックより
4S+2T 4S 3A+3T ChSq FCSp 3F 4T CSSp 3A+1Eu+3S 3Lz CCoSp StSq
4S(9.70+2.49) 4S+1T(10.10+0.00) 3A+3T(12.20+2.51) ChSq1(3.00+1.29) FCSp4(3.20+0.64) 3F(5.30+1.29) 3T(4.62+0.78)x CSSp4(3.00+0.51) 3Lo+1Eu+2S(7.37+1.12)x 3Lz(6.49+1.43)x CCoSp4(3.50+0.80) StSq2(2.60+0.97)
TES:84.91 PCS:85.00 D:-0.00 Total:169.91 SP+FS=250.02
4S+2Tは1本目高い。壁近くになり2本目付けず。
4Sは高かったが、勢いを堪えた着氷になり、また壁が近く、2本目を無理やりつけたため1Tになる。
3A+3Tは1本目高く、飛距離があり、2本目高い。
ChSqは伸びやかでしっかりしたポジショニング。
FCSpは安定していた。
3Fは飛距離があった。
4Tはタイミングが合わず3T。
CSSpはしっかりしたポジショニング。
3A+1Eu+3Sは流れがあった。
3Lzは高さ、飛距離があった。
CCoSpはメリハリがあり、ひとつひとつが丁寧。
StSqは音に合わせた振付。ラストにこれはキツイだろうなぁ、という激しさ。レベルとれていないのが残念。
白のシャツに白と金のスカーフ、濃紺のベストにダークグレーのパンツ。

10番滑走:カムデン・プルキネン(USA/SP2位+FS4位=4位)
坂本龍一 映画『ラストエンペラー(原題英:The Last Emperor/原題華:末代皇帝/原題伊:L'ultimo imperatore)』サウンドトラックより「テーマ」「レイン」
4T 3A 3Lo 3Lz+1Eu+3S FCCoSp StSq 3A+3T 3Lz ChSq 3F+2T CCoSp FSSp
4T<(7.60-0.65) 3A(8.00+2.63) 3Lo(4.90-1.33) 3Lz+1Eu+3S(10.70+1.01) FCCoSp4(3.50+0.40) StSq2(2.60+0.48) 3A+2T(10.23+0.91) 3Lz(6.49+1.10)x ChSq1(3.00+0.86) 3F(!)(5.83-1.97)x CCoSp4(3.50+0.55) FSSp2(2.30+0.39)
TES:73.03 PCS:82.70 D:-0.00 Total:155.73 SP+FS=244.78
4Tはタイミングが合わず高さ、飛距離が出ない。
3Aは高い。
3Loはステップアウト。
3Lz+1Eu+3Sは流れがあったが3本目までに間がある。
FCCoSpは安定している。
StSqは緩急の付け方が上手いが、エッジワークが浅い。
3A+3Tは1本目高いが2本目にその勢いは活かされていない。
3Lzは高い。
ChSqは伸びやか。
3F+2Tは1本目でステップアウト。
CCoSpはしっかりしたポジショニング。
FSSpはポジションが甘い。
青にシルバーのラインストーンのシャツに黒のパンツ。

11番滑走:羽生結弦(JPN/SP1位+FS1位=1位)
E.マートン「Origin(ニジンスキーに捧ぐ)」
4Lo 4S FCoSp StSq 3Lz 4T 4T+1Eu+3F 3A+3T 3A+2T ChSq FCSSp CCoSp
4Lo(10.50-0.15) 4S(9.70+3.05) FCCoSp4(3.50+1.05) StSq4(3.90+1.50) 3Lz(5.90+2.19) 4T(9.50+3.94) 4T+1Eu+3F(16.83+4.07) 3A+3T(13.42+2.51) 3A+2T(10.23+1.37)x ChSq1(3.00+1.86) FSSp4(3.00+1.07) CCoSp4(3.50+1.15)
TES:116.59 PCS:96.40 D:-0.00 Total:212.99 SP+FS=322.59
4Loは斜めになる。
4Sは高い。
FCoSpは綺麗な入りで、安定している。
StSqはメリハリ、緩急があり、情感たっぷり。
3Lzは速い。
4Tは高く、速い。
4T+1Eu+3Fは1本目飛距離があり、流れがあり3本目に余裕があった。
3A+3Tは1本目高く、飛距離があり、2本目速い。
3A+2Tは1本目勢いがつきすぎたかに見えたが、問題なく2本目をつける。
ChSqは伸びやか。
FCSSpは速く、安定している。
CCoSpは速く、ひとつひとつが丁寧。
基本紫に黒がアクセント、ゴールドとシルバーのラインストーンが散りばめられたシャツに黒のパンツ。
難しい4-1-3を難なく跳んでしまうその技術。どれだけ練習したんだろう。

12番滑走:ナム・グエン(阮南/CAN/SP3位+FS2位=2位)
The Beatles「Come Together」「Let It Be」「Get Back」
4S+3T 4S 3Lz 3F+3S CCSp StSq 3A 3Lo 3A+2T ChSq FCCoSp CCoSp
4S+3T(13.90+2.77) 4S(9.70+2.91) 3Lz(5.90+1.52) 3A+1T(8.40+0.69) CCSp4(3.20+0.27) StSq3(3.30+0.71) 3A+1Eu+3S(14.08+0.11)x 3Lo(5.39+0.91)x 3F(5.83+0.83)x ChSq1(3.00+1.14) FCCoSp4(3.50+0.30) CCoSp4(3.50+0.55)
TES:73.03 PCS:82.70 D:-0.00 Total:178.69 SP+FS=262.77
4S+3Tは2本とも高く、余裕があった。
4Sは速く、綺麗。
3Lzは高く、余裕がある。
3F+3Sは1本目3Aにし、2本目を付けようとしたがタイミングが合わず1Tに。
CCSpは安定している。
StSqは曲が変わり、優雅。
3Aは飛距離があり、勢いのまま2本目に1Eu、3本目に3Sをつけ、流れがあった。
3Loは問題なし。
3A+2Tは3F単独に。
ChSqは滑らかで、楽しそう。
FCCoSpは曲が変わり、盛り上がる中、勢いに乗って安定していた。
CCoSpはひとつひとつが丁寧。
マルーン系のシャツに黒のネクタイに黒のパンツ。
母国大会と言えど、あの空気のあとでよく滑ってこれだけの結果を出せたなぁ。Finish後氷上に膝をつき、立ち上がったときの笑顔が素敵。


■ランキング
*1 羽生結弦(JPN)
*2 ネイサン・チェン(陳巍/USA) 1(299.09) 15pts
*3 ナム・グエン(阮南/CAN) 2(262.77) 13pts
*4 ジェイソン・ブラウン(USA) 2(255.09) 13pts
*5 ドミトリー・アリエフ(RUS) 3(253.55) 11pts
*6 田中刑事(JPN) 3(250.02) 11pts
*7 カムデン・プルキネン(USA) 4(244.78) 9pts
*8 キーガン・メッシング(CAN) 4(239.34) 9pts
*9 友野一希(JPN) 5(229.72) 7pts
10 デニス・ヴァシリエフス(LAT) 5(227.40) 7pts
11 金博洋(CHN) 6(224.98) 5pts
12 マッテオ・リッツォ(ITA) 6(223.78) 5pts
13 ニコラ・ナドー(CAN) 7(222.33) 4pts
14 オレクシイ・ビチェンコ(ISR) 7(219.70) 4pts
15 車俊煥(KOR) 8(219.67) 3pts
16 アンドレイ・ラズキン(RUS) 8(212.07) 3pts
17 アレクセイ・クラスノジョン(USA) 9(216.59) 0pt
18 ジュリアン志傑乙(茹自傑/MAS) 9(211.63) 0pt
19 島田高志郎(JPN) 10(216.22) 0pt
20 ローマン・サドフスキー(CAN) 10 (204.35) 0pt
21 ミハル・ブジェジナ(CZE) 11(213.17) 0pt
22 パウル・フェンツ(GER) 11(202.24) 0pt
23 ブレンダン・ケリー(AUS) 12(193.77) 0pt
24 ロマン・サヴォシン(RUS) 12(182.16) 0pt

【フィギュア】ISU GPS スケートカナダ 女子FS

昨季(2018-19)からルールが大幅変更になりました。
ジャンプにおける基礎点の低下。但し、GOEの幅が-3〜+3の7段階から-5〜+5(-50%〜+50%)の11段階に変更。

昨季(2017-18)迄コンビネーションのつなぎ要素としてのハーフループを1Loを表記、加算していたものに1Euという名称、得点は1Lo、1F同様の基礎0.50点。
SPは後半(1.1倍)のジャンプは1本のみに。
男子FSは4分半から女子FS同様の4分、ジャンプ本数が8本から7本となり後半(1.1倍)の本数は3本に。

今季(2019-20)の変更点はアンダーローテとエッジエラーの場合基礎点が×0.75から×0.8へと緩和され、1Euのアンダーローテはなくなり、GOEで減点。

三原舞依(JPN)持病のため10/4out、その枠に本田真凛(JPN)が10/7in
オーロラ・コトプ(CAN)10/22out、その枠にヴェロニク・マレ(CAN)が同日in


■第1G
1番滑走:ヴェロニク・マレ(CAN/SP12位+FS12位=12位)
ジェシー.J「Flashlight」
3F 3T+2T 3Lo 3S FCCSp 3T 2A+2T+2Lo FSSp ChSq 2A+2Lo StSq CCoSp
3F(5.30-2.65) 3T+2T(5.50+0.48) 3Lo<(3.92-1.96) 2S(1.30+0.06) FCCoSp4(3.50+0.65) 3T(4.62+0.24)x 2A+2T(5.06+0.52)x FSSp4(3.00+0.64) ChSq1(3.00+0.50) 2A(3.63+0.38)x StSq2(2.60+0.33) CCoSp4(3.50+0.75)
TES:44.87 PCS:53.02 D:-2.00 Total:95.89 SP+FS=147.79
黒のにシルバーのラインストーンのお衣装

2番滑走:本田真凛(JPN/SP10位+FS6位=6位)
J.ハーウィッツ 映画『ラ・ラ・ランド』サウンドトラックより
3Lz 3F+3T 3S 2A+3T CCoSp StSq 3Lo 3F+2T+2Lo FSSp ChSq 2A LSp
3F(!)(5.30+0.15) 3F+2T(6.60+0.91) 3S(4.30+0.86) 2A(3.30+0.80) CCoSp4(3.50+0.70) StSq4(3.90+1.17) 3Lo(5.39+1.12) 2A+1Eu+2S(5.61+0.28)x FSSp4(3.00+0.43) 3T+2T(6.05+0.00)x ChSq1(3.00+1.07) CoSp3V*(0.00+0.00)
TES:57.44 PCS:62.62 D:-0.00 Total:120.06 SP+FS=179.26
3Lzは3Fにし問題なし。
3F+3Tは1本目飛距離があり、2本目高さがなく、2Tにしたが流れがあった。
3Sは流れがあった。
2A+3Tは1本目綺麗に降りたが2本目つけず。
CCoSpは速く、安定していた。
StSqは曲が変わり、スローテンポの曲に合わせた丁寧で伸びやかなスケーティング。ひとつひとつの振りをしっかり神経を行き届かせている。
3Loは軽やか。
3F+2T+2Loは1本目2Aにし、2本目Eu、3本目2Sと流れがあった。
FSSpは安定した入りで、速く、しっかりしたポジショニング。
ChSqの予定だったが先にジャンプ。1本目3Tを跳び、2本目に2T。
2AではなくChSq。伸びやかで、ダイナミック。
LSpだったはずなのに、入り方で失敗しCoSp扱いだが、CoSpは4ポジションないしは3ポジション必要だが、入りのポジションが規定回転数に満たず、2ポジションのため無効。
青のお衣装。
棄権する勇気がなくて出場したとのことだけど、最後にあの笑顔が見られてよかった。武史先生とのKaCでのやりとりも微笑ましい。
朝の公式練習で眩暈がしたというのが怖い。今回の交通事故より以前、練習中転倒して頭を打って搬送されたとか、怖い。危険する勇気のハードルが高いのも問題だけど、今季強化指定を下げられたのがそのハードルの高さに影響してると思うと心が痛い。「(棄権しなくて)よかったね」と言えるのは結果論であって、本来はハードルが高くなるってあってはならないのにね。
怪我が早くよくなりますように。

3番滑走:アリシア・ピノー(CAN/SP11位+FS10位=11位)
S.フィリップス「Woman」
3Lz 2A+3T 3Lo+2T FSSp 3T 3Lo 3S 2A+2T+2Lo CCoSp ChSq StSq FCCoSp
3Lz(5.90+0.17) 2A+3T<(6.66-0.77) 3Lo+2T(6.20+0.28) FSSp3(2.60+0.37) 2T(1.30-0.33) 3Lo<(4.31-1.18)x 3S(4.73+0.25)x 2A+1Eu+2S(5.61-0.19)x CCoSp4(3.50+0.30) ChSq1(3.00+0.79) StSq2(2.60+0.41) FCCoSp4(3.50+0.75)
TES:50.76 PCS:53.02 D:-0.00 Total:103.78 SP+FS=161.37
3Lzは問題なし
2A+3Tは1本目綺麗だが2本目にその勢いが活かされず、低く、降りてオーバーターン。
3Lo+2Tは1本目問題なし、2本目両手上げ。
FSSpは安定した入りで、しっかりしたポジショニング。
3Tは抜けて2Tになりステップアウト。
3Loはステップアウト。
3Sは問題なし。
2A+2T+2Loは3本目もたつき、2Sに変える。
CCoSpは安定していた。
ChSqはしっかりしたポジショニング。
StSqは大きく動こうとしているが、空回っている気がしてならない。
FCCoSpは独特なポジショニング。
紫色のお衣装。スカート裾が赤紫でグラデーションが綺麗。

4番滑走:アレクシア・パガニーニ(SUI/SP9位+FS9位=9位)
J.ゲーゼ「Jealousy Tango」
3Lz+3T 3Lz 3S ChSq 2A FCSp 3Lo+2T+2T 3T+2T 2A LSp StSq CCoSp
3Lz(5.90-2.95) 3Lz+3T(10.10+0.08) 3S(4.30-1.17) ChSq1(3.00+0.29) 2A(3.30+0.33) FCSp4(3.20+0.64) 3Lo(5.39-0.56)x 3T+2T(6.05+0.42)x 2A(3.63+0.05)x LSp3(2.40+0.21) StSq2(2.60+0.45) CCoSp4V(2.63+0.41)
TES:50.70 PCS:55.82 D:-1.00 Total:105.52 SP+FS=166.20
3Lz+3Tは1本目バランスを崩して転倒し続けられず単独に。
3Lzは修正し、2本目に3Tをつける。
3Sはステップアウト。
ChSqはポジショニングが甘い。
2Aは問題なし。
FCSpは安定した入りで、速く、独特なポジショニング。
3Lo+2T+2Tは1本目オーバーターンで続けられず、単独に。
3T+2Tは1本目飛距離があり、問題なく2本目をつける。
2Aは問題なし。
LSpは安定していた。
StSqはヴァイオリンの旋律に合わせた振付。
CCoSpはメリハリがあってよかったがポジショニングが甘く、厳しいジャッジに規定回転数に満たないと取られたものもある。
黒のお衣装

5番滑走:セラフィマ・サハノヴィッチ(RUS/SP7位+FS8位=8位)
M.ルグラン 映画『Les Parapluis de Cherbourg(邦題:シェルブールの雨傘)』より
3F+3T 2A 3Lz 2A FCSp StSq 3S+3T 3F+2T+2T 3Lo CCoSp ChSq LSp
3F(5.30+0.98) 2A(3.30+0.47) 3Lz(!)(5.90+0.34) 1A(1.10-0.02) FCSp4(3.20+0.87) StSq2(2.60+0.48) 3S(4.73-0.68)x 3F+2T+2T(8.69+0.15)x 3Lo(5.39-0.14)x CCoSp3(3.00+0.73) ChSq1(3.00+0.93) LSp4(2.70+0.96)
TES:53.98 PCS:59.36 D:-0.00 Total:113.334 SP+FS=175.97
3F+3Tは1本目両手上げで空中でぶれがあり、2本目付けず。
2Aは問題なし。
3Lzは両手上げ。
2Aはタイミングが合わず1A。
FCSpは安定した入りで、速く、安定したポジショニング。
StSqは単調。
3S+3Tは1本目勢いがつきすぎて着氷時両手をつき、2本目つけられず。
3F+2T+2Tは1本目両手上げ、2,3本目片手上げ。
3Loは両手上げだが、着氷時堪える。
CCoSpは速く、ひとつひとつが丁寧。
ChSqは滑らか。
LSpは速く、しっかりしたポジショニング。
バイオレット、ヒヤシンス色と白のお衣装

6番滑走:キム・イェリム(KOR/SP8位+FS7位=7位)
F.レイ 映画『Love Story(邦題:ある愛の詩)』サウンドトラックより
3Lz+3T 2A+3T 3F 3Lo FCSp ChSq 2A StSq 3Lz+2T+2Lo 3S CCoSp SSp
3Lz<(4.72-0.81) 2A+3T(7.50+0.96) 3F<<(1.80-0.90) 3Lo(4.90+1.12) FCSp4(3.20+0.41) ChSq1(3.00+1.07) 2A(3.63+0.75)x StSq2(2.60+0.52) 3Lz+2T+2Lo(9.79+0.51)x 3S<(3.78-0.64)x CCoSp4(3.50+0.85) SSp4(2.50+0.89)
TES:55.95 PCS:60.75 D:-1.00 Total:115.70 SP+FS=176.93
3Lz+3Tは1本目両手上げで単独。
2A+3Tは流れがあった。
3Fは両手上げでバランスを崩し、着氷できず横滑りで転倒。
3Loは両手上げ。
FCSpは安定したポジショニング。
ChSqは伸びやかでしっかりしたポジショニング。
2Aは問題なし。
StSqは伸びやかで可憐だが、止めたいのか、流れるようにもっていきたいのか不明な振付。
3Lz+2T+2Loは1本目は飛距離があったが2本目への流れはなかった。2,3本目の流れはあTTあ。
3Sは高さがない。
CCoSpは安定して、メリハリがあった。
SSpはしっかりしたポジショニング。
ブルーグレイ系のお衣装

■第2G
7番滑走:ガブリエル・デールマン(CAN/SP5位+FS11位=10位)
J.スタインマン,per.セリーヌ・ディオン「It's All Coming Back to Me Now」
3T+3T 3Lz 3Lo 3F ChSq FCSp 3Lz+2T+2T 3S+2A+SEQ 2A FCCoSp StSq CCoSp
3T+3T(8.40-0.66) 3Lz(5.90+0.34) 3Lo(4.90-0.56) 3F(!)<<(1.80-0.90) ChSq1(3.00+0.86) FCSp4(3.20+0.50) 3Lz<+2T(6.62-1.82)x 3S<(3.78-1.72)x 2A(3.63+0.14) FCCoSp3(3.00+0.51) StSq2(2.60-1.08) CCoSp4(3.50+0.40)
TES:46.34 PCS:58.06 D:-4.00 Total:100.40 SP+FS=164.34
3T+3Tは1本目高く綺麗。2本目ステップアウト。
3Lzは乱れたものの飛距離があった。
3Loは着氷が乱れる。
3Fはタイミングが合わず高さがなく、転倒。
ChSqはダイナミック。
FCSpは安定した入りで、速く、安定していた。
3Lz+2T+2Tは1本目軸が外にぶれ、2本目つけるが3本目は付けず。
3S+2A+SEQは1本目で転倒。
2Aは問題なし。
FCCoSpは安定した入りで、ひとつひとつが丁寧。
StSqは途中で引っ掛かって転倒。珍しい。
CCoSpはメリハリ、緩急があった。
グレーからピンクへのグラデーションにシルバーのラインストーンをふんだんにあしらったお衣装。
演技終了後のやっちゃった感満載な笑顔が、すべてを物語っているが、彼女の雰囲気に似合ったプログラムだなぁ。

8番滑走:エフゲニア・メドベデワ(RUS/SP6位+FS3位=5位)
J.ウィリアムズ 映画『Memoirs of a Geisha(邦題:SAYURI)』サウンドトラックより
3Lz 3S+3Lo 3F FCSp ChSq 2A 2A+3T+2T 3F+2T 3Lo FCCoSp StSq CCoSp
3Lz(e)(4.72-0.27) 3S+3Lo(9.20+1.68) 3F(5.0+1.59) FCSp3(2.80+0.52) ChSq1(3.00+1.43) 2A(3.30+0.85) 2A+3T+2T(9.68+1.26)x 3F+2T(7.26+1.21)x 3Lo(5.39+1.12)x FCCoSp3V(2.25+0.61) StSq4(3.90+1.56) CCoSp4(3.50+1.15)
TES:73.01 PCS:73.72 D:-0.00 Total:146.73 SP+FS=209.62
3Lzは片手上げ。
3S+3Loは1本目高く、速い、2本目軸が傾くも問題なし。
3Fは片手上げ。
FCSpは綺麗な入りで、独特なポジショニング。
ChSqは長い手足を活かした優雅なポジショニング。
2Aは速く、飛距離があった。
2A+3T+2Tは流れがあった。
3F+2Tは2本とも片手上げ。
3Loは高い。
FCCoSpは綺麗な入りだったが、規定回転数に満たないものがあり、V付き。
StSqは彼女らしさがあった。長い手足を活かし、優雅で曲に見事に合わせた細かな振付。
CCoSpは速く、美しいポジショニング。
着物モチーフの黒地で袖(着物の袖でない)とアシンメトリーのスカートはシースルー、帯部分はワインレッドに黒、ゴールドの留紐。柄は花やラインストーンで枝垂桜を彷彿させる。

9番滑走:ブレイディ・テネル(USA/SP4位+FS5位=4位)
E.モリコーネ 映画『Nuovo Cinema Paradiso(ニュー・シネマ・パラダイス)』サウンドトラックより
3Lz+3T 2A 3S 2A LSp StSq 3Lz+3T 3F+2T+2Lo 3Lo ChSq FCCoSp CCoSp
3Lz+3T(10.10+1.77) 2A(3.30+0.75) 3S(4.30+0.98) 2A(3.30+0.99) LSp3(2.40+0.93) StSq4(3.90+1.34) 3Lz+3T<(10.19-0.08)x 3F(!)<(4.66-1.70)x 3Lo+2T(6.82+0.63)x ChSq1(3.00+1.71) FCCoSp4(3.50+1.35) CCoSp4(3.50+1.15)
TES:68.79 PCS:69.60 D:-0.00 Total:138.39 SP+FS=211.31
3Lz+3Tは1本目高く飛距離があったが2本目は速い。
2Aは流れがあり、速かった。
3Sは問題なし。
2Aは流れがあった。
LSpは速く、安定している。
StSqは流れるような滑らかなスケーティングで、丁寧なステップ。
3Lz+3Tは1本目飛距離があったが2本目に勢いを活かせず。
3F+2T+2Loは1本目でオーバーターンになり続けられず。
3Loは速く、2本目に2Tをつける。
ChSqは長い手足を活かしたしっかりしたポジショニング。
FCCoSpは安定した入りで速く、ひとつひとつが丁寧。
CCoSpは速く、メリハリがあり気迫が伝わってくる。
ラベンダー色のお衣装に紫系のラインストーンをあしらったお衣装

10番滑走:ユ・ヨン(KOR/SP2位+FS4位=3位)
A.ロイド=ウェバー,T.ライス,per.マドンナ 映画『Evita』より「You Must Love Me」「Buenos Aires」「Don't Cry For Me, Argentina」
3A 3Lz+3T 3Lo LSp StSq 3Lz+1Eu+3S CCoSp 2A+3T 3F 2A ChSq FCSp
3A(8.00-4.00) 3Lz+3T(10.10+1.69) 3Lo(4.90+1.12) LSp4(2.70+1.04) StSq3(3.30+0.75) 3Lz+1Eu+3S(10.70+1.77) CCoSp4(3.50+0.90) 2A+3T(8.25+1.44)x 3F(!)(5.83+0.08)x 2A(3.63+0.99)x ChSq1(3.00+1.36) FCSp4(3.20+0.78)
TES:75.03 PCS:65.24 D:-1.00 Total:139.27 SP+FS=217.49
3Aは着氷時転倒。
3Lz+3Tは1本目飛距離があり、2本目に流れがあった。
3Loは流れがあった。
LSpは速く、しなやかなポジショニング。
StSqは緩急、メリハリがあり、楽しそう。
3Lz+1Eu+3Sは流れがあった。
CCoSpは安定したポジショニング。
2A+3Tは流れがあった。
3Fは問題なし。
2Aは綺麗。
ChSqはしっかりしたポジショニング。
FCSpは安定した入りで、しなやかなポジショニング。
青系にシルバーのラインストーンのお衣装。

11番滑走:アレクサンドラ・トゥルソワ(RUS/SP3位+FS1位=1位)
米ドラ(HBO)『Game of Thrones』より M.ベラミー「Pray(High Valyrian)」/R.ジャヴァディ「The Night King」
4S 4Lz 4T+3T 2A CCoSp ChSq 4T+1Eu+3S 3Lz+3Lo 3Lz FCSp StSq FCCoSp
4S(9.70-4.85) 4Lz(11.50+2.79) 4T+2T(13.70+3.12) 2A(3.30+0.90) CCoSp4(3.50+0.80) ChSq1(3.00+1.57) 4T+1Eu+3S(15.73+1.76)x 3Lz+3Lo(11.88+1.43)x 3Lz(6.49+1.69)x FCSp3(2.80+0.84) StSq3(3.30+0.80) FCCoSp4(3.50+0.95)
TES:100.20 PCS:67.42 D:-1.00 Total:166.62 SP+FS=241.02
4Sは高かったが転倒。
4Lzは高く、飛距離があった。
4T+3Tは1本目高く、速く、2本目へ流れがあった。
2Aは流れがあった。
CCoSpは安定している。
ChSqはしっかりしたポジショニング。
4T+1Eu+3Sは1本目高く、速く、2本目、3本目がスムーズ。
3Lz+3Loは1本目両手上げ、2本目高い。
3Lzは両手上げ。
FCSpは安定した入りで、ポジションチェンジで加速。
StSqは滑らかなスケーティングで、メリハリ、緩急があった。
FCCoSpは安定した入りで、緩急があり、ひとつひとつが丁寧。
青系のお衣装でタイツも青。

12番滑走:紀平梨花(JPN/SP1位+FS2位=2位)
「International Angel of Peace」(Arr.M.Beiser for Cello&Electronics, M.バイザー「O Virtus Sapientae」/A.デスプラ「Beirut Taxi」/Uttara-Kuru「Wings of the Eagle」/M.バット「Caravans on the Move」/Mother Tongue「Dead Can Dance」/Sacred Stones「Sheila CHandea」/L.グルーペ「In A Moment of Greatness」)
3A+2T 3A 3F FCSp 3S StSq 3F+3T 2A+2T+2Lo CCoSp ChSq 3Lo LSp
3A(8.00-1.94) 3A+2T(9.30+1.71) 3F(5.30+1.59) FCSp4(3.20+0.96) 3S(4.30+1.14) StSq4(3.90+1.45) 3F+3T(10.45+1.06)x 2A+2T+2Lo(6.93+0.80)x CCoSp4(3.50+1.05) ChSq1(3.00+1.79) 3Lo(5.39+0.84)x LSp4(2.70+0.81)
TES:77.50 PCS:71.48 D:-0.00 Total:148.98 SP+FS=230.33
3A+2Tは1本目ステップアウトになり2本目つけられず。
3Aは高く、速い。2本目に2Tをつける。
3Fは両手上げ。
FCSpは安定した入りで、しっかりしたポジショニング。ポジションチェンジで加速。
3Sは飛距離があり、降りたあとの流れがあった。
StSqは曲の細かい音に合わせた振付で、丁寧。
3F+3Tは流れがあった。
2A+2T+2Loは流れがあり、3本目片手上げ。
CCoSpはひとつひとつが丁寧。
ChSqは優雅。
3Loは問題なし。
LSpは速く、しっかりしたポジショニング。
ターコイズにゴールドのラインストーンのお衣装。


■ランキング
*1 ブレイディ・テネル(USA) 2(216.14) 13pts 4(211.31) 9pts 22pts
*2 アレクサンドラ・トゥルソワ(RUS) 1(241.02) 15pts
*3 アンナ・シェルバコワ(RUS) 1(227.76) 15pts
*4 紀平梨花(JPN) 2(230.33) 13pts
*5 ユ・ヨン(KOR) 3(217.49) 11pts
*6 エリザベータ・トゥクタミシェワ(RUS) 3(205.97) 11pts
*7 坂本花織(JPN) 4(202.47) 9pts
*8 エフゲニア・メドベデワ(RUS) 5(209.62) pts
*9 林恩讐(KOR) 5(184.50) 7pts
10 樋口新葉(JPN) 6(181.32) 5pts
11 本田真凛(JPN) 6(179.26) 5pts
12 キム・イェリム(KOR) (176.93) 4pts
13 アンバー・グレン(USA) 7(169.63) 4pts
14 セラフィマ・サハノヴィッチ(RUS) 8(175.97) 3pts
15 カレン・チェン(陳楷雯/USA) 8(165.67) 3pts
16 アレクシア・パガニーニ(SUI) 9(166.20) 0pt
17 イー・クリスティ・レオン(梁懿/HKG) 9(163.68) 0pt
18 ガブリエル・デールマン(CAN) 10(164.34) 0pt
19 ヴェロニク・マレ(CAN) 10(161.75) 0pt 12(147.79) 0pt 0pt
20 アリシア・ピノ(CAN) 11(161.37) 0pt
21 スタニスラワ・コンスタンチノワ(RUS) 11(143.39) 0pt
22 山下真瑚(JPN) 12(142.40) 0pt

【フィギュア】ISU GPS スケートカナダ 男子SP

現地時間10/22本田真凛さんや田中刑事君と関係者が乗ったタクシーが事故に遭い、刑事君は違和感はあるものの検査に向かわなかったのだとか。心配なんですが。しっかり検査してもらって欲しいのですが。

昨季(2018-19)からルールが大幅変更になりました。
ジャンプにおける基礎点の低下。但し、GOEの幅が-3〜+3の7段階から-5〜+5(-50%〜+50%)の11段階に変更。
昨季(2017-18)迄コンビネーションのつなぎ要素としてのハーフループを1Loを表記、加算していたものに1Euという名称、得点は1Lo、1F同様の基礎0.50点。
SPは後半(1.1倍)のジャンプは1本のみに。
男子FSは4分半から女子FS同様の4分、ジャンプ本数が8本から7本となり後半(1.1倍)の本数は3本に。

今季(2019-20)の変更点はアンダーローテとエッジエラーの場合基礎点が×0.75から×0.8へと緩和され、1Euのアンダーローテはなくなり、GOEで減点。

ミハイル・コリャダ(RUS)が慢性副鼻腔炎治療(含手術)のため10/3にout、その枠にジュリアン志傑乙(茹自傑/MAS)が10/9in

■第1G
1番滑走:ジュリアン志傑乙(茹自傑/MAS/SP7位)
Coldplay「Everglow」
3A 3Lz FCSp 3F+2T CSSp StSq CCoSp
3A(8.00+1.14) 3Lz(5.90+1.10) FCSp3(2.80+0.0) 3F+3T(10.45+1.21)x CSSp2(2.30+0.13) StSq2(2.60+0.33) CCoSp4(3.50+0.70)
TES:40.36 PCS:35.28 D:-0.00 Total:75.64
3Aは高い。
3Lzは高い。
FCSpは安定した入りで、安定したポジショニング。
3F+2Tは1本目速く、2本目も速く3Tに。
CSSpは安定したポジショニング。
StSqは曲調にあった振付とスピード。エッジワークが浅い。
CCoSpは速く、ひとつひとつが丁寧。
白、グレー、ダークグレーのはっきりしたグラデーション長袖シャツに黒のパンツ。

2番滑走:ローマン・サドフスキー(CAN/SP11位)
per.クリス・マン「Fly Me to the Moon」
4S+3T 3A FCSp 3Lz CSSp StSq CCoSp
4S<(7.76-1.00) 1A*(0.00+0.00) FCSp4(3.20+1.10) 3Lz+COMBO(6.49-2.95)x CSSp4(3.00+0.64) StSq3(3.30+0.90) CCoSp4(3.50+1.45)
TES:27.39 PCS:37.90 D:-0.00 Total:65.29
4S+3Tは1本目着氷を堪えたため2本目つけられず。
3Aはタイミングが合わず抜けて1Aになり無効。
FCSpは安定している。
3Lzはステップアウトして冒頭コンビネーションにできなかったため2本目を付けたかったが、つけられず。
CSSpは安定している。
StSqは曲調に合った振付で伸びやかなスケーティング。
CCoSpは独特なポジショニングでひとつひとつが丁寧。
濃紺のシャツに黒のパンツ。

3番滑走:ニコラ・ナドー(CAN/SP8位)
Wake Child「Don't Fall in Love」
3A 3S+3T CSSp FCSp 3Lo StSq CCoSp
3A(8.00+2.29) 3S+3T(8.50+0.86) CSSp4(3.00+0.77) FCSp2(2.30+0.00) 3Lo(5.39-0.98)x StSq2(2.60+0.52) CCoSp4(3.50+0.85)
TES:37.60 PCS:37.62 D:- Total:75.22
3Aは高く、飛距離があった。
3S+3Tは1本目飛距離があり、2本目は速く流れがあった。
CSSpは独特なポジショニング。
FCSpは綺麗な入りだったが、ポジショニングが甘い。
3Loは勢い余って着氷が乱れる。
StSqは丁寧。音に合わせた振付。
CCoSpはメリハリがあり、緩急があった。
ボルドー色で横と背面はシースルーのシャツに黒のパンツ。

4番滑走:アンドレイ・ラズキン(RUS/SP6位)
K.ヴァイル,per.ボビー・ダーリン 音楽劇『Die Dreigroshenoper(邦題:三文オペラ)』より「Mack the Knife(原題:Die Moritat von Mackie Messer/メッキー・メッサーのモリタート)」
4Lz 3A FCSp 3F+3T StSq CSSp CCoSp
4Lz(11.50-0.49) 3A(8.00-1.60) FCSp4(3.20+0.96) 3F(!)+3T(9.50-0.45) StSq3(3.30+0.19) CSSp3(2.60+0.45) CCoSp4(3.50+0.50)
TES:41.16 PCS:37.83 D:-0.00 Total:78.99
4Lzは高く、飛距離があったが、着氷が少し乱れる。
3Aは着氷時手を着く。
FCSpは綺麗な入りで、速く、安定している。
3F+3Tは1本目速く、2本目軸が縦になりすぎるも堪える。
StSqは楽しそうに滑る。メリハリ。緩急もあり、よく動く。
CSSpは速く、安定している。
CCoSpは速く、ひとつひとつが丁寧。
白の開襟シャツに黒のベストとパンツ。

5番滑走:パウル・フェンツ(GER/SP10位)
S.ハリス「Blue Skies」
3Lo 3A FCSp CSSp 3Lz+3T StSq CCoSp
3Lo<(3.92-0.72) 3A(8.00+0.00) FCSp3(2.80-0.56) CSSp3(2.60+0.19) 3Lz+3T(11.11-1.60)x StSq3(3.30+0.38) CCoSp2(2.50-0.14)
TES:31.78 PCS:34.54 D:-0.00 Total:66.32
3Loは高さがない。
3Aは問題なし。
FCSpは速く、独特なポジショニング。途中で大きな軸ブレ有。
CSSpは速く、安定している。
3Lz+3Tは1本目飛距離があった。2本目はステップアウト。
StSqはメリハリがあり、面白い振付。
CCoSpは途中ポジショニングが甘いところもある。
濃紺のワイシャツに黒のネクタイ、グレーのパンツ。

6番滑走:ブレンダン・ケリー(AUS/SP12位)
per.テリー・スナイダー「Puttin' On the Ritz(踊るリッツの夜)」/L.ホームズ「Mah-Na Mah-Na」
4T+3T 4S CCSp 3A StSq CCoSp FSSp
3T+3T(8.40-2.10) 2T*(0.00+0.00) CCSp1(2.00-0.83) 3A(8.80-2.74)x StSq2(2.60+0.67) CCoSp2(2.50+0.00) FSSp4(3.00+0.13)
TES:22.43 PCS:35.32 D:-1.00 Total:56.75
4T+3Tは1本目タイミングが合わず3Tになり、2本目は転倒。
4Sはタイミングが合わず抜けて2Tになり無効。
CCSpは雑。勢いはないし、軸ブレ有、ポジションが甘い。
3Aは高かったがステップアウト。
StSqは勢いがあり、メリハリ、緩急もありよく動く。リンクの使い方が小さいのが残念。
CCoSpはポジショニングが甘い。
FSSpは綺麗な入りで、速く、安定している。
パープル地にチェッカーフラグ柄や黄色や青のアクセントの入った、襟がボーダー、胸元がストライプの賑やかなシャツに黒のパンツ。
冒頭からタイミングが合わず、ジャンプは勿論スピンにも影響していて、ことごとくポジショニングが甘く、タイミングが合っていないのかポジションチェンジで軸が大きくぶれる。

■第2G
7番滑走:田中刑事(JPN/SP5位)
Club des Belugas「Hip Hip Chin Chin」
3A 4S FCSp CSSp 3Lz+3T StSq CCoSp
3A(8.00+2.06) 3S(4.30+0.74) FCSp4(3.20+0.69) CSSp4(3.00+0.43) 3Lz+2T(7.29+0.17)x StSq3(3.30+1.13) CCoSp4(3.50+0.95)
TES:39.39 PCS:40.72 D:-0.00 Total:80.11
3Aは高く、飛距離があった。
4Sはタイミングが合わず3S。
FCSpは安定した入りで、しっかりしたポジショニング。ポジションチェンジで加速。
CSSpは速く、しっかりしたポジショニング。
3Lz+3Tは1本目飛距離があったが、2本目タイミングが合わず2Tに。
StSqは伸びやかなスケーティングで、緩急があり、面白い振付。
CCoSpは速く、ひとつひとつが丁寧。
賑やかなシャツその2。白地に襟と袖が緑、柄が本当に賑やかな半袖シャツに黒のパンツ。曲には合ってる賑やかさ。

8番滑走:ナム・グエン(阮南/CAN/SP3位)
エディ・ルイス「Blues For Klook」
4S+3T 3F CCSp 3A
CCoSp FSSp StSq
4S+3T(13.90+1.66) 3A(8.00-0.80) CCSp4(3.20-0.05) 3F(5.83+1.29)x CCoSp4(3.50+0.60) FSSp3(2.60+0.37) StSq2(2.60+0.74)
TES:43.44 PCS:40.64 D:-0.00 Total:84.08
4S+3Tは2本とも速い。
3Fは3Aにし、飛距離があったが、両足着氷。
CCSpは速い。
3Aは3Fに。
CCoSpは速く、ひとつひとつが丁寧。
FSSpは安定した入りで、安定したポジショニング。
StSqはメリハリがあったがエッジワークが浅い。
黒のシャツに黒のパンツ。
大ちゃんこと高橋大輔選手が2011-12季にFSで使用していた無音のところもある難しい曲。

9番滑走:カムデン・プルキネン(USA/SP2位)
per.ジョシュ・グローバン「Caruso」
4T 3A FCSp CSSp 3Lz+3T StSq CCoSp
4T(9.50+1.49) 3A(8.00+2.17) FCSp3(2.80+0.44) CSSp3(2.60+0.11) 3Lz+3T(11.11+1.35)x StSq3(3.30+0.94) CCoSp4(3.50+0.60)
TES:47.91 PCS:41.14 D:-0.00 Total:89.05
4Tは高く、飛距離があった。
3Aは高い。
FCSpは安定したポジショニング。
CSSpは速く、しっかりしたポジショニング。
3Lz+3Tは1本目高く、2本とも速い。
StSqはメリハリがあり、曲に合った緩急。情感たっぷり。
CCoSpは速く、独特なポジショニング。
深紅のシャツに黒のパンツ。

10番滑走:羽生結弦(JPN/SP1位)
R.d.ブラシオ「Otonal(秋によせて)」
4S 3A 4T+3T FCSp CSSp StSq CCoSp
4S(9.70+4.43) 3A(8.00+4.00) 4T+3T(15.07+1.90)x FCSp4(3.20+1.10) CSSp4(3.00+1.07) StSq3(3.30+1.51) CCoSp4(3.50+1.35)
TES:61.13 PCS:48.47 D:-0.00 Total:109.60
4Sは高く、速い。
3Aは高く、飛距離があり、降りてからの流れもあった。
4T+3Tは1本目高かったが軸が曲がり、着氷を堪えたため2本目にスムーズにはいけず。
FCSpは綺麗な入りで、速く、安定したポジショニング。
CSSpは速く、しっかりしたポジショニング。
StSqは激しく、よく動く。
CCoSpは速く、安定している。
水色に青のぼかし、青系とシルバーのラインストーンに黒のパンツ。去年から少しアレンジされたお衣装。青味が減ってるので新たに作り直した模様。

11番滑走:マッテオ・リッツォ(ITA/SP9位)
ジョン・レジェンド「Start A Fire」
4T+3T 3A FSSp CCSp 3Lz CCoSp StSq
4T<(7.60-3.47) 3A(8.00+2.06) FSSp4(3.00+0.00) CCSp4(3.20+0.14) 3Lz+COMBO(6.49-2.95)x CCoSp4V(2.63+0.04) StSq4(3.90+0.95)
TES:61.59 PCS:39.53 D:-1.00 Total:70.12
4T+3Tは1本目高かったが軸が傾き、両足着氷になり2本目付けられず。
3Aは高い。
FSSpは高い入りで、安定したポジショニング。
CCSpはしっかりしたポジショニング。
3Lzは転倒。冒頭コンビネーションが単独になったので2本目をつけたかったが付けられず。
CCoSpは足替えなし。
StSqはよく動く。メリハリがあり、のびやかなスケーティング。
パンプキン色のシャツにダークグレーのパンツ。
完全に会場の空気というか羽生結弦ワールドに飲まれてたなぁ。

12番滑走:デニス・ヴァシリエフス(LAT/SP4位)
T.マイヤーズ「Bloodstream」
3F+3T 3A FSSp 3Lz CCoSp StSq CCSp
3F+3T(9.50+0.00) 3A(8.00+1.60) FSSp4(3.00+1.11) 3Lz(6.49+0.00)x CCoSp4(3.50+1.10) StSq3(3.30+0.99) CCSp4(3.20+0.69)
TES:42.48 PCS:41.53 D:-0.00 Total:84.01
3F+3Tは1本目高く、2本目壁近くになるが付ける。
3Aは速い。
FSSpは高い入りで、速く、ステファン得意の独特なポジショニング。
3Lzは問題なし。
CCoSpは速く、安定している。
StSqは曲に合っている。緩急がしっかりあるが、流れるよう。
CCSpは速く、独特なポジショニング。
黒地にシルバーや七色に輝くアクセントの入ったシャツ、背面はシースルー。黒のパンツ。

【フィギュア】ISU GPS スケートカナダ 女子SP

現地時間10/22本田真凛さんや田中刑事君と関係者が乗ったタクシーが事故に遭い、真凛さんは右脛強打とおでこも打ったとかで、検査の結果異常は見られないことから競技参戦となっているけど、心配。

昨季(2018-19)からルールが大幅変更になりました。
ジャンプにおける基礎点の低下。但し、GOEの幅が-3〜+3の7段階から-5〜+5(-50%〜+50%)の11段階に変更。
昨季(2017-18)迄コンビネーションのつなぎ要素としてのハーフループを1Loを表記、加算していたものに1Euという名称、得点は1Lo、1F同様の基礎0.50点。
SPは後半(1.1倍)のジャンプは1本のみに。
男子FSは4分半から女子FS同様の4分、ジャンプ本数が8本から7本となり後半(1.1倍)の本数は3本に。

今季(2019-20)の変更点はアンダーローテとエッジエラーの場合基礎点が×0.75から×0.8へと緩和され、1Euのアンダーローテはなくなり、GOEで減点。

三原舞依(JPN)持病のため10/4out、その枠に本田真凛(JPN)が10/7in
オーロラ・コトプ(CAN)10/22out、その枠にヴェロニク・マレ(CAN)が同日in

■第1G
1番滑走:セラフィマ・サハノヴィッチ(RUS/SP7位)
Bel Suono「Megapolis」
3F+3T 2A FCSp StSq 3Lz CCoSp LSp
3F+3T(9.50-1.51) 2A(3.30+0.19) FCSp4(3.30+0.19) FCSp4(3.20+0.91) StSq2(2.60+0.48) 3Lz(6.49+0.51)x CCoSp4(3.50+1.10) LSp3(2.40+0.65)
TES:33.32 PCS:29.31 D:-0.00 Total:62.63
3F+3Tは2本とも両手上げで、2本目は軸が曲がり、着氷が乱れてステップアウト。
2Aは問題なし。
FCSpは速く、安定したポジショニング。
StSqは伸びやかなスケーティングで滑らか。リンクを大きく使おうとしているが、使えていない。
3Lzは両手上げ。
CCoSpは速く、綺麗な軸でポジションチェンジもスムーズ。
LSpは速く、しっかりしたポジショニング。
黒のお衣装。右肩ノースリーブで左は長袖。左半分にアクセントの赤とシルバーや赤、青、黄色のラインストーン。
全体的に滑らかでスピーディなのにStSqでリンクを大きく使えていないのが残念。

2番滑走:アリシア・ピノー(CAN/SP11位)
A.ワインハウス「Back to Black」
3T+3T 3Lo FCSp 2A LSp StSq CCoSp
3T+3T(8.40+0.30) 3Lo<(3.92-0.50) FCSp4(3.20+0.32) 2A(3.30+0.66) LSp4(2.70+0.66) StSq2(2.60+0.52) CCoSp4(3.50+0.55)
TES:30.13 PCS:27.46 D:-0.00 Total:57.59
3T+3Tは1本目飛距離があり、2本目高い。
3Loは高くない。
FCSpは安定した入りで、安定したポジショニング。
2Aは流れがあった。
LSpは速く、しっかりしたポジショニング。
StSqはよく動くが、リンクの使い方が小さい。
CCoSpは速く、ポジションチェンジがスムーズ。
黒のお衣装。肩から袖がシースルーで、シルバーや黒のラインストーンが綺麗。

3番滑走:ヴェロニク・マレ(CAN/SP12位)
シンディ・ローパー「True Colors」
3F+2T 3T LSp 2A CCoSp StSq FSSp
3F<(4.24-1.52) 3T+2T(5.50-0.54) LSp3(2.40+0.21) 2A(3.30+0.52) CCoSp4(3.50+0.85) StSq2(2.60+0.48) FSSp4(3.00+0.47)
TES:25.01 PCS:26.89 D:-0.00 Total:51.90
3F+2Tは1本目単独になる。
3Tは高く、2本目に2Tをつける。
LSpは安定したポジショニング。
2Aは問題なし。
CCoSpは速く、ひとつひとつが丁寧。
StSqは伸びやかで、丁寧。
FSSpは綺麗な入りで、安定したポジショニング。
前面はバイオレット色の生地に生成り色の花レース、その縁取りをゴールドのスパンコールであしらい、背面部は生成り色のお衣装。じっくり見ると凝ってる

4番滑走:ユ・ヨン(KOR/SP2位)
C.アームストロング 映画『ロミオ+ジュリエット(1996)』サウンドトラックより「O Verona」「Slow Movement」「Morning」
3A 3Lz+3T FSSp 3F StSq LSp CCoSp
3A(8.00+2.17) 3Lz+3T(10.10+2.11) FCSp4(3.20+0.91) 3F(5.83+1.51)x StSq2(2.60+0.82) LSp4(2.70+1.04) CCoSp4(3.50+1.05)
TES:45.54 PCS:32.68 D:-0.00 Total:78.22
3Aは高く、飛距離があった。
3Lz+3Tは1本目高く、飛距離があり、2本目は速い。
FSSpはFCSpにし、綺麗な入りで、速く、安定したポジショニング。
3Fは高く、飛距離があり、流れがあった。
StSqは緩急、メリハリがあった。
LSpは速く、しっかりしたポジショニング。
CCoSpは速く、ひとつひとつが丁寧。
白地に紫紺系のぼかし、シルバーと紫のラインストーンがふんだんにあしらわれたお衣装。

5番滑走:本田真凛(JPN/SP10位)
J.ホワイト「Seven Nations Army」
3Lo+3T 3F FSSp 2A LSp StSq CCoSp
3Lo+3T<(8.26-0.07) 2F(!)*(0.00+0.00) FSSp4(3.00+0.30) 2A(3.63+0.71)x LSp4(2.70+0.69)  StSq3(3.30+1.08) CCoSp4(3.50+0.85)
TES:27.95 PCS:31.25 D:-0.00 Total:59.20
3Lo+3Tは1本目高く、速い。2本目速い。
3Fはタイミングが合わず高さが出ず、2Fになり、無効。
FSSpは安定した入りで、速く安定していた。
2Aは問題なし。
LSpは速く、しっかりしたポジショニング。
StSqはボーカルに合わせたメリハリ、緩急があり、丁寧。
CCoSpはメリハリがあり、ひとつひとつが丁寧。
ボルドー色に黒を重ねたお衣装。大人っぽくて彼女に似合っている。
演技を終えて泣きそうになっていたところに今週末の彼女の感情全てが一気に現れたんだろうなぁ。涙は見せなかったけど。

6番滑走:ガブリエル・デールマン(CAN/SP5位)
ベス・ハート「Jazz Man」
2A 3T+3T LSp FCSp 3F StSq CCoSp
2A(3.30+0.80) 3T+3T(8.40+1.08) LSp4(2.70+0.31) FCSp4(3.20+0.55) 3F(!)(5.83-0.91)x StSq2(2.60+0.63) CCoSp4(3.50+0.95)
TES:32.94 PCS:31.00 D:-0.00 Total:63.94
2Aは高い。
3T+3Tは2本とも高い。
LSpは速く、安定している。
FCSpは綺麗な入りで、安定している。
3Fは軸が外に向き、バランスを崩すが着氷。
StSqは音にしっかりあった振付。
CCoSpは速く、ひとつひとつが丁寧。
パープルにシルバーのラインストーンをふんだんに散りばめたお衣装。

■第2G
7番滑走:アレクシア・パガニーニ(SUI/SP9位)
M.トラヴィス アルバム『Lady & Gentlemen』より「16 Tons」/S.セクンダ「Bei mir bist du schoen(素敵なあなた)」
3Lz+3T 3Lo FCSp 2A LSp StSq CCoSp
3Lz+3T(10.10+0.34) 3Lo(4.90+0.63) FCSp3(2.80+0.40) 2A(3.63+0.38)x LSp3(2.40+0.10) StSq3(3.30+0.66) CCoSp4V(2.63+0.15)
TES:32.42 PCS:28.26 D:-0.00 Total:60.68
3Lz+3Tは1本目高く、綺麗だったが着氷から流れが作れず2本目までに間がある。
3Loは問題なし。
FCSpは安定した入りで、独特なポジショニング。
2Aは問題なし。
LSpはしっかりしたポジショニング。
StSqはメリハリ、緩急があり、ボディコントロールが上手い。
CCoSpは速く、ポジションチェンジがスムーズだがポジショニングが甘いものもあり、規定回転数を満たしているかどうか怪しいものもある。
深紅のお衣装。

8番滑走:アレクサンドラ・トゥルソワ(RUS/SP3位)
E.グリーグ 劇音楽『Peer Gynt(ペール・ギュント)』より 第5幕「Solveig's Song(原題:Solveigs Vuggevise/邦題:ソルヴェイグの子守唄)」/劇音楽『ペール・ギュント 第1組曲』より第4曲「In the Hall of the Mountain King(邦題:山の魔王の宮殿にて)」(第2幕「I Dovregubbens Hall(邦題:ドヴレ山の魔王の広間にて)編曲)
2A 3F CCoSp 3Lz+3Lo FCSp StSq LSp
2A(3.30+1.18) 3F(5.30+1.44) CCoSp4(3.50+0.90) 3Lz+3Lo(11.88+2.19)x FCSp4(3.20+0.96) StSq2(2.60+0.85) LSp4(2.70+0.96)
TES:40.96 PCS:33.44 D:-0.00 Total:74.40
2Aは飛距離があった。
3Fは両手上げで流れがある。
CCoSpは速く、ひとつひとつが丁寧。
3Lz+3Loは速く、1本目両手上げで飛距離があり、2本目は高く、流れがあった。
FCSpは綺麗な入りで、しなやかなポジショニング。
StSqはテンポアップし、激しくなるのだが、そのテンポは活かされていないし、エッジワークが浅い。
LSpは速く、安定している。
白地に黒のアクセントのお衣装からのチェンジで黒のお衣装。

9番滑走:キム・イェリム(KOR/SP8位)
映画『Black Swan』サウンドトラックより
3Lz+3T 3Lo FCSp 2A CCoSp StSq SSp
3Lz(!)+3T(10.10+0.00) 3Lo<(3.92-0.33) FCSp3(2.80-0.08) 2A(3.63+0.66)x CCoSp4(3.50+0.75) StSq2(2.60+0.63) SSp3(2.10+0.63)
TES:30.91 PCS:30.32 D:-0.00 Total:61.23
3Lz+3Tは1本目両手上げで飛距離があった、2本目は問題なし。
3Loは両手上げ。
FCSpは安定した入りで、途中大きな軸ブレ有。
2Aは問題なし。
CCoSpは速く、安定している。
StSqはリンクの使い方がイマイチ。
SSpは速く、安定している。
黒とクロムグリーンベースのお衣装。

10番滑走:エフゲニア・メドベデワ(RUS/SP6位)
Muse「Exogenesis: Symphony Part 3(Redemption)(邦題:エクソジェネシス(脱出創世記):交響曲第3部(あがない))」
3F+3T 2A FSSp 3Lz CSp CCoSp StSq
3F+3T<(8.66+0.00) 2A(3.30-1.18) FSSp4(3.00+0.73) 3Lz(!)<(5.19-2.36) CSp3(2.30+0.36) CCoSp4(3.50+0.85) StSq4(3.90+1.50)
TES:29.75 PCS:34.14 D:-1.00 Total:62.89
3F+3Tは1本目片手上げで高く、飛距離があったが2本目に勢いが活かされていない。
2Aはバランスを崩して着氷が乱れる。
FSSpは安定した入りで、速く、しっかりしたポジショニング。
3Lzは片手上げで着氷時バランスがななめになり、そのまま滑って転倒し壁に当たる。
CSpは持ち直して安定している。
CCoSpは速く、ひとつひとつが丁寧。
StSqは丁寧で伸びやか、滑らか。相変わらずのボディバランス。
濃紺に青やシルバーのラインストーンで模様、スカートタイプではなく、パンツタイプのお衣装。
StSq4判定でて本当よかった。ジャンプの失敗に表情は相変わらず浮かなかったけど。

11番滑走:ブレイディ・テネル(USA/SP4位)
K.リクター「Mechanisms」「Chronos」
3Lz+3T 2A LSp 3F StSq FSSp CCoSp
3Lz+3T<(9.26-0.08) 2A(3.30+0.94) LSp3(2.40+0.86) 3F(5.83+1.59)x StSq4(3.90+1.39) FSSp4(3.00+1.07) CCoSp4(3.50+1.50)
TES:38.46 PCS:64.46 D:-0.00 Total:72.92
3Lz+3Tは1本目は高く、飛距離があった。2本目に勢いは活かされていない。
2Aは高い。
LSpは速く、しっかりしたポジショニング。
3Fは速く、流れがあった。
StSqは速く、メリハリ、緩急があり、丁寧。
FSSpは速く、しっかりしたポジショニング。
CCoSpは速く、ひとつひとつが丁寧。
真っ赤なお衣装。
全体的に音にピッタリはまった振付だが、後半のStSq〜FSSp〜CCoSp〜Finishのシンクロっぷりは美しい。

12番滑走:紀平梨花(JPN/SP1位)
ウルフ・ワケニウス「Breakfast in Bagdad」
3A 3F+3T FCSp 3Lo CCoSp StSq LSp
3A(8.00+2.86) 3F+3T(9.50+1.14) FCSp4(3.20+0.64) 3Lo(5.39+1.47)x CCoSp4(3.50+1.20) StSq4(3.90+1.50) LSp4(2.70+0.96)
TES:45.96 PCS:35.39 D:-0.00 Total:81.35
3Aは高く、飛距離があった。
3F+3Tは1本目飛距離があり、2本目高い。
FCSpは速く、安定している。
3Loは両手上げ。
CCoSpは速く、ひとつひとつが丁寧。
StSqは音にしっかり合っていて、メリハリがあり、丁寧。
LSpは速く、しなやかなポジショニング。
青にゴールドのスパンコールで模様のお衣装。

About

East of R134

元が腐っているのでナチュラに腐ったことをほざいてるかもしれないブログ。
原作厨というか原作至上主義。ネタバレデフォ。単行本派やネタバレ嫌な人は回れ右のブラウザバックかタブ閉じてこのブログの存在を記憶から抹殺。
米ドラは本国放送した時点(寧ろスポイラー出た時点)でネタ解禁だと思っているし、連載漫画は本誌が発売された時点でネタ解禁だと思っているので日本放送だったり単行本派の人には優しくないブログ。
Sponsored Links
New Entries
Entries
Archives
Category
Comments
Trackbacks
Profile
PR
adadadadadad
Pick Up Entries

Twitter
Ranking


Mobile
qrcode
Link
Recommend
Search
 
Other

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.